So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

土蜘蛛塚 [社寺]

DSC01636.JPG
↑朝日山東向観音寺

DSC01638.JPG
↑本堂

ここは、北野天満宮の隣(?)にある北野東向観音寺。
寺伝によると元のお寺は朝日寺といい延暦25年(806)に建立。
いまの観音寺になったのは、天暦元年(947)。
北野天満宮の奥之院的存在らしい。
本堂が東向になっているから「北野東向観音寺」となったそうです。
最初は、西向もあったそうですが、前の戦争(応仁の乱)の時に焼失し、西向の方は再建されなかったそうです。
斜向かいとかもあったのかな?

DSC01642.jpg
↑岩雲辨財天

北野天満宮と関係があったのでそうね。
昔は、いまと違い神仏が渾然一体としていました。
日本は、面白い国です。すべて習合してしまう。
御利益があればなんでもありということ。
他の国では考えられないことだと思う。

DSC01643.JPG

DSC01646.jpg
↑護摩を焚いたのかな?

DSC01649.JPG
↑伴氏廟

この「伴氏廟」ってなに?
調べてみました。
菅原道真さんのお母さんなんだそうです。
結構教育ママだったかな?
「ひさかたの 月の桂も 折るばかり 家の風をも 吹かせてしがな」
と詠んだ歌が『拾遺集』に残されている。

DSC01654.JPG
↑一番右の覆いがあるものが「土蜘蛛塚」

「塚」ってお墓のことかも。
土蜘蛛は、古代日本で、天皇への恭順を表明しない土着の豪傑などに対する蔑称。
各地にたくさんそういう存在がいたのでしょう。
ひょっとして縄文人の生き残りかもしれない。
山奥なんかにひっそり生活していたんだろうな。
九州沿岸には海蜘蛛というのもいたらしい。

この塚が土蜘蛛由来というのはなんできまったのかな・・・。
なぞだな。
高札的にはそう書いてあるけどね。

tutigumosan-2436d.jpg
↑妖怪土蜘蛛絵図、京女が怖がりそう。

ちなみに京女は、蜘蛛や百足、ゴキブリが苦手です。
でも海老や蟹は喜んで召し上がる。
なぞだな・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京男三代、抹茶甘味を味わう [甘味その他]

DSC01948.JPG
↑京はやしやは、ビルの6階にあります。窓の外を見ると向こうに比叡山が見えます。

タイトルがちょっと大層やね。
一昨日の記事関連です。

DSC01953.JPG
↑京男0の注文「デザート3種盛り」食べられるかなぁ・・・と言っていました。

皮膚科で集合し、薬局に行き薬を受け取り、食事となりました。
最初、もりた屋のすき焼と思った。
でも父親は、言うだけで食べないだろう。
私はすき焼は、あまり食べない。
つまり次男がたくさんの上等に肉を食べることになる。
我が家の子供は和牛A4なんてのは食べない。
つめり赤身でないと食べないのです。

DSC01955.JPG
↑抹茶わらび餅、嫌いな訳がない。

DSC01956.JPG
↑白玉とあずき、天国の食べ物ねっ!

母親がまだ生きていて、皮膚科につれて行った帰り、私と父と母親の三人ですき焼を食べようとなった。当時の私は退院したてで木製の松葉杖を使っていた。母親は、足が浮腫んで手押し車で歩行していた。父親は一番歩けていた。
三条大橋の真ん中で、母親が歩けなくなった。
そんな状態で、すき焼は、無理だった。私が三人分の肉を食べることになります。
結局、あの時、母親を引っ張るように歩き、がんこで食事たかな・・・。
あの時のことがあり、すき焼きと思った。
でもやっぱり次男に負担をかける。
あまり食べないのに、お一人様1万円はちょっとねぇ・・・。

DSC01957.JPG
↑無理かも、なんて言いながら完食しました。

父親の希望で「がんこ」に入った。
いろいろ食べたけど、お料理が全然気に入らなかった。
でも父親は、満足した。
でも後口が悪い。

DSC01961.JPG
↑京男Jr2.注文「抹茶生千代古齢糖ケーキセット」

ということでお向かいのビル6階の京はやしや京都三条店に行く。
ここも母親が好きで子供が小さい時によく行きました。
父親は「もうお腹がいっぱい」と言いながらも行く事になった。
次男は、甘味が好きなんです。

DSC01959.JPG
↑チョコレートの優しい甘さ、抹茶の濃さだけでなく、アーモンド生地の香ばしさとしっとり感のバランス、一番食べやすく口どけの良い比率が三重層。

この「京はやしや」以前のビルの時はよく来たように思う。
あの頃は中国茶に凝っていた時代でした。
二十歳代のサラリーマン時代です。
龍井茶・白牡丹・祁門・普洱茶・鉄観音・黄金桂・・・会社に茶器を持ち込んで飲んでいました。会議の時、私だけこの写真のような状態で飲んでおりました。
しかも葉巻を吸っていた。風変わりな社員でした。
服装は、上から下までデザイナーズブランド。いまの若者と全然違う青春でしたよ。
いまぐらいの時期なら、タキシードでパーティねっ!
当時の女子大生なんか、みんな毛皮のコートを着ていた。
バブル絶頂期。
いまの老人はあれが忘れられないのでしょう。

DSC01968.JPG
↑京男注文「龍井茶のセット」

いまは、京男三代で甘味処です。
なんとまぁ・・・。
二十代の私が見たらどう思うだろう?
遇ったら「大丈夫、こんなに幸せになれるからね。その路線で生きていいよ」と言ってあげたい。

DSC01964.JPG
↑馬拉糕(マーラーカオ)

あと十年から二十年して生きていたら、三代で同じような店に来ていたりするかもね。もしそんなことがあったら、すごく幸せで目出度いことですね。
そんな予感がします。それを実現するために今をしっかり生きなくちゃね。
そして、もっと心が成長しなくては・・・なんて考えます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 甘味
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の2件 | -
メッセージを送る