So-net無料ブログ作成

渡る世間のオニーさん [風景]

昨日2日は、父親と外食デー。
ちょうど節分前夜祭に時期。
聖護院や吉田神社では鬼が大暴れの日だった。

DSC09505.JPG
↑なにげなく歩いているのがいい。

実家に行く前に三箇所観に行った。
歩いていると鬼さんが普通に歩いている。
これがなかなかシュールな絵です。
最近、こんな服装をして歩いている人が結構いるから、皆さんあまり気付かないようです。
きっと鬼ってそこら中に存在しているのかもしれませんね。
そして、現世で欲望にまみれて生きているわれわれと仲良く生活しているかも。

DSC09504.jpg
↑聖護院八ッ橋の本店の所です

吉田神社では、小さな子供が怯えて泣いていた。
あの泣き声がなんとも微笑ましい。
まあ、本人にとってはトラウマになるかもしれませんね。
鬼と脅されたショックで男の子は一生独身で終わるかも。
女の子は、あのような立派な鬼になって生きようと学ぶ。

DSC09540.jpg
↑聖護院門跡の中でポーズをしてもらった

双子君達が小さい時、大阪の阪急百貨店の玩具売り場でブラブラしていた。
京女は、小さな長女と次女を連れて服の売場で買い物をしていた。
双子君よりちょっと大きなガキに双子が絡まれた。
どうするか見ていたら、二人で力を合わせて蹴り倒した。
そのガキは、泣きながら後ろから獲物を持って襲いかかった。
そこでオヤジが獲物を蹴り落とした。
そういう卑怯な真似は許さない。
大人気ないな・・・。

DSC09550.JPG
↑この鬼いさんは、ワンちゃんが好きなのかな?

その後、違う玩具の売場で長男と二人になった。
長男が向こうを向いている時、鬼というかホラー系の面があったので被った。
父親だと思っていたら、怖いものに変身していた。
あの時の長男の顔がフリーズしていたな。
きっと彼の心に深くトラウマになったことでしょう。(笑)
何をするかわからない怖さがある父親ですからね。
幼稚園だったかな、我が家に双子君の友だちが遊びに来た。
双子君が「お父さんには気をつけろよ。何をするかわからないしね」と注意していた。なんと思っていたんだろう。
当時、テレビゲームが流行っていた。
私は、なぜかテレビゲームがうまかった。
やるとなるとやりますからね。私は。
子供がどうやっても父親に勝てない。だから嫌になってあまりしなくなりました。
やるなら徹底的にやればいいのです。

DSC09611.jpg
↑昨日の吉田神社境内の鬼いさん

私の仕事を「水汲み」だと幼稚園の先生に言ったらしい。
結婚してから三日に一度、井戸水を8リットルぐらい汲み、私の実家と京女の実家にバイクで運んでいた。それが親孝行のつもりだった。20年ぐらい続けたかな。
その姿を子供が見て「水汲み」と言ったのでしょう。
後は、「電話で話している」「PCで何かをやっている」だろうけど、彼らにはわからない。そのぐらいの子供ならPCに興味を持ち、触ろうとしますよね。我が家は絶対に触らなかった。触ったらただで済まない(実際にそんなことはなかったけど)思っていたのでしょうね。

DSC09618.jpg
↑某米国大統領みたいな雰囲気やね

熊野神社や聖護院門跡、須賀神社をちょっと覗き。
実家へ行きました。
父親にiPad miniで新しい構造になったAPPLE MUSICの「For You」を説明。
私もはじめてなので触って理解するしかない。
父親がやると液晶の反応が鈍くなります。きっと手がカサカサだからでしょうね。
焦らず、ゆっくり操作をしなさいと指導。

DSC09648.jpg
↑青鬼いさん

お昼が近くなったので、吉田神社に向けて出発。
私の脚なら10分ぐらいで吉田神社の大元宮に行けるのですが、この日は父親に杖をもたせた。地元の人間しかわからない裏道の階段や坂を登って行った。
私が父親の手を引き、登った。
大元宮のところはいつもデイサービスの車で通るらしい。
吉田神社の節分は、母親と二人で来たことはあるらしい。
でも晦日そばやぜんざいは食べさせてもらえなかったそうです。
母親は、屋台に毛の生えたテント内で食べ物を食べない人だったしね。

DSC09622-1.jpg
↑父親もご満悦だった

晦日そばを食べ終わった時に鬼が登場。
鬼いさんにお願いして、写真を一緒に撮らさせてもらった。
私が頼むと絶対に言うことを聞いてくれます。
声が通るからかも。

DSC09641-1.jpg
↑「2017年2月2日13時50分、糖尿病患者が福ぜんざいを血糖値があがるにもかかわらず食べ、店出てきた所を現行犯逮捕」母親はこの手の店は絶対に入らなかった。しかも父親は糖尿病なので食べさせなかった。京男は、そんな可哀想な糖尿病患者を救済しました。

吉田神社の後、京都大学に入り、ちょっとランチを食べた。
父親は、ビビっておりました。
でも時計台の所で記念撮影。
これが京大に入れたねぇ・・・と言っておりました。
次回はフレンチのランチを食べにこようっと。

気付くと私もかなり疲れておりました。
きっと父親も疲れたでしょう。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 4

ソニックマイヅル

子供の頃、鬼は怖かったです。本日の節分、恵方巻きは鉄火巻きになりました。^^;
by ソニックマイヅル (2017-02-03 08:29) 

ぼんぼちぼちぼち

オニさん、ポーズきまってやすね!
わんちゃんの頭なでて優しいでやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-02-03 21:29) 

京男

>ソニックマイヅルさん、こんばんは。
恵方巻じゃなくキュウリ巻が食べたいなぁ・・・。
今日は、百貨店に売ってなかった。
by 京男 (2017-02-03 22:22) 

京男

> ぼんぼちぼちぼちさん、こんばんは。
なかなかサービス精神が旺盛な鬼さんでしょ。
女性には優しいです。
by 京男 (2017-02-03 22:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る