So-net無料ブログ作成

井戸と鬼門 [風景]

DSC02417.JPG

先日、枝垂れ桜を見に行く時に祐井(さちのい)の前を通った。
京都御苑には、「三名水」という井戸がある。
「懸井(あがたい)」「祐井(さちのい)」「染殿井(そめどのい)」です。
DSC02418.JPG

すべての井戸は現役ではないそうです。
井戸って使わないと枯れてきますからなね。
しかも、使うとなると大腸菌の量が・・・などといわれます。
井戸の水を使うと水道代は無料ですよね。
でも下水料という名目でとられます。
京都市の地下には、琵琶湖と同じぐらいの地下水があるそうです。
なぜ、使わなくなったのかな・・・。
父母の西陣の実家では、井戸があり、それを日常に使っていた。
なぜ、琵琶湖の水を使うようになったのかな・・・いずれ調べてみようっと。

DSC02416.JPG
↑ここは、貞子みたいなものはでてこないでしょうね。

「祐井(さちのい)」の話にもどります。
この井戸だけ鉄柵で囲んであり、柵越しにしかみられません。
明治天皇誕生地でこの「祐井」で産湯をつかったからなんだそうです。

DSC02419.JPG
↑猿が辻

次は、京都御苑の鬼門。
「鬼門」なんてご存知ですか?
鬼がやって来る方角なんです。
もともとは中国でいわれてきた考え方。
でも現代の日本でも考え方が生きて居る。

img_01.jpg
↑十二支は、おなじみの「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12個の記号です。初めは月の記号として使われていましたが、やがて年や日、時間、方位にも割り当てられるようになり、正午・午前・午後といった言葉も生まれました。

家を建てる時、鬼門対応はしていると思います。
していないと災いを招くことになる。
まあ、ユングのいうところの集合的無意識の世界かもしれません。

DSC02421.JPG

方角的には、「北東(艮=うしとら:丑と寅の間)」。鬼が出入りする方角です。
京都御苑は、こうやってわざと凹になっていて、鬼門対応になっています。
しかも、木彫りの猿が御幣を持って鎮座している。

DSC02422.JPG

鬼門の方角にあたるため、築地塀を内側に切り込んで角を取り払う
「鬼門封じ」が施してある。これは平安時代では最先端の防衛システムなのである。

DSC02427.JPG
↑猿さんがいます。わかりますか?

さらに屋根裏には木彫りの猿(申)が鎮座する。御幣(ごへい)を手に持ち、頭に烏帽子(えぼし)をかぶっている。
そして、ここの延長線上には、比叡山延暦寺があります。それで京都市内の鬼からの警護をしています。

「鬼」ってなんでしょう?
頭に角を生やして、虎革の褌、マッチョなオッサンというイメージ。
方角の図を見ると東北は、「丑(うし・牛)」と「寅(とら)」が鬼門の方向になります。だから牛の角と寅の褌が「鬼」の象徴となります。
それに対抗するために「申(さる・猿)」が守ります。
桃太郎の話で、桃太郎の「桃」が鬼に対抗する。だから桃の木でつくった弓矢で対抗する。またお供が猿・雉・犬で退治に行く。
なら鬼のお供は、牛・寅・兔なんやろか・・・。兔はちょっと違うか。でもバニーガール風の鬼がいてもいいかもね。ラムちゃんみたいな感じかな?ならかわいいじゃん。

最近、京都市内は、こういう風水的なモノが壊れてしまいました。
で、現在京都市内は、鬼や妖怪変化、ゾンビ、猪八戒、沙悟浄、浴衣女、売れない落語家風・・・の妖怪変幻が闊歩しています。
怖いことです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る