So-net無料ブログ作成

実りの秋 [洛外・食]

DSC04526.JPG
↑大きかったら食べていますよね

昨日の夜明けは冷えました。
気を付けないと寝冷えしそう。
なんだかんだいっても秋に向かって季節は進む。
いつものバス亭で雑草を見ていた。
小さな花の種ができていた。

DSC04528.JPG

もっと見ていたかったけど、バスが来た。
バスに乗るとそこは高齢者ばかりだった。
高齢化社会というのを実感します。

DSC04530.jpg

みなさん、疲れた顔をして乗っている。
ときおり携帯電話がなり、答えているおばあさんがいる。
全然、まわりのことを気にしていない。
高齢になり、思慮深くなるのかと思ったけど、ほとんどの人は厚かましくなるだけ。
若い人のことをわるくいえないですね。

DSC04536.JPG
↑大阪で食べたランチ。三番街「梅蘭」辛口梅蘭焼きそば(梅蘭辣炒麺)

昨日は、漢方内科だった。
7月から気を高めるのと、背骨の柔軟かつ強靱にするためのトレーニングをしている。その影響が出て来ているのがわかりました。
漢方薬を身体がはねつけているらしい。
生薬で身体の気を高める処方だったのです。
ところがここ一ヶ月湿疹がでていた。
生薬以外に考えられなかったのです。
ドクターにいうと気が余ってきているのだそうです。
身体が生薬を要求したり、撥ねつけたりする。
食べたいものが、ハッキリ要求したり、食べたくなくなったりする。
それは、いいことなのです。

DSC04538.JPG
↑辛口に炒めた牛肉、玉ねぎ、白菜、にらに熱々の餡をかけ、その上に両面カリカリに焼き上げた中華麺を載せて包んであります。面白いけど、ちょっと食べ難い。

自分の身体からのメッセージを聞けるのは大切なことです。
そういう自分の身体を鋭敏にしたら、医療なんてのは最小限で済むのでしょう。
薬なんかも、ダラダラ飲むのでなく、改善されたらさっさと飲むのを止めるのがいいようです。
そろそろ薬やサプリも断捨離をしないとね。
ただ、前提として自分の身体からのメッセージを感じるというか聞けることかな。
でも最近、ちょっとトレーニングが過ぎているかも。
疲れているとドクターに言われました。
私はトレーニングなんかも、ついやり過ぎる悪い傾向があります。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る