So-net無料ブログ作成

シイタケ&ポテト [食]

最近、広東料理を食べることが多い。
なぜなんだろう?
それも甘酸っぱいものを好むようです。
気温の乱高下に対抗しようとしているのか?

DSC09223.JPG
↑鳳泉「焼売(シュウマイ)」ここの焼売は、くわいが入った独特の歯触りが特徴。

なんて錦の御旗をたてている。
実は、メニューの制覇するということだけかも。
私の食べものの記事でそう思いませんか。
色々なメニューを試している。
すべてを食べないとそのお店の特徴を理解できない。
味覚は三回ぐらい同じものを食べないと憶えられないのです。

DSC09229.JPG
↑「醋撩蝦(アマズエビ)」スブタと同じ甘酢です。小さならっきょと胡瓜が良い仕事をしています。

すべて憶えたら、次は美味しい組み合わせを試して行く。
昔からそういうことをしていますね。
今回は、「アマズエビ」と「カシワシイタケ」が良かった。
アマズエビの甘酢に小さなラッキョウがなんともいいアクセントだった。

DSC09239.JPG
↑「撈麺(エビカシワソバ)」柔らかい麺にからしをからませ上から野菜のあんかけです。練り辛子を溶いた酢を好みでつけくわえます。

カシワシイタケも良かった。
蒸し物なんです。
とてもあっさりしているけど、美味しい。
これなら次女夫婦でも食べられるかも。
次女夫妻は、二人共椎茸が食べられない。
キクラゲはどうだったかな・・・。

DSC09246.JPG
↑「苳菇蒸鶏(カシワシイタケ)」蒸し物なのでとてもあっさりしています。椎茸が美味しい。

最後のポテト。
食べられるかな?と思ったけど、すんなり完食したのは自分でもビックリ。
表面のパリッとした感じがたまりません。
こんなもの冷めたら台無しになる。
死んでも完食しないとね。

DSC09253.JPG
↑「ポテト」ここのは、あらかじめ水をくずらせてあるので食べやすい。パリッとした感じがなんともいい。思わず全部食べてしまった。

こんな広東料理を憶えてしまうと普通の中華料理が食べられなくなる・・・。
「知ることの不幸」ってありますね。
インスタ映えはしないけど、私はこれで十分満足。人に見せて楽しむ趣味はないものね。この写真を見ていると頭の中で味がする幸せ。
上生菓子の写真なんかもそうなんですよ。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

父と柳麺 [食]

父親と週に一回ランチを外で食べることになっている。
それを父は、楽しみにしている。
最近、ダンダンお店のネタが無くなってきた。
父と一緒に行けるお店というのは、条件があります。

DSC09015.JPG
↑龍鳳「京春蝦捲(はるまき)」

1.総入れ歯なので過多すぎる食べ物がだめ
2.量的にそれほど食べられない
3.あまり歩けない、行列も無理(私がかも)
4.極端に高カロリーはだめ
5.座敷はだめ(私も、胡座がかけない)
6.手頃な価格(高額年金生活者だから関係ないと思うけど)
7.食材で好き嫌いがある
というような条件が付く。
フランス料理なんかは、マナーがどうしようもない状態なので無理ですね。
寿司も高級回る寿司ならいいけど、ちゃんとした寿司屋は無理(父親はおどおどする)

DSC09020.JPG
↑私は一つだけ横にして具の状態を撮影しようとお箸でつまんで向きを変えた。それを食べると父が勘違いし、右上の一つを持って行った。一瞬、私の全身から殺気が出たと思う。そういうのをされるとすごく腹が立つ。まあ、私も箸を使ったのが悪いのですが・・・。

私の場合、アルコールアレルギーなのでお酒が飲めないというハンデがあり、小料理や焼き鳥、串カツ、おでん屋、日本料理をあまり知らないのです。
エスニックが多いのは、アルコールが合わない料理が多いからなんです。
フランス料理も本当のところは、ワインが飲めないからわかっていないのかも。

DSC09022.JPG
↑炸肉丸(肉だんご甘酢煮)

京女も私のようにアレルギーでないけど、あまりアルコールを飲まない。
長年、いっしょに暮らしているので、食べ物の好みは一致しています。
問題は、父親なんです。
彼は、遊び人でないから、店をたくさん知らない。母親に「あなたは糖尿病だから・・・」と完全に去勢状態になっている。母親がお店を選択し、父親がついていくだけだったのでしょう。
父がホテルで和食云々というのは、母親の影響なんだと思う。
ホテルの食事なら間違いない。フランス料理なら萬葉軒なら間違いない。などと思っている世代なんです。
だから私と全然違うのです。私は、もっと実質的かもしれない。

DSC09030.JPG
↑鍋貼餃子(ギョーザ)

しかも父は、ラーメン、蕎麦、餃子、焼き飯、天ぷら、すき焼き、お好み焼、パン(京都人はパンが好き)、フライ物なんかが好きですね。好きなモノがすべて糖尿病に直結するのもばかり。
おかず喰いの私と正反対。しかもお腹が減って無くても三度三度食事をしないといけないと思っている。
私は、お腹が減らないと食べない。一ヶ月ぐらい水だけで生きることも可能。
違い過ぎます。
でも大人ですから、父に合わせることは可能。

本日のお店「龍鳳」は、最近見つけました。
マスターの修行系譜からすると由緒正しい広東料理になる。
不味い訳がない。

DSC09034.JPG
↑柳麵(ラーメン)、美しいでしょ。

本日の写真は、二日分の写真です。
最初は、京女と食べに来た。
父にとって食べられるかどうか。堅くないか?油が強すぎないか?座席はどうか?メニューはどうか?特に初めていくお店はメニューを憶える必要があるのです。正直言って読めないのです。読字障害がために。
本日、メニューを書いていて、中国語の漢字をさがした。この記事で漢字が表示するかどうかはわかりません。変な文字になっていたらすんません。
読めなくても大体のイメージは掴めるのは、リハビリの賜。

ただ、最初の時は、「カラシ入そば」は食べたけど、「ラーメン」は食べていなかった。
父は、この「ラーメン」を気に入ってくれた。
スープはこうでなくてはね。
私は、ラーメン屋さんが苦手なんです。あの出汁のとり方がいけない。調理師学校でああいう出汁のとり方はしてはいけないときつくインプットされているからかも。しかもあの匂いはいけません。臭みが出すぎ。しかも大量の化学調味料が入るのはいけません。

DSC08746.JPG
↑龍鳳撈麵(カラシ入そば)、具の下に麵が隠れています。私的には、カラシと酢を足しました。これは京女と行った時の写真。

「ギョーザ」は味見をしなくても何となくわかるのでぶっつけ本番で注文。
味は可も無く不可も無し。広東料理的にいうと焼売の方がいいのでしょうね。
「肉だんご甘酢煮」は、肉の固さとか甘さをチェックしているので、父にとって満足の一品でしょう。
「はるまき」も美味しかった。

父とこのお店に行った時、カウンターしか空いてなかった。
ここで問題発生。父は、カウンターのイスに座れなかった。
高すぎたのと背もたれがないからだめだった。
四人席に座っていたお客さんが、その様子を見かねて席をゆずってこださった。
ありがたかった。

DSC08751.JPG
↑什錦炒飯(やきめし)、これも京女と行った時の写真。

この日、父は大満足してくれた。
行くお店が一軒増えました。

メニューの写真をPCで打っていて、自分の心の奥底で怯えているのがわかった。
脳出血を起こした時、PC上の文字が中国語のような文字に見えていたのです。
頭が痛いとか、倒れたとかでなく、文字が化けていたのが症状だった。
それはすごくショックだったのです。
「文字が読めない。書けない」というのは怖いことですよ。
そのショックを未だに心の奥底で残っているのです。これはなんとかケアしないといけません。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

縁と天ぷら [食]

昨日は、父親と外食をする日だった。
雨が降るのに・・・・。
まあ、結果的に傘をささずにすみましたけど。
まず実家に行き、PC系の作業を済ませ、新しいデータの使い方を父親に教えておりました。何回も何回もやってもらって確実にやれるまで、実行してもらう。
これは、大切なこと。
口で説明しても無駄なんです。身体で覚えてもらわないとね。
そうやっているとダンダン頭が回転してくる。
高齢者とはそういうモノです。
ゆっくりゆっくり丁寧に。

DSC08441.JPG
↑天麩羅膳/海老二尾、魚介、野菜、穴子、口替り、かき揚げ、お揃い

それが終わってからファッション指南。
タンスからいろいろな服を出してもらう。
私がプレゼントした、新の作務衣とか夏用の涼しい服装のモノが出て来た。
タンスにあることを忘れてしまっているのです。
実際に上下をコーディネイトし、ハンガーに吊しておく。

DSC08426.JPG
↑御飯にかけると美味しかった。(笑)

次に食べ物系、ケアマネさんにお弁当についてリクエストしていた。
高くてもいいから、美味しい弁当を探して欲しい。
今の弁当屋さんが悪いのではないけど、三年も経てば飽きてくる。
飽きてくるから、外部でおかずを買ったりするしているのです。
お勧めのお店が見付かったらしく、ケアマネさんが父親にパンフレットを持ってきてくれたようです。
私から渡すと逆らうのです。だからケアマネさんを使う。後ろで糸を引いているのは私なんですわ。
はじめてパンフレットを見る芝居をして、いままでの倍の値段だ。でも割烹系の人が独立してやり出したようで、刺身まで付いてくる。
この弁当に全部替えるのでなく、週に2回ぐらい替えて見るといいと思う。
実施発注する時は、私がケアマネさんに注文をします。細かく指示してね。

DSC08441.JPG
↑天麩羅膳1

すべて終わった時、雨が止んだ。話している時は雷が鳴っていたのです。
「さて、本日のランチは何が食べたい?」と京男。
「天丼!」と古京男。
きっと何かのテレビ番組をみたんだろうなぁ・・・。

DSC08451.JPG
↑天麩羅膳2

タクシーを呼び、高島屋へ。
その時、雨は止んでいたけど、また降り出す可能性があるので高島屋にある「天ぷら 新宿 つな八」にする。まあ、空いているだろう。
食べたのが本日の写真。
古京男は、揚げたての天麩羅に大満足だった。
次に私の買い物。
売り場を歩いているとS画伯さんにバッタリ会う。
ちょうど一昨日、モノを送ってもらった御礼が言えた。
院展の作家さんの作品を見に来たのだそうです。
古京男にS画伯さんを紹介。
最近、こういうことに驚かなくなってきた。
会いたいと思うと会うのです。

DSC08435.JPG
↑菜彩膳(さいさいぜん)1

その後、古京男の買い物を地下でする。
古京男の要望をグレードアップして購入。
「値段の安くて不味いモノは買わないようにしましょう!」と進言。
いつ最後の晩餐になるかわからないのに、不味いのを雅満(我慢でない)することはない。ただし、カロリー等は考えるとしみじみ言っております。
私自身、そう思うものね。
無事、買い物が完了。
雨が降ってない間にタクシーに乗ってもらう。
それから私の買い物。
京女が食べるサンドイッチを買う。一週間に二、三回買うので顔なじみになってしまった。新しい具のサンドイッチを購入。
その他、食べたいモノを買う。
最終的にドラッグストアで買い物をし、タクシーに乗る。
すると知っている運転手さんでした。
行き先を言わなくても自動的に家に向かって走ってくれる。
で、この間、乗った時の話しの続きを話していた。
そのことが当たり前のように思っているのです。
縁の力みたいなものがどこかで働いているのかも。
最近、つくづくそう思う。

DSC08447.JPG
↑菜彩膳2

本日もまた高島屋方面だ。
毎日デパートに行くと少々飽きてくる。
でも買い物難民だからしかたないのですよ。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

冷麺とは珍しい [食]

日曜日、京女と私の実家へ。
その前にランチ。
今回は、蒸し暑くなって来たからか、さっぱりしたモノが食べたくなりました。
七福家で冷麺を注文。
二人とも同じというのは、ちょっと珍しい。

DSC08196.JPG
↑七福家「冷麺」

そういえば私が父親といっしょでないのに冷麺は珍しい。
よほど冷たくて酸っぱいモノが食べたかったのかも。
ならうどん屋で冷たいお蕎麦でもいいようなんだけど、酸っぱいのが欲しかったようです。面白いものですね。

DSC08194.JPG

食事の後、買い物をし、実家で水やりや、掘りごたつの片付け、扇風機を出したりと色々した。雑草もボウボウ状態。
父親は植物に水をやったりなんて気持ちは全くないみたい。
父親に温度計の見方というか、ハリが赤い所にきたら、冷房を入れるように説明。
これは大切なことです。
もう熱中症の季節ですからね。

DSC08201.JPG

すべての作業を終え、次はバスで京都駅方面に行く。
先日から京大病院から京都駅へ行くバスに乗るためバス亭へ。
このバス亭の所に全快地蔵がある。
よく考えたら不思議ですよね。
これ京大病院の構内にあるのです。

DSC08206.JPG

近代的な設備の大学病院に、こういうお地蔵さんがあるのは不思議。
宗教施設といえなくもないですよね。
しかもお参りが絶えないらしく、お線香の匂いが常に漂っています。
千羽鶴も新しそうだし。
最後は、神仏にもお願いするのでしょう。

DSC08203.JPG

見ている間にも救急車が緊急の所に入ってきました。
京都市内でも救急車をよく見かけます。
私も救急車に2回乗ったけど、悲しいかな憶えていない。
霊柩車には、まだ乗ったことはないですね。

DSC08210.JPG

さてバスが来ました。
このバスに乗れば快適に京都駅に行けます。
京都市バスでは、満員でまず座れませんからね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

父上、キクラゲは海産物ではありません [食]

先週の父親との外食。
いつもと違い京大病院ライナーという京都駅八条口〜京大病院直通路線バスに乗って来た。
降りたのは「河原町御池」。そこで私が到着を待っていた。
京都駅八条口から京大病院直通路線バス・・・よく考えたら面白いと思いました。
病院へ直通!?
清水寺へ直通バスができたら、お寺に直通となる。
京大病院から清水寺へ直通なんてのも面白い。
清水寺から大谷本廟へ直通なんてのもありか・・・。

このバスの良さは、観光客と病気に用事のある人と分けることができるという点です。走るルートもできるだけ道が車で混まないルートを走る。
現時点では、必ず座れる点。悪い点は、専用のバスなのに有料!他の病院のシャトルバスは無料なのに。京大病院の診察券で乗れたらいいのに・・・。

DSC08149.JPG
↑焼売(シュウマイ)

父親が時間通りのバスに乗って来た。
「何を食べる?」と聞くと「京都ホテルオークラ」と言う。
「そんな大きなものは食べられない!」と京男。
よく聞くと地下にあるパンを売っていて食事が食べられるお店らしい。
そんなお店なかったと思うけど・・・。
行くとパンは売っていたけど、パンを買ってその場所で座って食べられるようなお店だった。聞くと以前は軽食を出していたそうです。
さて、どうする?「入船(京料理)」「桃李(中国料理)」「ベルカント(洋食)」という名前が出て来た。その時の私の服装が半ズボンとTシャツやった。和食や中国料理はちょっとねぇ・・・洋食は、あそこは昔のお嬢さんが多くて五月蠅い。
だいたい私はホテルが余り好きでない。サービス料を取る割りに昔のようなサービスをされたことがない。読んでもサービスの人間が来なかったりするしね。
でもブランド志向の父親はホテルがいいと思っている。

DSC08154.JPG
↑炸大蝦(エビテンプラ)

最終的に「鳳泉」に行くことになりました。
やっぱり実質的だと思う。
京都の中国料理は広東が多い、ひょうっとして京料理と広東料理は味の雰囲気が似ているかも。
昔、「飛雲」という店があった。その弟子が「鳳舞」「大三元」。
それと「第一楼」もあった。「大三元」や「第一楼」は、職場の近くだったのでよくランチで行きました。あの建物がなんとも中国風だった。なんでああいう建物を潰してしまったんだろう?
本日の「鳳泉」は、「鳳舞」の流れなんです。

DSC08139.JPG
↑叉焼麺(ヤキブタ入ソバ)

この日は、父親用に叉焼麺を注文。
ここの叉焼麺なら私でも食べられます。
私は、ラーメン屋さんが苦手なんです。
ラーメン屋さんのラーメンは、日本食の一種だと思います。
あのスープがどうしても受け付けない。
あのグラグラ煮るのが許せないのです。臭みがでますからね。
その出汁の違いを父親に解説しながら食べておりました。

DSC08162.JPG
↑雲耳肉片(キクラゲブタ)

もう一つ、キクラゲ。
この雲耳肉片を食べる時「キクラゲ、食べられる?」と父親に聞いた。
「堅くなかったら食べられると思う」と父。
話していると父親は、キクラゲが海産物だと思った。海のクラゲだと。
これには、びっくりした。
まあ、キクラゲがこれぐらい前面にでる料理は珍しいから、食べていても気付かなかったのでしょうね。
「キクラゲってキノコだよ」というと「え?!」と言った。
そうなんだ、知らなかったんだ。これはショックでした。

そういえば昔、サラリーマンだった頃、よく前述の「大三元」や「第一楼」で昼食を食べていた。仕事仲間といっしょに行く時もあった。
その時「キクラゲ物語」というのを即興で作り話した。
以下はその内容
「キクラゲってどうやって捕るのかわかる?あれはね。中国の揚子江の源流近くの広大な森林地帯で捕るのよ。年に一度の朔旦冬至(さくたんとうじ)の時、揚子江を大量のキクラゲが泳いでくる。ワサワサワサワサ・・・と。そして陸上を波打ちながら上陸する川辺の枝の所で雄と雌が交尾をし、卵を枝に産み付ける。その後、キクラゲは大きな木の所に登り、そのまま息絶える。そえが耳のような形で乾燥する。
その姿を見た里人が「木耳」と名付けた。
たまにアルビノ、つまり色素のない種類がいる。その白耳は、金と同量の価格で取引されたそうだ。西太后がデザートに食べていたのがこの「白キクラゲ」。
白キクラゲは漢方では「銀耳(ぎんじ)」と呼ばれ、黒キクラゲよりも薬効があると言われ肌を潤し、老化防止、滋養強壮などまさに「女性に最適な漢方食材」なんです。あの楊貴妃もこれが好物で、それが原因で国が傾いたと言われているのよ」
これを若き日の京男が広東料理を食べながら話していた。聴いた同僚が信じたのはいうまでもない。彼は、いまどうしているだろう・・・。
他にも「ヌードオイスターの話」というのもありました。

それにしても父親にはびっくりしました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る