So-net無料ブログ作成

土蜘蛛塚 [社寺]

DSC01636.JPG
↑朝日山東向観音寺

DSC01638.JPG
↑本堂

ここは、北野天満宮の隣(?)にある北野東向観音寺。
寺伝によると元のお寺は朝日寺といい延暦25年(806)に建立。
いまの観音寺になったのは、天暦元年(947)。
北野天満宮の奥之院的存在らしい。
本堂が東向になっているから「北野東向観音寺」となったそうです。
最初は、西向もあったそうですが、前の戦争(応仁の乱)の時に焼失し、西向の方は再建されなかったそうです。
斜向かいとかもあったのかな?

DSC01642.jpg
↑岩雲辨財天

北野天満宮と関係があったのでそうね。
昔は、いまと違い神仏が渾然一体としていました。
日本は、面白い国です。すべて習合してしまう。
御利益があればなんでもありということ。
他の国では考えられないことだと思う。

DSC01643.JPG

DSC01646.jpg
↑護摩を焚いたのかな?

DSC01649.JPG
↑伴氏廟

この「伴氏廟」ってなに?
調べてみました。
菅原道真さんのお母さんなんだそうです。
結構教育ママだったかな?
「ひさかたの 月の桂も 折るばかり 家の風をも 吹かせてしがな」
と詠んだ歌が『拾遺集』に残されている。

DSC01654.JPG
↑一番右の覆いがあるものが「土蜘蛛塚」

「塚」ってお墓のことかも。
土蜘蛛は、古代日本で、天皇への恭順を表明しない土着の豪傑などに対する蔑称。
各地にたくさんそういう存在がいたのでしょう。
ひょっとして縄文人の生き残りかもしれない。
山奥なんかにひっそり生活していたんだろうな。
九州沿岸には海蜘蛛というのもいたらしい。

この塚が土蜘蛛由来というのはなんできまったのかな・・・。
なぞだな。
高札的にはそう書いてあるけどね。

tutigumosan-2436d.jpg
↑妖怪土蜘蛛絵図、京女が怖がりそう。

ちなみに京女は、蜘蛛や百足、ゴキブリが苦手です。
でも海老や蟹は喜んで召し上がる。
なぞだな・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(0)  コメント(0) 

銀閣寺に行く・・・2 [社寺]

DSC00896.JPG
↑ガラス戸の部分が面白い

さて昨日の金額寺の境内風景の続き。
この日は、地下鉄東西線「蹴上駅」〜南禅寺〜永観堂〜哲学の道〜銀閣寺と歩き、さらに京都造形芸術大学に行きました。
これを3時間ぐらいで歩く。
銀閣寺に着いた時は、日が暮れてきていた。
入るかどうか一瞬迷った。
まだ、行程が残っていましたからね。
でも行く事にする。

DSC00918.JPG

DSC00911.JPG

銀閣寺まで、結構距離がありました。
小学校の時、よく左大文字を一人で登っていたので微かに憶えている道。
お店が変わっているので、風景が変わってみえました。
京都の観光地の土産物屋ってどこも同じですね。
店に工夫も何もない。

DSC00927.JPG

DSC00935.jpg

最初、境内は狭いと思っていた。
でも確かに銀閣寺の有名な建物の所までは近い。
ところが奥の方へ行こうとするとドンドン山道になる。
これが階段とか坂とかがきついのです。
途中で「どうしよう」と思いました。
時間がかかったら最終目的の京都造形芸術大学のイベントに間に合わなくなるかも。
なかなか下りにならないのですよ。

DSC00941.jpg
↑洗月泉

DSC00948.JPG
↑最初、ここを見て「??」となった。よく見ると小銭が投げ込んである。なんか悲しくなりましたよ。

下りになってちょっとホッとした。
ゆっくり写真を撮っている時間もない。
だから本日の写真のように粗い撮り方になっている。
最後は駆け足状態でしたからね。

DSC00954.JPG

ここは、もう少しゆっくり撮影して見たいです。
金閣寺よりずっと好きかも。
景色が変化していくのです。
それが面白い。

DSC00972.JPG

DSC00974.JPG

でもこんな面白さは、若い時あまり感じないことなのかも。
年齢を重ねてはじめて良さがわかる風景なのかも。
ここは、改めてまた来ることにします。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(6) 

銀閣寺に行く [社寺]

DSC00886.JPG

京都の人間は、意外と観光地に行ってない。
いつでも行けるという気持ちがある。
それとなんとなく気恥ずかしい感じがする。
小学校の遠足とかで行ったりしないしね。

DSC00854.jpg

DSC00861.JPG

きんかく・ぎんかくと言えば、『西遊記』に登場する兄弟魔王。
平頂山蓮華洞(へいちょうざんれんげどう)に住んでいる・・・と違うか。
あれは、金角・銀角やね。

DSC00869.JPG

DSC00884.jpg

結構、近所に縁があるわりにあまり行かないお寺。
今回もたまたま近所に行ったからよりました。
境内の構造を忘れていました。
狭い境内と舐めていて、歩いて行くにつれて登山のような状態になり、ちょっと半泣きになりました。もちろんバリアフリーなんてことと関係ない。
階段や山道がいっぱい。途中で引っ返すこともできない状態。
頻尿の人は要注意やね。(笑)

1DSC00870.JPG
この銀閣寺というのは、通称です。
正式名は「東山慈照寺(ひがしやまじしょうじ)」です。
これは試験に出るので、しっかり憶えましょう。
ついでに金閣寺も正式名ではない。
金閣寺の正式名称は「北山鹿苑寺(きたやまろくおんじ)」です。

DSC00879.jpg
↑向月台

DSC00900.JPG

この銀閣寺を作ったのは、誰でしょう?
ゼネコン、大工、銀行・・・ではないです。
正解は、足利義政(足利8代将軍)で、延徳2年(1490年)に創建。
この足利義政さん、政治なんかしなくて文化というか自分の趣味に没頭した人やね。そういう道楽者のお陰で現在の京都観光に貢献してくれた。
一般民衆の餓死者で鴨川の流れが止まったぐらいの状態なのにです。
やがてそれが応仁の乱が発生する事態に発展して行く。

DSC00891.JPG

いまの日本には、こういう極端な人が出ないですね。
こういう偉大なスポンサーがいないと文化芸術は発展しない。
特に国宝級のモノは新たに作られない。
現在の世界の金持ちで、こういう建物を建てるような人はいないように思う。

写真は、まだあるので明日に続きます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(2)  コメント(2) 

八寸釘? [社寺]

DSC01586.JPG

朝が涼しくなりました。
私にとっては快適な気温なんです。
これから来年の春ぐらいまでが好きな季節。

DSC01544.JPG
↑奥の本尊と綱で結ばれている

今日は、父親とランチをする日。
予定では、酸辣湯を食べに行く予定。
酸辣湯を一番辛くしてもらって食べたら快感だろうな。
さて、どうなるでしょう。

DSC01535.JPG
↑大きな五鈷やね。重たいですよ。

本日の記事は、昨日の釘抜地蔵の続き。
記事は、過去の記事をコピペです。
結構、お気に入りの記事なんですよ。

DSC01538.JPG
↑これまた大きな宝珠。

昔(新しい情報では、奈良天皇の御代1555〜58)、市内の大商人、紀伊国屋道林が突然、両手に激痛を覚え、いろいろな治療を試みるけど治らない。いかたなく、このお寺の評判を聞き、願かけに行かはった。最後の神頼みというやつですね。
その夜、夢にお地蔵さんが出てきやはった。
「あんたさんが、前世で、人を呪って、わら人形で釘を打ったむくいや」と言わはって。
手にささった釘を抜かはったら、なんと朝には痛みがとれていた。
紀伊国屋さんは、びっくりくりくりくりきんとんや〜。
そして、お江戸に行って高級食料品を売らはったらしい。(→紀ノ国屋)
それから和歌山からミカンを船に積んで、お江戸で本と交換して本屋を作らはった。(→紀伊国屋書店)というのは、京男の創作です・・・。
お寺に飛んで行かはったら、なななんと!
ご本尊の前に朱に染まった八寸釘があったそうです。
それ以来「釘抜地蔵」と呼ばれるようになったそうです。

DSC01546.JPG

八寸というても前菜と違うよ。
呪いの人型に刺す釘の長さ。
よう素人呪い人は、ホームセンターで釘を買いに行くんですわ。
その時、5寸とか8寸を5センチとか8センチと間違わハル。
違いまっせ。5寸→約15センチ、8寸→約24センチ。
ホームセンターで15センチの釘は売ってないかも。
(東急)ハンズはどうやろ・・・。
ないかもね。
最近なら「MonotaRO(モノタロウ)」で手に入れるだろうな。
ハンズも最近、雑貨中心になってしもたしね。

DSC01547.jpg
↑お礼詣りの絵馬が壮観

以上が過去の記事。
「MonotaRO(モノタロウ)」だって最近あまり買わなくなったな。
最近、通販のアマゾンでも、モノを買うのが億劫になってきた。
偽物というか不良品も多しようです。
所詮アメリカの企業ですね。
強欲に設けようとするやり方が好きでない。
現時点では、便利なんですが・・・。

DSC01554.jpg

コンピュータやスマホだって、ウンザリしてきた。
ちっともホッとしない。
広告だらけで画面が汚い。
「無料で使わせてやっているから文句を言うな」ですね。
画面を観ていてチラチラする。スマホなんかでもそう。
私は、無料でなく有料で画面が綺麗なのがいい。
タダほど高いものはない。

DSC01562.JPG

薬でもそう。
ジェネリックなんて絶対選択しない。
胡散臭いですからね。

DSC01565.JPG

米大統領が来て「武器をもっと買え!」といわれたら、「はい!」ですからね。
借金まみれなのに、役に立つかどうかわからない武器を買うのっていいのかな?
しかも、すごい接待までする。
支払いは、米国債を現金化して決済したったらいいのと違うかな。

DSC01579.JPG
↑大きな釘やねぇ

以上、国のやり方に釘を刺してみました。
お後がよろしいようで。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(6) 

釘抜地蔵 [社寺]

DSC01606.JPG

DSC01611.JPG

昨日、西陣方面に行きました。
昆布を買いたかったのです。
久しぶりに「キッチンパパ」に食事をし、釘抜(くぎぬき)地蔵にいきました。

DSC01497.JPG

釘抜地蔵というのは、通称で正式な名前は「石像寺(しゃくぞうじ)」。
開基は弘法大師(空海)。819年(弘仁10)大師は石像を彫り、人びとを苦しみから救おうと「苦抜(くぬき)地蔵」と名づけられたが、後年「釘抜(くぎぬき)地蔵」と呼ばれるようになった。

DSC01500.jpg

行った時も二人お参りされていました。
箱が置いてあり、中の竹の棒を歳の数だけ手に持ち、地蔵堂を一周する毎に一本ずつ箱の中へ棒を納めて行く。
回る時、一定の動作をされていました。

DSC01506.JPG

DSC01507.JPG

人間って生きて居ると苦しい時があります。
ここの本尊地蔵菩薩が心にささった苦を抜いてくさるそうです。
地蔵菩薩は、釈迦の入滅後、5億7600万年後か56億7000万年後に弥勒菩薩が出現するまでの間、現世に仏が不在となってしまう為、その間、六道すべての世界(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道)に現れて衆生を救う菩薩とされている。
昔の人は、死んでからのことが心配だったようですね。

DSC01511.JPG

DSC01513.jpg

写真が多いので明日に続きます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(4) 
メッセージを送る