So-net無料ブログ作成
検索選択

春ですね [風景]

DSC01494.JPG

昨日は、京都市内の気温が18度だったとか。
夜になっても室内の気温は18度。
窓を開けたくなった。
でも開けられない。
風が入ると困ったことになるからだ。
ナノサイズの粉末を扱うので、絶対にできない。

DSC01500.JPG

ここ2日間ずっと作業机のところに釘付け状態。
今年初めての細かい作業。
カッターで薄い紙を切ったりする。
眼鏡をしていては見えないので裸眼。
背中が辛い状態になってきた。
目も疲れている。

DSC01502.JPG

耳は空いているから、ずっと朗読を聞いていた。
外へ一歩も出ていない。
朗読・・・しかもボランティアの朗読は、内容が時々わからない。
結構苦労します。漢字が見えない不便さがある。
疲れてくると落語を聴いていた。
面白いことに落語なら、映像が目の前に広がる。
話芸ですね。
呼吸なんだろうか?
間合いのうまさなんだろうか?

DSC01504.JPG

目が疲れてくるので、漢方薬を結構飲んだ。
目の働きをサポートする生薬なんです。
先月、漢方内科の先生に処方をお願いしておりました。
気持ちかもしれませんが、楽なんです。
もっとも最近、視力がちょっと変かもしれません。
見えないけど、わかるということが多いのです。

DSC01319.JPG
↑鐘園亭東福寺店「Bランチ」

DSC01322.JPG
↑こういう昔風の中華も好き

バス亭でバスを待っていて、遠くにバスが見える。
何番という数字は、絶対見えない。
でも数字がわかります。
近づくとその数字と確認できる。
細かいカッターワークをしているのですが、見えていないことに気が付いた。
でも作業はできている。
ちょっと集中するコツみたいなものがわかってきたのかな?
結局は、脳の回路なのかな?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

稲荷 [風景]

DSC01215.jpg

ここは、新日吉神宮のところにある「山口稲荷大明神」
稲荷という存在は、不思議ですね。
お寺の境内にも、神社の境内にもある。

DSC01214.JPG
↑山口稲荷大明神、大明神/神号の一。神名の下につけ、明神をさらに尊んでいう称

平安時代の始め、天台宗の開祖・伝教大師最澄は比叡山を開くにあたって、もともとその土地に古くから古くから鎮座する地主神であった、比叡(日枝)の神を丁重にお祀りした。これが現在、滋賀県にある日吉神社の起源となった。

DSC01220.JPG
↑馬酔木

神社の場合、祀られている神様が苦手とする分野の御利益を担当するため、お稲荷さんをお祀りした。
お稲荷さんというのは、「稲がなる」「稲なり」→「稲荷」という穀物を司る系統の神さまだと言われている。後に工業・商業・屋敷・芸能・福徳開運ということもできるとなった。
人間は、崇高な思想より、現世的な御利益をもとめるものです。
今のインドで仏教は衰退しましたね。インド人はお釈迦さんのことをしらない人も多い。なぜ?それは、現世利益を説かなかったからと言われています。
人間は、やはり自分の欲望を成就したいのです。
それも現世利益的に。

DSC01314.JPG
↑京都国立博物間

きっとお稲荷さんが色んな社寺で見られるのは、そのことなのかもしれません。
「極楽浄土に行ける」というより「商売繁盛・お金がたくさん手に入り、この世で楽しく生きたい」と庶民は願う。
口では、「世のため人の為」というけど、本当は「自分が一番可愛い」というのが本音かも。
そういう衆生の欲望を満足させるために、お稲荷さんの祠はある。
まあ、これは私の独断と偏見の意見。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

考え出すと切りが無い [風景]

DSC00961.JPG

私がどこかに行く時、智積院を通ります。
比較的観光の人も少なく、静かなのがいい。
モノを考えながら歩くのに最適な空間。
ここならイヤフォンで音を消さなくてもいい場所。
自転車も暴走していないしね。

DSC00964.JPG
↑松の予防接種?

昨日、買い物がありヨドバシカメラに行き、ランチも食べた。
さすがに普通の日は、人が少ないですね。
食事をしている時、BGMの音量が大きい。
最近、そういう時でもノイズキャンセルのイヤフォンがあるから全然平気です。
見栄えはあまりいいカッコではないかも。

DSC00966.JPG

DSC00983.JPG

最近、脚が疲れる。
原因が昨日わかった。
靴と靴紐だった。
私は、靴のサイズを少し大きめにする傾向だった。
その方が足が楽というか、簡単に脱いだり、履いたりできるからです。
その時代の靴を中敷きで調整して履いているのです。
ところが、靴紐が緩んでくると歩いていて足が靴の中で前進してしまっているのに気付いた。
これが脚に影響していたのです。
朝から靴紐を調整していろいろ試していたのです。
紐がちょっと伸びて、緩んでいる状態になっていた。
ジッパーで履くタイプの靴なんですが、楽にジッパーが上がるようにしていた。
それがだめだったみたいで、やたら脚が疲れてしまうことに気付いた。
靴を買わないといけないかな・・・。

DSC00986.jpg

靴で足の爪とかに影響が出たりする。
父親には言うのに、自分ではちゃんとしていなかったかも。
チャンと自分に合った靴のサイズを割り出さないといけない。
どうしても楽に履こうとする。
それが逆効果になるのですよ。
難しいものですね。

DSC00991.JPG

靴のサイズはメーカーによっても違うのです。
自分に合った靴を足に憶えささないといけない。
ただ、日本の生活では、外出先で靴を脱ぐ作業がありますね。
この作業が苦手なんです。
高齢者がいる家は、椅子が置いてあったりするのですが、病院なのにはそういう配慮があまりない。レストランでも靴を脱がすところがあったりする。

DSC00999.JPG

靴や靴下は、もうすこしチャンと研究してみます。
足先が冷えるから、遠赤外線がでるパッドを布団にいれて寝ていた。
これも問題あるようです。
懐炉なんかも問題だと東洋医学系の人はいいます。
よかれと思ってやっていることが、実は逆なんてことがありますからね。
そうそうテレビの健康番組も問題だと思います。
あんな番組を観ていたら病気になるかも。
病院の営業番組が多い。

DSC01020.JPG

健康と意識する人は、その時点で不健康なんでしょうね。
健康の人や幸せの人は、「健康」や「幸せ」の事を意識していないかも。
朝、起きて身体が動いて、不味いといいながらご飯を食べ、当たり前に排便し、自分の足で会社に行く。そのことは、奇跡なんですよ。気付いていないだけなんです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米寿タクシー? [風景]

昨日は、ジッとデスクワークの予定だった。
ところが、そうできないのです。
本当は、本日父親の外来なんですが、ちょっと本日は、パスする予定。
でも病院関係と交渉ができない父にかわって、根回しをしていた。
薬関係なので、いつも行く薬剤師さんと話した。
処方箋の書き方でドクターにお願いをしないといけないのです。一応父親には、ドクターに対する要求の仕方を指示しました。でも実際、ドクターに言えるかな・・・。
言えない状態が頭に浮かぶのです。だから、薬剤師さんに「処方箋が、私のいうようになっていなかったら、ドクターに電話をして交渉し、薬を出してください」とお願いして置いた。
薬の処方のルールが変わっていますよ。いままでなら90日ぐらいだったけど、もう少し長く処方できるように変わった。
つまり、高齢者で薬を貰いに来る人が結構いるらしい。
そういう人に三ヶ月分の所を半年分(期間は未確認)とか出せるようになったようです。
つまり、高齢者に「頻繁に病院に来るな」ということのようです。
大きな大学病院は、閑なお年寄りで一杯すぎます。
だから仕方ないのかも。

DSC00959.JPG
↑本日の写真は、昨日の智積院。

健康や病気、薬について、自分でしっかり何を飲んでいるのかを管理した方がいいですよ。病院にお任せはいけません。
薬害だってありますからね。
それからいい加減なテレビの健康番組を観すぎないこと。
特殊な事例でも、普通のようにいいますからね。
NHKだから信頼できるとか思わないこと。
普通のニュースだってそうです。
大本営発表状態のニュースがほとんどです。
観ないことです。
天気予報だってテレビのは当たらない。
ネットで精密な雲の動きが予想できるのです。それでも当たらない場合がある。
空をしっかり自分で観ることです。

DSC00970.JPG

そういう根回しをしていると携帯に留守録が入っていた。
急に、予定外の作業をしないといけなくなった。
仕事だからしかたない。
早速、対応し、外部の業者さんに持って行く。
終わったら夕方になった。
まず、デパ地下で野菜などを買う。
そして、京女にLINE。
タクシーでピックアップすると連絡。
こういうパターンが結構あります。

DSC01003.JPG

そして、タクシーに乗りました。
行き先を言うと「・・・・」と運転手。
よくわかっていない感じだった。
もう一度、大きな声で行き先を言った。
こんどは、わかったらしく、動き出す。
動き出し方がぬる〜〜っという感じだった。

DSC01009.JPG

しばらく会話無し状態。
ある店の前になるとそのタクシーの運転手さんが喋り出した。
「このお店によく行く。店主はこのあたりの地主で、趣味的に店をやっている。その店主が、バブルの時、このあたりの土地を一坪1,500万ぐらいで売ってくれと来たらしい。その時、売っていたら・・・」などと羨ましそうに話した。
しょうもなと思ってしまった。
他人のそれも過去の話を羨ましそうに話すなんて無意味な人だと思ったのです。
ちょっとヘソが曲がってきた。
「その人は、売らないで良かったのです。売ったら大金が転がりこむかもしれへんけど、回りの人が皆不幸になるパターンやね」
運転手さんは、また違う話をした。ある人が子供たちに1億円づつやったらしい・・・と。「それも不幸になるパターンやね。お金が元で兄姉同士血みどろの争いになった例なんていくらでもあります。お金はあるといいけど、あぶく銭が入ってまともな精神を維持できる人はとても少ない。100万ぐらいでもおかしくなる人がいますよ」と言った。

DSC01029.jpg

それぐらいの時に、京女をピックアップ。
「それも、あの女性だから・・・」と言っても、2テンポアクションがずれるのです。
京女が乗って、話題が変化した。
話しを聞くとその運転手さんは、88歳!なんだそうです。お金のためというよりボケ防止と健康のためにタクシーを運転しているというのです。
後半になると喋る毎にこちらに顔を向けるのですよ。
最後は、坂道になるのですが、異様にスピードが遅いのです。
すごく怖かった!
会話が成り立つから、ボケていないけど、反射神経が異様に遅い。
しかも耳が遠いらしく、「ここで曲がってください!」と言っても聞こえてないのです。タクシーに乗ってこんな怖い目にあったことはない。
米寿で現役のタクシーというのは、すごいと思うけど、ちょっと問題かも。
だから行き先を言ってもすぐに通じなかったんだ。
私の声でですよ。
いまどきの若者のような、風呂で屁をこいたような話し方じゃない私の喋り方でですよ。

DSC01025.JPG

だから個人タクシーはできるだけ避けるようにしているのです。
高齢者で思想的に凝り固まっている人も多い。
車種が運転席が乗り心地がよくて、客席が狭い車種とかも多い。
定年制はないのかな・・・個人タクシー。
会話していて気分が悪くなる運転手もいます。
会社系ならクレームも入れられます。個人ではなんともならない。

ほんとに昨日乗った米寿タクシーは怖かった!!

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

曰く [風景]

DSC00789.jpg

曰く「もしその能に当たるときは、事、通すること快し。用、その宜しきを失すれば労するといえども益無し」

自分が好きなことに夢中になっていると、気が付いたら夕方になっている。
しかし、自分の心が苦手だと叫んでいることをやると、ただただ苦痛でしかない。
確かに、私はそういう毎日。

DSC00787.jpg

曰く「私として生きる道は遠いところにあるのではない。すぐそこにある」

確かにそうです。見えないんですよね。

曰く「人間は誰もが胸のなかに、宝石となる石を持っている」

私は、胸ではないけど、尿管に石を作ったことがある。磨いても宝石にはならない。

DSC00784.jpg
↑江戸の隠密では、ありません。東寺の空海さんです。

曰く「もし自分に適していることにその能力を使うなら、物事は極めてうまくゆく。しかし、自分に向いていない物事に、その能力を使うなら、労多く益は少ないだろう」

これが気付かないのです。どうしても人の事を見ますからね。エエカッコもしたいし、お金も欲しい、できるだけ楽したい。その中で自分の能力を生かせることを探す。自分の意識を研ぎ澄ませることかな・・・。

DSC00785.JPG

DSC00791.JPG

この空海さんの像の前に立つといろいろな考えが頭の中に浮かぶ。
でも浮かんだことをできることから実行して行く。
迷ったら、また聴きにくればいい。
そんな気がする。

DSC00432.jpg
↑こういうモノをお供えたらどうかな。これは、塩っぱい和食を食べたあと思わす注文した一品。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る