So-net無料ブログ作成

抹茶粟ぜんざい? [甘味その他]

昨日の写真の続き。
昨日の汁と飯で満足したのですが、デザートが欲しいと糖尿病の父が発言。
「デパ地下のいつものジュースでもいい」とも言いました。
それは、忖度京男としては「汁と飯、値段的には満足したけど、なんか物足りない。しるこは前回食べた所なので、あんみつでも食べたい」と忖度し、高島屋の5階月ヶ瀬へ。

DSC04665.JPG
↑高島屋「茶寮 月ヶ瀬」あんみつ。

DSC04667.JPG
↑あんなしを主張したけど、父親は、あんみつを選択。

今回は、色合いが綺麗なメニューを選択。
別にインスタ映えするようにという意味ではない。
父親は、あんみつを選択。
私は、食べたくなかったけど、抹茶粟ぜんざいを選択。

DSC04669.JPG
↑抹茶粟ぜんざい

DSC04681.JPG

二十代の時、まさか未来でこんなことを父親としていうなんて・・・。
想像を絶することです。
しかも食べ物の指南をしていたりする。
甘味の由来を話したりしている。
面白いことですね。

DSC04691.JPG

DSC04686.JPG
↑こういう口直しがとての助かる。

次回は、磯辺とか食べてみようなか。
甘味屋さんもある意味面白い。
いま風の甘味処より、昔風のオーソドックスなメニューの方が私は好き。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 甘味
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る