So-net無料ブログ作成
検索選択

鍼、八十三本刺されました [風景・和菓子]

今週は、鍼灸の日でした。
鍼を刺してもらいながら、落語の『地獄八景亡者戯(じごくばっけぇもぉじゃのたわむれ)』の話をしていた。
『地獄八景』というても、ほとんどの人はわかりませんよね。
落語をかなり聴いている人でないとわからない。
江戸時代ぐらいからある噺らしい。

DSC01437.JPG
↑治療後の鍼

地獄に行く噺なんです。
そんな縁起の悪いという人もいてはると思いますが、面白いんですよ。
知らない人にとっては、本日の記事は、なんのことかわからんやろな・・・。
でも書きます。
二人で盛り上がったんですから。

DSC01435.JPG
↑こんなのが刺さっていたと思うと愛おしくなりませんか?

最近の若者には、わからない用語満載の落語だと思います。
だいたい地獄極楽というのがわからないかも。
我が家の子供だってわかっていない。
まあ、地獄は行ったらヤバイ所だとはわかっているだろうけど。
落語では、人間が死んだら、閻魔庁に行ってお裁きを受け、地獄に行く亡者と極楽に行く亡者に分けられるというもの。
閻魔庁の代表が閻魔大王となっている。
六道珍皇寺の話で小野篁さんが夜に冥府通いのためあそこの井戸から地獄に行ったはったという話ですね。公務員がアルバイトしたはった訳ですね。いまなら問題になる。でもボランティアなら問題ないのかな・・・。

DSC01355.JPG
↑紫式部

地獄極楽・・・昔は、よかったですね。子供に「嘘ついたら閻魔さんに舌を抜かれるで」といわれて育ったものです。いまは、大きい会社でも偽装なんて普通にやったはる。子供から大人まで弱い人を虐めたりする。人の傘や自転車を平気で持って行く。電車で付け睫毛をつけたり、入れ歯を固定したりする。目を入れたりしたはった。あれはコンタクトレンズか・・・。
この世が地獄化してきましたね。ひょっとして我々は地獄別館に住んでいるのかもね。

DSC01357.JPG
↑紫色の実の清楚な美しさを、平安美女の「紫式部」(西暦1000年頃の人)にたとえたそうです。ほんまに平安美女だったんやろか・・・。ひょっとしてお多福系だったかも。

鍼灸治療中、岡田先生に「あんたやったら、針の山にいかされても大丈夫やね。針(鍼)は得意やしね。お灸もするから灼熱地獄もありまもね」
これは、『地獄八景』の最後の方のエピソードで、医者と山伏、歯抜き師と軽業師の四人が地獄に送られ、各々の地獄をクリアして行くのです。
針の山で軽業師が三人を抱え、針の山を登っていくんです。
このエピソードのことでそう言ったんです。

DSC01359.JPG
↑この実、食べても問題ないらしい。次回見つけたら食べて見ようっと。

「血之池地獄は、別にいいけど、肝炎ウイルスが怖いね」と京男。
地獄で肝炎になったら生きるかもね。(死んでいる状態なんで、地獄で死んだら「生きる」訳です。三途の川の鬼の船頭が「コラッ!はまったら生きる」と言うのがあります。みなさん、もし良かったらお試しください。臨死体験で済むかも。
でも帰って来たら焼き場の中なんてのもちょっといややね。

P1360311.JPG
↑本家玉寿軒「紫式部」

桂米朝さんの『地獄八景亡者戯』の最後で、医者と山伏、歯抜き師と軽業師の四人が人呑鬼(じんどんき)のお腹の中で暴れるんです。
そして「さげ」になります。
閻魔大王に人呑鬼が泣いて言います。「もう大王様、あんたを呑まなしょうがない」と。
閻魔大王「わしを呑んで何とする?」
人呑鬼「大黄(だいお〜)飲んで、下(くだ)してしまうねやがな」

P1360375.JPG
↑上用、白こしあん

聴くとなんのことかわからんだろうなぁ・・・。
大王→大黄→生薬で大黄は便秘の薬なんです。
もう、これがわからない。

古典落語ってやりにくいですね。
よほど現代風にアレンジしなくちゃ。

大笑いしながら(いつもか)岡田先生に針灸治療をさてもらっていました。
写真と文章が全然違う・・・いつものことか。
すんまへんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [風景]

東寺の境内を歩いていて、こういう形に出会った。
他の人はどうかわかりませんが、面白いと思った。

DSC01426.JPG

しばらく、前で見ていた。
でも何にも考えていないけど・・・。

DSC01433.JPG

蔵の扉の金具だけど、なんでこんな形なんだろう?
白い蔵とこの金具がとてもモダン。

DSC01428.jpg

なんとなく徳した気持になったんですよ。
なんだろう?

DSC01431.jpg

社寺ってよく見ると面白い形がいっぱいですよ。
昨日は、見つからなくても、今日見つかったりします。
頭を空っぽにしてブラブラがコツ。
きっとあなたに合った景色に出会えます。
都市の風景でも同じ。
見ていて気付かないだけ。
いっぱい気付けると楽しい。
それが、次のステップの「扉」になっている場合もあるのです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [風景]

DSC01351.JPG

上の写真が気に入っている。
風をカメラで捕まえたように思う。
こういう写真って真剣に撮るとうまくいかない。
なにげなく撮るのがいい。

DSC01363.JPG
↑桜の木がちょっと元気がないように見える。なんでやろ?病気やろか・・・。

昨日は鍼灸の日だった。
朝一番、別の場所で用事を済ませ、東寺で時間調整。
無目的にブラブラするのがいいですね。

DSC01369.JPG
↑講堂を裏から見る。この風景が好き。

お天気が良かった。
前の日の夜、雨がふったのがよかったのでしょう。
空気がとても澄んでいる感じがした。

DSC01349.jpg
↑向こうに見えるのが「宝蔵」。池の部分の枯れた蓮がきれいに取り除かれている。なんか寂しい。いつもなら手前の石に亀さんがいるんだけど、いなかった。もう冬眠しているんだろうか?

DSC01378.JPG
↑ここの亀さん(贔屓さん)は、いました。顎の下の撫でてやったら嬉しそうに感じた。

境内で深呼吸をして、血圧を下げていたのです。
最近、血圧を自由に上げたり下げたりできるようになった。
でも出来たからといって健康になったわけではない。
瞬間的に下げてもあまり意味ないですよね。
(この後、岡田先生のところで血圧を測ると下がっていました)
でも実験としては面白い。
脳波のコントロールも同じ。
自分でどれぐらい交感神経と副交感神経を動かすかがテーマ。

DSC01335.JPG

色んなことをしながら時間まで散歩していた。
そうするととても暑くなってきた。
天気予報では、寒くなるとは、コートが・・・なんて言っているけど、いい加減なもんですね。テレビって。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

父に卵料理を教える [社寺]

昨日、父に電話をする。
Apple Musicがわからないとのこと。
OSも新しくしたので、ちょっと画面がかわっているのです。
だから、電話で話していて会話にならない。
Skypeに切り替えて、テレビ電話にして欲しいと思ったけど、父親には無理。
PCでテレビ会議システムができるんだけどな・・・。
それも憶えて貰わないといけないな・・・。

DSC01338.JPG
↑明王院不動寺

父が見ている画面がわからないので、最終的に行く事になる。
初心者は、対処できない局面になると、やたらボタンを押したりして、深みに嵌まるものなんです。
PC関係で問題がでたら、まずコーヒーでもいれてタバコでも吸えばいい。
そして直前に何をしたか思い出す。
具体的に対応する前に、詳しい人に聞くのがいい。

DSC01339.JPG
↑すんません。書き写すのが辛いので、必要な人は読んでください。

人生の危機的状況の場合はどうだろう?
うまくジタバタすることです。
「心静体動」がいいです。
つまり「心」は静かに落ち着き、「体(身体)」を動かすこと。
もっともそのためには、身体が適切に動くように日頃から鍛錬する必要はある。
うまく行かない人は、「心静体動」の逆をしている。
つまり「心動体静」という状態。
この心を動かす場合、パニック状態だったり、マイナス思考になっていたりする。
中には「心静体静」という人もいますね。こうなると屠殺されるのをまっている家畜みたいなものです。

DSC01340.JPG

松原の焼き芋屋さんに行き、焼き芋を買う。
仏壇に供える為です。母は焼き芋が好きだった。
本日の写真は、その手前の明王院不動寺のものです。
説明は、高札を読んでください。
次いで寺町通のパソコンの部品屋さんにより、PCの部品を買った。一昨日ヨドバシカメラに売っていなかった。最近ヨドバシカメラは、手作りPCの部品少なくなったように感じますね。

DSC01341.JPG
↑小さなお稲荷さんの祠

実家に行き、問題のiPodで使っているApple Musicの概念と使い方を父親に説明し、実際に父親にやってもらう。前回、この実際にやってもらう作業が弱かった。
何回も何回もやって貰う。これで自在にとはいわないけど、そこそこ自分の好きそうなアルバムを選び、聴くことができるだろう。たぶん。

DSC01342.JPG

次ぎに、台所に移動。
エスプレッソマシンの使い方を説明。
実際にエスプレッソコーヒーを作ってみる。
私にとってはいつもの味だけど、父にはちょっと濃すぎだったかも。
そこでコーヒーの粉を半分にして作る。
それがちょうどいいようでした。

DSC01343.jpg
↑そういえば干支の「酉(とり)」の人って回りにいない。

次ぎに焼き芋を温めて食べるやり方を教えた。
適当にスライスして、フライパンにココナッツオイルを少々、その上に焼き芋のスライスを乗せ焼く、ある程度焼けたら、蜂蜜(メープルシロップでも可)を少し焼き芋にかける。表面がパリッといたら出来上がり。三時にぴったりのお菓子になる。
次ぎに目玉焼きの美味しい焼き方。蒸し焼きできれいに半熟にする方法を教えた。
他に、半熟玉子の作り方。私は、沸騰したお湯に3分30秒ぐらいが美味しいと教えた。もちろん沸騰したお湯にいきなり冷たい玉子をいれたら割れるので、ぬるま湯で温め、茹でるのです。
ポーチドエッグやフライドエッグ、温泉玉子、スクランブルエッグ、オムレツなどは、話すだけにしておく。
こんなことを話しだしたらきりがないです。
どうしても詳しく知りたいのなら、書庫の料理本コーナーにおいてあると言っておく。そうなんです。実家に私の書庫があるのです。フランス料理の洋書がここに置いてあるのです。エスコフェのソースの本とか、パスタ料理1000種とか、パンの本、フランス菓子、ウィーン菓子、料理関係のエッセイ等々、大きな書店の料理専門書コーナー的なものね。
父親は、気付かなかったと思う。
実際に家庭で作れそうな料理の本は、結婚した時に鍋・フライパン、各種包丁、砥石は持ってきていますけど。

父親に料理の基本を教えるとは思ってもいなかった。
変な運命です。
私のことを「ムッシュ」と呼ばないといけない。
「Oui、monsieur」とね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あぁ〜あぁぁ・・・ [モノ]

一昨日の夜、iPhone 6 Plusの異変に気が付いた。
液晶部分に薄いガラスでガードしてあるのです。
この薄いガラスは衝撃に強いとアナウンスしてあった。
商品の実験でハンマーで叩いてというのがあった。
それなら安心と貼った。

DSC01316.JPG
↑気が付いた時は、ショックでした。本体の液晶は?と思いました。

画面はクリアだし、汚れや指紋もすぐにとれる。
気泡も皆無。
貼っていることを忘れていた。
一昨日までは。

DSC01316 2.JPG
↑液晶のガラスは大丈夫だったようです。

iPhone 6 Plusは、大きいので背中に入れている。
専用の部分なので、安心していた。
音声は、Bluetoothの小さなイヤフォンで会話している。
朗読もそれで聞くことができる。
バスとか電車に乗る時は、周囲の騒音を消すタイプのイヤフォンを使う。
イヤフォンも電話がかかってきたら会話ができるタイプ。

P1750379.JPG
↑直接的な原因はこれ。

問題は、iPhone 6 Plusに連絡がかかって来た時、メモに困るのです。
「メールやLINEでいいじゃない」と言われそうね。
でも読字障害では、難しいのです。

P1750383.JPG
↑ミニのホワイトボードなんです。

最近、このコンパクトなホワイトボードでメモを書いている。
机の上でもこれは重宝。
アイデアスケッチを描くことが多いから、便利なんです。
ホワイトボードだから簡単に消せる。

P1750386.JPG
↑描いたものを保存する場合、このフイルムをのせます。最近はホワイトボードに印刷してあるものもあります。

描いたものは、フイルムを重ねて、iPhone 6 Plusで撮り、Evernoteで保管するという作業をしています。
Evernoteなら自動的に各コンピュータとシンクロしてくれるのです。

P1750385.JPG
↑置くとこのようになる。

上記のような仕組みでiPhone 6 Plusとこのミニホワイトボードをセットで背中の鞄に収まっていた。
そして、今回の事故。
このミニホワイトボードの小さな金具が背中でiPhone 6 Plusの液晶を押したようです。衝撃に強くても、ジックリ圧力をかけるとパキッとなるようです。
そうすることで本体の液晶を守ってくれたのでしょうね。

P1750389.JPG
↑iPhone 6 Plusにインストールしたアプリケーションで撮影し、Evernoteで保管します。

こういう事故は注意しないといけません。
大きなiPhone 6 Plusは、液晶画面が大きく、老眼に優しいのですが、どうも振り回しが悪いかも。難しいですね。いまだになれません。

昨日、朝別件もあったのでヨドバシカメラに行き、新しいガラスを買いました。(悲)5,000円近いんです。しかも自分で貼るのが邪魔くさいので、ヨドバシカメラで貼ってもらいました。そこで初めてメンテナンスポイントというのが私のカードに入っていると店員さんが教えてくれた。だから無料となりました。目出度し目出度し。この教訓を生かし、二度と同じトラブルを起こさないと肝に銘じたのであった。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 モノ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る