So-net無料ブログ作成
検索選択

どの皿、みてもぉ〜きれいだなぁぁ♪ [カレー]

DSC04309.JPG
↑カンテグランデ、この三番街の店は閉店したらしい。

この時期って、街行く人々がボーッとしていますね。
夢遊病のような人が街に出て来ている。
取りあえず前を見ていない。
老いも若きもスマホを見ながら歩く。

DSC04685.JPG
↑ピッコロ ホワイティ梅田店

タクシーに乗っていたら、急にブレーキだったので見ると人が道路を横切っていた。
しかも、信号も横断歩道もないところで。
田舎道じゃないですよ。
四条河原町近辺での話。
渋滞している車の影からフワッと人が出てくるのです。
霊的なものかなと思ったけどそうでもない。
本当の人間みたい。

DSC05337.JPG
↑インデアンカレー 阪急三番街店

DSC05850.JPG
↑インデアンカレー 阪急三番街店

「こんの轢いたら、保険50%/50%なの?」と運転手さんに聞いたら「いやぁ〜70%/30%で車側の責任になります。前方不注意ということでね」と運転手さん。
よく九条通で夜、老人が交差点以外のところを渡っているのを見る。高齢者だから大抵地味な服装をしている。あれは怖いですね。ひょっとして痴呆老人なのかもしれない。京都に自家用車で来る人、気を付けましょう。
楽しい観光が一転、悲惨なことになりますからね。
まあ、運転している方もボーッとしている人も多い。
私は、信号で待つ時、遮蔽物の後ろに立っていることが多い。
地下鉄のホームでも一番前には立たない。
エスカレーターも気をつけます。上から人やトランクが転がってくることがありますからね。
そうそうエスカレーターで右や左をあけて立つのはやめましょう。
京都は少ないけど、大阪では駆け上がる奴がいます。
あれは、ちょっと怖い。最近さすがに百貨店では「2列でお立ちください」と係に人が立って言っていますね。

DSC06237.JPG
↑京都 お食事処 やまびこ スジカレー丼

DSC06504.JPG
↑広東料理 民生「カレーライス」

こんな時は、今日の写真のようなカレーがいいかも。
もちろん、苦味の効いた山菜なんかもいいかも
マスクの裏にベッタリとワサビを塗るなんてのもいいかも。
鼻や耳の穴に唐辛子を詰めておくのもいいかも。この場合は、なんとなく回りの人が離れて行く場合が多いかな。

DSC06576.JPG
↑京都、ビィヤント「ビーフカレー(辛口)」ここのが一番、気分がシャキッとするような気がする。これは昨日のランチ時食べた。この日の夜、持ち帰った「チキンカレー(甘口)」を食べました。好きでしょ。

なにはともあれ皆さん、ボーッとしながら屋外に出るのは止めましょう。
家でなら被害がすくないからまだいいですが。

2016.3.29-1.JPG

2016.3.29-2.JPG
↑2016年3月29日午前8時。今日は晴れるかな。気温は16〜18度ぐらいになるらしい。枝垂れ桜は満開でしょうね。ベランダ桜もかなり開花してきました。近所の清水寺もこんな感じかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グギィ! [カレー]

DSC03524.JPG

先週の金曜日、お水をいただいた。
1リットル×24本入っている箱。
クロネコさんが玄関に置いて行った。
誰も居なかったので、玄関だから何とかしないと出入りがし難くなる。
他に段ボールが積んである上に持ち上げようとした。
あの段ボールはとっかかりがないので持ち難い。
持ち上げるのはいいけど、右の人工股関節が気になるから右脚に力が入れられないことに気が付いた・・・。
その時、脇腹で「グギィ!」と音がした。
箱を放すわけにもいかず所定の位置に積んだ。

DSC03526.JPG
↑初・ビィヤントのビーフカツカレー(辛口)、カツは京女と分けました。

それからダンダン痛くなってきた。
京女が帰ってきたので、医者に行ってもレントゲンと湿布ぐらいだから、家にある湿布を貼って貰おうと上半身を見せると腫れていたらしい。
寝ていてシャックリをしたら地獄でした。
いつも横を向いて寝ているのですが、その方向に痛くて寝られない。
眠りが浅くなりました。

DSC03521.JPG
↑京女はシーフードカレー、ルーもお持ち帰りしました。お店は実家と同じ町内なんです。

いまは、背中に痛みが移ってきた。
まだ腰とかでないのが救いかな。
重いものを持ってはいけないのに、やるからこうなる。
以後気をつけなさいということです。
もちろん高いところに登っての作業もだめだと思う。
あの「グギィ!」という音はなんだったのか・・・。
いまさら医者に行ってもしかたないのでいきませんが、あの音の正体はちょっと知りたいな。

DSC03517.JPG
↑土曜の夜作った、マカロニ。アラビアータ。白くて丸いのはチーズでなくて、余っていたお餅を焼いたものをトッピング。お餅にアラビアータソースは合うかも。
それとこの時、黒にんにくがたくさんあったので、ペースト状にして投入。ココナッツオイルも使った。黒にんにくって甘酸っぱいのです。しかも抗酸化作用があるので身体に確実にいい。
それとバルサミコ酢の12年物があったので、ソースに投入。
不味い分けない。
やっぱりおの手のものは、自分で作るのに限ります。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otokoグギィ!
タグ:京都 カレー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安心してください。1日営業しています [カレー]

DSC02905.JPG
↑サダドシャ、インド風スパイスクレープ

何かとタクシーによく乗る。
京都の色々な現場の状態を運転手さんから聞ける。
レストランの人ともおしゃべりする。
どうも最近、変化して来たようだ。
なにが?

DSC02915.JPG
↑サダドシャのソース1、サラッとしたピリ辛のソース

DSC02918.JPG
↑サダドシャのソース2、ココナッツのソース

例えば、クリスマスだと少し前は、中堅のレストランは予約で満席だった。
でも最近は、テーブルが空いていることがあるらしい。
3箇所のレストランと5人ぐらいの運転手さんが言っていた。
人出はあるのだけど、レストランは空いている。
若い世代は、レストランでクリスマスをしたりしない?
あるいはクリスマスそのものをしなくなっているらしいのです。
クリスマス離れ?

DSC02924.JPG
↑タンドリーチキン

これは、異変だと思う。
そうか今迄が変だったのか。
それはわかりません。
個人個人の価値観が極端に多様化してきたのかも。

DSC02933.JPG
↑ライタ、キュウリ、玉ねぎを加えたヨーグルト。これは京男の好物。

年末年始もアメリカのようにカウントダウンのイベントになるのかも。
除夜の鐘を聞いて・・・はなくなるのかな。

DSC02935.JPG
↑バイガン バラタ、窯で焼いたなすをトマトオニオンでまろやかに調味したカレー

それと若い世代の問題に予算がないことかも。
通信費やスマホに使われているのかも。
ネットが生命だものね。
目の前の人の意見は参考にしないけど、ネットの誰だかわからない声は参考にするだろう。
権力者からするとコントロールし易い人たちかも。

DSC02941.JPG
↑ヴェジタブル ビリヤニ、野菜とバスマティランスをグレービィとスパイスで調味。

DSC02953.JPG
↑こういう風にまぜまぜして食べます。

文化の問題は、古いものがいいとは限らない。
新しい試みはやっていいと思う。
でも生きる「芯=真」みたいなものが希薄になってきているかもね。

DSC02961.JPG
↑クルフィー、インドのアイスクリーム

DSC02967.JPG
↑マサラチャイ

訳のわからないことを書いてしまった。
先週知った心強いことは、1日からインド料理やネパール料理は営業している。ヨドバシカメラの6階のレストランは営業しているのがわかった。
2日は、またインド料理を食べようかな・・・。

※今日の写真は、27日に京女と二人で行ったインド料理ケララのお料理。この日は長女の誕生日だった。彼女には、リアルタイムでLINEで料理の写真を送ってあげました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋のオムライス [カレー]

DSC01233.JPG
↑毎月写真を撮っている

昨日は、いつものように大阪。
いつものようにドタバタ駆け抜けた。
大阪は、暑かった。
動いている時は、そうでもないけど、立ち止まるとドッと汗が出てくる。
来週ぐらいからちょっと涼しくなるそうです。
涼しくなるのが楽しみ。

DSC01238.JPG
↑やっぱりこのピクルスが好き

早めのランチは、いつものインデアンカレー。
時間がない時は、これに限ります。
隣に座って、二人連れのお兄さんが二人とも「レギュラーの御飯を少なくしてください」と言っていた。
なんだろう・・・。
ここのカレーで辛くて・・・という人もいる。
不思議。
最近、お寿司をワサビ抜きで頼んだりする人も多い。
ピリッとしていないのは、こういうところでもわかる。

DSC01231.JPG
↑これは、先週行ったイノダコーヒの「レモンアイスクリーム」私、これが好き。

そういう私も、昔は「トリプル・2玉子・ピクルス」だった。
いまでは「レギュラー・玉子・ピクルス」という情けない状態。
まあ、たくさん食べたらエライという訳じゃないけどね。
いい若いものが「御飯少なめ」はないと思う。
そりゃ、肉食系女性に喰われてしまうだろう。

DSC01254.JPG
↑ディナーに食べた北極星のオムライス。テフロン加工のフライパンの限界かな・・・。オムライスの肌が汚い。艶がない。調理師学校のオムレツの試験なら不合格になるでしょうね。いまは、どうかしらんけど。

最近、電車の中で若い女性がお行儀悪いのによく出会う。
おむすびを歩きながら食べている。飲み物はペットボトルをラッパ飲み。
座席に座って髪の毛を梳かす。
付け睫毛を付ける。見てあってにとられた。
保湿クリームを手足に塗っていた。お肌が乾燥しているのかな・・・。
そんなの見たくないから、女性専用車両に行って欲しいものです。

DSC01256.JPG
↑「鮭としめじのオムライス」

DSC01267.JPG

このオムライス、和っぽくて美味しかった。
トマトソースが乗ってないから見栄えは悪いけど、食べると美味しい。
食べている間に、京女と京男Jr.用に持ち帰りのオムライスを作ってもらった。
家でちょっと電子レンジで温め、ソースをかければ美味しく食べられるのです。

よくしゃべった一日だった。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10分ある! [カレー]

昨日は、いつもの大阪行きだった。
いつものように梅田に到着。
ランチを食べておかないと夕方まで食べられないだろう。
時計を見ると次の場所でも約束に10分あった。
移動に5分かかる。
食事をする時間が5分ある。
場所は、梅田の三番街だ。
時間は、10時50分。
選択の余地が無いと「インデアンカレー」に行く。
この時間帯なら行列はできていない。

DSC02890.JPG
↑いつも同じような写真ですんません。

食券を買い、席に着き、カレーが出るまで1分もかからない。
昔から変わらないテンポです。
後は、黙々と食べるだけ。
時間は3分もある。

DSC02892.JPG
↑ピクルスは大盛り

このお店は、デートには不向きなお店。
楽しく会話をしたりできない。
最近、時々勘違いして入ってくるカップルやオバハンたちがいる。
カップルならお姉ちゃんの方がハヤシライスを頼んだりする。
大抵、本当は食べたいのに御飯を残しよる。
食べたんならさっさとはけろよな。
そいうアベックの場合、男の方が食べるのが遅かったりする。
空気を読めない愚図が多い。
そういうヤツラは歩くのも遅いだろうな。

DSC02894.JPG
↑こんかいは卵黄がずれてしまった

インデアンカレーを食べながら「なんでここのカレーを40年以上も食べてきたのか?飽きないのか?」と。
他に店舗があるのに三番街の店しか食べに行かないのです。
微妙に味が違うんです。
セントラルキッチンの筈なのにね。
美味しいのかというとそうでもない。当然不味くは無いけど。
一口目は、甘く、一呼吸してピシャリと辛い。
私が思うに、美味しすぎたり完全?過ぎたりすると続かないように思います。
餃子というのも同じ、決して美味しくはない。でも食べてしまうという習慣性がある。このあたりが定番の秘密なのかも。
このカレーを作った人は偉い人なんだと思いますね。
普通ならレトルトカレーを売りたくなったりする。でもそれをしないのもいい。
お店に来ないと食べられない。
しかも凄いテンポでカレーが出てくる。食べたスッと爪楊枝とナプキンが出てくる。
「もう食べたでしょ!次の方に席を譲りましょう!」と言わんばかりに。

DSC02914.JPG
↑夜がこれまた時間がなかった。淀屋橋でお蕎麦。値段が970円!って凄いでしょ。

因みにここのカレーを辛いという人がいる。
「あんたお子ちゃまやね」と言いたい。
どうしても辛さがたまらないという人、お水の中にある氷を口に入れるとスッと辛さが引きますよ。水をガブガブのんでもいけません。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る