So-net無料ブログ作成
検索選択

御旅所 [社寺]

DSC06572.JPG

御旅所(おたびしょ)とは、神社の祭礼(神幸祭)において神(一般には神体を乗せた神輿)が巡幸の途中で休憩または宿泊する場所、あるいは、神幸の目的地をさす。巡幸の道中に複数箇所設けられることもある。御旅所に神輿が着くと御旅所祭が執り行われる。

DSC06582.JPG
↑お店の協賛が多い

DSC06587.JPG

京都市内でいうと伏見稲荷大社の御旅所が結構大きな場所がある。
そういえば、以前伏見稲荷大社の御旅所に住んでいた時期がありました。
だからかな・・・祗園祭はあまり親近感がない。他所の神社という感じがするのはそのせいかもしれない。

DSC06600.jpg
↑祗園祭といえば檜扇(ヒオウギ)の花です。

DSC06601.JPG

京都市内には、北野神社御旅所や松尾大社西七条御旅所なんかもあります。
いまでもお祭の時、使われる。
でも一番脚光を浴びるのが、この八坂神社御旅所でしょう。

DSC06606.JPG

DSC06609.jpg

八坂神社の御旅所は、大政所御旅所・少将井御旅所の二ヶがあったそうです。
1591年(天正19)に豊臣秀吉の命により四条京極一ヶ所に移転した。
1912年(明治45)四条通り拡幅に伴い現在の姿となった。毎年7月17日の神幸祭に八坂神社からの神輿が渡御し、24日の還幸祭までとどまる場所なんです。
そういえば本日ですね。
地元の人間としては、近づいてはいけないということか。

DSC06612.JPG

写真は、昨日実家の帰りに四条方面で買い物をした時に撮りました。
最近、どうも京都らし風景が好くないので、御旅所に寄ってみたのです。
実家の帰りなので、気力が萎えているのか写真がシャキッとしていません。
自動で撮れるけど、気力が影響しますね。
食事の時の写真でも父親といっしょだと上手く写真が撮れない。
集中できないからかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 6

ソニックマイヅル

おはようございます。京都らしい光景ですね。なるほど、ショットも気力、私も気をつけて撮影に挑みたいと思います。暑い中自分との戦いですね。^^;
by ソニックマイヅル (2017-07-24 09:11) 

京男

>ソニックマイヅルさん、おはようございます。
誰がいつ撮っても同じように思いますが、違うのです。不思議です。
イライラしていたりするとイライラした画像になりますね。
by 京男 (2017-07-24 11:11) 

テリー

お旅所は、京都に沢山あるのでしょうが、行ったことがないです。
by テリー (2017-07-24 11:43) 

京男

>テリーさん、こんにちは。
京都の有名な神社は、氏子の範囲が広いので御旅所が必要になります。
日頃はひっそりしています。
by 京男 (2017-07-24 14:52) 

せつこ

ここ行ったかなぁ~~
以前、駅前の法華クラブに1週間ほど滞在して京都駅前から出る観光バスで
毎日コースを選び観光しましたが、京都はまだまだ知らないところがいっぱいあります。
京都はやっぱり日本の文化感じられるところです。

by せつこ (2017-07-25 06:13) 

京男

>せつこさん、おはようございます。
京都市内、毎日どこかでイベントをやっています。
それが近年、社寺が観光客に媚び、街全体がテーマパーク化してきました。いいことなのか、わるいことなのか、わかりません。
本来の歴史、静けさ、品格、文化的なもの、そしてちょっと新しいモノが必要だと思います。
by 京男 (2017-07-25 06:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る