So-net無料ブログ作成
検索選択

餃子再び [食]

昨日は、いつものように京女と実家へ。
玄関イスの組み立て、父親のスピーチ原稿修正その他で行く。
その前に「餃子王」でランチ。
今回は、京女を連れて行く。
この間、食べられなかったメニューを食べるためです。

DSC05590.JPG
↑バジルの水餃子

昨日は、日曜日ということもあったのか、結構混んでいた。
ギリギリ着席。
予定通りのモノを注文。
おれでご飯以外は食べたことになる。

DSC05597.JPG
↑ラム肉パクチー水餃子、私はこれがいい。ラム肉の香りがとパクチーがよく合っている。大陸的な感じね。

写真は、10月26日の記事より綺麗に撮れた。
どうも父親といっしょだと写真がうまく撮れない。
なんかイライラするのです。
父親から「早く食べたい!」という波動が来るのが原因かも。
なんだろう・・・父親と食事をするとストレスなのは、この波動の影響なのかな?
次回、いっしょに食事をする時、その波動を押さえ込んでしまうか、出ないようにしてみよう。でないと食事が気分的にゆっくり味わえない。
商家で生まれ育った人間は、こうなるのかも。
親から「ゆっくり飯を食うな!」と言われ続けたのかも。
そてと年代もあるのかも。
京女と食事をして、そのイライラした感じにならないのです。

DSC05600.JPG
↑キクラゲ豚肉卵炒め

そうそう、気になるものを目撃した。
おばさんが冷蔵庫から袋入りの餃子を取り出しお湯にいれた。
袋は、ジップとかでなく、ブルーのラインがありました。
まさか、餃子の冷凍食品じゃないよね。
茹でたら冷凍も手作りもあまりわからないからね。
まさか、神戸でやっているように中国本土から来る冷凍食品じゃないよね。
違っていてほしい・・・。
私は、オープンキッチンの店に座ると厳しい見方をしてしまいます。

DSC05612.JPG
↑ジャージャー麺

それとこの間もだったけど、食べ終わってしばらくすると喉が渇く。
塩分は、それほどでもなかったけど、ひょうっとしてグルタミン酸ナトリウム(旨味調味料)が多いのかな?
旨味調味料が多いと塩分が感じ難くなるしね。
舌の両サイドにくる感じが独特の感じがちょっとしたのです。
ビールとか飲んだらわからないだろうな。

DSC05625.JPG
↑かき混ぜます

まあ、それほど、頻繁に行くこともないだろうからいいけど。
ちょっとだけ気になりました。

食事をして、実家に行き、さまざまな作業をさせていただきました。
スピーチ原稿は、面白かった。
父親の歴史ですからね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋土用 [食]

DSC05432.JPG
↑うざく

土用って夏だけじゃないです。
年に4回ある。
土用というのは、5種類の元素と自然哲学の思想からなる、中国の「五行説」という暦がもとになっています。
まあ、中国の思想だから日本で適用する必要もないけど、面白いので書いておきます。

DSC05437.JPG
↑白焼き

DSC05444.JPG
↑やっぱり白焼きが好きやね。お酒が飲めたら天国だろうなぁ・・・。

春は「木」、夏は「火」、秋は「金」、冬は「水」といった風に四季に当てはめます。「土用」というのは、立春、立夏、立秋、立冬の前、18日間を指します。秋土用というのは、立冬の前18日間ということになります。

DSC05447.JPG
↑櫃まぶし、量が可愛いでしょ。

2016年の秋土用は、10月20日から11月6日までの18日間です。
土用の始まりを「土用入」、土用の終わりは「土用明」と呼ばれます。
夏土用のように「丑の日」なんてことは、特別にないようです。

DSC05446.JPG

土用には、反対の季節に対応するものを食べるといいと言われています。夏の反対は冬。冬に当てはまるのは、黒色の「丑」。このことから、夏の土用には黒色で「う」のつく「うなぎ」が食べられているというわけです。

DSC05465.JPG
↑こういう食べ方って面倒臭い

秋の場合は、反対になる季節は春ですから「青色、辰」のもの。「た」のつく青色のものを食べると体にいいと言われています。この時期に旬を迎える青魚のサンマは秋土用にはピッタリの食べ物です。
だから、サンマを食べると健康にいいのかも。

DSC05477.JPG
↑次回は、うな重を食べたろかなぁ・・・。

でもサンマでは、インパクトがないので、土用の法則を無視して、うなぎを食べに行きました。
うなぎを食べるのは、父親のリクエストでした。
私は、あまりお腹が空いてなかったので、いつものように白焼きとうざくを少々いただきました。それと櫃まぶしを少々。

DSC05489.JPG
↑デザートのシャーベット

この日は、父親の方が沢山食べたと思う。
食欲だけは旺盛やね。
感心するわ。

※父親が好きな高島屋7階ダイニングガーデン京回廊「うなぎ徳」、たまには「う」とか「わらじや」なんてのもあるんだけどな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ノイズキャンセル [モノ]

昨日、BOSEから「QuietControl 30 wireless headphones」が到着した。
発売が昨日だったから最短で来たのだろう。
これを待っていたのです。
Bluetoothでノイズキャンセルのヘッドフォンを。

DSC05499.JPG
↑これが新しいヘッドフォン、ネックバンドの中にバッテリーや回路が入っている。なんか首輪をつけられた犬のようになります。

発売されるというのは、メールで夏前に知っていた。
いまのノイズキャンセルのヘッドフォンは、有線方式でとても使いにくかったのです。
脳出血の後遺症で読字障害になってから、音にとても敏感になった。
バスや電車に乗ることが多いのですが、待ち時間が勿体ないので、朗読を聞きながら移動しています。その時、朗読が聞きにくい、音楽なら問題ないのかもしれません。
そう言えば、最近音楽を聴いてない!

DSC05505.JPG
↑スマホアプリで微調整ができます。ヘッドフォンの回りにあるのがノイズキャンセルの度合いを調整するものです。

Bluetooth接続は、バージョン3になってから実用的になってきた。
電話も簡単に受けられるようになったしね。突然喋り出すのは、ちょっと不気味だろうけど。
今回は、ノイズキャンセルの回路がネックバンドの中に収まっている。この回路が邪魔だったのです。やっと改良された。
後は、防水機能だろうな。

DSC05521.JPG
↑イヤフォン部分が小さくなったのがうれしい。いまのは、ちょっと大きくてカッコ悪るかった。

今回は、慎重だった。
伊勢丹にあるBOSEセレクトショップに行って、実際に試してみました。
首輪の状態が気になったのです。
夏場なら問題になりそうだけど、これからのシーズンは大丈夫だろうと判断。
その場で予約しました。
故障の場合は、あそこに持って行けばなんとかなります。

DSC05529.JPG
↑左にあるのが有線のタイプ。この箱が邪魔だったのです。

今回のモノは、ノイズキャンセルのレベルが簡単にスマホアプリから調整できる点です。本当を言えばもっと人の声も消して欲しい。赤ちゃんの泣き声や若い女性の声はちょっとつらいのです。
本日は、大阪行きだから電車の騒音にどれぐらい有効かチェックしてみます。

ただ、こういうヘッドフォンを皆がするのは危険かも。
私は、音でなく気配のようなものを感じて歩いているのです。
だから、私の回りの状況を気のフィールドのようなもので包み込んで歩いています。
もし何か異変があれば自動的に身体が反応している。
それができない人が音楽を聴きながら歩くと危ないかも。
まだ、実際に街中を歩いていないのでくわしくはよくわかりません。
実験してみます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 モノ
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2個の鈴がない? [風景]

DSC04679.jpg
↑鰐口

10月13日の「鰐口?」という記事で
>これは、お堂のところにあるものです。
>お詣りする時のインターフォンみたいなものですね。
>神仏に「お願いにきました!」と鳴らすものです。
>音でその場を清める意味もあるそうです。邪鬼は、音に弱いのです。
>名前をご存知ですか?
>「鰐口(わにぐち)」といいます。
>神社なら鈴ですね。
>一説によると、鰐口は女性を表し、鈴は男性を表している。
>確かに鈴は2個のものが多いけど・・・。

DSC05015.jpg

と書きました。
気になっていたので、神社の前を通る時、観察しておりました。
参拝もせんと鈴だけを見て、写真を撮りました。
結果は、ご覧の通りです。
2個なんてないじゃん!
まあ、どこかにあるのかもしれませんが。

DSC05168.jpg
↑こらは、複数の男性が集まっている鈴?偶数ならそうかも。

この記事をご覧になっていただいている皆様に
「多大なご心配とご迷惑をおかけして、申し訳ございませんでした」

DSC05361.jpg

お詫びにタヌキの金玉写真を掲載しておきます。
タヌキの金玉百畳敷きと申します。
拡げると百畳の広さになるらしい。

DSC05380.jpg

金箔を伸ばす時、タヌキの金玉の革で金を挿み、上からトントン叩いて金箔を作るのだそうです。そこからきている。
この話しも、実際は、鹿革だった!
しかも金箔は百畳も伸びないのだそうです。

DSC05381.jpg

西郷隆盛の金玉は、流刑先の沖永良部島で風土病に感染し、その後遺症で陰嚢が腫れて大きかったらしい。西南戦争後、首の無い西郷の死体を本人だと確認したのは、この巨大な陰嚢だったらしい。
この病気の元がツツガムシというダニなんだそうす。
昔の表現で「つつがなきよう」というのは、病気にならないようにというような意味らしい。

そうそう私の友人に片方の金玉に水が溜まり、大きくなった人がいます。
彼は、真っ直ぐ走れないかも。

なんか今日は京男らしくない記事になってしまった。
おやかまっさんどした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一ヶ月後は大変だろうな・・・ [社寺・和菓子]

DSC05086.JPG

本日の写真は、東福寺本堂(仏殿兼法堂)。
実に堂々とした建物です。

DSC05074.JPG
↑東福寺本堂

DSC05077.JPG

実はこの本堂。新しいのです。
明治14年(1881)に火事で焼けてしまったのです。
大正6年(1917)から再建工事にかかり、完成したのが昭和9年(1934)なんです。
昭和期の木造建築としては最大級のもの。
でも、古く見える。
父親と同じような年台です。
そう考えたら父親は若く見える。(笑)
まあ、堂々とした感じや火事がなければ後200年ぐらいは持ちそうやけど。

DSC05082.JPG
↑中は狭そうやけど、右におじさんがいてはります。その人と比べると大きい。

DSC05084.JPG
↑堂本印象の竜の天井絵

だから、天井の竜の絵も堂本印象だから新しい。
建仁寺の法堂の竜の天井絵の方が2002年に描かれたから、ずっと新しい。
お寺の竜の絵は、火事を防ぐという意味から描かれています。
この竜は手の爪が三本だから、まだ偉くない。
偉いのは五本爪なんですよ。
竜の絵って描こうとすると難しい題材です。
誰も見たことがないですからね。
どうしてもマンガ調になります。

DSC05105.JPG

日本画家が悩んで竜の絵を描いていた。
「竜を描かずに竜を描け」みたいなアドバイスをしたっけ。
竜の気配というか気を描けとね。
描いた竜の屏風が某有名寺院においてあります。
それを見るとやっぱりあかんなぁ・・・と恥ずかしくなります。

DSC06962.JPG
↑二條若狹屋「唐錦」

東福寺は、あと一ヶ月ぐらいしたら観光客でいっぱいになるだろう。
昔、東福寺の画僧だった吉山明兆(きっさんみんちょう)に4代将軍足利義持が絵の褒美は何がいいかと尋ねたところ「境内に桜が増えると人が集まってにぎわってしまい、修行の妨げになるので桜を切ってほしい」と答えたのです。そこで義持は境内の桜すべてを切り倒させた、と伝えられています。

DSC06996.JPG
↑煉切、黒こしあん

明兆さんは、紅葉に観光客が集まると想定していなかったのね。
随分修行の邪魔になっていると思う。
ほんとに修行しているのかな?
そろそろ桜を植え始めた方がいいかもね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る