So-net無料ブログ作成
いただきもの ブログトップ
前の5件 | -

チーズとマンガ肉 [いただきもの]

DSC08732.JPG

先日は、父の日でしたね。
私も父です。
長女と次女から食べ物を貰いました。
長女からチーズ、次女から肉。
双子の男子からは、来なかった。それでいいのです。来たら気持ち悪い。
そういえば私の父用の荷物がまだ届いていない・・・。荷物が届いたら届けなくちゃ。

DSC08748.JPG

チーズは、季節によって好みが変化するのです。
春から夏は、やっぱりブルーチーズ系やシェーブル系が好き。
夏から秋は、セミハード系やハード系となる。
秋から冬は、ウォッシュ系や青カビ系やシェーブル系
そういえば白カビ系やフレッシュ系はあまり食べないな。きっと頼りないからかも。
もちろんプロセスチーズは圏外。

DSC08735.JPG
↑ミモレット18ヶ月熟成(左)・パルミジャーノ レジャーノ 36ヶ月以上熟成(右)
パルミジャーノ レジャーノ 36ヶ月以上熟成を粉にして、茹でたてのパスタにかけて食べると美味しいだろうな。

長女は、この時期のプレゼントに本日の写真のようなチーズを選択するのは正解だと思います。
青カビ系やウォッシュ系は、よほど食べていないと選択が難しいものね。

DSC08739.JPG
↑ペッパージャック(左)・ゴーダブラック18ヶ月熟成(右)

※参考資料/チーズの種類
1.フレッシュタイプ
熟成させないチーズのこと。そのまま食べられる、くせのないチーズ。
2.白カビタイプ
表面が白いカビでおおわれているチーズ。
3.青カビタイプ
風味が強烈で味も濃厚、かなり塩味が強いのが特長。
※山羊でつくる青カビタイプのチーズもある
4.ウォッシュタイプ
外皮を塩水や酒で洗いながら熟成させたチーズ。
5.シェーブルタイプ
フランス語で「山羊」のこと。牛乳から作るチーズより歴史は古いと言われている。
6.セミハードタイプ
チーズを作る工程の中で、プレスして水分を少なくした、比較的硬いチーズ。
7.ハードタイプ
セミハードタイプのチーズよりももっと水分を少なくした、大きく重量のあるチーズ。
8.プロセスチーズ
日本でもなじみの深いプロセスチーズは、ナチュラルチーズを1種類または数種類混ぜて加熱し、加工したもの。

DSC08744.JPG
↑フォレストスモークチーズ

チーズで思うことがあります。
日本で売っているナチュラルチーズが高すぎます。
おそらくヨーロッパの国で売っている価格は、日本の3分の1から半値の価格です。
原因は、関税と輸送コスト。
最近、TPP関連で関税についての問題がでてきますね。
それと日本で消費されているチーズのほとんどは、プロセスチーズが多い。ナチュラルチーズの消費量は、フランスあたりの10分の1程度。売れないから値段が下がらないというのもある。
それと国内の酪農家を守るためというのもあります。
だからといって日本で作っているカマンベールは安いのか?そんなことはない。これはどうなっているのか?
果物なんかも同じ問題があるかも。
これらは、関税だけではないような感じがする。流通の問題も多いのかも。
消費者としては、その当たりを政府の方でしっかりして欲しい。
日本の消費者として、そういうことをもっと調べ、改善してもらうところはドンドン政府に言った方がいいかも。

DSC05544.JPG
↑ヤンバオのマンガ肉

DSC05546.JPG
↑次女夫婦は、こんなところで飲み食いしているのかな?

次女からの父の日は「マンガ肉」。
実に次女らしい。それとも旦那の趣味?
油断すると長男に取られそう・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まだ青いのぉ〜 [いただきもの]

P1740721.JPG

沖縄の方から面白いマンゴーをいただきました。
料理で使うのかな?
聞くとこのまま、普通のマンゴーのように食べられるそうです。
そっと触るとなるほど熟しています。

P1740719.JPG

不思議なんですが、持ち上げるとわかるのです。
これは新しい感覚かもしれません。
作った人の想いみたいなものも感じられます。
大切に育てられたんだ。
これ以上熟しても、グリーンが残るらしい。
確認する前に食べてしまった。
この手のものは美味しい時にさっさと食べないとね。
このマンゴーは予約でないと手に入らないそうです。
味は、すごく甘いマンゴーでした。

e1d4909c275cf3df316547426500505f.jpg

今年の京都市内はとてもとても暑かった。
いまぐらいになってガックリ疲れが出て来た感じがする。
こういう果物を毎日食べられたらいいのにな。
そのままで行くと京都市内でもマンゴーの栽培ができるようになるかな?

019b6ee3ae85c9e8ab4af5e39c450ddc.jpg

その夏ももうすぐ終わりそう。
また寒い寒いとみなさんおっしゃるのだろう。
私は寒いのが嬉しい。
やっぱり秋冬の京男であります。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食べてみないとわからないだろうな・・・ [いただきもの]

松江から来られた方からこんなお菓子をいただきました。
不思議な味なんだそうです。
コーヒーといっしょに食べるといいらしい。

P1730417.JPG

松江は、ひょっとして行ったことがないかも。
京都市からすると遠く感じます。
日本海側は全般的に遠いですね。
早く新幹線が開通したらいいのにねぇ。
シジミをお土産にもらったりしたことがあります。
大きなシジミだった。
それから出雲大社ですよね。

P1730425.JPG

さて、このお菓子は、向月庵「福豆」というそうです。
ひとつづつ和紙に包んであります。
なかには、うすいグリーンのお菓子がでてきます。
食べると確かに不思議な味です。
どこかで食べたことがある。

P1730428.JPG

内容を見るとマジパンペーストとある。
そうか、昔、マジパンペーストでデコレーションを作っていたことがあります。
マジパンペーストとは、アーモンドと砂糖を一緒にローラーにかけ、ペースト状にしたもの。お菓子の飾りを作ったりするんです。

P1730448.JPG

このお菓子、食べるとまず甘味がでる。
うえ〜甘となる。その次ぎに奥から塩っぱいものがでてくる。
「?」となります。原因は、浜納豆がちょっとだけ入っているのです。
これが、妙に病みつきになる。
面白いですよ。
松江方面に行ったらお土産に買うといいかも。
お店は、松江市役所のすぐ横にあるそうです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:菓子 松江
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

父の日チーズ [いただきもの]

昨日、長女から父の日プレゼントということで「チーズとナッツ」をもらった。
長女は、私と同じ調理師学校を出ているので、後輩になるのかな?
夜学だから、まったく同じではないだろうけど。
技術的には、私と同じだと思う。
飲食業界で働いていないのも同じか。
食べる側の方がいいものね。趣味に止める方が楽しい。
チーズも好きらしく、こういうプレゼントをくれました。

P1700310.JPG
↑美味しいに決まっている

この缶は「カラメルピーカンナッツ」。
私はまだ食べたことがない。
楽しみ。

P1700312.JPG
↑美味しそう

チーズは、
モッツァレラ バッカ(イタリア語で牛)、美味しいトマトと食べたらいいですよ。
ゴルゴンゾーラ(ドルチェ)、青カビのチーズ。梅雨のシーズンにピッタリ?
パルミジャーノレジャーノ36ヶ月熟成、粉末にするより小さなカケラにして食べたいかも。
私、アルコールアレルギーだから飲めないのです。でもチーズやナッツは好きなんですよ。これでワインが飲めたら、身上をつぶすこと間違いないでしょうね。

父の日チーズ.jpg
↑こういう説明書が付いてきます

我が家は、長女・次女・長男・次男(長男・次男は双子)います。
いま一緒に住んでいるのは、長男だけだけど、4人合わせると私に近くなるかもしれません。
モノに対すこだわりをする子はまだ現れていない。
美的感覚はどうかな・・・。
口は皆肥えている筈です。
昨日、次女が帰って来ていたけど、ペルシャ料理を家で食べていて、こういうのを食べていると家に帰った感じがすると言っていた。我が家はちょっと変わった家庭やね。
家族の会話で、ボケを入れないと「ボケろや。そのまんまやん」と怒られるしね。
大阪風に「ボケとツッコミ」が適切にできないとだめなんです。
関東方面の家庭では、考えられないでしょうね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通? [いただきもの]

P1660668.JPG

小豆の化石みたいでしょ。
食べる前にジッと見とれてしまった。

P1660619.JPG
↑大阪四天王寺、河藤「通」

P1660660.JPG
↑小さいんですよ。大きかったら甘くて困るでしょうね。

これは、大阪四天王寺門前にある「河藤」の「通」。
法事の引き出物の中に入っていた。
このお店の「割氷」の仲間。
寒天と砂糖で作ります。

P1660645.JPG

一見堅くみえますが、堅いのは薄い表面だけ、中は寒天なので柔らかい。
そして次にお砂糖の細かい結晶が歯に心地良く当たります。
「割氷」と違うのは、その中に小豆が出てくることです。
小豆の上品な甘さが口に残ります。
その状態でお茶を飲むと快感なんですよ。

P1660704.JPG

ちょっと病みつきになる恐れがある。
単純なんだけど、素晴しい仕事がしてあります。
きっとこのお菓子を作るのは難しい筈。
こういう一見単純なお菓子は奥が深いのです。

P1660683.JPG

なんで「通」なんだろう・・・。
聞いておいたらよかった。
手紙なんかのやり取りの「通」かな?
それとも、首長鳥のオスが「つーー」と飛んでて、後でメンが「るーー」と飛んで来る。オスの「つう→つー→通」なのかな?
↑何を書いているのか判別不可能でしょ。
首長鳥がツルと言われるようになった起源の話しなんですよ。
わからないだろうな・・・。(笑)

P1140981.JPG
↑河藤「割氷(わりごおり)」寒天、白ザラの砂糖
一見氷砂糖なんですが、口にいれると表面だけが堅く、中身は寒天なのでやわらかい。その食感が病みつけのアイテム。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:和菓子 洛外
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - いただきもの ブログトップ
メッセージを送る