So-net無料ブログ作成

今熊野観音寺 [社寺]

DSC08477.jpg

DSC08478.JPG
↑観音寺に行く階段から上を見ると新緑が折り重なって鬱蒼とした感じがしていた。

観音寺(かんのんじ)は、京都市東山区泉涌寺山内にある真言宗泉涌寺派の寺院。泉涌寺の塔頭のひとつ。
今熊野観音寺(いまくまのかんのんじ)とも称される。山号は新那智山。本尊は十一面観音(秘仏)。西国三十三所第十五番札所、神仏霊場巡拝の道(神仏霊場会)百二十二番(京都四十二番)霊場、ぼけ封じ・近畿十楽観音霊場第一番札所、洛陽三十三所観音霊場第十九番札所、泉山七福神巡りでは三番としてえびす神を奉祀。

DSC08481.jpg
↑階段のところにある弘法大師と子供たちの像

観音寺は、初め東山観音寺と称したが、後白河上皇が永暦元年(1160)、新熊野社を勧請創建された際、改めて新那智山の山号を寄せられ、今熊野観音寺と称することになったといいます。

DSC08515.JPG
↑今熊野観音寺

ここはなんと言っても「ぼけ封じ」と「頭に関する病気」に御利益があるとされています。だから日頃は、中高年の団体さんが来られています。
売店?に枕カバーが売っていたのが印象的だった。

DSC08506.jpg
↑五智の井

大同年間(806年〜810年)、空海さんが庵を結んで住んだはったらしいのです。
平安時代、嵯峨天皇の勅願により弘法大師が開創され、御本尊は十一面観世音菩薩である。西国三十三所第十五番霊場・厄除、開運の寺として知られ、特に頭痛、智恵授け、ぼけ封じ、の観音様として信仰されている。

DSC08504.jpg

昔は、ぼけ封じなんてなかったかもね。
長生きする人もすくなかっただろうし。

DSC08502.jpg
↑大師堂

御詠歌
「 昔より 立つとも知らぬ 今熊野 ほとけの誓い あらたなりけり 」
ここの境内にいると巡礼の団体が唱えたはる時があります。
幼少の頃、葬式といえば個々の家でやっていた時代、お通夜に御詠歌を長時間唱えるということをやっていた。生まれてはじめて正座をして座っていた。足の痛さをいまでも憶えている。御詠歌そのものは短いのになんでそんなにゆっくり唱えるの!と心で叫んでいた。

明日に続く

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 8

ゴーパ1号

おはようございます。
緑がいっぱいですね。
この季節が好きです。
by ゴーパ1号 (2017-05-11 08:19) 

京男

>ゴーパ1号さん、おはようございます。
緑の季節は、ほっこりした気分になれます。
紅葉や桜は綺麗だけど、悲壮感みたいなものを感じる。
その点、新緑は深緑になるだけで安定感があります。
by 京男 (2017-05-11 08:29) 

ゆきゆき

こんにちは
「呆け封じ」ぜひとも参詣したいところですね。
何時も色々な寺社を紹介していただき参考になります。
by ゆきゆき (2017-05-11 16:21) 

京男

>ゆきゆきさん、こんにちは。
こういうお寺もあります。結構、みなさん真剣にお参りされていますよ。私が紹介するのは、とても近視眼的なところばかりかも。でもお勧めです。


by 京男 (2017-05-11 16:51) 

ソニックマイヅル

こんにちは。きれいな緑の天井ですね。見上げたショットが良い感じだと思います。^^;
by ソニックマイヅル (2017-05-11 18:41) 

京男

>ソニックマイヅルさん、こんばんは。
記事にすると細かい部分が潰れてしまいます。
オリジナルはすごいですよ。DSC-RX1RやDSC-RX100M3は、すごですね。
by 京男 (2017-05-11 20:40) 

tasuchan

青もみじや新緑が綺麗ですね~。
涼しそう。
by tasuchan (2017-05-11 22:21) 

京男

> tasuchanさん、こんばんは。
もう今は、深緑になってしまいました。しかも明日の気温は29度らしい。
by 京男 (2017-05-11 22:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る