So-net無料ブログ作成

要は改善すればいい [雑記]

DSC02053.JPG
↑歯茎の腫れに有効なツボ、赤い○の部分です。押すと痛いポイントがあります。

先日、鍼灸治療と歯科医院をはしごした。
歯茎あたりが痛いというのでなく、圧力みたいなものを感じていたのです。
それがとても不快だった。
この時期、体調が不安定になる時期なのかな?
鍼灸治療の時、気流測定をするのです。
数字で経絡の状態がでます。
目と鼻、胃に反応がでた。
ひどくないけど、人並みに花粉症なのかな・・・。

DSC02057.JPG
↑ここなら自分で鍼ができますが、お灸でもいいと思います。

鍼灸の岡田先生が歯茎に関して自分で対処したことを聞きました。
歯茎が腫れ、歯がグラグラになったそうです。
歯が自分で抜けそうな感じがしたほどだったそうです。
その時、休日で歯科医院が休みだった。
自分で何とかしないといけないと必死に調べたそうです。
そこで分かったのが、歯茎が腫れる原因を東洋医学では「手の陽明大腸経」の滞りが原因なのがわかった。
鍼灸のツボでいうと、私の左の腕の赤い○の場所あたりがツボなんだそうです。
確かに、手で押すと痛いのです。
ここを自分で鍼をしたのだそうです。すると症状が治まってきのだそうです。

DSC02075.JPG
↑こうやって自分で治療するのです。背中はちょっと無理だけど。

その話しを聞き「ならやって、夕方歯科医院にアポはとっているけど、鍼灸で治るならそれも面白いからとやってもらう。
このツボを押さえると確かに痛いのです。ぶつけたとかではないのです。疲れたとかでもない。経絡で歯茎あたりに繋がるのがウッスラと感じました。
それと歯茎あたりも鍼をうってもらいました。
「もうこれで治ると思う」と岡田先生。
確かに、効いているのですよ。
まあ、この日の夕方歯科医院には行きましたが、本当に症状が治まっていました。
他にすることがないので、歯を少々削ってもらいました。
歯が磨り減って角が尖ってきて、口の中の肉を噛み、口内炎がしょっちゅう起こるのです。口内炎って鬱陶しいでしょ。これも解決。
歯茎も消毒薬をいれてもらった。
いま、現在、歯茎は治まった。

DSC02056.JPG
↑2017年3月30日午前8時。ベランダ桜。今年はちょっと開花が遅れています。

鍼灸治療で済むことも多いですね。
過去に整形外科で治らなかった「腱鞘炎」「バネ指」「ガングリオン」なんかも治しました。整形外科では手術しか方法がないのにね。
「魚の目」なんかも鍼灸で簡単にとれますよ。皮膚科だと削るぐらいしかやらないですからね。鍼灸ならお灸で温め、芯を取ります。魚の目は、芯を取らないと再発します。西洋医学が必ずしも有効とは限りません。
西洋医学は、部分を実に細かく見るけど、身体全体を見ていないことがあります。西洋、東洋のいいところをうまく活用したらいいのかも。それと一番大切なのは「意識・念い」です。意識が身体に及ぼす影響は想像以上に大きい。
なら意識をどう対処して行くか?
それもこれからの課題でしょうね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:雑記 京都
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そんたく? [雑記]

DSC02032.JPG

少し前、テレビから「ざいむしょうは、ほうれいにのっとりこくゆうちをてきせつなかかくでばいきゃくしているとしんらいしている。そんたくのはたらくよちはまったくなかった」というのが聞こえてきた。
「そんたくのはたらくよち」?「そんたく?」となりました。
どうやら「忖度(そんたく)が働く余地」ということらしい。

DSC02007.JPG

どうもエライおかたのいわはる言葉は難しい。
難しくすることで国民を煙にまいたはるのかな?
それとも私だけ、わからへんにゃろか。

DSC02003.JPG

どうやら官僚さんたちでは、普通に使っている言葉なのかも。
そうか京男の受けた教育の範囲内では出て来ない言葉やね。
意味を調べてみると「他人の心をおしはかる」という意味。
官僚の人達は、上司の意向を具体的な言葉でなく、考えを察して、必要な準備をしておく。でも具体的なアクションは起こさない。でもGoがでたらすぐに仕事を早く処理する。そうか。そんなことは当たり前にやっていることやね。
やっているけど、「忖度(そんたく)」という言葉はしらなかった。
もっと簡単に言えばいいのにね。

DSC02019.JPG

頭がいいのかわるいのか判断できませんね。
まあ、すくなくとも記憶力はいい。話していて巧みに話題をそらせたりする。
そして「自分は悪くない」と堂々と言う。
結局だれが犯人かわからない状態にしてしまいますね。
戦後、日本の復興に必要だった官僚制度だけど、もう必要でない組織なのかも。
AIで置き換えてもいい商売かもね。AIの方が私情が入らないからいいかも。

DSC02038.JPG

昨日、あるエライ方と久しぶりにお話しして盛り上がった。
その時、忖度について閃いた。
忖度って、「他人の心をおしはかる」ですよね。
他人というのは、人間ということ。
人間同士で忖度なんてするのが間違いかも。
これからの時代は、天というか宇宙の意志をおしはかって生きた方がいいのではないかな?そう思いました。
国を営むのでも、会社を営むのも、天の心をおしはかって、企画と同時に動いていい時代になったかも。天の意にかなう生き方が必要な時代になってきているのかも。
そういう内容を話し、その方と盛り上がりました。
コツは「考えないで観じること」
「感じる」ではないですよ。
「観じる」です。
そして、動く。
「感動」でなく「観動」。

以上、会話のメモみたいなものでした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:雑記 京都
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桜は今週末だろうな [風景・和菓子]

DSC01998.JPG
↑昨日の東寺

京都市内は、だんだん桜の開花が近づいてきています。
もうすでに観光客がやたら多くなってきている。
大きな荷物を持って市内を移動したはります。
私なら、あんな大きな荷物を持って移動するのはいややなぁ・・・。
市バスに乗るなんて無茶ですよ。
大きな綿菓子を持った中国系の浴衣を着たお姉さんも酷かった。
ベタベタの綿菓子を服に付けよったら、怒鳴ったろと思いました。
汚い英語なら、BC級で学んだしね。
降りる時になって両替をしたり、乗り放題のチケットを買いよる。
ああいうのを京都駅でしっかりアナウンスしたらいいのに。
もっと文明国のマナーを教えてあげないといけません。

DSC01986.JPG
↑柳

京都駅近辺のエスカレーターで片方だけ並んでいるのも変。
いまだにやっている。
都市伝説で「右を開けて、急いでいる人にあけてあげるのがマナー」と思っている。
京都駅の場合、「右と左」で変な並び方になる。
伊勢丹は「二列になってエスカレーターにお乗りください」と係の人が言うようになった。そうしないと乗るところで行列ができるのです。
でも列車に乗るときのエスカレーターは相変わらず行列ができている。
あれは、日本人に多いのかも。日本人は、何も考えていないから、人の後ろに並ぶ性質があるのかな?丁寧なのかバカなのかようわからない。
大きなカスター着きのバッグもエスカレーターに乗ります。乳母車もね。
事故が起こったら酷いことになるでしょう。

DSC01974.JPG

もうそろそろちゃんとした決まり事を決め、指導して行った方がいいと思いますね。
きっと観光をする人も不快だと思います。でもどうやったらいいのかわからないのです。彼らの国が治安が悪く、誰も信用できない状態だから、日本に来ても自分の国のようにしているのでしょう。
日本は、あなた方の国のように犯罪が多くないから大丈夫と言ってあげたらいいのに。
こういう移動の不快さが、京都市の観光人気ランクを1位から6位に転落して原因なんだと思います。

DSC01978.jpg

DSC01979.jpg

これから桜のシーズン。
きっとうるさい言語の人たちは、集団で桜を見に来て、入ったら行けないところに入り記念撮影をするんだろうな。
杉苔を踏み荒らしたり、桜の花の枝を引っ張ったりします。何回も目撃している。
しかも野糞をしたり、平気な奴らがいます。
タクシーの運転手さんたちは、そういう観光客を避けているらしい。彼らが降りたらゴミだらけらしい。
日本も昔、農協ツアーで世界中に迷惑をかけていたらしい。
できれば法律を作ったり、罰金を取ったりしたくないですよね。

DSC07898.JPG
↑千本玉寿軒「花霞」

以上のようなことを昨日、京都駅、市バスに乗った時、感じたことです。
嫌なことを書いてしまいました。
すんません。

DSC07934.JPG
↑きんとん、よもぎあん

本来は、昨日、一昨日の二日間、ほとんど笑って暮らしたのです。
電話が多くて、色々な人と話して大笑いしました。
すごく気分がよかったのです。
外出して、あまりのレベルの低さにショックだったのです。
だから、しょうもないことを書いてしまった。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近、京都市内で気になること [洛外・食]

DSC01847.JPG
↑新大阪ベジュータ マス「スパイシーチキン」私好みの味でした。

先週末は、終日大阪だった。
京都駅で用事があったので、京都駅から新快速で大阪に行く。
週末だったのもあるのかな、観光客で満員状態。
春休みに入ったというのもあるのかな?
外国人の観光客も多かった。
最近、ちょっと外国人観光客が多すぎるように思う。
彼らはあまりお金を使わなさそう。
なら、あまり増やす必要ないかも。
お金を使うのは、日本の観光客ですからね。
これから、定年退職した人口の多い人たちが観光でウロウロするでしょう。
その人達を大切にした方がいい。

DSC01846.JPG
↑スープ

外国人は、ケチだから観光地であまりお金を使わない。
食べるのも立ち食いみたいなものを食べている。
それに釣られてか、日本の若者や中高年も立ち食いしている。
「食べ歩き」というのは、色々美味しいものを求めて歩き回るという意味でなく、「食べながら歩き」ということらしい。
食べながら歩く人に売るお店は、たいだい道に面している所で作り、売っている。
錦市場なんかもそうだ。昔はそんなことをしてなかったのに、いつのまにか刺身まで竹串に刺して食べさす。竹串を食べながら歩くのは、危険な行為だと思う。
雑踏のところで食べ物を並べて、それを食べさす・・・保健所がよく許しているものです。もし事故が起こったら誰が責任をどうとるのでしょう。
観光地としては問題だと思う。
「ながら禁止条例」で禁止にしたらいい。

DSC01869.JPG
↑北極星淀屋橋店「竹の子と海老のオムライス」サラダ・味噌汁はオプション

最近、気になることにコンビニ店頭の喫煙も気になる。
バスを待っていたらタバコの煙がすごく来る。
外国からの観光客が多いのに、コンビニの店の前で女性・・最近多い・・がタバコを横咥えして面白くなさそうに、タバコを吸っている姿を見せるのは、日本にとり恥かも。文化レベルが低く見える。

DSC01873.JPG
↑味噌汁

河原町通でよく見かけるのだけど、信号のないところを渡る人も危ない。
車を運転する人から見ると車の影から急に人が飛び出す形になる。
危ないですよ。
しかも、敏捷そうでない体型の人や中高年、女性なんかも結構多い。
俊敏でないのに、横着な人が結構いる。

DSC01883.JPG
↑もうすこし竹の子を入れて欲しかった。薄い和風タレも欲しかった。

道路で意味なく群れて立っている観光客・・・あれはなんだろう?
歩道を拡げたことが仇になっているかも。
京都市内は今週から桜停滞がはじまる。
車やバスが動かないのです。
これだと行きたい観光名所に移動できない。
京都市が「行きたい都市」で昔は、1位だったのが、最近では6位にダウンしている。人気があり、憧れている京都に来たけど、交通停滞でウンザリしたのがランキングに反映されているのかも。
市内は、ゴミゴミして汚いしね。電線もいつまでたっても多い。写真を撮ると必ず電線。後でPCで消せるからいいようなものですが、スマホでは無理かもね。

※本日の写真は、先週末大阪で食べたモノ。カレーじゃないでしょ。(笑)

DSC07937.JPG
↑昨日(27日)午前8時のベランダ桜。蕾が膨らみ始めました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ケ」の中華 [食]

DSC01635.JPG
↑これは、父親のリクエストで行った「柳園」の餃子。

先々週と先週に食べた食事の写真が残っていた。
いるもこのようなモノを食べている訳ではないのですが、安心感があるというか長年食べて来た感じのモノを黙っていると食べている。
「ハレ」と「ケ」という言葉がある。
柳田國男という民俗学者が言い出した言葉。

DSC01638.JPG
↑京男発注の柳園「ぶた汁定食」ラーメンのスープベースで作ったぶた汁は美味しい。しかもこれだけの量だとお腹も膨れる。

昔の日本は、「ハレ」と「ケ」で生活が区別されていた。
お正月に初詣・冠婚葬祭・行事・祭などの時は、普通の時と違うから、服装や食べ物が違っていた。
この特別な時が「ハレ」。
普通の生活が「ケ」となる。

DSC01647.JPG
↑柳園「カレーラーメン」父親は、こういうのが好物。餃子とカレーレーメンで満足しておりました。

近年の日本は、これが壊れてきている。
初詣でも「晴れ着」を着ている人は極めてすくない。
その内、冠婚葬祭も変質してくるでしょう。
「公」と「私」と無くなってきている。
公共の交通機関内でも、食事をするし、化粧もする。
「食べ歩き」というのは、色々な美味しいお店を回って食べるのだと思っていた。最近は、「食べながら歩く」ことをさすようだ。
こういう昨今の状態を「ケガレ(穢れ)」というのでしょう。
人がたくさん犇めいている状態の所に行くと「気枯れ」状態になる。
その気枯れ状態が新しい心由来の病を作る。
その状態になると西洋医学では、対応できない。

DSC01827.JPG
↑珉珉「ニラレバ定食」餃子はオプション。これで800円は納得。定食だからかな・・・レバーが少ない。変な規制の影響で火が通り過ぎだしね。

気枯れ状態に対応するためには、「ハレ」と「ケ」を小さい時から認識した方がいいのかも。でもヘンテコな教育方針の学校もいややね。

DSC01817.JPG
↑酢をかけて食べるのが私流かな。

なんか写真と全然違う内容になってしもた。
今日の写真のような日本版中華料理のようなものを食べると懐かしく、ホッとするのです。
若い世代は、こういう日本版中華料理は好まないかもね。
最近は、味より、栄養より、見栄え(写真映りの良さ)でしょうから。

DSC01826.JPG
↑珉珉の餃子、昔は十人前ぐらい食べていたのに、こんな量になってしまいました。昼のランチでなく、ニラレバーと餃子三人前ならよかったのかも。

食育って重要なのかも。心と身体のバランスのようなモノも重要。
行くとこまで行かないと元に戻らない。
なんて言っても、こんな感じの食事をしているんだから、偉そうに言えませんけどね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る