So-net無料ブログ作成

箱庭的中華 [食]

DSC05000.JPG
↑鐘園亭泉涌寺店「Bランチ」酢豚・焼豚・サラダ・唐揚・エビ天・揚焼売・冷奴・スープ・漬物(2種)

タイトルを見ると新しい料理と思いますよね。
写真をご覧になってわかるように、昔のワンプレート型の定食。
松花堂が食べたいと思った。
洋食や中華の松花堂。

DSC04994.JPG

DSC04995.JPG

ワンプレートと松花堂では、品格が違うように感じます。
松花堂は「上等や!」と感じます。
小学校低学年ぐらいの時、高台寺にあったお茶屋さんによく行きました。
父親の会社が使うお茶屋さんだった。
行くと中華や洋食の松花堂弁当を手配してくれたのです。
食い意地が張っていた京男は、そういう手前のものなら好き嫌いをいわなかった。
ようするに母親の手作りの料理がいやだっただけなのかな・・・。

DSC04996.JPG

このランチを見ていると、お寺の庭を見ているような気持になります。
景色がある。
物語が聞こえてくるような・・・。
そんなことを考えるのは、私だけかな?

DSC04998.JPG

いつもこのお店のおねえさんが「よくなったね」と言ってくれる。
このお店は、病院の向かいにあるから、病院に通う時、よく食べに入るのです。
病院から借りた松葉杖でぎこちなく歩いていた頃からいまの状態になるまでの過程をご覧になっていましたからね。
自分でもよくなったと思います。

DSC05128.JPG

上の写真は、一昨日の午前11時ぐらいの京都駅風景。
たくさんの観光客がいるでしょ。実は市バスに乗るための行列なんです。
行き先は、三十三間堂、京都国立博物間、清水寺、祗園方面行きの市バスです。
つまり七条通から東大路通を走る市バスです。皆さん、1日乗り放題の切符を買って乗ります。

DSC05134.jpg

私は、東大路七条から市バスに乗る訳ですが、来るバス、来るバス、皆満員状態。
乗せてくれない場合も多い。ただ202番に乗るからちょっとは人が少ない。
でも祗園ぐらいまで人が多い。
まだ、紅葉シーズンでない時期にこれですから、紅葉のシーズンになったらゾッとします。京都観光で市バスは、有効でないかも。
私なら地下鉄、京阪電車、嵐電、阪急、JR、近鉄とタクシーで観光しますね。
時間が勿体ない。市バスに乗るにも行列ですよ。
そして食べる時も行列。人気の社寺でも行列。
携帯の椅子を持って歩くといいかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る