So-net無料ブログ作成

今宮神社といえば・・・あぶり餅 [甘味その他]

DSC02857.JPG
↑「一和」

今宮神社は、古い付き合いの神社。
私のお宮参りや我が家の子供達もみなここでお宮参りをしている。
初詣だってここに来ることが多かった。
ただ、安産祈願だけは、わら天神でした。
このあたりの事情を父親に聞いてみないといけませんね。

DSC02837.JPG
↑昔は、おばあさんが一人で焼いたはったけど、最近は一度にたくさん焼いたはります。

答は案外「あぶり餅」が食べられるから・・・なんてことかも。
ということで、先週は県外からお客様が来られることが多かった。
「どこかに案内して」となります。
私は、自家用車というものを持ったことがなく、車のナビができないのです。
いろいろご迷惑をおかけしました。

DSC02844.JPG

この日は、生菓子屋さんもいろいろ回りました。
そして今宮神社の「あぶり餅」を食べた。
行くと「一和」の駐車場が増えていた。
「一和」の方が儲かっているのかな・・・。

DSC02852.JPG
↑あぶり餅、これが一人前。

あぶり餅のお店は「一和」と「かざりや」があり、内容は同じ。
親戚なんやろか・・・そのあたりはようわかりません。
「一和」は通称で正式名は「一文字屋和輔」といいます。
歴史は、「一和」の方が長いそうです。1000年ぐらい続いているらしい。
1000年ですよ!
もう1軒の「かざりや」は、江戸時代創業らしい。
1000年も続いてこれかいな・・・と言われればしかたないけど。

DSC02856.JPG
↑一口で食べられます

味は、親指ぐらいの大きさに餅を切り、きな粉をまぶし、竹の串に刺して焼き、白味噌ベースの甘いタレをかける。これだけ。
昔は、きっと竹を扇方に裂き、刺してやいていたと思います。
お店に入ると注文はシンプル、何皿だけです。

DSC02862.JPG
↑こうやってきな粉をまぶしたはりました

私はよく子供のお土産に持って帰りました。
あぶり餅、みたらし団子は、子供は好きですからね。
いまの子供はどうやろ。
初詣でとかお宮詣りに行くのは、このあぶり餅を食べるためかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 甘味
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る