So-net無料ブログ作成

美しい・・・と感じるのは私だけか [カレー]

DSC07620.JPG

毎週京女と私の実家に行く前に、ランチを食べます。
今回は、熊野神社の南向かいのビルにあるインド料理屋チャンダー。
料理を見たとおり、北インド風です。
ターリー皿に盛ったセット。

DSC07599.JPG
↑スペシャルセット(辛さ/激辛)

DSC07602.JPG
↑ベジタブルセット(辛さ/辛口)

二十歳台なら見向きもしないセット。
それだけ食べられなくなったということです。
ちょっと情けない。
いまは、この量で十分。
ナンが多すぎます。
この時も一枚持って帰り、父親にプレゼントしました。
カレーソースは、あまらなかったから実家に行く前にビィヤントでカレーソースを買って行きました。最近、父親がビィヤントのカレー、それも辛口ビーフを気に入っているのです。

DSC07605.JPG

DSC07607.JPG

変わった家でしょ。
93歳の父親がビィヤントの辛口ビーフですよ。
ご存知の人ならわかりますよね。
かなり辛いのです。

DSC07609.JPG

この日、私が注文したスペシャルセットのカレーは、激辛で注文しています。
インド人が「大丈夫??」と念を押した。
そういえば、新婚旅行でオーストラリアに行ったのです。
新婚の二人がインド料理屋で激辛のカレーを注文した。
あの時、インド人が不思議そうな顔をした。
出て来た辛口カレー、たいしたことなかった。
ここのカレーも同じ。

DSC07617.JPG

DSC07618.JPG

この店も一度、父親を連れて来ることにします。
風変わりな家でしょ。
普通では、考えられないですよね。
こういう料理を食べる高齢者。
デイサービスの料理、頼りないだろうなぁ・・・。
私が父親の年代まで生きたらどうするんだろう?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 4

路渡カッパ

おはようございます。
最近、カレーをとんと食べたいと思わなくなりました。何でだろあんなに好きだったのに・・・(^_^ゞ
お父上がビィヤントの辛口・・・これは凄い!
by 路渡カッパ (2018-05-09 10:31) 

京男

>路渡カッパさん、こんにちは。
私もイギリスタイプのカレーは食べません。きっとヘット(牛脂)と粉でルーを作ったモノを避けているからかも。同じようにフライもだめです。
父親はすごいでしょ。ビィヤントの辛口ですから。もっとも高齢で舌がバカになっているからかも。(笑)
by 京男 (2018-05-09 11:01) 

ゴーパ1号

こんにちは!
ナンは大きすぎてなかなか注文できません。
by ゴーパ1号 (2018-05-09 15:44) 

京男

>ゴーパ1号さん、こんばんは。
この時、半分持って帰りました。お店にそういえば持って帰れるようにしてくれますよ。
by 京男 (2018-05-09 20:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る