So-net無料ブログ作成
検索選択

小町百歳像ねぇ・・・ [社寺]

DSC05722.JPG
↑東福寺塔頭退耕庵

DSC05724.JPG

ここは、東福寺塔頭※のひとつ退耕庵(たいこうあん)。
応仁の乱で衰微したが、慶長年間(1596〜1615)に安国寺恵瓊(えけい)が再興(現在ある客殿はこの時の建築である。関ヶ原の役の前年の造営)。小野小町ゆかりの恋文を胎内に納めて作った玉章(たまずさ)地蔵と小町百歳像がある。茶室作夢軒は、忍び天井などがあり、関ヶ原合戦の謀議をしたという。(非公開)
明治維新鳥羽伏見の戦いの防長殉難者の菩提所もある。

DSC05751.jpg

※塔頭/塔頭(たっちゅう)は、禅宗寺院で、祖師や門徒高僧の死後その弟子が師の徳を慕い、大寺・名刹に寄り添って建てた塔(多くは祖師や高僧の墓塔)や庵などの小院。

DSC05753.jpg

ここは、見学するために予約をしないといけないのです。
だからまだ中に入ったことはありません。
でも入り口近辺の風景だけでも美しい。

DSC05737.JPG
↑地蔵堂

DSC05734.JPG
↑小野小町百歳井戸/この井戸の水鏡に老いた自分の姿を見た小野小町は、「おもかげの 変わらでとしのつもれかしたとえこの身に限りあるとて」と詠んだという。覗いてみたらいかがですか?ガマの油がたっぷりでるかもね。

小町さんの百歳像って、ただのおばあさんの像と違うかなぁ・・・。
美人というけど、現代の規準と違うんだろうな。
マツコ・デラックスみたいな人かもよ。
清少納言も紫式部も同じような・・・。
クレオパトラや楊貴妃だってどうなんだろう?

DSC05727.JPG
↑檜の葉が綺麗

DSC05730.jpg

小町さんって、小野篁の孫(娘とも)ともいわれる。
小野篁(おの の たかむら)、知っていますか?
京都東山の六道珍皇寺の井戸から地獄にアルバイトに行っていた人。
閻魔大王の助手をしたはったらしい。
昼間は官公庁の役人、夜間は地獄で閻魔大王の助手。
両方共公務員ということで、二足の草鞋ではないのかも。
でも長時間労働に違反とでるのかも。

DSC05732.JPG
↑紅葉が綺麗

DSC05739.JPG

小町の話に戻ると小野妹子の子孫かもという話もあります。
歴史の時間、「小野妹子」って女性だと思ったな。
日本史の人名がややこしくて(例、藤原○○、平○○、源○○、徳川○○、織田○○・・・同性がやたら多くてわかりにくい)、しかも文化史も当然のことながら漢字が多い。やむなく西洋史を高校の時に選択した。いまならカタカナもだめなのでそれもだめだ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おさすりOK、御利益バッチリかな? [社寺]

DSC05078.JPG
↑新熊野神社樟龍弁財天、入り口左側

DSC05080.jpg

新今熊野神社の大樟(おおくすのき)の写真が残っているので紹介。
この大樟は、樹齢900年だそうです。
すごいですね。

DSC05082.jpg
↑これが「さすり木」

神社の説明を引用させていただきます。
社頭の「大樟」は当社創建の折、紀州熊野より運ばれた「上皇手植えの樟」と伝えら
れており、樹齢は900年と推定されています。影向とは神仏が現われるという意味
で、現在では「樟大権現」「樟龍弁財天」として多くの人々に信仰されています。大
権現とは熊野の神の化身(仮の姿)、樟龍弁財天とは弁財天(仏)の化身という意味
です。樹齢900年の老木でありながら現在でも成長し続けている姿を見て、「健康
長寿」「病魔退散」、特に「お腹の神様」として御利益を求める人が後をたちません。(京都市指定 天然記念物)

DSC05098.jpg

DSC05099.jpg

木も長く生きると権現、化身になり神様に近くなるのです。
みなさん、この「さすり木」をさすって、900歳を目指しましょう!
ひょっとして権現ぐらいにはなれるかも。

DSC05101.jpg

日本中の人が900歳になったら、恐ろしいことになるかもね。
150歳ぐらいでも年金システムは破綻だろうな。
医療制度だって無理。
まあ、ほどほどにおさらばした方がいいようですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通りすがり [社寺]

DSC05422.JPG

昨日は、智積院の「青葉まつり」でした。
でも父親を病院に連れて行かないといけなかった。
ただ、市バスに乗るために智積院は通る。
本日の写真は、その通りすがりの写真。

DSC05429.jpg

暑くなるとのことなので、夏仕様の服になりました。
半袖半ズボン素足にサンダル・・・。
ただ紫外線のことを考慮していなかった。
紫外線がすごい状態。

DSC05433.JPG

DSC05435.jpg

柴灯大護摩供の場所で待っている人が予想通り多かった。
年々多くなります。
きっとネット情報でくるのかも。
炎天下で待つのは大変だと思う。
一番前の所に場所を取るとなると1時間以上そこにジッとしていないといけません。
大変だろうな。

DSC05440.JPG

私は、昨日見る時間もなかった。
バス亭にいると父親から「もう病院にいる」と電話があった。
私が言って時間より1時間も早い・・・もう・・・。
シーズンオフの筈なのに、来るバスは満員状態。
京都の観光は年がら年中状態になってきている。

DSC05446.JPG

やっと市バスに乗ったら、今度は事故停滞。
それでもなんとか、病院にたどり着きました。
お昼になってもなんか食欲がわかない。
父親は食べる気まんまん。
すごなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は行けないなぁ・・・ [社寺]

DSC05371.jpg

DSC05373.JPG

今日は、智積院で「青葉まつり」がある。
青葉まつりは、弘法大師と智積院の中興の祖・興教大師の二人の誕生日を祝うイベントです。
朝9時ぐらいから法要があり、その後巨大なケーキを燃やす・・・ではなく、柴灯大護摩供があります。

DSC05385.JPG

DSC05391.JPG
↑ここで柴灯大護摩供があります。

いつもなら近くなので行くのですが、今年は、父親を病院に同行しなくてはいけない。まあ、父親を連れてきて柴灯大護摩供の煙で燻すのもいいかもと思うのですが・・・。
そういえば昨年は、ほとんど煙ばかりで炎があまりあがらなかった。
消防の関係か年々、炎がしょぼくなっているように感じます。
私の気のせいかな?

DSC05394.JPG

DSC05398.JPG

この行事だけは、毎年6月15日だからまだましだけど、それでも観光客が多くなります。かなり早くから行って立ち位置を確保しないといけなかったりします。
立ち位置を決めたのはいいけど、柴灯大護摩供の場合、煙で燻されたりします。
燃えると火の粉も飛んで来る。ナイロン製の服なら焼けて穴が開いたりしますよ。ご注意ください。いい服は禁物。
もちろん、テントは信者の方々だけです。
普通は、日陰はないです。帽子は必須です。2時間は、立ちっぱなしとなります。
そうそう、立ち位置によっては、逆光になり撮影がちゃんとできないこともあります。まずいと場所を移動すると人の頭越しの撮影となります。プレスなら脚立を使えるだろうけど、普通は使えない。
まあ、こんな細かいことは、イベントの告知では書かないので、書いておきました。

DSC05400.JPG

それにしても今週は、月曜日から毎日、医者通いでした。
病院に行くと待ち時間とかで疲れますね。
来週もそうなりそう。
まあ、何事も楽しめということでしょうね。
でも病院は楽しくない。


和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

現在・過去・未来 [社寺]

DSC04967.JPG

ここは、熊野神社、場所は東大路丸太町の角にある。
昔、月に一度、通りに面して出店がありました。
小さい時、それが楽しみだった。でも屋台の食べ物は買ってもらえなかった。
金魚すくいがあったり、ヒヨコが売っていたり、誘惑が多かったな。
いまでも1〜2の屋台が出る時がある。

DSC04970.JPG

この熊野神社は、811年(弘仁2)修験道の日円上人がこの地に紀州熊野大神を勧請したのが始まり。京都三熊野(熊野・新熊野・若王子社)の最古社。
聖護院の守護神でもある。応仁の乱で荒廃したが再建し、江戸期に整備された。
ご利益は縁結び・安産・病気平癒・鎮火。古くから節分の日に「火の用心のお札」を受ける風習があり、多くの参拝者で賑わう。そんなこと調べて初めて知りました。近所ってそんなものです。

DSC04979.JPG

実家に行くときは、熊野神社の前は必ず通ります。
神社以外の景色は、随分かわりましたね。
この神社が創建してから今年で1206年も経っている。すごいですよね。
そんなに古く感じないのにね。
できた当初は、聖護院村で紅葉の名所だった。その様が見事だから「錦林」という地名がいまでも残っている。
もちろん、我が家は、この当たりに住んでいなかったと思う。
未来は、どうやろ・・・。

DSC04985.jpg

清水寺なんかでも思う、きっと先祖が同じように清水寺の舞台ぐらいに行ったことがある。100年ぐらいの時間を隔てて私がいる。
時間を隔ててすれ違うのですよ。
おそらく子孫も(絶えないとして)おそらく清水寺に来る場合もあるだろう。
同じように今の私とすれ違う。なんか不思議な感じがする。

DSC04990.jpg

私のDNAに、両親や祖父母、祖祖父母・・・の情報が入っている。
「先祖供養」という。なにも難しいことでない。
自分の身体を大切にすれば「先祖供養」になる。
また、子供たちに京男・京女の情報が入っている。
つまり子供を大切に育てることは、自分たちの供養にもなる。
なにも難しいことでもないし、坊主の世話になることでもない。

DSC04997.JPG

自分の身体を慎重に、大切に扱えば供養になる。
乱雑に扱えば、病気になる。下手すると死ぬ。
血脈は、続く。
一人っ子で、子供がつくらなければ、血脈は途絶える。
墓のもりもできない。
墓も年会費を払わないと撤去される。
墓参りに行って、撤去の告示をよく見るようになった。
結構、新しい墓でもです。

DSC05002.JPG

でも、自分では、血脈と自分の魂と感じる。
身体の情報と魂の情報は別かも。
魂は、ずっと生き通しなのかも。
魂では、先祖なんてないように思います。

なら、どうしたらいいのか・・・・。
まあ、考えてもわからん。
死んだらわかります。
それから考えたらええのかもね。(笑)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る