So-net無料ブログ作成
検索選択

オムライス [洛外・食]

DSC04019.JPG
↑かぶらと合鴨のオムライス、小エビフライ、味噌汁

外国の観光客にオムライスが人気なんだそうです。
そう言えば、海外でオフライスというのはないかも。
これは、日本の発明らしい。
そして、このお店「北極星」が日本で初めてオムライスを作ったのだそうです。
つまり、オムライスは、立派な日本料理ということになる。

DSC04022.JPG
↑小さなエビフライが味のアクセントになる。付け合わせのガリも妙に合う。

玉子の黄色とトマトソース、またはケッチャップは、いい組み合わせだ。
アレルギーの人は別だけど、大抵の人は好きだと思います。
カレーやハンバーグもそう。
世界に向けて宣伝してもいいかもね。

DSC04026.JPG
↑いいでしょ!

この写真は、昨日大阪で撮った。
昨日は朝から何も食べてなかった。
食欲というより、時間が無かった。
お昼を食べそびれて会合に行ったのです。
セミナー専用のスペースだったので、お茶も無かった。
だから、飲み物もなし。
会場でおばちゃんに飴チャンをもらった。
それがランチ。

DSC04034.JPG
↑かぶらと合鴨の特別バージョン

会合の後、喫茶で雑談。
その時は、トマトジュースを飲んだ。
雑談会の後、京阪電車に乗るために淀屋橋へ。
京女に電話し、オムライスをお土産で買うことになった。
お店に入り食べたのが本日のオムライス。
「かぶらと合鴨のオムライス、小エビフライ、味噌汁」でした。
中国語を話すお客さんが結構いました。
やっぱり人気なんだ。
オフライスに言葉はいらないですよね。

食べ終わって、お土産を受け取り京阪電車に乗りました。
今日は、動くと暑い一日でした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外

春近し [風景]

寒さもそろそろ緩んで来そう。
でも来週は、もう節分だ。
本当は一番冷え込む時期なんだけどなぁ・・・。
どうも今年は違う感じ。

DSC04415.JPG
↑あと1〜2ヶ月で桜が咲くだろうな

それでも確実に春は来るし、桜は咲く。
桜開花準備委員会は、いつ開花するってケンケンがくがくだろう。
悩んでいるだろう。
案外悩んでないかもね。
だっていく咲こうと困らないものね。
困るのは、桜をネタに銭儲けしようと思う人間サイドだしね。

DSC04469.JPG

お寺や神社を見ているとすごい商魂逞しい状態になってきている。
ライトアップなんてのは当たり前。
昨年の紅葉の時、よく見ると汚い紅葉を赤いライトで照らしていたりする。
紅葉にとっては迷惑だろうな。

DSC04469 2.JPG
↑拡大するとシジュウカラかな?がいます。たくさん小さな野鳥がいっぱい飛んでいました。

ひょっとして、人間が自分たちのために自然に介入するのは結果的に人間にとってもよくないのかもしれない。
先日、漢方内科の先生と話していて、私が懐炉を使っていると言うと「懐炉とか遠赤外線は良くない」とおっしゃった。
なぜかと質問すると、あまり外的に補助し過ぎると人間の身体がさぼるというのです。
糖尿病でインスリンを使うと身体が「へー、そしたらもうインスリンを分泌しなくていいんだ」と思うらしいのです。
同じように懐炉なんかを使うと身体が暖めなくていいんだとさぼるらしい。
そういう場合は、足なら靴下を4枚ぐらい履くといいらしい。
もちろん、重ね着の方法はある。
綿・絹・綿・絹という感じで層にするといいそうです。

DSC04535.jpg

いま、気になっているのは、殺菌という作業。
最近は、部屋の雑菌を消毒するというモノが売っている。
ああいうのは、ちょっと危ないかも。
子供は、抵抗力が弱いから菌やカビに触れさせないらしい。
それは、逆だと思う。
少しずつ触れて慣れて行く方がいいと思う。

DSC04547.JPG

ドクターがよく言う手洗い・うがいもどうでしょう?
病院でアルコール消毒が置いてありますよね。
あれもねぇ・・・。
あれ、私は出来ないのですよ。
アル禁だし。
だから、手のひらに唾をぺっぺとします。

DSC04547 2.JPG
↑猫が昼寝していた

風邪やインフルエンザなんかも、小さな子供や高齢者は問題かもしれないけど、あまり神経質にならない方がいい。
風邪かな?と思ったら仕事を休んで二、三日寝ていれば治ると思う。
中途半端に出て行くから余計長引く。
我が家の子供が風邪で熱を出した時(大抵土日の夜が多い)、規準を京女と決めていた。熱を冷ます。頭を冷やす、それでだめなら首、それでダメなら脇。白目を剥いていないか?うわごとを言っていないか?痙攣をしていないか?
それを見ながら40度ぐらいまでは病院に行かない。と決めていました。
長男が熱を出して、幻覚を見て怯えるというのはありました。
その時は、私が幻覚そのモノを消しました。

DSC04543.JPG

一番いけないのは、親が狼狽えるのがいけない。
熱をだしたら優しくして貰えるというのもダメ。
味をしめて、構って欲しくなったら熱を出しますからね。
子供が転けても、泣くまでに一瞬、親の方を見ます。
その時「●●ちゃん、大丈夫!」と言うと泣きます。
「はい、立って!」と言うと泣きません。
そうやって育ててきました。
おかげで皆元気に育ちました。
子供は、被暗示性が高い状態なので、いい暗示を入れてあげるのです。
言うのは簡単ですが難しいですよ。

こんなことを書いて行くと切りがなくなる。
今日は、このあたりでやめておきます。
おやかまっさんどした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景

紅梅&スジカレー丼 [食]

DSC04478.JPG

京都御苑の梅を撮影していて、ランチの時間が過ぎていた。
いっぱん、京都御苑を出て何か食べようとなった。
府庁前の「やまびこ」へ行く。
やまびこと言えばカレーうどんなんだけど、どうしても丼になる。
なぜ?

DSC04480.JPG

カレーうどんの汁が服に跳ねるのがいやなんだろうな。
ということでいつものスジカレー丼になる。

DSC03977.JPG
↑「やまびこ」スジカレー丼、温泉玉子

ここ1ヶ月、食欲があまりない。
本来、カレー系なら嬉しそうに食べるのに、そうでもなかった。
一昨日、大阪にいったけどインデアンカレーを食べなかった。
原因は、処方された漢方にあったようです。

DSC03982.JPG

処方していただいているドクターに言うと、胃に「丼」じゃなかった「ドーン」とくるらしい。
あの煎じ薬は、例えていうと「正露丸と丁字」を湯で溶かしたぐらいのインパクトがある。その代わり効くらしい。
そういう処方なので長く続けるものでないのだそうです。
やっぱり!

DSC03987.JPG
↑ちょっと辛味をたしてみました

ということで処方を前のものにちょっと配合を変えてありますが、基本的に前回の生薬の処方に戻りました。
だから、胃の方は戻って行くと思います。
漢方薬って面白いですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都

春は近いかも [風景・和菓子]

DSC03959.JPG

京都市内は、寒さが緩んできた。
早朝は底冷えでが。
お日さんが出てくるとやっぱい暖かい。

DSC04477.JPG

京都市内は盆地なので風は意外と吹かないのです。
風さえなければ、ポカポカ陽気。
外出する時の服装がとても難しい。
帽子でも下手をすると汗で髪の毛がぐっしょりなる。
ビルや地下街を結構なスピードで歩くと汗ばむのです。
でもジッとすると冷えてくる。

DSC04428.JPG

DSC04453.jpg

ちょっと暖かくなると百貨店が高齢者でいっぱいになる。
あれは、不思議な現象ですね。
電車でもそうです。
高齢化社会になってきたんだなぁとしみじみ思う。

DSC04521.JPG

昨日は温度差なのか家に帰りしな、とてもしんどくなった。
きっと血圧かなにかの影響だろう。
街中で汗をかいて、水分をほとんど摂らなかったしね。
父親とか義母に「水分をちゃんと摂らないと」と言っているのに、案外自分で摂ってなかったりする。冬の水分補給も考えないといけないな。

DSC04523.JPG

そういえば、来週はもう節分。
季節の変わり目です。
体調管理に注意しましょうね。

P1680341.JPG
↑長久堂「雪中華」

P1680363.JPG
↑きんとん、小倉あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko

もう後戻りできない? [風景・和菓子]

DSC03937.JPG

寒さも峠を越したみたいですね。
少なくとも京都市内はそうです。
昨日、京都御苑に行ってみました。

DSC03944.JPG

京都御苑の梅は、咲いていました。
それも集団で咲いています。
ここまで咲いたら、後戻りできないかも。
ちょっと時期的に早いけど、梅が咲いているのを見ると嬉しい。

DSC03947.JPG

北野天満宮も咲いているのかな?
最近、あそこは境内を変な幕で区切っているのが、ちょっと気にくわない。
好きな梅の木が元気がなくて昨年ガッカリしました。
今年の同じなんだろうな・・・。

DSC03949.JPG

DSC03955.JPG

その点、京都御苑の梅林はいいですね。
土の状態もいいし、枝の形もよく手入れされています。
土の影響なんでしょう。
花が元気。

P1750871.JPG
↑亀屋良長「芽吹」

P1750905.JPG
↑煉切、こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
メッセージを送る