So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

曰く [風景]

DSC00789.jpg

曰く「もしその能に当たるときは、事、通すること快し。用、その宜しきを失すれば労するといえども益無し」

自分が好きなことに夢中になっていると、気が付いたら夕方になっている。
しかし、自分の心が苦手だと叫んでいることをやると、ただただ苦痛でしかない。
確かに、私はそういう毎日。

DSC00787.jpg

曰く「私として生きる道は遠いところにあるのではない。すぐそこにある」

確かにそうです。見えないんですよね。

曰く「人間は誰もが胸のなかに、宝石となる石を持っている」

私は、胸ではないけど、尿管に石を作ったことがある。磨いても宝石にはならない。

DSC00784.jpg
↑江戸の隠密では、ありません。東寺の空海さんです。

曰く「もし自分に適していることにその能力を使うなら、物事は極めてうまくゆく。しかし、自分に向いていない物事に、その能力を使うなら、労多く益は少ないだろう」

これが気付かないのです。どうしても人の事を見ますからね。エエカッコもしたいし、お金も欲しい、できるだけ楽したい。その中で自分の能力を生かせることを探す。自分の意識を研ぎ澄ませることかな・・・。

DSC00785.JPG

DSC00791.JPG

この空海さんの像の前に立つといろいろな考えが頭の中に浮かぶ。
でも浮かんだことをできることから実行して行く。
迷ったら、また聴きにくればいい。
そんな気がする。

DSC00432.jpg
↑こういうモノをお供えたらどうかな。これは、塩っぱい和食を食べたあと思わす注文した一品。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

静寂 [社寺・和菓子]

DSC00765.jpg
↑東寺五重塔

昨日は、実家に行く。
京女と二人でいきました。
行きは市バス、帰りはタクシーなんです。
帰りは、買い物の荷物を持って坂を登らないといけないのでそうなります。
早く帰りたいしね。

DSC00766.JPG

DSC00768.JPG
↑南門

DSC00770.jpg
↑寒いのかな、水の中にいません。

タクシーで東大路通を南に向かって走るのですが、外国の観光客が多いのにビックリします。いま、京都はオフシーズンなので宿泊しやすいのかな?
変な着物みたいなモノを着て集団で歩いている。
あれは異様な景色。
昔のカンフー映画に出てくる悪役の日本人を中国の人が演じている感じやね。
映画なら笑えるけど、実際に歩いているのを見ると異様な感じがします。
団体旅行なんだろうな、観光バスが車道に停車して、異様な着物手段を飲み込んで行く。きっとどこかに食事に行くのだろう。

DSC00771.JPG
↑南門から金堂を見る

DSC00775.JPG

DSC00781.JPG

京都の中心部がテーマパークのような状態。
日本人が中国に行って、人民服やチャイナドレスを着て歩いている感じやね。
貸衣装屋の店頭ディスプライに、神社の巫女さんのファッションがあったけど、あれを着て伏見稲荷なんかに行ったら、さすがに怒られるかもね。
お土産なんだろうか・・・日本刀の傘を持っているのをよく見かける。紛らわしいなぁ・・・。
まだ、忍者姿は見たことないな。虚無僧とかも。

DSC07726.JPG
↑塩芳軒「椿餅」
ここお店の椿餅はオーソドックスなタイプです。この間の亀屋良長の椿餅の方がよかったな。

DSC07762.JPG
↑道明寺、こしあん

本日は、東寺(教王護国寺)なんかも弘法市の時は凄い人だけど、普段はこのような感じです。
境内を歩くと空の広さを感じる。
気持ちいい空間で好きなんです。
五重塔の公開もしているので、行ってみてはいかがでしょう。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の2件 | -
メッセージを送る