So-net無料ブログ作成

春待つ桜 [風景]

DSC03498.JPG
↑一昨日の枝垂れ桜

もう2月ですね。
寒さは、それなりに寒いかも。
でも朝、体操をする時、上半身は裸なんです。
昨日は、窓をすべて開けて1時間体操。
空気を入れ換えます。
こんなことをやっていると風邪とはあまり縁がないと思います。
もともと、アホなので風邪はひかないのかも。

DSC03501.JPG

DSC03502.JPG

そろそろ節分が近づいてきますね。
一番好きな季節。
気温も私にとっては最適な気温・・・10℃ぐらい。
雪が降ると東京方面は騒いでいるけど、京都市内は雪はあまり降りません。
もちろん降れば交通がエライ事になるでしょうけど。
そういうのは、数年に一度あるかないか。
京都市内は、盆地で守られているのかも。

DSC03504.JPG

さて、本日の写真は、京都御苑。
毎年、いまぐらいに記事にしていると思います。
好きな枝垂れ桜のいまの状態です。
蕾はまだ固い。

2017.3.23.JPG
↑昨年2017年3月23日の開花した状態

でも後50日ぐらいしたら桜が咲き出すでしょう。
これから、梅苑の梅が咲き、桃園で桃が咲く、それから桜です。
今年もきれいに咲いてくれることでしょう。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

御所の梅は蕾が固い [風景]

昨日は、歯科医院で歯磨きの日。
昨年の歯の根が割れていた影響で、歯茎が腫れ外科的な治療で治した。
その後の歯茎の状態がどうなったのかも知りたかった。
結果は、上々だった。
歯と歯茎の間が外科的治療をした所が6だった。
他の部分はオール2。
今回は、6だった箇所が3になっていた。
もう少しすればオール2になるかも。
歯茎の状態も極めて健康なんだそうです。
よかった!

DSC03512.JPG

昨年は、歯根のこともあり、奥歯を噛みしめられなかったかも。
歯根を治療したら、奥歯が噛みしめられるようになり、歩く力とスピード、敏捷度が骨折前の状態に戻りました。
ただ、歩くスピードや動きが速くなったのですが、人工股関節回りの筋肉がまだ十分に回復していないようです。
高速走行すると筋肉に無理を強いている。
奥の方が痛くなります。
だから、慎重に筋肉育てないといけません。

DSC03516.JPG

なんて思いながら、歯科医院の近くの京都御所に行ってみました。
本日の写真の感じです。
桜は、毎年早くに咲いている種類。
梅は、いつもならもう少し咲いているのですが、まだ蕾は固かった。
立春を過ぎないと本格的に開花しませんね。

DSC03519.jpg

御所を東に抜けて、ランチを食べる。
昨日はパクチー。
久しぶりだった。
写真は、後日紹介。

DSC03526.JPG

結局、府庁前から実家がある聖護院まで歩いた。
父親にいうと驚いていた。
私にとっては普通なんですが。
実家では、新しくなったiPadの使い方の説明をしておりました。
基本的な用語も解説本を持って行き説明。
今回は、音声入力を教えた。
テキストがうまく打てない場合に非常に便利な機能。
検索でも、iPadの場合「シリ(Siri)」と使うと便利。
ただし、発音をチャンとしないとSiriに「おっしゃっていることがわかりません!」と言われる。これがいいのです。独居老人の場合、あまり人と話さない。機械でも大きな声で正しく発音しないとならない。この作業が痴呆予防になると思います。

DSC03529.JPG

さて目論見通り上手く行くかどうか?
成功の確率は低いかもしれない。
でもやってみる価値はある。
継続していれば、いつか花が咲く。

DSC03548.JPG

お陰で家にタクシーで帰ったら夕方になっていた。
すごく疲れました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

京都東山の雪 [風景]

昨日の朝、カーテンを開けるとこの程度に雪が積もっていた。
京都市内はこんなものです。

DSC02933.JPG
↑ベランダからの景色、おそらく清水寺もこの程度だったかも。

早朝、再び実家にiPadのために行く。
父親の軽はずみな操作でとても時間がかかることになった。
マンションを出たらタクシーが通ったので乗る。
いろいろ話しているとこの程度でも金閣寺あたりに行くと入場者の行列がすごいれしい。雪景色の金閣寺を観たいのでしょう。
きっと清水寺でもそうなのかも。

DSC02934.JPG
↑ベランダ桜

昨日は、実家での作業を午前中に終えないと駅伝の交通規制にひっかかる。
ちょっと焦って作業です。
アップデートしてロック状態になったiPadを復旧するために、PC本体のiTunesもアップデートしないとだめというのがわかった。
まだPC全体のOSをアップデートしないで済んだだけましか。
どうでもいい機能のため、小刻みにアップデートしないで欲しい。Windowsのように強制的に行われないだけましかも。

DSC02937.JPG

現時点で途中で作業を中断して帰ってきた。
益のないことに一日時間を潰されたくなかった。
取りあえず帰りは市バスに乗る。
乗って驚いた!日本語が聞こえない。
しかも大きなキャスター付きのキャリーバッグを乗せている。
狭い市バスをキャリーバッグが塞ぐ。
京都市の交通や観光担当の人、この状況、なんとかした方がいいと思う。
八坂神社や清水寺に近い停留所に近づくと、東洋系の観光客が駆け寄って止まりきってない市バスの外壁をドンドン叩くのです。危ないなぁ・・・。
焦るのはわかるけど、市バスが止まってからにしなさい。
なんか凄まじい状態です。

DSC02964.JPG

DSC02973.JPG

ついでにと三十三間堂で市バスを降りた。
昨日、「凍死や」じゃなく「投資屋」でもない「通し矢」をやっている。
行くつもりはなかったけど、見てみた。
マスクをしているから匂い対策もバッチリ。
いつか観に行った時、屋台の匂いがキツかった。

DSC02976.JPG

参加する人、付き添いの人、観光客、写真を撮る人、身動きがとれないぐらいごった返している。
やっぱり「無理」と撤収、だから写真はこの程度。

IMG_0749.JPG
↑京都人は大根と言えども安物は買いません

最後の写真は、京の台所「タベルト」で見かけたもの。
この大根の値段を見てください。
信じられない価格でしょ。
しかもこの程度の大きさなんです。

IMG_0750.JPG
↑白菜だってほら、このとおり

この白菜なんかも、思わず「nice!」と写真を撮りました。
大根に関して、昨年秋から全然安くならない。
お陰で我が家の大根炊きができない。
余っているところでは、棄てられたりしているのだろうなぁ・・・。
京都市内って、野菜が高いのです。もちろんお魚も。
果物もそうとう高いですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

春への準備 [風景]

DSC01235.JPG

今週になると急に秋がなくなって来た。
観光の車で混雑していた道路が妙に空いてきている。
なんだろう?
昨日は、終日外出。

DSC01218.JPG

市バスやタクシーで移動していた。
タクシーの運転手さんも同じような印象だと言った。
なんだろう??
テレビでは、まだ京都の紅葉と言っているのにね。
混んでいるというのがネットで浸透したのかも。

DSC01190.JPG

昨日、いつものように智積院を通過した。
まだ、紅葉が見られる木もあるけど、殆どの木は終わってきた。
落ち葉が美しい。

DSC01200.JPG

DSC01202.JPG

ハクモクレンの冬芽が来春のため、毛皮に包まって冬の準備をしている。
防寒が完璧やね。
この冬芽って3枚重ねらしい。
芽が大きくなる度に毛皮のコートを脱いでいく。
最終的に春に花咲く。
面白いね。

DSC01213.JPG

梅の蕾もできていた。
後二ヶ月もしたら梅が咲き出すのかも。
節分が待ち遠しい京男であります。

DSC01243.JPG

毎年、上の写真の所で足が止まる。
電線さえ無かったらいいのに・・・。
この色合いが好きなんです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

そろそろ紅葉は終わりかなぁ・・・ [風景]

DSC09876.JPG
↑本日の写真も永観堂の紅葉。人が多くて永観堂とわかる写真が少なかったかも。

まだ、ライトアップしている社寺はあるから紅葉はまだ楽しめるのかな?
でも気分的に今年は終わったように感じる。
なんでやろ?
気温が急に冬になったからかも。

DSC09879.JPG

DSC09927.JPG

昨日で京都国立博物館の『国宝』も終わりました。
タクシーの運転手さんが博物館の交通対応の不味さについて話してくれた。
バスやタクシーが止まったり、入場券の行列がすごかったり、実際に展示物に行くまでの行列。
また、あまりの人の遅さにゆっくり観られないなんてこともあったようです。

DSC09948.JPG

観光の人が横断歩道のない所を渡るのだそうです。
確かにあれは、見ていて怖い。
京都の運転マナーの悪さを理解していない。
京都人は、ハンドルを持ったら日本一マナーが悪い。
市バスも気が荒い運転手も多い。
他府県から京都市内に来られる方は、ご注意ください。
旅先で事故なんて楽しくないですからね。

DSC09953.JPG

道路も今年はすごかった。
京都は、太平洋戦争で空襲されていない。
昔のままの道の狭さ。
五条通は、太平洋戦争の時、強制的に道幅を広くしたそうです。
それでも今日、道は混んでいる。

DSC09957.JPG

そろそろ根本的に車の対策を考えないといけないだろうな。
京都市内で新しいホテルを建てようとしています。
きっとオリンピック時に観光客が流れてくることを想定しているからでしょうね。
でもオリンピックの後はどうするのかな?
なんらかの理由で外国からの観光客が来なくなったら、京都の街はゴーストタウン化するかもね。
日本の経済は、順調だと政府が言っている。でも大本栄発表時代のこともある。本当かどうかわからない。景気がいいなんて体感している人は少ないだろう。
戦争も起こらないと思っている。中東の緊張状態なんてニュースにもなってない。
これから何が起こるかわからない。

DSC09907.JPG
↑落ち葉を掃除されている方もおられます。

京都市内、そろそろ観光以外に何か新しい産業を考えないといけないように思う。
きっとあると思う。
観光だけで収益を得るのなら、京都市全体をテーマパーク化し、京都市民は全員アトラクション要員になるのも一つかも。ビルはつぶして町家を復活。
市民は、着物で暮らす。
警察官は、新選組か六波羅探題風の制服で巡回・・・・。
なんて妄想したりします。

DSC01042.jpg
↑お掃除されている職員さん、「蚊よけ匂袋」に興味をそそられた。

取りあえず、伝統工芸職人をたくさん教育し、食べていける工夫をしてみてもいいかも。
200〜300年後にまたおめおめと生まれ変わったら、どんな景色を見るのだろう?やっぱり清水寺の舞台なんかをウロウロしているのかなぁ・・・。
1000年ぐらい経ったら、猪や猿がウロウロしているだけになっているかも。

そろそろ永観堂の写真は終わりかも。
まだ、記事に登場していない写真も多くあるけど・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る