So-net無料ブログ作成

飛び石亀 vs 京男 [風景]

ここは、高野川と賀茂川がいっしょになる鴨川デルタという場所。
京男が小学校ぐらいの時は、高野川の水は上流に染色工場があり廃液で汚れていた。
京都の伝統、友禅流しだってしていた。
だから高野川は汚くて、鴨川の方はきれいだった。
この鴨川デルタでいっしょになり、全体が汚くなっていたのです。
それからすつと水がきれいになりました。

DSC00559.JPG
↑手前の流れが高野川、向こう側が賀茂川。高野川と賀茂川と合体して鴨川という川になるんですよ。ご存知でした?

でもその汚い河原で遊んでいた。
ちょうどこのあたりです。
遠いところに遊びにきていたものです。
このあたりの下水のドカンに入って遊んでいた。
小学校から写生に来た時も絵なんか描かずに、走り回っておりました。
絵は家で描いて。
風景を憶えたりするのは得意だった。

DSC00562.jpg
↑結構、石と石の間が開いているんです。

いつも家に友だちが「カエル、殺しに行こう!」と来たものです。
結構たくさんカエルがいて、捕まえては殺していた。
ダイナマイト(花火)を咥えさし火をつけて、爆発させる。すると頭が吹っ飛んでしまう。そういう遊び。子供って残酷ですね。でもそういう遊びをしていた人間の方が後年悔い改めて自然に優しくなっていると思う。
最近の子供は、そういう遊びをしない。小学校で鮒やカエルの解剖もしないしね。

DSC00563.JPG
↑亀の形が面白いけど、この時あまり気持に余裕がなかった。でも写真を撮っている。プロやねぇ〜。

そうそうよく汚い川で魚を捕った。
ザリガニなんかも。
河原で焚き火をして食べていた。
きっと染料の汚水を食べてしまっていたんだろうな。
何人かもうガンで死んでいるかもね。

アカハラ(アカハライモリ)がいるお寺の池に海苔の瓶いっぱい捕まえ、黒焼き屋に売りに行こうと思った。家に持って帰ったらおかんに怒られるので、別の場所に隠して置いた。次の日に行くと全滅していた。
川端二条にまだその黒焼き屋さんがあります。

DSC00565.jpg

そうそうザリガニもたくさん捕まえに行ったな。
吉田山にカブトムシやクワガタを捕まえに行ったりしていた。
それも夜中に。

飛び石の話を書いておかないといけない。
この飛び石、ここ4年以上渡ったことがない。
杖を使っては難しいものね。
昨日、行った時もいざとなると不安です。
石と石の間が結構開いている。
渡るためには、片方の足で全体重を支えないといけない。
しかも向こうの石に着地する時に、衝撃がある。
これは、ちょっと怖かった。

DSC00567.JPG
↑水が綺麗でしょ。

右の足の時と左の足の時がある。
どちらにしても通常に歩いている以上に負荷がかかる。
向こうの石に向かって蹴り出す時にも負荷がかかる。
これは、人口股関節に置換したものでないとその怖さはわからないだろうな。
渡り出すと結構、個数がある。
石と石の距離も離れている所がある。
だからといってためらって力を緩めると川にはまる危険性もある。
水に濡れるだけならいいけど、転倒したら・・・ですからね。
こんなところで転倒し、股関節が外れたら救急車で病院ですからね。

DSC00568.JPG
↑結構石と石の間が広いのですよ。飛ばないと渡れないのです。

杖をもっていてもだめだろうな。
そういうリハビリ訓練は受けてないもの。
鴨川で飛び石を渡るためのリハビリ訓練なんてのはね。

なにはともあれ無事に渡れました。
目出度し目出度し。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ムゥ〜ン [和菓子]

DSC_8777.jpg
↑こういう写真は、天文写真みたいで面白くないなぁ

昨日はガックリするほどハードな一日だった。
仕事ならこんなに疲れないのに。
実家にくる植木屋さんに指示、途中にヘルパーさんに細々と事情聴取と指示。
そして父親に説教。

P1180114.JPG
↑紫野源水「大沢の月」

家に帰ったらベッドに倒れ込んで寝てしまった。
気が付くと夕方近くになっていた。
誰もやってくれないから仕方ないけど、疲れます。

P1180121.JPG
↑大沢の池に映る月という感じがいい

P1180163.JPG
↑半錦玉羹(煉切・小豆あん、二重あん)

昨晩が満月、昼間は暑かったけど、夜になると涼しくなってきた。
でも半ズボンなんですけどね。
京女が夜、バレーボールの練習で出て行った。
「スーパームーンを見ながら行こうっと」と言っていた。
思わず「そのまんまやん。ボケロヤ!」と言った。
例えば「飛んでいるセーラームーンを見ようっと」とか「フルムーンを見ようっと」とか。
などと言っていた。
体育館に入って仲間のオバハンに「セーラームーンが綺麗やでぇ」と言ったら、生がのおばはんが間違って、他所で言うかもしれへんやろ。
オモロイやん。
関西人はこう考えるんですわ。

P1010436.JPG

きっと昼間の反動やね。
どこかで溜まったエネルギーを発散する必要があるのでしょうね。
困ったもんです。
父親に「ヤク&イェティのお姉さんがお父さん元気?と言ってくれていたよ」と伝えたらちょっと嬉しそうにしていた。単純な父です。

P1180017.JPG
↑本家玉寿軒「名月」

P1180065.JPG
↑こなし、白こしあん

昨日は京都人にあるまじき行為をしていたことが判明。
エライ起こりました。
「お前、それでも京都人か?どういう育ち方をしているんや!親の顔が見たい!」と起こっておりました。あの祖父母か・・・。
私の血のどこかにDNAが流れていると思うとなんだか悲しい。
そうか16時間の手術の時に血を全部入れ替えたんだっけ。
それもねぇ・・・。
オレの血は他人の血という奴か。

P1300561.jpg
↑こんな感じの方がいいかも。月の撮影は難しいものです。

大人しい京男だったのにすぐに怒鳴ったりする。
温和な人間だったのに・・・。
そうか今宵は満月、エキサイトしているのかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 和菓子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うさぎとたぬき [風景・和菓子]

※注/淑女のみなさん、本日は写真だけを見てください。

昨晩は、いい満月だったでしょう、多分。
疲れて寝てしまって気付いたら月はいつものと違うところに行っていた。
なんかハードな日々だった。
本日もだ・・・。

P1750122.JPG
↑塩芳軒「月うさぎ」

月の兎の話しで面白いのを発見。
中国の伝説です。
こんな話です。

P1750145.jpg
↑なかなか小顔でかわいい兎ですね

猿、狐、兎の3匹が、山の中で力尽きて倒れているみすぼらしい老人に出逢った。3匹は老人を助けようと考えた。猿は木の実を集め、狐は川から魚を捕り、それぞれ老人に食料として与えた。しかし兎だけは、どんなに苦労しても何も採ってくることができなかった。自分の非力さを嘆いた兎は、何とか老人を助けたいと考えた挙句、猿と狐に頼んで火を焚いてもらい、自らの身を食料として捧げるべく、火の中へ飛び込んだ。その姿を見た老人は、帝釈天としての正体を現し、兎の捨て身の慈悲行を後世まで伝えるため、兎を月へと昇らせた。月に見える兎の姿の周囲に煙状の影が見えるのは、兎が自らの身を焼いた際の煙だという。

P1750194.JPG
↑上用、黒こしあん

いまの中国だったら、猿、狐、兎の3匹は、無視して歩み去るのかもね。
それでは、話しにならんか。
人間が通りかかり、身ぐるみ剥いでしまった。
裸に向かれた帝釈天が泣いていると狸が通りかかり、金玉の袋を狸の八畳敷にひろげ温めてやったとさ。目出度し目出度し。

なんで「狸の睾丸八畳敷」というか知ったはりますか?
金箔の作る時、狸の革に金を挿み、ドンドンと叩くそうです。
すると金が八畳敷ぐらいの広さに伸びるそうです。
だから「狸の睾丸八畳敷」となった。
そやけど、この間、金沢の金箔職人さんに聞くと狸の革やのうて、鹿の革らしい。
しかも八畳敷には伸びないらしい。残念。

P1130400.JPG

こんな話もあります。
「狸と金といぅのはもぉ切っても切れん縁がございますが「狸の金玉、八畳
敷き(はっちょ〜じき)」なんといぅよぉなことを昔から言ぃましてね、狸が
ぎょ〜さん揃ろて伊勢参りしたちゅな噺がございます。
ゾロゾロ、ゾロゾロ団体旅行で宿屋行て「泊めてくれ」ちゅうたら「あん
さん方、狸の団体さんでっしゃろ。ちょっと困りまんなぁ」「何で?」「何
でて、あんた、八畳敷き持ったはりまっしゃろがな。それにこないぎょ〜さ
んでっしゃろがな。とてもお部屋がございません」「いえ、みんなメンでご
ざいますわ」といぅよぉな、そんな噺です。まぁ、メンには八畳敷きはない
わけでございますが」

P1750108.JPG
↑塩芳軒「花すすき」
狸が化けているように見えてきませんか?

たぶん、こんな落語聞いたことないでしょうね。
『狸の化寺』という話です。

日本の満月には、狸がポンポコ腹鼓を叩いているのがいいかもね。
疲れているせいか上品な記事が書かれへん・・・。

P1750168.JPG
↑羽二重、よもぎ、粒あん

全然関係ないけど、新婚旅行でオーストラリアにいったんですわ。
私が自分で買ったのが、カンガルー用の本式ブーメラン(これはもどってこないタイプ)と普通のブーメラン(共に観光用じゃなくて狩猟用のもの)、それとカンガルーの金玉袋。これなかなか柔らかくて丈夫でいいんですわ。丸い水晶の玉をいれておくと持ち歩くのに便利。それがどうしたと言われそうやね。京女なんかブラックオパールを買わせてもらいました。

なんか話しがまとまらん。
すんません。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お月見 [風景・和菓子]

DSC00455.JPG
↑卵黄が満月に見えた

今日明日は、いい満月が観られそう。
お月見を楽しむのは東洋特有ですね。
西洋では古くから月が人を狂わすと信じられてきた。
そのため、月(luna)によって狂った人間をlunaticと呼ぶようになった。
狼男だって満月を見ると変身しますよね。
西洋と東洋の違いって面白い。

DSC00451.JPG

さて、昨日はいつもの大阪。
梅田に着いた時間が上の時計表示。
いつもこういう時間。
次に予約をしている所が11時。
まだ、早いランチが食べられる。

DSC00454.JPG

食べてのがいつものカレー。

DSC00458.JPG

食べ終わってお店を出たのがこの時間。
次の場所まで3分ある。
いつもこんな感じねっ!

DSC00468.JPG

大阪での全行程が終わって京都に帰ったのが19時30分。
貸し切り状態のバスから降りると満月が見えた。
撮った写真は綺麗じゃないけど、雰囲気はわかりますよね。

P1750069.JPG
↑千本玉寿軒「お月見団子」

家に帰ってお月見団子を食べました。
関西では、里芋を形どった月見団子が普通です。
いまは、売っているかもしれませんが、昔はこの時期だけしか売っていなかった。
憧れの団子でした。
なぜか、実家では買ってもらえなかった。
母親が嫌いだったのかな。

P1750189.JPG
↑薯蕷、黒こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都は狭い! [食]

今日もまた食べ物の写真。
まあ、下の写真は、サラダではなく杉苔ですけど・・・。

DSC00390.JPG

ずっと机の所に座って作業しているので、ちょっと歩こうと思った。
あわよくば風景の写真が撮れるといいから。
取りあえず智積院ぐらいまで歩く。

DSC00395.JPG
↑大根餅

ところが撮りたい風景がない。
撮ったのが最初の杉苔。
ひょっとしてずっと朗読を聴いているからかな・・・。
花も見当たらない。

DSC00401.JPG
↑焼売

ならバスに乗り東寺で降りようかとバスに乗る。
東寺についても身体が降りようとしない。
嵐電に乗って嵐山方面に行く?
でも嵐電のある四条大宮でも身体が降りようとしない。
なんだろう?

DSC00408.JPG
↑チキンライス、先日パクチーで食べたカオマンガイと同じようなもの。東南アジアでは、ポピュラーなものです。チキンライスとかくと昔のオムライスの中身みたいやね。この間のパクチーの方がよかったかも。

四条河原町でバスを降りる。
するとYさんが立っていた。
待ち合わせをしていたように。
ヤク&イェティアンドに食事に行こうと思っておられた様子。
一緒に行きたかったけど、この間、行ったところだし・・・。
ということでいっしょにランチを食べることにしました。
Yさん、こういう状態だったんですよ。
すごいでしょ。
運命の出会いだった!(笑)

DSC00412.JPG
↑小籠包、大体こういうのは2つですよね。4つぐらいにしたらいいのに。

京都ってこういうことがよくあるんですよ。
鍼灸で順番を待っていたら、知った人が出て来たりする。
母親がまだ元気だった頃、結構よくデパ地下で遇ったりした。
母親の場合は、大体後ろから私が見つける形が多かったかも。
その時は、そっと離れている場合だってありましたね。

DSC00414.JPG
↑デザート春巻、春巻の皮にこし餡がつまっている。アイスクリームは普通。ココナッツのアイスクリームにしたらいいのに。

京都は狭いんですよ。
千本釈迦堂大報恩寺で年末大根焚きがあります。
歩いていると義母さんにあったりした。
「婿殿、昼間から何をやっているんだ」と思っただろうな。(笑)
サラリーマンならあの時間に大根焚きなんていかないもの。
廬山寺の節分の時、知り合いの社長に偶然会い、境内でちょっと仕事の打合せをしたりした。
ホントに京都は狭い街なんです。

そうそう本日の料理は、高島屋7階の「香港私菜 リパルスベイ」です。
まだ、入ったことがなかったので行ってみました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る