So-net無料ブログ作成
検索選択

時を観じる [社寺]

DSC07174.JPG
↑仁王門、写真では、明るく映っていますが、まだ薄暗い。

DSC07178.JPG
↑清水寺「善光寺堂(首振り地蔵尊)」

昨日に引き続き清水寺の朝の景色。
5日は、早朝タクシーで清水寺に行った。
清水寺に行くためには、清水寺に近い高さから東大路通に下山し、再び清水寺の高さまで登って行かなくてはいけないのです。
普通なら、山に沿って行けばよいのですが、早朝では南門は開いていないのです。

DSC07421.JPG

DSC07428.JPG

DSC07431.JPG

森貫主の話を頭で反芻しながら、ゆっくり歩く。
すると色々なモノが見えてくる。
なんでもない石仏も愛おしく感じる。
全部じゃないのが不思議。

DSC07433.JPG

傳福禄寿といわれる石仏がある。
高札を書き写してみます。

傳福禄寿
清水寺縁起によれば奈良時代宝亀9年(778)音羽の滝一帯を中心として修行中の行叡居士より、大和の子島寺僧延鎮上人が霊水を嘱され、観音像を奉納し祀ったことにより当山の草創がある。
この石像はその頃、修行中の行叡居士のお姿として伝えられ、当時の仏教修行者は道教の熟達であったことが十分想像される数少ない資料の一つである。
しかし後世では、宝冠に似た頭布と広袖の衣、長髪の顎ひげをたらし右手に持つ錫杖、左手の経巻などの形から、七福神の一人、福禄寿として信仰を集め祀られてきた。

DSC07434.jpg
↑傳福禄寿

DSC07435.JPG

行く度に気付く景色が違うのです。
時間のベールが少しずつ剥がれてくるように観じる。

DSC07450.jpg
↑子安塔

DSC07452.jpg
↑綺麗になりました。一年ぐらい経つと色合いが落ち着いてくる。

本堂も三年後には、綺麗になるそうです。
それまで生きて居たら観に来るでしょう。
そして、その新し本堂も50年ほど経つとまた新しくなる。
その時は、確実にいませんね。
こういう所をあるくと面白い。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

早朝の清水寺 [社寺]

DSC07311.jpg

先日、早朝に清水寺に行った。
森貫主の法話を聞くためだった。
その時の話のダイジェストはそのうちまとめます。
いい話をたくさんいただいた。

DSC07317.jpg

DSC07321.JPG
↑これらのお地蔵さんたちは、明治の廃仏毀釈の時、京都市内から助けだされたのです。

DSC07325.JPG

聞いた後、早朝の清水寺を散策した。
歩きながら、話を反芻する。
その時間が好きなんです。
優しい気持ちになれる。

DSC07358.JPG
↑舞台から子安塔方面を見る。奥の山が豊国廟がある山。

DSC07363.JPG

DSC07362.JPG
↑舞台から音羽の滝を見る

私は早朝の清水寺が好き。
これが9時ぐらいになると聖から俗に変化する。
京都に観光に来られたら、早朝の清水寺に行くことをお勧めします。
寺の表情が全然違う。

DSC07399.JPG
↑この階段を降りた所が音羽の滝

DSC07414.jpg
↑早朝なら音羽の滝から水を飲み放題

早朝の弱点は、東山にあるので日の出が遅いのです。
光線的には、昼前ぐらいがいいのかも。
でもその時間帯になると外国語が飛び交う喧噪の清水寺になってしまいます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

おしょらいさん、いらっしゃい [社寺]

DSC07553.JPG
↑六道珍皇寺

気が付いたら7日からお盆の行事が開始している。
お盆の行事に必要なのは「お精霊さん(おしょらいさん)」を向かえに行くことからはじまります。
お精霊さんを家に向かえ、16日の五山送り火で帰ってもらいます。
その間は、先祖や近親者の霊と暮らすというものです。
ちょっと前まで、お精霊さんを迎えに行くのは、東にある「六道珍皇寺」と西にある「引接寺(通称、千本ヱんま堂)」の2箇所だと思っていた。
なぜ二箇所なのか?
京都の大きな墓地が二箇所なんです。
東の鳥辺野(とりべの)、西の蓮台野(れんだいや)、もう一箇所はあるにはある化野(あだしの)です。
規模からいうと東の鳥辺野と西の蓮台野が昔から大きい。
平安時代からそうなのです。
鳥辺野→六道珍皇寺、蓮台野→千本ヱんま堂となります。
京都の地名に千本通というのがある。
それは、千本の卒塔婆を建て供養したことから「千本通」となったのです。

DSC07554.JPG

DSC07557.JPG
↑高野槙が売っています

昔は、葬送の場というのは、風葬だった。
死体をそのあたりに置いたそうです。
鳥辺野も鴨川から清水寺の南側の一帯が風葬の地だったのです。
火葬もなし、ゴミのように棄てていたらしい。
そりゃ疫病も流行りますね。死体累々ですから。
火葬や土葬は江戸時代ぐらいになってからなのかも。
もちろん、貴族なんかは違います。
庶民の話です。
中には病気で瀕死状態でも棄てられたそうです。
平安時代ってそういう感じだった。
怖いでしょ。
だから都中、悪臭と疫病が蔓延していた。
だから祗園祭のようなこともしていたのでしょうね。

DSC07564.JPG
↑迎え鐘を撞きます。独特の音なんです。

最近は、他の寺でもお精霊さんを向かえる作業をしてくれるようになった。
商売ですからね。

DSC07565.JPG

さて話を六道まいりに戻します。
7日から10日まで六道まいりをしています。
この間にお精霊さんを呼びに行くのです。
初日の7日は台風5号の影響でとても呼びにいく状態でなかった。
8日の昼間に行ってきました。
7日に来られなかった人たちがおられた。

DSC07568.JPG

DSC07572.jpg
↑戒名、俗名を水塔婆に書いてもらう

手順は、下記の通り
六道まいりに行き、お精霊さんをお迎えするのですが手順がある。
1.高野槙(こうやまき)を買う
2.本堂前で先亡の戒名、俗名を水塔婆に書いてもらう
3.迎え鐘を撞く
4.水塔婆を線香で浄める
5.地蔵尊宝前において高野槙にて水回向の後、その場所に納める
こんな手順です。

DSC07575.JPG
↑お線香の煙で清める

これでお精霊さんが各家庭に来てくれます。
そして16日五山送り火であの世にお帰りになる。
だから、お盆にお墓参りをする家庭がありますよね。
あれは間違いかも。
墓地は、空き屋状態なんですから。
違うのかな・・・。
お墓ってなんやろ?

DSC07578.JPG
↑高野槙にて水回向の後、その場所に納める。お精霊さんを家につれて帰る時、どうやって持って帰るのかな?自動的に家の仏壇にワープするということなのかな?依り代みたいなものは必要ないのかな?

昔は、遺骨を納める場所と拝む場所と別だったりしますよね。
どうなんやろ。
最近、若い世代であの世を信じている人が増えているらしい。
ちゃんと頭の中を整理した方がいいのかも。
社寺もチャンとアナウンスしてあげた方がいいかも。
商売もいいけど、心の不安を取り除くのが役割だと思うんやけど。

ここに来られている人たちも案外、わかっていなくてやっているだけかも。
あと10年もたったら、呼ばれる立場の人も多いように見えます。
次世代にちゃんと伝えられているのだろうか。
難しい問題ですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

伏見稲荷大社の御旅所 [社寺]

DSC07145.JPG
↑伏見稲荷大社御旅所、南側

先日、祗園祭の御旅所の記事を書いた。
その時、伏見稲荷大社の御旅所のことを少し書いた。
実際の御旅所を撮影してきたので紹介します。

DSC07147.JPG

伏見稲荷大社の御旅所は、東寺の北東にあります。
イオンモールの西向にある。
八坂神社の御旅所より広い敷地です。
昔は、下社(七条油小路)、中社・上社(八条坊門猪熊)にそれぞれあった。
それを天正年間(1573-1592)、豊臣秀吉により、2か所の御旅所が廃され、現在地に遷された。以来ずっとここにあるそうです。

DSC07151.JPG

DSC07157.JPG

伏見稲荷大社は、稲荷大神(宇迦之御魂大神ほか4柱の総称)を祀った神社。
宇迦(ウカ)は穀物・食物の意味で、五穀豊穣を司る神です。ちなみに女神さんです。穀物の代表といえば稲ですね。稲(いね)荷(になう)→稲荷となったのかも。
たくさん収穫した稲を荷うというような意味。
神様のお使いが狐は有名ですね。あれは、狐の尻尾が稲穂に似ているからなんだそうです。
五穀豊穣、商売繁盛ということで、信仰する人も多かったのでしょう。

DSC07161.JPG

DSC07170.JPG

稲荷祭(4月20日寄りの日曜日〜5月4日)京都の町を繰り出す。
平安時代は、祗園祭と同じぐらいの規模のお祭だったそうです。
祗園祭のように山鉾もあったのだそうです。
江戸時代になり「京の三大祭」といえば稲荷祭と賀茂祭(葵祭)と祗園祭だったそうです。
いまでも稲荷祭はやっているけど、トラックに神輿が乗って走るぐらいかな・・・。
以前、氏子の地域に住んでいたので、祭といえば稲荷祭。
しかも行列が立ち寄りお休み処をしていたのでなじみ深い。

DSC07153.JPG
↑北側

この御旅所は、その時のためにこれだけ広い場所があります。
きっと倉庫も兼ねているのでしょう。
お祭の時は、屋台がでるのだそうです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

工事中、損か得か? [社寺]

DSC07339.JPG

DSC07343.jpg

昨日、早朝清水寺に行ってきた。
久しぶりかも。
まあ、家にタクシーを呼び、行っただけなので、「行った」と偉そうに言えません。
同じような坂を毎日歩いているので、慣れているのですが、汗をかくのが嫌だった。
森貫主の法話を聞きにいくのに汗だらけではね。
帰りは、山沿いに歩いて帰りましたけど。

DSC07382.JPG

清水寺は「平成の大修理」の最終段階の工事をしたはります。
本堂の檜皮葺の屋根の葺き替えをやったはります。
明治維新以来、三度目らしい。
檜皮葺って50年は持つらしい。

DSC07401.jpg

DSC07406.JPG

この工事、後3年かかるそうです。
すごいでしょ。
完成を観られるだろうか・・・。
また、50年後にまた修理。
まあ、その時は、絶対生きていないでしょうね。
生まれ変わるには、まだちょっとという感じかな?
100年後ぐらいなら生まれ変わっているかも。
そして、修学旅行で見に来たりしてね。
その時代に修学旅行があるかどうかはわかりませんけど。

DSC07410.JPG

絵葉書的な清水寺を期待して来た観光客もいるだろう。
「拝観料を返せ!」と文句をいう人がおるかも。
私も一瞬考えた。まあ、昨日は無料やったけど。そうか私はいつも無料か!
私・・・ほとんどのお寺は無料なんです。
でも片肌を抜いて卍の入れ墨をみせないといけない。これは嘘です。

DSC07441.JPG

DSC07446.JPG

本堂の工事の足場がとても綺麗でしょ。
よく見ると得かも。
いつもの絵葉書的なものもいいけど、これも貴重な風景です。
マニアの人(?)に、お勧めです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る