So-net無料ブログ作成

なぜか料理が綺麗に見えた・・・ [食]

DSC04261.JPG

次女が一ヶ月里帰りしている。
ランチ時にいっしょに行くパターンが多くなる。
彼女が中高生の時、ランチによく行ったものです。
ここが普通の家庭とちょっと違う。

DSC04259.JPG
↑鐘園亭泉涌寺店「中華屋さんのオムライス」基本は甘酢あんですが、塩味にも変更可能。

今回は、私が病院に行った時に食べる鐘園亭泉涌寺店。
時間がないからバスで行く。
このお店も7〜8年になる。
お店の方がボロボロの私を憶えておられ「よくなりましたね」と声をかけられる。
でも家族は、ここで食事をしたことはないらしい。

DSC04264.JPG
↑スルメ

DSC04265.JPG
↑漬物

次女がいかにも好きそうな「中華屋さんのオムライス」を注文した。
やっぱりね。
何を注文するか大体想像できる。
私は、いつものワンプレートランチ。

DSC04269.JPG
↑こういうワンプレートが妙に好き、お弁当形式なんかも好き。食べる量が減ったからかも。

この日の写真は、美味しそうに撮れている。
なんだろう。
最近、父親が絡むとどうも写真がうまく撮れない。
父親に気をとれれているからかも。

DSC04272.JPG
↑「Aランチ」酢豚・サラダ・骨付き唐揚・肉天・エビ天・冷奴・ライス・スープ・漬物(2種)

これらを食べ、次は肉屋に焼肉を買いに行く。
次ぎに日、婿が泊まりにくるからその用意。
久しぶりに1kg以上、肉を買った。
揉みだれを指示して味を付けてもらった。
辛口・ニンニクタップリにした。
野菜を焼かないので、キムチもタップリ、辛口ニンニク入りソーセージ、上タンも600グラム買う。結局、あっという間になくなった。
大量に肉を買うのが久しぶりだった。
ちょっと嬉しい。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

エスニックランチ [食]

DSC04130.JPG
↑スープ

またまた食べものネタです。
どうも最近、食べもの以外の写真を撮っていない。
というか撮れない。

DSC04142.JPG
↑ナン

これが月曜日のランチ。
京男と京女と次女で私の実家に行った。
父親のiPadをチェック、麻雀のゲームもうまくやっていた。
すごいなぁ〜!
好きというのはすごいことだと思う。

DSC04146.JPG
↑中東系はこういうペーストが結構ありますね。高齢者に優しい料理。

さて、ランチということになりました。
今回は、4人だからアラシのキッチンに決定。
父親も何回も行っているから安心。
階段だってなんとか登れるでしょう。
あのお店は2階にあるから階段を登らないといけないのです。

DSC04154.JPG
↑この鶏も高齢者に優しい。

最近、私の方があまり食べないかも。
だからこのぐらいの人数なら気が楽です。
父親と二人ならあまり注文できないだろう。

DSC04157.JPG
↑挽肉のカレー、これが父親の好物。

それにしても変わった家庭でしょ。
普通94歳の人間をつれていかないでしょうね。
でも、私は、こういうジャンルの料理の方が得意だからしかたない。
きっとアルコールを飲まないからだと思う。

DSC04159.JPG
↑レンズ豆のカレー、これなんかも父親向き。

いつもこんな料理を注文している。
半世紀前なら京都でこんな料理を食べられなかっただろうな。
私が父親の年齢になってもおそらく、同じようなものを食べているでしょう。
父親より歯は丈夫だから肉をいっぱい食べているかも。

DSC04162.JPG
↑これも挽肉だから軟らかい。無意識にこういう料理を注文しているかも。

父親にとって不思議な晩年になっているかも。
服装も食事もPCもタブレット、新しい生活雑貨の連続でボケている余裕がないかもね。
健康だって適度な病気もあり、一病息災で緩く管理できている。
時には厳しく私に言われますが、いつもじゃないし・・・。
一人で暮らすのも寂しいだろう。
でも私の父親の場合、適度な距離間が大切なんだと思う。
やがていっしょに住むかもしれないけど、きっと窮屈になるかも。
寂しさ、より自由の快適さを味わって欲しい。
私はそう思う。

DSC04168.JPG
↑これで岡崎公園で屋台営業しているようです。アラシさん逞しい。外国で家庭を持ちしかもお店を経営する。記憶力もいい、行動力もある。日本人も見習わないといけませんね。

今回、食べた料理の説明は、いつも書いているので省略します。
同じものを食べているように思うしね。
すんません。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

父、大満足 [食]

最近、外で写真を撮るといえば食べものばかり。
一人で行動することが少ないからかも。
家族と食事も大切。
現在、我が家には、次女が里帰りで今月いっぱい居候。
おまけに、黒ポメの子犬までいます。
まだ、五ヶ月なのではしゃぎます。

DSC04101.JPG
↑キッチンパパ「ハンバーグとカキフライ」

さて本日の写真は、父親と二人で食事に行った時のもの。
同じようなお店ですんません。
別にお店紹介ブログでないから勘弁してください。
あの日は、実家に行きiPadのレクチャーからはじめました。
先週は、麻雀のソフトをいれました。
父親が麻雀の本を買っていたのがきっかけです。
父親は、麻雀3段なんです。

DSC04107.JPG
↑ハンバーグ、和風おろしソース

私は、麻雀やゴルフ、野球にサッカー、いまでいえばオリンピックなんて全然興味がないのです。しかもお酒を飲まない・・・というかアルコールアレルギー。
麻雀はいまやったら才能があるかもしれません。
直観力がちょっとだけ鋭くなっていますから。
同じような能力の人間とカードゲームをしたことがあります。
あの時、徹夜しても勝負がつかなかった。なつかしい。

DSC04114.JPG
↑北野天満宮、先週はまだ梅は咲いていなかった。

使い方は、超簡単らしい。
「初歩的やね」と言っていました。
気に入ればもう少し高度なゲームもいれてみようと思います。
そういうことで脳が活性化するのです。
テレビでデイシャービスで麻雀をしている所があった。
そのデイシャービスの通貨を発行して実際にやっていた。
負けて、無一文になったら、体操をすれば通貨が増えるというシステム。
あれならいい。じじいの参加が多くて、皆生き生きしていた。
あれだと思う。
デイシャービスの企画は、女性が考える場合がほとんど。
だから、お遊戯や体操、エームが多くなる。
ジジイの参加は当然少ない。
男性は、そんなのやりたくないにきまっている。

DSC04109.JPG

DSC04112.JPG
↑お百度用の竹串

気に入ってやっているので正解です。
目が見え難いなんていわないもの。
「好きこそものの上手なれ」です。

DSC04126.jpg
↑粟餅所・澤屋「あわ餅」

食事も逆にしてみた。
食べたらだめなモノをチョイスしてみました。
最初は、タクシーでキッチンパパに行き、食べ終わったら徒歩で五辻昆布で買い物。
その後、北野天満宮まで歩く。
歩いたら「あわ餅」が食べられるという条件。
結局、この日は6000歩ぐらい歩いてくれた。

DSC04119.JPG
↑これは、小の方です。

あの手この手を試みております。
因みに、私はこの日の夜はぬきました。
私の方が食が細くなっているかも。
こういうのを食べると血糖値はよくないです。
でも「クソクラエ!!」です。
毎日なら問題あるけど、そんなこと出来る筈もない。
いつ死ぬかわからない歳になればいいと思う。
「食いを残す」のは辛いものね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

カオマンガイ [食]

DSC03592.JPG
↑パクチー丸太町「カオマンガイ」

カオマンガイ、別の名前は海南鶏飯(ハイナンジーファン、かいなんけいはん)。
茹で鶏と、その茹で汁で調理した米飯を共に皿へ盛り付けた料理。
マレーシアやシンガポール、タイなどの東南アジア周辺地域で一般的な料理。

DSC03587.JPG
↑ご飯は大盛り、パクチーはオプション。

こういう料理、もっと日本で普通に食べられてもいいと思いますね。
九州の「かしわめし」がよく似たものかも。

DSC03574.JPG
↑こういうのをスイートチリソースで食べるのが好き。

作り方によっては、いろいろなバリエーションが考えられます。
もち米なんか使ってもいいかも。
鶏なら比較的安く済むし。

DSC03599.JPG
↑パクチーはオプション。最近のパクチー、もうすこし香りにパンチがないとたよりない。

いまは、牛系が流行っているけど、最終的には鶏か豆腐がいいかも。
京都市内は、元々そうでした。
昔の京都市内は、かしわ屋さんが多かった。
肉といえばかしわ(鶏)でした。
すき焼きだって、かしわのすき焼きが主流だったかも。

DSC03604.JPG
↑調味料が嬉しい。タイ料理屋さんでもテーブルにない時があります。このぐらいは欲しい。

ちなみに小さい時の京男は、偏食だった。
すき焼きで食べたのは、最初に脂を溶かす時の脂の塊、そして麩だった。
卵は好きでよく食べた・・・でも2個食べるとジンマシンが身体中に顕れ、皮膚科へ直行だった。
よく育ったものです。

DSC03607.JPG
↑デザートのタピオカ・ココナッツミルク

野菜のパクチーも結構好き、日本で栽培されているのはちょっと頼りない気がする。
パクチーは食べられるけど、カメムシは食べられない。
匂いが似ているのにね。唐揚げとかにしたらいけそうなんだけど。
次女が言っていた、昨年はカメムシの当たり年だったそうです。
カメムシが多いと雪も多いのだそうです。
京都市内のこのあたりでは、カメムシは少ないかも。
年に数匹ぐらいかな。
そういえばゴキブリは出ない。ムカデと同じ頻度かも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

丼の風景 [食]

今月は、次女が里帰りしている。
連れ合いが一ヶ月研修だからです。
子犬を連れての里帰り。
犬の匂いが気になるけど、仕方ない。
孫とはこんな感じなのかもね。

DSC03996.JPG
↑七福家「麻婆豆腐丼」

私が外出する時、次女といっしょにランチを食べる時がある。
この次女が一番美味しい経験をしていると思う。
普通、思春期になると父親とは外出なんて嫌がるけど、他の家庭と違い、ずっと私が家にいたのです。
買い物だって全員で行っていた。

DSC03998.JPG
↑こういうものを食べる時は、お店に「辛口」と言います。でもこの程度。さほど辛くありません。

次女は、美味しいものになるとついてくる。
味覚的に一番学習したでしょう。
テクニックでは、長女だと思うけど。
長女は、サラリーマンになってから夜、私の出た調理師学校に行った。
だから大体同じ技術はもっているだろう。
しかも長女は、いまだに大きなバイクで移動している。
小さい時からバイクに乗せていた影響なんでしょうね。

DSC04005.JPG
↑七福家「中華丼」

京女に言わせると大して子育ての役に立っていなかったけど、考え方や行動パターンなんかで影響を与えていたかも。
ダメ親父だったかもしれませんが、そのダメさ加減が教育になっていたかも。
みんなまともに育っているように思います。

DSC04007.JPG
↑入っている材料でクワイとフクロタケがいい仕事をしています。

このカレーうどんを食べた時、次女は父親の凄みを感じたと思う。
最近、すごく直観的に動くのです。
観じたら、全速力で動く。
意味がわからないけど、次の瞬間意味がわかる。
それをこのカレーうどんを食べながら解説していた。

DSC04088.JPG
↑春日井「すじカレーうどん」

これからの時代を生き抜くためには、直観力を磨くしかない。
データを集め、判断していては間に合わない。
過去に起こらなかったことが次々と起こるのがいまの世の中。
「いまだかつて経験したことのない・・・」と言って被害に巻き込まれたらこまります。時代の空気を読み、未来を観じ、すぐに動けるフットワークを備えないといけません。
自分がこの世に生まれて来た意味を知り、出来る事をして行く。
生きている間に成就できないかもしれないが、出来るだけのことをして生きたい。
そしてそれが「できた!」と確信し、行動する。
それが悔いのない人生に繋がる。
そんなことを観じております。

DSC04087.JPG
↑ここは、手打ちうどんなんです。でもこしが強すぎないのがいい。

なんや今日はちょっとまともですね。(笑)
上記のようなことを次世代の人間に伝えていきたいな。
方法論も含めて。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る