So-net無料ブログ作成
社寺・和菓子 ブログトップ
前の5件 | -

通りをちょっと入ると異空間 [社寺・和菓子]

DSC09605.JPG
↑天性寺。置くに行くと境内が低くなっている。

DSC09607.JPG

繁華街の寺町通に面して天性寺(てんしょうじ)はある。境内が寺町通より低くなっているのは、鴨川河原の名残なんだそうです。
場所的にいったらスマート珈琲店の斜向かいぐらいになるのかな。

DSC09608.JPG

DSC09609.JPG
↑鐘楼

ちょっと入ると静けさがあるのが本当に不思議。
大和当麻寺、当麻曼荼羅を織ったという伝説の中将姫(ちゅうじょうひめ)とのかかわり深い。山号は曼荼羅山。院号は當麻院。
浄土宗総本山知恩院の末寺。本尊は阿弥陀如来。

DSC09612.JPG
↑本堂

寺町通沿いにどれぐらいのお寺があるだろう?
京都に生まれ育ってもほとんど行ったことがない。
入るのに声を掛けないと入れないお寺も多い。

P1180495.JPG
↑京都鶴屋鶴壽庵「菊上用」

P1180500.JPG
↑黒こしあん

昨日は、家から一歩も出なかった。
デスクワークをしていると電話の嵐。
色んな人と話しができた。
気が付くとランチを食べそびれ、夕方になっていた。
机の上の仕事は片付かなかった・・・。
でもいい話をたくさんできたように思います。
とても自分の頭の中が整理できました。
付き合っていただいた皆様、ありがとうございました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

「変」はここで起こっていません・・・本能寺 [社寺・和菓子]

DSC09646.JPG
↑寺町通、御池通のちょっと手前にある本能寺

ここは、寺町通にある本能寺。
本能寺といえば、天正10年6月2日(1582年6月21日)早朝、織田信長が明智光秀に寝込みを襲われた場所。
ホテル本能寺に信長が宿泊していたわけではありません。
というか、本能寺変の場所は、いまの場所ではないのです。

DSC09632.JPG

現在の地図でいうと、東は西洞院大路、西は油小路通、南は四条坊門小路(現蛸薬師通)、北は六角通に囲まれた4町分の区画にあって、東西約140メートル南北約270メートルというかなり広大な敷地に、周囲と隔てられて存在した。
作りがちょっとしたお城のようなものだったらしいけど、そこに警備の人数が色々説があるけど、30〜160人と少なすぎると思う。そこへ1万3000〜2万人が押し寄せたから、どうしようもなかったでしょう。
余談ですが、この前の場所の近くのマンションに結婚後しばらく住んでおりました。
一番高い家賃だったなぁ・・・。バブルでしたからね。

DSC09635.JPG

昔の本能寺の場所には、本能寺小学校があった。それもなくなり、いまは特別養護老人ホームとなっています。
当時の示す石碑も本来の場所から移動したそうです。
その特別養護老人ホームに夜になったら信長さんがウロウロしているのかなぁ・・・。

DSC09641.JPG

そんな話は、よくありますよ。
新しく建築されたビルで夜になると武士の服装をした人が歩いていたり、お皿が突然飛んだりするビルがあるそうです。
あるファッションビルでは、確実に出る場所があると勤めている人から聞いたことがあります。

DSC09643.jpg

京都のホテルでも部屋によっては出る部屋があります。
老舗旅館でも一番いい部屋で寝ていたら枕元に着物をした女性が座っていたというのも体験した人から聞いたことがあります。
だから京都にみなさん止まりたがるのかな?楽しいですからね。廊下でチャンバラをしたりしますから。
でも最近、外国人が多いから霊達はどうしているだろう?言葉が通じない場合がありますからね。霊でも国際観光都市なんだから英語・中国語・韓国語ぐらい話せないと仕事になりません。きっと外国人に憑いてきた霊との闘いのようなことが起こっているのかもしれません。海外の霊の方がたちが悪そうだし・・・。

DSC09383.JPG
↑千本玉寿軒「小梢の秋」

DSC09402.jpg
↑以前はこしあんだったけど、今回は栗あんになっていました。

DSC09413.JPG
↑こなし、栗あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

栄西 [社寺・和菓子]

DSC09298.JPG
↑建仁寺境内

夜中、朝、昼の温度差がある。
夜中は、蒸し暑くて汗をかく、そのまま寝ていたら朝方グッと冷える。
昼間になると太陽光が強く暑くなる。
バスに乗るとクーラーのスイッチをいれていないのか、蒸し暑い。
早く、薄いダウンジャケットを羽織れるようになって欲しい。

DSC09302.jpg

本日の記事は、生菓子の名前「栄西」から出発している。
おそらく建仁寺開山・栄西(えいさい・ようさい)禅師に由来していると思う。

DSC09308.JPG
↑茶碑

栄西禅師は、平安時代末期から鎌倉時代初期の僧。臨済宗の開祖、建仁寺の開山。
天台密教葉上流の流祖。字が明菴、諱が栄西。また、廃れていた喫茶の習慣を日本に再び伝えたことでも知られる。
2回宋に渡る。帰国の際に宋で入手した茶の種を持ち帰って栽培を始め、日本の貴族だけでなく武士や庶民にも茶を飲む習慣が広まるきっかけを作ったと伝えられる。
茶そのものは、輸入品として日本に入って来ていた。でも日本で茶を栽培し、広めたのは栄西禅師が初めてだと思う。

DSC09322.JPG
↑茶碑の後ろにある「平成の茶苑」

最近、お茶はペットボトルで飲むというのが多い。
他の家に訪問するとペットボトルからお茶を出してくれたりする。
特に夏の場合は、多いですね。
ちゃっとガッカリします。

DSC09323.JPG

我が父がお茶を急須で2日ぐたい飲んでいたのにはビックリした。
「あなたは、親に宵越しのお茶は飲むなと言われてなかったのか?」と怒ったことがある。
ペットボトルのお茶を飲むのは、いまだに抵抗感があります。
ひょっとして急須でお茶を美味しく煎れられない人が増えているのかも。
お茶を飲む時は、気持ちに余裕を持ち楽しみたいものですね。
お茶・・・濃茶、薄茶、玉露、煎茶、紅茶、各種中国茶を適切にいれて楽しめば、豊かな人生が送れるかもしれませんね。
ペットボトルでは、喉の渇きを癒すことはできるけど、心の渇きは癒やせないかも。

DSC09297.JPG
↑長久堂「栄西」

DSC09309.JPG

DSC09342.JPG
↑外郎、抹茶あん、備中白こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

瓢箪は・・・ [社寺・和菓子]

DSC09182.JPG
↑豊国神社

ここは、豊国神社。
写真的には、昨日のつづき。
このあたりは、何かとウロウロする。
我が家の子供達の幼稚園や小学校もこの辺りだった。
もう統廃合でなくなってのですが。

DSC09183.JPG

私は、京都の有名観光地と幼い時から縁がある。
だから、こういう景色は当たり前。
だからなのかなぁ・・・あまり観光旅行に縁が無い。
京都人ってそういう人が多いかも。
でも京都市内の観光地は案外行かないものです。
また、祭とかも見に行ったりしない。
五山の送り火なんかは、家の屋根から観ていた。

DSC09184.JPG

幼稚園や小学校の遠足で京都市内の観光地には行きません。
大抵、奈良とかに行っていたと思う。
そんなものなんです。
京都人は、意外と他府県の人のように京都市内の観光地を見ていません。
子供の小・中学校の同級生に有名なお寺の子供だったり、舞妓さんがいたり、親分の子供がいたりしましたね。家に遊びにいったりしていた。確かお父さんは別荘の方に行ったはったらしい。

DSC09187.JPG

我が家は、魚が食卓にのぼることは無かった。
高いですからね。塩鮭が一切れ500円ぐらいしていた。
だから6人家族で魚はまず食べられない。
肉といえば鶏(かいわ)、お豆腐屋さんが近くにあったので子供がいつも笊をもって、焼きたてのお揚げさんやお豆腐を買いに行っていた。
そういうのは、この豊国神社の近所の話。

DSC09188.JPG

きっと豊国神社は、我が家の子供の遊び場所だったのかも。
水は、ずっと井戸水で暮らしておりました。
贅沢でしょ。パスタを茹でるのも井戸水、スイカも井戸で冷やしていた。

DSC09191.jpg

この境内をブラブラ歩きながら、色んな風景が頭の中で展開しておりました。
最後に、瓢箪を見た時「凄い!」と思った。
「瓢箪って中が空っぽなんだ。役に立つのは空っぽの部分」
妙に感心してしまいました。

DSC09347.JPG
↑亀屋良長「栗上用」

DSC09351.JPG
↑上用、栗、けしの実、こし餡

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

こぼれ萩 [社寺・和菓子]

DSC08955.JPG

本日の写真も昨日の常林寺の萩。
萩の花って雑草に近いですよね。
秋の七草として古くから日本人に愛されてきた。
小さくてかわいい花。
でもどこか逞しい。

DSC08928.jpg

DSC08929.jpg

花言葉は「思案」「内気」「柔らかな心」「柔らかな精神」なんだそうです。
「思案」「内気」は、ハギのひかえめでこまやかな美しさに加え、どことなく寂しげな風情にちなむともいわれます。

DSC08940.JPG

DSC08946.jpg

この萩の花、昔の日本人好みだったのでしょうね。
秋の七草すげてがそんな感じの花かも。
秋の七草・・・わかりますか?
・女郎花(オミナエシ)
・尾花(オバナ ※ススキ)
・桔梗(キキョウ)
・撫子(ナデシコ)
・藤袴(フジバカマ)
・葛(クズ)
・萩(ハギ)

DSC08953.JPG

この常林寺の萩、終わったらササッと刈り取られ、何も無くなります。
その様がなんとも凄いと思ったことがあります。
機会があれば、撮影にいきます。

P1170680.JPG
↑本家玉寿軒「こぼれ萩」

P1170714.JPG
↑こなし、白こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 社寺・和菓子 ブログトップ
メッセージを送る