So-net無料ブログ作成

東寺のおみくじ [社寺]

DSC09265.jpg

鍼灸に行く日は、東寺の境内をちょっとだけ散策します。
でも予約時間まで、あまり時間がないとゆっくりできない。
この間は、どうだった。
小雪の舞いそうな空模様だったしね。

DSC09267.JPG

東寺のおみくじの写真を撮っていなかった。
場所は、食堂(じきどう)のところにある。
食堂というても食べ物を食べるようにはなっておりません。
おみくじは、自分でみくじ棒と呼ばれる細長い棒の入った筒からみくじ棒を出し
数字が書いてあるので、引き出しから該当の数字の紙をとります。

DSC09268.jpg

引いた後の神籤を、境内の木の枝などに結ぶ習慣がある。
「結ぶ」が恋愛の「縁を結ぶ」に通じることから江戸時代から行われてきた。その後、神様との「縁を結ぶ」として木に結びつけられるようになった。
「凶のおみくじを利き腕と反対の手で結べば、困難な行いを達成つまり修行をしたことになり、凶が吉に転じる」という説もある。だが近年、木に結ぶと生育が悪くなるため、参拝者が神籤を結ぶための専用のみくじ掛があるのが普通になってきましたね。

DSC09271.JPG
↑今年はじめての贔屓君だ

DSC09274.JPG
↑可愛がってやりました

おみくじって神社のイメージが強いけど、こういうシステムを作ったのは、元三慈恵大師良源上人(912〜985)の創始とされています。いつの時代も自分の運命を占いたい人間の心理は変わらない。

DSC09279.JPG

DSC09278.JPG

御影堂(大師堂)は、いま工事中です。
工事の木組みがクラシックな感じがして面白い。
こういう建物の工事は難しいのでしょうね。

東寺は、初弘法が終わって一段落なんかな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る