So-net無料ブログ作成
検索選択

神戸にて [洛外・食]

DSC05237.JPG

DSC05233.JPG
↑マドラスキッチン「マトンのビリヤニ」インドの炊き込みご飯

最近、神戸に行くことが少ない。
いくお店が少なくなったからかもしれない。
昨日は、急に京女と神戸に行った。
1つは、材料を手に入れるため。
2つは、シャミアナのカレーを食べるため。
3つは、焼豚を買うこと。
4つは、フロインドリーブでケーキを手に入れること。
以上を3時間ですることだった。

DSC05241.JPG
↑「マサラ・ドーサ」

なぜ、シャミアナなんだろう?シャミアナは、インド料理というより日本人がインド料理っぽく作ったカレーだったのかも。私がインド料理の作り方がわからず、舌をたよりにスパイスを組み合わせて作っていた時代のカレーに似ている味なんです。
無性に食べたくなった。
昔の記事(2007年8月29日)はこちらです。もうそんなに行ってなかった!十年前ですよ!
ところが昨日行ってみると店が開いてない。電話をすると通じない。
そうなると閉店したと判断するしかない。
ここ数日このお店が気になっていたのです。
予感は当たるものですね。
でも、こんなのは(カレーだけに)ちょっと辛い。

DSC05251.JPG
↑「ヤラル・コランブ」エビのカレー

でもさすがだと自分で思ったのは、第2案も考えていたことだ。
それが本日の写真の店「マドラスキッチン」
このお店は、南インド料理の店。
ここは、ありました。
ちょっとホッとした。

DSC05261.JPG
↑「クルフィー」インドのアイスクリーム、マンゴーソースをかけないでとリクエストするのを忘れました。

DSC05277.JPG
↑お皿の左側に温かい綿飴のものがあった。食感が面白い。

お店のおじさんに聞くと南インド料理事情をいろいろ聞いた。
結構参考になりました。
インドの高齢者が食べにくるらしい。その時、油を使わないで作ってほしいとリクエストがあるらしい。そうだよね。油が多いと食べられないよね。
京男も最近、食べられなくなってきた。
本日の料理ぐらいが限界になった。
悔しいけど、仕方のないことです。

DSC05272.JPG
↑「パヤサム」ライスとミルクのスイーツ

DSC05290.JPG
↑甘いお粥にナッツ

DSC05286.jpg
↑「マサラチャイ」

昨日は、京都のインド料理事情もちょっと聞けたのでよかったと思う。
最近、写真を見ていて感じること。
食べ物を「気」のようなモノをよく捕まえられるようになったかも。
私はそんなことを追求しているのかも・・・。
でも・・・食べることに集中したい。
そんなことを感じる今日この頃です。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る