So-net無料ブログ作成

会話がすれ違う [風景]

DSC04112.JPG

昨日はいつもの実家コース。
行きは市バス、いつもなら空いている路線でも人が多かった。
実家でちょっとだけ作業をし、父親に説教。
悲しいかな、いくら言っても自分の考えを変えない。
来週、病院の外来に行った時にドクターに理詰めで攻めるしかない。

DSC04116.jpg

父親は、自分のことを「糖尿病のプロ」と言う。
「プロなら病気をして稼げ!」と言ってやった。
子歳の人間は、大学病院とかに弱いのかな。
実験動物だものね。
悲しいな。
折角ドクターとかけ合ってインスリンの注射の回数を減らし、量を減らしたのに、元に戻りつつある。

DSC04120.JPG

喋っていたら咳が止まらなくなり、家に帰った時は疲れた。
家に帰るのも普通の帰り方ができないのです。
交通停滞になっているから、川端通や東大路通、河原町通も通れない。
結局、京阪電車で七条まで乗り、京女のバスで帰った。
それ以外に方法がないのですよ。
父親は「そんな混んでないだろう」と言う。
世間知らずも甚だしい。
「いっしょに付いてくるか?」と父。
「ラッシュとやらを体験させてやろうか!」と言った。

DSC04123.jpg

ここ数日、カキぐらいしか食べてないから機嫌が悪い。
しかも咳が止まらない。
「病院に行ったらいいやん」と父。
もう二週間も行っているけど、薬の副作用だけで治らない。
来週から、違う方法で治療する。
竹の子医者はもういらない。

DSC04124.jpg

そうそうこの間、父親と外食の時、食欲が全くなかった。
時々そういう時がある。
父親といっしょの時に起こったのははじめて。
食べたいモノが全く浮かばないのです。
父親は、ト一食堂に行きたいと言った。
仕方なく行った。
でも私は一切食べなかった。
匂いを嗅ぐだけで、気持が悪くなる。
「何か食べないと力が出ないと」と父。
「こういう時は、食べないことにしている。一ヶ月や二ヶ月食べなくても普通通りに動ける。過去に実験済み。あんたでは理解できないだろうな」と京男。

DSC04127.jpg

こうなると全く会話にならない。生き方が違う。
二週間も続くというのは、いいことの予兆かもしれない。
体質を変えるために休む必要があるのかも。
でも、いまマンションが工事中なので寝ている訳にもいかないし、外出もできない。
しかも騒音が凄い。
ノイズキャンセルのイヤフォンが大活躍だ。

DSC04128.jpg

なんかすごくプライベートなことを書いている。
まあ、記録だからしかたない。
読み飛ばしてください。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おっさんに説教 [風景]

DSC04065.JPG

昨日の南禅寺の続き。
南禅寺でがっかりして永観堂にきました。
永観堂も終わってしまったのかなぁ。
いま一つ紅葉の色が冴えません。

DSC04068.JPG

紅葉が早く終わったのかな?
それともライトアップとかで木の生理サイクルがおかしくなった?
紅葉が赤くなるには、太陽光線が必要なんです。
今年の秋は、シャキッと晴れた日が少なかった。
黄葉のためには、気温なんだそうです。
そういえば暑かった日が続いたな。
秋雨が長く、暖かかった影響なんでしょうね。
しかもライトアップのLEDの光の影響もある。
人間でも夜、液晶画面を見ると寝られなくなるといいますからね。

DSC04075.jpg

DSC04104.JPG

だからなのか、京都のお寺がライトアップをするようになったように思います。
お賽銭は増えないけど、夜間拝観料はばかになりませんからね。
檀家との付き合いが希薄になり、お墓を引っ越すケースも増え、お布施が集まらない。幼稚園や保育園も作れないしね。駐車場にするのも限界がある。
マンションを建てたら文句を言われる。
そうなると紅葉や桜を植えてライトアップしか方法がない。
大きなお寺チャーンなら学校を作るというものあるけど・・・。
ひょっとして生き仏さんに法を説くということをしていないのではないかな?

DSC04071.JPG
↑池の向こうに見える建物が私が卒業した高校。

DSC04162.JPG
↑休み時間、廊下から紅葉も見ていたと思う。当時は、観光客なんてほとんど来ていなかったように思う。南禅寺もです。あの頃の方がよかったかも。でもあの頃、紅葉を見てきれいなんて思わなかった。落ち葉になる前の現象程度。きれいに見えるのは自分が落ち葉になって来た証拠かも。まだ私は落ち葉ですけどね。(笑)

昔々、ある古刹から仕事の依頼が来た。
「もっと有名になりたい。どうしたらいいのか相談したい」ということでした。
そのお寺に行くと境内が落ち葉だらけ、お墓も売っていそう、駐車場も募集していた。
本堂で作務衣を着たおっさん(和尚さん)がビールを飲んでいたのです。
そのおっさんが住職だった。
聞くと檀家をPCで管理して、卒塔婆もプリントアウトしていた。
戒名もPCで作成していた。
ハイテクな寺でした。
話しを聞いて、ダンダン腹が立ってきた。
私が言ったのは
「○○さん、お寺を有名にしたい方法はあります。でもその前にもっと境内を掃除しなさい。犬や猫の糞が転がっていましたよ。そして近所の子供達が遊びに来てくれる雰囲気を作りなさい。地域に愛されないようなお寺は、金を使ってPRしてもだめですよ。釈迦に説法ですんません」と丁寧に言い帰りました。
もちろん、仕事にはなりませんでした。
20年ぐらい昔の話です。
いまならもっと厳しく「渇!」と言うだろうな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の紅葉は・・・

DSC04043.JPG

昨日、南禅寺に行く。
ここは、もう終わりに近かった。
それでも観光の人は多かった。
明日、明後日も多いだろう。

DSC04044.JPG

DSC04049.JPG
↑ここは、南禅寺三門

ひょっとして今年の紅葉はだめなのかもしれない。
夏の猛暑、秋の長雨の影響かな。
紅葉は太陽光線によって赤くなるのだそうです。
確かに曇りの日が多かった。
因みに黄葉は、気温の変化なんだそうです。

DSC04052.JPG

DSC04055.JPG

今年は両方だめでした。
そんなことはおかまいなく、詰めかける。
気になるのは、立ち入り禁止の場所に入って撮影している姿をみることです。
あれは、いけません。
お寺の人、しっかり管理しないとね。
外国からの観光客でもやっていいこと、悪いことははっきりさせないとね。
それができないならビザ(査証)を発行してはいけません。
お行儀の悪い観光客は断ればいい。
お金のためにそこまで媚びる必要はないと思う。
最近どこでも立ち食いさせる・・・あれもいけない。
人にぶつかると危険。錦市場でいつも思う。
いまだに市バスにキャスター付きの大きな旅行バッグを持って乗る。
彼等はしらないのだから、職員がチャンと注意して欲しい。
ヘンテコな着物も止めさせた方がいい。

P1750690.JPG
↑京都鶴屋鶴壽庵「龍田」

今年、京都市内の観光客は増えたと思う。
でも経済効果が本当に増えたのか、またその内訳は?
それも公表しないといけない。
もし経済効果がないのなら、人数をへらしたらいい。
寺も紅葉の色が汚いから、ライトアップしたい気持はわかるけど、あれをやればやるほど木が弱るのです。
確かに夜の拝観料は魅力的、しかも無税だしね。

P1750740.JPG
↑こなし、黒こしあん

私らの小さい時「お寺や神社に夜行ったらあかんよ」といわれて育った人間には違和感があるのです。
憑依を受ける危険性もあるしね。ないと思うでしょ。あるのです。
京都市内には、怖いパワースポットが増えています。
外人やから大丈夫なんやろか・・・。
でも空間が歪んでいる場所だったら影響を受けるやろな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タコが来た! [食]

DSC02134.JPG

釣り好きの人から電話があり、タコを釣ったので送ります。
「下ゆで済みですから食べてください」とのこと。
その電話であることを思いついた。
それほどのタコなら「タコのガリシア風」で食べようと。

SP009.JPG

「ガリシア風のタコ」
足を使います。はさみでちょきちょき切って、木皿に盛り、塩・パプリカをふったら、オリーブオイルをだ〜っとまわしかけます。
それだけ。
頭は、トマトソースで煮ましょうか。

DSC02155.JPG
↑スペイン産 原産地呼称付き スモークパプリカパウダー、左甘口、右辛口

「ガリシア風のタコ」は、とてもシンプルなんですが、問題はパプリカとオリーブオイル、塩もです。

DSC02151.JPG

スペイン産原産地呼称付きスモークパプリカパウダーを手に入れました。
今回は、甘口と辛口の2種。
これは、普通のパプリカではないのです。
説明を書き写しておきます。

DSC02164.JPG

●スペイン・エストレアドゥーラの名産パプリカ
スペイン西部に位置するエストレアドゥーラ州はポルトガルと国境を接する手つかずの自然が多く残される丘陵地帯が多い牧羊、闘牛の飼育、黒豚の放牧が盛んな土地です。イベリコ豚でも有名な地域ですが、その土地と切っても切れない名産品がパプリカ。サラミ作りのスパイスとして使われるのをはじめ、この土地の郷土料理には欠かせない大切な食材です。

●燻製の芳香とパプリカの優しい甘さ
収穫されたパプリカはブナ・ナラなどのオークの木を燃やしてその炎の上で乾燥され、その後に細かく挽く作業が7回も繰り返し行われます。
昔から守られているその伝統的な方法によってこの地方独特の燻製の香り高いパプリカパウダーが生まれるのです。

DSC02159.jpg
↑フラントイオ ガランティーノ 2015 エクスラヴァージンオリーブオイル

オリーブオイルも買いました。
今回は、良質のものでないといけないので、売場でテイスティングをしました。
真剣に探すと難しいものですよ。
最後に残ったのが、スペイン産とイタリア産。
スペインのモノは辛味があり野性的な感じだった。
それに対し、イタリア代表は、高貴というか品がありました。
パプリカが個性的なので、イタリアのモノに決めました。

DSC02167.JPG
↑「ガリシア風のタコ」を目指していたのですが、京女がいつものようにニンニクをみじん切りにしてしまった。だから「ガリシア風のタコ・アヒージョ」になってしまった。でも美味しかった。パプリカの燻製の芳香がいい。このパプリカは、いろいろな料理に使える。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雪虫 [風景・和菓子]

最近、よく雪虫(ゆきむし)が飛んでいるのを見かける。
捕まえて撮影しようと思うけど、彼等は熱に弱く、人の体温でも弱るのだそうです。
綿のようなものをつけてフワフワと飛んでいる様が「雪虫」と言われる所以。

DSC01929.JPG

雪虫というのは、雪国の呼び名らしい。
京都では、どういうのでしょう。
やっぱり雪虫かな・・・。

DSC01931.JPG

服に留まったりすると白いものがつきそうだから、よけます。
でも捕まえようとするとなかなかうまくいかない。
飛んでいるのを撮影しようとするともっと難しい。

DSC01933.JPG

この雪虫は、アブラムシの仲間なんだそうです。
普通の時は、羽根が無く、雌だけで増える単為生殖で、越冬前の卵を生む時に羽根ができて、しかも綿のようなおのをつけて飛ぶ。
飛ぶと行ってもそんなに力強く飛べない。
しかも雄には口が無いらしい。
寿命は1週間ほど、雌も卵を産むと死ぬらしい。
それでも絶滅しないで毎年でてくる。
案外したたかな生物なのかも。

P1750529.JPG
↑亀屋良長「山茶花」

P1750560.JPG
↑上用、黒こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る