So-net無料ブログ作成
検索選択

鬼が寝返り、福は内 [社寺]

節分風景の最後の記事になるかな?
2日に吉田神社に行ったので、3日は行かないつもりだったけど、父親にPCの使い方を追加で教えることになり、昼から出動。

DSC09709.JPG
↑鬼が暴れています。

聖護院門跡に行った時は、人がいっぱいだった。
毎年こんなに人が多かったっけ・・・。
聖護院門跡は、修験道の本山派の中心寺院。
修験道というのは、山岳信仰を仏教に取り入れた考え方。
山伏(やまぶし)という独特の衣装を見たことがあるでしょ。
最初にはじめたのは、役小角(えん の おづの /おづぬ /おつの、634〜701)は、634年から701年に生きた実在の人物。加持祈祷の力はかなり強かった。
ただ、反政府側なのでドラマや映画になっていないから、よく知らない人も多いでしょう。
その点、空海(くうかい、778〜835)や安倍晴明(あべ の せいめい/ はるあき/ はるあきら、921〜1005)は、政府側なので、比較的知名度が高い。
もっとも晴明は、マンガや小説で知られているので、本当の実体と違うかもしれません。この3人が微妙に活躍した時代がズレている。
同じ時代なら役小角 vs. 空海+安倍晴明となるのでしょうね。

DSC09747.JPG
↑亡者に向かって豆撒き、亡者たちは争って豆を奪い合います。

さて聖護院門跡の節分会は、ちょっと他と違います。
まず赤鬼、緑鬼、黄鬼が登場して宸殿で暴れます。それを年男や年女が豆で追い払おうとします。でも素人の悲しさ、退散しきれません。
そこで住職や山伏が鍛えた験力を使い鬼たちを弱らせます。
結局、鬼が仏の力に屈します。本来なら一気に鬼を全滅させると思いきや、日本の場合はそんなことをしません。改心させるのです。
そして、鬼も含めて皆で俗世間の亡者(観客)に向かって豆を投げるのです。
その豆を亡者たちは、争って奪いあいます。
※年男・女/干支が今年なら酉年の男女

DSC09764.JPG
↑宸殿の前で採燈大護摩供をします

吉田神社の追儺式も同じように元鬼(方相氏)が鬼と闘う。結局、鬼が負けて「I'll be back」と言い去って行く。そして、また一年後帰ってくるのです。
たまには、鬼が勝ち、住職や山伏が悪になり、それを見ていた亡者(観客)が豆で退治するという革命パターンなんかもいいだろうな。

DSC09784.JPG

今回、時間ギリギリに行ったので、もう人がいっぱいで宸殿には近づけなかった。
宸殿の中の照明がないから、遠くから見ると何をやっているのかよくわからなかったです。ライティングに工夫が必要ですね。音声も。

DSC09799.jpg
↑矢が前のおじさんの頭に刺さっているように見える。ちょっと面白い。台詞をいれようと思ったけど、面倒だったのでやめた。

DSC09849.JPG

豆撒きの行事が終わったので、実家に行きました。
父親にiPadの使い方のトレーニングをしておりました。
時間が来たので再び聖護院門跡へ。
第二部採燈大護摩供がはじまります。
他所のグループの山伏さんが「ほせて」と来ます。
その他所の山伏さんが偽物かどうか、問答をしやはります。

DSC09908.JPG

それから場を清めるため、弓矢、斧、刀などを使って清めます。
そして、護摩に点火。
最近、どうもこの点火の状態がようないですね。
煙ばかりでます。
燻されたら、服に匂いが付くので、風向きを変えて降りました。

DSC09946.jpg

なかなか炎が出て来ない。
もう帰ろうと思ったぐらいからちょっとだけ火がでてきた。
炎と真言、太鼓が好きなんですよ。
最近、消防の方がうるさいから、どこの社寺もおそなしい護摩かも。
火事になったら大変ですからね。

DSC09972.jpg

この時は、最後まで居なくて早い目に撤収しました。
次のお座敷があるしね。
以上、聖護院門跡の節分会でした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

節分風景 [社寺]

今日は、立春となりました。
心なしかちょっと気温が温かく感じる。
最近の京都は、あまり寒くないように思います。
私の小さな頃は、それはもう寒かった。
暖房が練炭の掘り炬燵と火鉢だけだった。
しかも、隙間だらけの一戸建て。
でも隙間だらけだから一酸化炭素中毒にはならなかった。
掘り炬燵の中で遊んでいましたからね。
よく死ななかったと思う。
しかも、掘り炬燵の中に薬缶が乗せてあった。
それで足を火傷した。いまも右脚の甲部分を大火傷。
歩いて小学校に通えなかったことがある。

DSC09488.JPG
↑熊野神社の節分風景

幼稚園の時は、水遊びが好きで、真冬でも水遊びをしていた。
結果、手の甲部分に霜焼けの跡がある。
傷というのは不思議なものですね。
すべて新しく変わっていくのに、傷までそのままに新しくなる。
新になってくれたらいいのにね。
なんかの仕組みで傷跡も同じように更新されて行く。これは不思議。

DSC09489.JPG
↑昔からこうやって暖をとるようになっています。もちろん消防の人がいます。

眼球だって細胞が更新されていくのに、更にならない。
近眼や老眼が、赤ちゃんの時のように帰ってくれない。
不思議といえば不思議。
この仕組みをなんとかしたら、人間は常に新しく更新されていくことになるのかも。

DSC09492.jpg
↑熊野神社の節分風景

最近、歩きながら訳のわからないことを考えて居る時がある。
そういう考えが頭の中をグルグル回る感覚が最近好き。

DSC09495.JPG

今日の写真の神社は、小さい時から見てきた風景。
節分は、私のために開催しているんだと小さい時、思っていた。
節分は、私の誕生日ですからね。
若くして亡くなった妹は、1月1日生まれ。亡くなったのが11月11日。
妹の方が生まれた日では、うえだったかも。
2025年から2月3日が立春になるという。
だから私もお正月生まれとなる。
面白いなぁ・・・。

DSC09497.JPG

須賀神社の「懸想文(けそうぶみ)売り」って、昔あったかな?
懸想文なんて死語ですよね。

DSC09507.JPG
↑須賀神社の節分風景

●「懸想文売り」とは
そもそも懸想文とは、公家など限られた人しか文字が書けなかった時代に自分の恋心を代わりに書いてもらっていた文、つまりラブレターの代筆文をいいます。懸想文の風習は平安時代から始まり、江戸時代になると盛んに行われ、いつしかラブレターの代筆業を行う「懸想文売り」が登場したといわれています。懸想文売りがなぜ覆面で顔を隠しているのかというと、実はこの商売をしていたのが、貴族だったからです。町の人々に代筆業のアルバイトをしていることがばれないように顔を隠していたのだとか。
ラブレターのゴーストライターなんです。

DSC09512.jpg
↑懸想文売り

この須賀神社は、2005年5月9日火災で全焼した。
あの時、任天堂の山内社長がかなり寄付し、再建されたのです。
京大病院の積貞棟もかなり寄付されたそうです。
実家が山内社長の家と同じ町内なんですよ。母親が奥さんと親しかったから話しを聞いておりました。

DSC09518.JPG
↑須賀神社本殿

京都に狭いので、人から人への情報が伝わり易い。
不祥事を起こすと三代ぐらい祟ります。
繁華街も狭いから、知った人とよく出会います。
だから、祗園の八代目儀兵衛や茶寮都路里、四条河原町のMACCHA HOUSE 抹茶館みたいな所で並んでいたら絶対誰かに見られるでしょうね。
あの行列は異常だと思う。並んでいるのは、観光客なんでしょうね。京都人は絶対ならべないだろう。
京都は、抹茶スイーツ・・・というけど、ほとんどの人は抹茶のことを理解していないと思いますね。私は、日本一のブレンダーさんについて一年ぐらい抹茶のことを教えてもらいました。だから食べればどの程度の抹茶を使っているかわかります。
みなさん、あまり有り難がる必要はないですよ。抹茶スイーツ。まともな抹茶をつかっていませんから。上代と下代がわかりますから。
スイーツ云々の前にチャンとした抹茶を味わってください。
お茶もペットボトルをそろそろやめた方がいいですよ。
珈琲や紅茶も同じ。
嗜好品に手間を惜しんではいけません。

DSC09546.JPG

なんか話題が外れてしまった。
節分の風景は、まだまだ写真がある。
ちょっと続きます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景 社寺
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東寺のおみくじ [社寺]

DSC09265.jpg

鍼灸に行く日は、東寺の境内をちょっとだけ散策します。
でも予約時間まで、あまり時間がないとゆっくりできない。
この間は、どうだった。
小雪の舞いそうな空模様だったしね。

DSC09267.JPG

東寺のおみくじの写真を撮っていなかった。
場所は、食堂(じきどう)のところにある。
食堂というても食べ物を食べるようにはなっておりません。
おみくじは、自分でみくじ棒と呼ばれる細長い棒の入った筒からみくじ棒を出し
数字が書いてあるので、引き出しから該当の数字の紙をとります。

DSC09268.jpg

引いた後の神籤を、境内の木の枝などに結ぶ習慣がある。
「結ぶ」が恋愛の「縁を結ぶ」に通じることから江戸時代から行われてきた。その後、神様との「縁を結ぶ」として木に結びつけられるようになった。
「凶のおみくじを利き腕と反対の手で結べば、困難な行いを達成つまり修行をしたことになり、凶が吉に転じる」という説もある。だが近年、木に結ぶと生育が悪くなるため、参拝者が神籤を結ぶための専用のみくじ掛があるのが普通になってきましたね。

DSC09271.JPG
↑今年はじめての贔屓君だ

DSC09274.JPG
↑可愛がってやりました

おみくじって神社のイメージが強いけど、こういうシステムを作ったのは、元三慈恵大師良源上人(912〜985)の創始とされています。いつの時代も自分の運命を占いたい人間の心理は変わらない。

DSC09279.JPG

DSC09278.JPG

御影堂(大師堂)は、いま工事中です。
工事の木組みがクラシックな感じがして面白い。
こういう建物の工事は難しいのでしょうね。

東寺は、初弘法が終わって一段落なんかな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東福寺の雪景色 [社寺]

DSC08967.JPG
↑東福寺、臥雲橋より通天橋を見る。

DSC08973.JPG

DSC08981.JPG

東福寺は、紅葉が一番いいとされています。
確かに凄い観光客の量。
だから地元の人間としては、行くのが嫌になる。

DSC08953.JPG

私が好きなのは、ゴールデンウィークが終わった後の新緑がいい。
観光客が少なくて、気候もいいし、若葉がなんとも綺麗なんです。
そして本日の雪景色。
本当は、日曜日の朝がよかったと思うけど、雪の坂道を降りていくのがちょっとねぇ・・・。
転けたら大変なことになる。
月曜日、外出した時は、雪が凍って危ない状態だったので杖無しだった。
そんな時に限って、知り合いに会ったりする。
「あれ?杖は?」と開口一番に言われた。
「滑ると危ないから持ってでてない」と訳のわからない発言をした。
最近は、杖というよりステッキなんです。
人の多いところで、ステッキを持ち「アタラントイテネ」という感じなのかも。

DSC08983.JPG
↑東福寺塔頭・同聚院(どうじゅいん どうしゅういん)

DSC08986.jpg

DSC08988.JPG

今週末も天気は、あまり良くないようですが、どうやろ?
寒いのは寒いだろう。
「大寒」ですからね。
お酒の仕込みは、「大寒」にするところが多いかも。
この時期の水を使うと雑菌が繁殖しないらしい。

DSC08992.JPG
↑東福寺塔頭・栗棘庵(りっきょくあん)

DSC08994.JPG

この写真を撮った後、耳鼻科に行ったのです。
バスに乗った途端、空が暗くなりすごい吹雪状態になったのには、びっくりだった。
バス亭から耳鼻科まで10メートルぐらい。
診療が終わったら、また晴れていた。
この日は、目まぐるしく天候が変化した。
最後に実家に行き、父親と眼鏡を作りに行ったのです。
眼鏡屋さんで父親が訳のわからないことを言ったので、父親を叱り、父親の眼鏡作りを中止してしまった。自分のだけはさっさと作りましたが・・・。
もう父親と眼鏡を作りに行かないことにしました。
今年はちょっと距離を置いて付き合います。
歯茎や喉の炎症は、明らかにストレスが原因だと思います。正月のわがままに対応するのに疲れました。私はまだまだやることがいっぱいありますからね。倒れるわけにいかない。
父親を叱ったりすると自分にすごくダメージがあるのですよ。
「温淡」が一番。
淡く、熱くでなく温かく接する。
これが自分の身を守るコツなのかも。
ちょっと反省の半月でした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小雪の智積院 [社寺]

DSC08918.JPG

先週末から喉の具合が悪かった。
その前の歯茎が細菌感染したことと関係あるのかも・・・。
こういうのは、放っておくととてもマズイ。
症状が軽い間に叩いておかないとね。
歯科的な問題は、沈静化してきていると思う。
週末に再度歯科に行くからわかる筈。

DSC08923.JPG

DSC08928.JPG

その最近が咽頭の方にも悪さをしているのかな・・・。
年に一度ぐらいこういうのがある。
土日と殆ど寝て暮らし、マシになったけど、耳鼻科に行く。
声が出なくなったりすると困りますから。
京男は「じゃべくり」が命ですから。

DSC08930.jpg

DSC08935.JPG

DSC08937.JPG

というようなことで、耳鼻科に行くことになりました。
ついでに写真撮影も少々。
本日は、智積院。
行くとかなり雪は融けていた。
空は晴天。
昨日は、晴天かと思うと雪になったりと変な天気だった。
いつものように、移動している時は雨や雪に遭わず、移動中や屋内にいる時に降るパターンです。
昨日は、パタゴニアのR4という一番厚みのあるフリースジェケット。
杖は無し。
友人に会った時「杖はないの」という質問に「今日は雪が凍っているから無し」と言ってしまった。下手に杖は危険です。
眼鏡に偏光フィルタをつかました。これで積もった雪と氷が区別ができることを発見。

DSC08948.JPG

DSC08959.JPG

智積院の梅はかなり咲いていました。
寒波が過ぎたらかなり咲き出すかも。
今年は梅の開花が早い。
雪と梅がいい感じでした。
香りもいい。
なんか元気になってきた。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る