So-net無料ブログ作成
社寺・和菓子 ブログトップ
前の5件 | -

晩秋の東寺 [社寺・和菓子]

DSC01272.jpg

今日の写真は、先月末の写真。
ずいぶん前のように感じる。
ここ数日の冷え込みの影響でしょうね。

DSC01254.jpg

今年は、いい気温と天気の秋が少なかった。
紅葉も12月上旬まで楽しめた年のあったのに・・・。
観光に来られた方は、ビックリかも。
京都府も北部は雪らしい。

DSC01256.JPG

まあ、今年もあと24日!
こうなったら早く新年になって欲しい。
年末のバタバタがどうも好きになれません。

DSC01258.jpg

写真に戻ります。
東寺は、桜と紅葉の時、ライトアップしているそうです。
そんなに桜や紅葉があるように思えないけど・・・。
先日行った北野天満宮だって、いつの頃からか紅葉の名所みたいなことを言っている。しかも境内がそうとう変化している。

DSC01261.jpg

京都の社寺は、観光社寺になりましたね。
墓地寺・保育園寺・マンション神社・駐車場神社とかよりはいいのかもね。
そんなこともあってどうも「ありがたい」の対象ではなくなってきた。
目的は、衆生の心の癒しではなく、お金儲けになってしまったように思います。
もちろん、社寺も建物の修復も必要だし、その費用もかかります。
檀家や氏子も少なくなってきたしね。

DSC01262.JPG

東寺の場合、まだ「御大師様」と通われている中高年の人も多い。
減っているのかな?
後10〜20年も経てば、社寺も劇的に変化していくのだろう。
小さな社寺は、跡継ぎもなく朽ち果てて行く。

DSC00059.JPG
↑亀屋良長「織るにしき」

後300年後の京都市を見てみたいものです。
「ここはどこ?」なんて思うかもね。
清水寺の舞台や東寺の五重塔は、残っているのでしょう。
夢で未来の京都市内で、家を探すのを観た。
結構、さきほど書いたようにわかりそうでわからないものですね。
由緒正しい家系じゃないから、子孫がどこにいるのかもわからない。

DSC00073.JPG
↑この上用、かわいいでしょ。

逆に過去に行く夢も見る。
京女と出会うタイミングを計るのも、やろうとすると難しいものですよ。
うまく出会わないと困ったことになる。
初めて京女と会った時、あった時から親しげに話した。
今と違って機関銃のような喋り方だったかな・・・。
でも親しげだった。
霊能力者に、我々夫婦は15回目だと言われたことがある。
それだからかな・・・。
まあ、霊能力者の言ったことですからよくわかりません。

DSC00111.JPG
↑上用、黒こしあん

こういう歴史的な社寺の境内を歩くと上記のような不思議な感覚になる時がある。
歴史が重なっているのかも。
きっと死んだら、時間の壁も越えられるような気がする。
それは、彼岸に行ってのお楽しみ。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

「風呂屋」と「湯屋」 [社寺・和菓子]

DSC01058.JPG
↑紅葉ばかりで、ちょっと飽きたので、本日は違う景色

銭湯のはじまりは、鎌倉時代だったそうです。
しかも、場所がお寺で番台は僧侶だった。
日本人は、お風呂が好きな民族。
現在でも平均30分、多い人は1時間以上湯船に浸かっている人がいるそうです。
そういえば、私の親戚なんか、風呂が好きで風呂で死んでいました。
友人でも2人ほど亡くなった。
お風呂の事故が結構多いので、気を付けましょう。
特に冬場は注意しましょう。

DSC01068.jpg
↑永観堂「浴室」温室

われわれ同様の一般庶民がお風呂に入るようになったのは、江戸時代かららしい。
でも入浴施設の始まりは、仏教伝来と同時ぐらいだった。
僧侶が御仏に仕えるために身を清めるというような意味合いだったそうです。
それが鎌倉時代になり、お寺の浴堂を一般に開放していたらしい。
最初は、慈悲の精神で行われた。でも荘園制度が崩壊し年貢の徴収が難しくなると、現金が必要になり、沐浴料を徴収したらしい。これが銭湯の始まり。

DSC01078.jpg

お風呂の用意が出来たことを知らすのが、なぜか法螺貝を吹いたらしい。するとそれを聞きつけた人々が続々と寺に来たのだそうです。

DSC01069.JPG

DSC01073.JPG

室町時代になると民間の施設ができたらしい。
この入浴施設は、「風呂屋」と「湯屋」の二種類あった。
「風呂」というのが本日の写真のモノです。いまでいうサウナです。
「湯屋」は、いまのお風呂と形式、お湯を湯船にはり、人がそこに浸かるという形式。
この「風呂屋」も「湯屋」も上方が流行の発祥地だった。
それが江戸時代になり、江戸にも広がっていった。

DSC01077.JPG

上方の金持ちは、家に風呂を作った。江戸は金持ちでも風呂屋に行ったそうです。
江戸は、空っ風が吹く空気の乾燥した町だった。だから金持ちと言えども火事を恐れていたのだそうです。
だから、江戸の風呂屋は、貴賤の差が関係なく湯船につかったそうです。これは面白いことですね。
もちろん、男女混浴という状態もあったそうです。
こんな国ってちょっと珍しいかも。

DSC00019.JPG
↑千本玉寿軒「木守り」
木守り(きもり)/来年もよく実りますようにとお願いをするおまじないで、木のてっぺんに残しておくのです。天地自然のすべてのものに感謝。
また、何もかも私たち人間が奪い取って食べてしまうのではなくて、これから食べ物の少なくなる冬に、きっと苦労するに違いない野山の鳥たちに残しておいてやろうという心づかい。日本の社会は、本来このような精神がありました。昨今は、どうでしょう?金の為、自分の為、採り尽くすという卑しい精神の人や組織が多いのではないでしょうか。

DSC00031.JPG
↑上用、白あん、アンポ柿

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

近所紅葉 [社寺・和菓子]

DSC00433.jpg
↑智積院境内

今週は、京都市内の紅葉は見頃になっているでしょう。
ただ、天気があまりよくないかも。
紅葉は、晴れていないと映えない。
となると今日の昼ぐらいがベストになるのかな?
そうか24日の午後。
ベストの光の状態なんて考えると難しい。
欲を出すとだめなのかも。
何も考えずにフラット行くといい風景にであえるのかも。

DSC00439.jpg

用事で出掛けようとして、タクシーを呼ぼうとしても「手配できません」とか「何時になるかわかりません」なんて言われます。
市バスに乗ろうとしても、私が乗る東大路通を走るモノは、観光客でいっぱいで乗ろうという気が起こらない。
ちょっとウンザリしていますね。

DSC00450.JPG

DSC00454.JPG

DSC00458.JPG

紅葉の名所なんかに行くと人でいっぱい。
博物館の「国宝」もすごい人です。
芸術・文化の秋、紅葉の秋ですが・・・どうも人ゴミはいややなぁ・・・。

DSC00467.JPG

いつも外出の時に通る智積院は比較的静か。
紅葉の名所じゃないけど、ゆっくりできます。
写真の腕はともかく、そこそこ綺麗でしょ。
こんなもので十分かも。

DSC09696.JPG
↑嘯月「錦繍」

DSC09723.JPG
↑きんとん、粒あん

まあ、先週、有名な所はちょっとだけ写真を撮りました。
明日以降少しづつ記事にしていきます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

あれっ!どうしたん? [社寺・和菓子]

DSC00470.JPG

最近、よく五条大宮方面によく行く。
いつもは、バスで四条方面や京都駅方面にいきます。
そろそろ西本願寺の銀杏の黄葉の季節と思いました。
他の場所の銀杏は黄葉が始まっているしね。

DSC00471.JPG

天気もよく、暑くもなかったので歩いて行った。
歩くには、良い季節になった。
思い切りスピードをだしても汗だらけになることはない。
嬉しいな・・・。

DSC00473.jpg

いつものように大宮通から堀川通に抜ける道を歩き、西本願寺の北入り口から入り、銀杏の所に行った。
その時の写真が一番上の写真。
なんかダイエットに失敗したような雰囲気になっていたのです。

DSC00475.jpg
↑台風21号で枝が6本折れたそうです。

まだ黄葉は進んでいなかった。
まだんだ・・・と思いながら回りを歩いた。
四枚目の写真の角度で見た時、ショックだった。
「あれっ!どうしたん?」と叫んだ。
酷い状態になっている。
病害虫にやられたのかな?
調べてみたら台風21号の被害でこんなになったそうです。
知らなかった。
この銀杏、推定樹齢が200年らしい。
これから立ち直るのは、どれぐらいかかるのか。
※参考/昨年の状態(2016年11月9日)は、このような状態でした。

DSC00482.JPG
↑樹齢400年の「水吹き銀杏」

DSC00488.JPG

DSC00490.jpg
↑この銀杏は例年通り

「水吹き銀杏」の方も心なしか、葉がすくないように見える。
上の銀杏のような太い枝は折れなかったけど、多少被害があったのかもしれないですね。
新聞をとってないから、こういう事件は見落としてしまったのかも。
ショックでした。

DSC09834.JPG
↑京都鶴屋鶴壽庵「落葉」

太平洋の海水温が上昇し、台風も大型化の傾向がある。
人間の意向と関係なく、地球が大きく動き出して来ているのかもしれない。
人間は、ちょっと遠慮をして生きた方がいいのかも。

DSC09840.jpg

この大銀杏を見てそう思いました。
それと京都の紅葉ですが、紅葉の葉が汚いのです。色が鮮やかでない。だからなのかライトアップがやたら多い。きっと水商売のお姉さん状態。化粧をして夜のライトの下で見ると綺麗だけど、昼間会うと別人。そのような状態にダンダンなってきている。ライトアップで木が弱ってきているのでしょうね。

DSC09848.JPG
↑こなし、白こしあん

最近の京都の社寺、チャラチャラしている。観光客が来るから嬉しいのかな。でも社寺は儲かっていないでしょうね。京都市の観光による歳入ってそんなに多いんだろうか。多いのなら迷惑をかけている市民から市民税を高く取るのはいけないと思う。
チャラチャラして拝観料を取っている社寺から10%ぐらい徴収すればいい。
人の心を救う活動をしたはるなら、税金はとったらあかんと思うけどね。見世物には、税金を取りましょう。営業収入なんだから。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

台風一過、空気が旨い、青空綺麗。 [社寺・和菓子]

DSC09826.JPG

私は、台風をあまり感じなかった。
投票に行った時は、雨や風が吹いてなかったからかな。
普通なら台風のエネルギーが結構嬉しいので外に出ようとするのですよ。
台風のニュースを観て、被害にびっくりしました。

DSC09825.JPG

今日も、口中工事だったので外にでた。
空気が澄んで美味しかった。
しかも青空もちょっと見えてきた。
久しぶりの青空。

DSC09830.jpg

DSC09829.JPG

気温は、秋の終わりのような状態。
このぐらいがとてもうれしい。
もう少し涼しくなったらもっと嬉しいかも。
なんか嬉しくなって、ルンルン気分で口中工事に行きました。

DSC09500.JPG
↑長久堂「竜田」

DSC09506.JPG

歯科の先生も気分がよかったのか、ダジャレ連発。
こちらもそれに対してギャグの応酬。
朝から診察室で何をやっているんだ。
歯科の先生、そんな状態でも手は的確に動くのがすごいと思った。
そういえば、昨日は麻酔なしやったなぁ・・・。
そうか、節約するためにダジャレを連発したいたのか!
それに応えて、痛さを忘れてた。
面白いな・・・。

DSC09539.JPG
↑羊羹、備中白こしあん

工事が終わり、次の仕事へ。
走り回っている内に夕方となりました。
机の上は書類だらけ。
笑うしかない。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 社寺・和菓子 ブログトップ
メッセージを送る