So-net無料ブログ作成

甘露庭 [社寺]

DSC08375.jpg
↑建仁寺塔頭霊源院

ここは、建仁寺塔頭の霊源院。
私は、ここには初めてきました。
すぐ近くの塔頭両足院は、半夏生・・・そうだもう今がシーズンになってきた・・・は知っているし、毎年ほど行きます。
でも近くの霊源院は、しらなかった。

DSC08381.jpg

DSC08382.JPG

この霊源院は、『甘茶の庭「甘露庭」公開』というポスターを見て知りました。
甘茶の花?
4月8日、お釈迦さんの誕生日に因んで、灌仏会(花祭り)を仏教でします。
この時、小さなお釈迦さんの像に甘茶をかけます。
それは、お釈迦さんがうまれた時、天から甘露が降ったということに因みます。

DSC08266.JPG
↑言われなければガクアジサイに見えませんか?

その時、使われるのが甘茶です。
味をみたことはあります。
薄い甘味料的な甘さがします。
美味しいというほどもものではないかも。
本日は、登場しないですが茶室で飲みました。

DSC08268.JPG

DSC08274.JPG

甘さが安っぽい甘味かも。
人工甘味料のなんとなく胡散臭い甘味。
成分を調べるとフィロズルチンとイソフィロズルチンを含み、その甘さはショ糖の400あるいは600〜800倍、サッカリンの約2倍。
葉を乾燥させることにより甘味が出る。
また苦味成分としてタンニンを含むが、カフェインは含まない。
薄い人工甘味料でカフェインレス・・・私が飲んでいるお白湯の方が潔いかも。

DSC08275.JPG

紫陽花に似ているから毒性があるのでは?
そう思うのですが、紫陽花のような毒性の成分はないのだそうです。
でもたくさん飲んだり、濃いのを飲むと嘔吐したりするそうです。
仏教系の保育園や幼稚園の花祭りの時は、麦茶や番茶に砂糖を入れるのだそうです。

DSC08277.JPG

甘茶は、ユキノシタ科の落葉低木落葉性の低木アジサイの変種。
ここの花を見ると、説明されなかったらガクアジサイにしか見えない。

DSC08278.JPG

この甘茶の花、微かに甘い香りがするように思いました。
甘ったるい匂いじゃなく、独特の香りでした。
人工甘味料の匂いなんだろうか・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 2

テリー

どう見ても、ガクアジサイにしか、見えませんが、違うのですね。
by テリー (2018-05-31 19:02) 

京男

>テリーさん、こんばんは。
そう思われるでしょ。私もいまだに納得していません。
by 京男 (2018-05-31 19:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る