So-net無料ブログ作成
検索選択
風景・和菓子 ブログトップ
前の5件 | -

同じ形でも場所が違えば神様にもなる [風景・和菓子]

DSC00615.JPG
↑車折神社の清めの社(きよめのやしろ)

どうも最近、食べ物の写真が続いた。
京男としては、一応気にはしている。
でもどうも景色をゆっくり撮影させてもらえない。

DSC08745.JPG
↑京大病院の駐車場入り口の巨大三角ポール。これに注連縄をつけると絶大な効果があるかもね。

このブログをはじめた2005年7月と今では、京都も随分変わったものです。
一番大きな事は、海外の観光客が異常増殖したことかな。
どこへ行ってもヘンテコな着物モドキが闊歩している。
もっともあの着物モドキは中国原産なんです。
「?」と思うでしょ。これ以外と知られていない。
中国の歴史で三国時代(184〜280)ってわかりますか?
魏・呉・蜀が中国統一に向けて、群雄たちが凌ぎを削る。
「呉服」という言い方がありますね。呉の服から来ているらしい。
そう考えると中国の人が、これは本来われわれの服なのだ!と言われてもしかたないのかも。
だから、日本のご婦人が来てあるかれているのは「和服」で、レンタルして来ているのは「呉服」と定義していいのかも。

DSC00622.jpg
↑自動お神籤売りの人形。「鏡」ってなんやろ。「あんなさんの心を映しまっせ」という意味なんかな?

本日の写真は、先週末車折神社に京女と行った時のものです。
四条大宮から嵐電に乗り行きました。
週末だから観光の人ばかりでした。
この沿線に住んで移動している人は大変だろうな。
しかも嵐電の駅は、高齢者に優しくない構造だしね。

DSC00625.jpg
↑春の雰囲気

時間がなかったので、あまり写真を撮れなかった。
でも最近、食べ物ばかりで自分でもいささか飽きてきました。
おそらく、ご覧になっている方も「あんたはいいね」と思っておられることでしょう。画像しかおすそ分けできないのが残念です。

DSC00635.JPG
↑芸能神社、芸能人の名前がいっぱいあります。トイレの横に空きがありましたよ。いかが?

今週ぐらいから平常通りにもどれるかな・・・。
ここ二週間、会食が多かった。
やたら誕生日が多いのが2月なんです。

DSC00640.jpg
↑この木、えらい絡まれていますね。芸能神社だけにプロダクションに養分を吸われている感じね。

ちょっとでも京都の風景を・・・と思うけど、こうやって見ると不思議な画像が多い。なんだろう?
もっといっぱい撮りたいけど、次のお座敷の合間だから気分に余裕がない。
そういう時もあるのかも。
3月中旬になったら、余裕もでるかも。

DSC07594.JPG
↑本家玉寿軒「下萌え」

DSC07624.JPG
↑黄味しぐれ、こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

名残雪となるかな? [風景・和菓子]

DSC09243.JPG

立春になった途端にまた寒波ですね。
節分の時の天気みたい。
でも確実に春に向かっているのは確かなようです。
後2ヶ月もしたら桜が咲いていることでしょう。
それまで雅満雅満。
我慢じゃないですよ。

DSC09245.JPG

本日は、父親を温泉に連れていくのです。
今回は、滋賀県に行きます。
雪だけど・・・。
昨晩、父親と体調の確認とタクシー予約の確認のため電話をしました。
「明日雪だけど大丈夫?」と父親はビビっていました。
「テレビを観るからそういう悲観的な考え方になるのよ。逆に雪だからマイカーで温泉に来る人は少ないだろう。そういう時は人が少なくて快適に温泉を楽しめると思う。だから、私はラッキーだと思っている」といいました。
きっと雪は、午前中だけで昼から雨にかわるだろう。
帰りはタクシーで帰るから全然問題ないと思う。

DSC09247.JPG

今日は、父親と二人だからゆっくり浸かって居られないかも。
岩盤浴でもいいからゆっくりしたりな・・・。
ゆっくり身体を温めたい。

DSC09253.JPG
↑智積院明王殿、本日の梅の写真はその近辺のものです。

ここ一週間の戻り寒波で、梅の開花が止まるかな?
梅としても、引くに引かれない状態かもね。

DSC09259.JPG

タイトルは「名残雪」だけど、これが最後の雪になるかな・・・。
※現在(午前6時30分)京都市内は、フケのような小雪は降っています。でも今日は市内は積もらないでしょう。関東系のテレビを見ると雪と騒いでいる。雪国からすると笑われるかも。でもそれを観ていると京都市内でもすごい雪のように錯覚してしまいますね。
雪は、今夜から降るらしい。明日の朝は、地面が凍って坂は怖いかも。

DSC07346.JPG
↑鶴屋吉信「福の春」

DSC07374.JPG
↑きんとん、黒つぶあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

節分 [風景・和菓子]

わかったような、わかっていないようなもの・・・節分
節分(せつぶん・せちぶん)は、雑節(ざっせつ)の一つ。
雑節は、太陰暦の考え方。つまり暦の考え方。

暦は、時間の流れを年・月・週・日といった単位に割り当て、「今日は何日?」というのを知るためのシステム。世界各国でいろいろな割り出し方がある。
農耕社会では、「いつ種蒔きを行うのか?」「いつ梅雨になる?」「いつ台風が多い」は、死活問題でした。
一年が365日なんて考えた人は偉いと思います。1日が24時間も。ある日、タイムスリップで過去に移動したら、いまなんの時代かわからないだろうな。星座の形が違うとかわからないしねぇ・・・。

P1230914.jpg
↑吉田神社追儺式の方相氏。追儺式の写真は、2010年のもの。

わかっている人にとってなんでもないことなんだろう。
ここまで書いている時、父親から電話がかかって来た。
「Apple Musicの使い方がよくわからない」とのこと。
暦の問題といっしょで、わかっている人に取っては簡単なんだろうな。
バージョンがドンドン進み、高度になっていくけど、使い方が変わるとわからない。
きっと高齢者が使うなんて想定していないのだろう。
そうそう高機能の体重計が実家にあったのです。母親が新しい物が好きだったらしくあったのです。でも使った形跡がない。父親用に設定しようとしたら、90歳代は対象外だった。元気な90歳代もいるんだけどなぁ・・・。

P1230910.jpg

話しが逸れた!
節分に戻します。
節分は、雑気の一つと書きました。
雑節には、9つある。節分・彼岸・社日・八十八夜・入梅・半夏生・二百十日・二百二十日の9つ。
「社日?」と思うでしょ。私だけかな。産土神(生まれた土地の守護神)を祀る日。春のものを春社(しゅんしゃ、はるしゃ)、秋のものを秋社(しゅうしゃ、あきしゃ)ともいう。
2017年の春社は3月22日、秋社は9月18日です。

P1010191.JPG
↑追儺式

節分というのは、2月3日だけじゃない。
立春・立夏・立秋・立冬の前日なので4回ある。
各々が季節の変わり目のピークの日という意味かな。
その日は、地上の気が不安定になり、その不安定な気の時、邪鬼が暴れ回る。
4回の節分で冬から春というマイナスからプラスに大きく変化する時が一番不安定と昔の人は考えたかも。しかも昔は、立春が正月でしたから、重要な節分だったのでしょう。

P1230998.JPG
↑このカットを撮るために2時間以上同じ位置に立たないといけないのですよ。

●節分と宗教
京都市内の社寺で節分行事が盛んに実行するようになったと思う。
まあ、観光資源でしょう。
豆巻きなんかもありますね。私は社寺の豆撒きは好きじゃない。
豆を撒く方はいい。巻かれる方にはなりたくない。行事の開始まで2〜3時間もいい場所を取るために、寒い中ジッと立っているのです。一人で行けばトイレにもいけない。それで豆撒きになったら、亡者の群れのように必死に豆を取ろうとする。そこまでして福が欲しいのかな?見ていていやになる。だから行事に行くのは嫌なんです。
観光客が年々増加して、酷い状態になってきています。
事故が起こったらきっと中止になっていくのでしょうね。
氏子や檀家の人たちがヒッソリとするのがいいと思います。
観光社寺はそうもできないだろうけど。

DSC07471.JPG
↑本家玉寿軒「厄払い」、豆撒きの枡をデザイン化されたものです。

神道と仏教では、ちょっと鬼や福の解釈が違いますね。
吉田神社の追儺式は、神道系なのかな・・・出てくる四つ目の方相氏なんか、どうみても神道系じゃないように思う。鬼の意味合いもちょっと違うかも。
道教的な雰囲気で、この世の苦しみをもたらすのは、邪鬼の影響で、それを退散させれば、病気や不運から逃れられるというような意味合いなのかも。

DSC07500.JPG
↑上用、こしあん

仏教系は、貪・瞋・癡(とん・じん・ち)という人間の煩悩を代表している。
つまり、自分自身の内にあるのが鬼。逆に仏も自分の内にある。
それが縁によって表面化してくる。
だから自分の内にある鬼に気付くこと、それと同時に自分の内にある仏というか仏性に気付くこと。そういう意味になるのかも。

DSC07523.JPG
↑亀屋良長「鬼ハ外」

つまり、神道系のように鬼や神を自分の外にあるとみなすか。
仏教系のように、鬼も仏も自分の内にあると見るか。
そのぐらいの差があるのかも。
まあ、京都市内の観光社寺でやっているのは、神仏は観光客の財布にあると思っているかもね。
「鬼は外 福は内」
「鬼は内 福も内」
「鬼は内 福は外」
「鬼も福も 財布の内」
「鬼は外 福は外 私は空っぽ」
※おまけ/上記の言葉の後に「ほんまに、ほんまに」とつけますとおかしみが倍増します。

DSC07574.JPG
↑きんとん、粒あん

なんか訳のわからない話になってしまいました。
節分の行事で大切なのは、「笑い」だと思う。
「笑う門には福来たる」です。
どうか、大いに笑ってください。
「なにも、笑うことがない」なんておっしゃるあなた。
面白くなくても、笑うのです。ダンダン笑えてきます。
腹筋が鍛えられ、お腹がへっこむかも。
恵方巻きなんて、くだらないことも、笑えるならやればいい。
宗教行事だから豆撒きをやらないというあなた。宗教の根拠なんてないただの遊びなんです。それで笑えればいい。宗教行事だと強く拒否していると頭から角がでますよ。日本はなんでもありの国、大いに楽しんだらそれでいい。
節分ぐらいパーッとやりましょう!

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

立春大吉 [風景・和菓子]

もう2月だ。
2月3日が「節分」で翌日が「立春」。
立春ということは、新しい年がはじまる。
なんて小さい時に聞いた。
節分が大晦日で、次の日の立春が正月?
子供の頃は、悩みましたよ。

立春大吉.jpg

2月3日の節分は2024年までなんです。
2025年から2月2日になるらしい。
本当は、2日だとちょっと困るんですけど・・・。

P1420703.JPG

本日の生菓子は椿餅。
椿の花も好きな花です。
「木」と「春」が合わさると「椿」になる。
春らしい感じがしますね。

DSC07534.JPG
↑亀屋良長「椿餅」

しかも花が美しいだけでなく、とても人間の役に立つ木です。
木材としては、木目は余り目立たない、摩耗に強くて摩り減らない等の特徴から、工芸品、細工物などに使われる。
木灰は、日本酒の醸造に必ず使います。
木炭は、最高品質の炭で昔は大名の手焙りにつかっていた。
椿油は、食用や整髪料、灯明にも使っていた。
葉は、止血薬になる。
素晴らしい木ですね。

DSC07557.JPG
↑道明寺、白あん、きんかん仕込み

椿餅は、桜餅なんかに比べると地味やけど、葉の艶やかな緑がなんとも綺麗で、大人の食べる餅という感じがしています。
今日の生菓子は、なかにキンカンが入っていて、爽やかなんですよ。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

足元の宇宙 [風景・和菓子]

DSC09408.JPG

お寺の庭を歩いていて、梅や蝋梅に気を取られる時と苔に気を取られる時がある。
苔がアマゾンや太古のジャングルに思える時があるのです。
写真に写っている範囲でも、夥しい数の生命が活動しているのだろう。
我々人間の身体でもすごい数の生命が活動している。
最近話題の腸内細菌だって人間とは別個の存在。
数は、何京(京は兆の次ぎの位)ひょっとして何垓(京の次ぎに位)が存在するかも。今の科学では、まだ数えられないでしょう。

DSC09409.JPG

自分の体内の微細な存在は、私の命令で動いてくれない。
でも、私たちは、生きている。
なんのために?
考え出すとわからなくなる。
こういうことは、考えたらだめなんだろうな。

DSC07443.JPG
↑千本玉寿軒「雲間のみどり」

身体の動きでも考えていると動けなくなる。
人間は、大まかな指令をだけ。
細かく考えたらフリーズするだろう。

DSC07457.JPG

でもなんとなく、身体はちゃんと動いてくれる。
寝ている間でも、チャンと心臓が動いて、呼吸もしているしね。
心臓なんだすごいと思いませんか?
休みなしですよ!
「しんどいから一時間ほどやすんだろ」なんていままで1回もない。
みなさんはどうですか?

DSC07513.JPG
↑黒糖こなし、粒あん

不思議やね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 風景・和菓子 ブログトップ
メッセージを送る