So-net無料ブログ作成

口福幸福 [食]

いま、京男Jr2.が里帰りしている。
一昨日は、京男0・京男・京男Jr2でランチだった。
お正月は会えないから、その代わりなんです。
集合場所が皮膚科なのが、ちょっと悲しかった。
三代で同じ皮膚科で担当のドクターまでいっしょなんですよ。
こういうのってひょうっとして珍しいかも。

DSC01986.JPG
↑本日の写真は、すべて鳳泉。焼売

ランチの後、デザートを食べ、京男0と別れ、京女の実家へ行きました。
その前に、美味しいものを差し入れのために買い物。
そして、京女0の所へ。
これで、また盛り上がって、終わったら夕方近くになっていた!

DSC01992.JPG
↑春巻

そこで仕事を一つこなさないと行けなかったのに気付く。
慌てて、タクシーで帰り、作業をし、伝票を書き、梱包し、発送した。
私ぐらいになると全部一人でやるのです。
まあ、誇るほどのことじゃないけど・・・。

DSC01996.JPG
↑雲耳肉片、京男Jr2.がこんなの初めてと言っていました。

そして、昨日は、朝寝過ごしてしまった。
京女とコンサートに行く夢。
夢の中で結構長く歌を聴いていた。もちろん聴いたことのない歌。
ただ騒々しいだけの歌。
聴いている内に腹が立って、最後は会場を出て行った。
で、目が覚めるといつもより一時間も遅く起きてしまった。

DSC02000.JPG
↑炒飯

布団に包まっているとなんとも快感で、起きるのが億劫だった。
ハリネズミの生活がちょっと羨ましい。
生態をご存知ですか?ハリネズミ。
最適気温が24度〜29度なんです。
24度以下になると冬眠します。29度以上になると夏眠します。
湿度は40%までらしい。
一日中殆ど寝てすごす。
起きている時間は、午後9時〜0時、御膳3時。それ以外は寝ている。
すごい動物ですね。

DSC02010.JPG
↑甘酢エビ

すごく話がそれてしまった。
本日は、夜、京男Jr2.と二人で食事となった。
夕方、待ち合わせ、暫く色々なところを歩く、お土産で何を買うのかを指南。
彼は、関東で働いているのです。
店長をしていて、年上の部下もいる。女子スタッフもいる。300人ぐらいのお客さんも抱えている。だからお土産が必要。何をあげたら喜んでもらえるのかを教える。
京都出身というのは、関東で武器になるのですね。大阪出身では、そうはいかない。

DSC02016.JPG
↑トマト牛肉、トマトが苦手な京男Jr2.ですが、食べました。

彼は京都に帰ってくると甘味処とかにも行くのです。情報収集らしい。すごいな。
どこに行けばいいのか相談にのっています。
また、特殊な知識も伝えています。彼が一番私の知っていることを吸収しているかも。

DSC02023.JPG
↑エビカシワソバ

さて、昨日の夜は、鳳泉でした。
本日の写真は、その時のもの。
京男Jr2.は、まだ行ったことがない。
だから、美味しいと感動していました。
きっといい勉強になったことでしょう。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

感覚過敏? [食]

DSC01474.JPG
↑キッチンパパ「ハンバーグ&広島産カキフライ」

本日は、キッチンパパに行った時の写真。
最近、ハンバーグやフライを食べなくなりました。
私が行く店が少なくなった。
できれば、ランチは、家でパンとスープぐらいで済ませたい。

DSC01483.JPG

興味が食べ物から違うモノに移行している。
だから写真を撮っても記録程度になっている。
父親と食事をしたら、食べモノに集中できないのです。
そういう癖がついてきたのかも。
それとお店が昔と違って来ているかも。

DSC01493.JPG
↑ご飯は、玄米ご飯をチョイス。普通のご飯の方がよかった。

DSC01495.JPG

食べながら、料理の原価計算とか、サービスやスタッフ、店長やオーナーのチェックをしてしまいます。
味や調理技術もチェックする。
原材料の品質もわかります。
でもわかってしまうと食欲がなくなります。
不景気にはなりたくないですね。

DSC01612.jpg
↑粟餅所・澤屋

昔は、そんなしなかったのに・・・・。
脳出血の後遺症で読字障害なった。
損なわれた機能を補うため、五官が活性化しているのかも。
いいような、わるいような状態です。
作っている人の思いのようなモノもうっすらとわかる。
困ったものです。

DSC01617.JPG
↑注文すると連携して作られる。

食べながら、調理している人をジッと見てしまう瞬間がある。
彼奴が作っているのか・・・。
テレビの食レポの嘘もわかるのです。
「うまい!」なんて思ってないとかもね。

DSC01629.jpg
↑前回は、白梅(5個)だった。今回は紅梅(3個)。

もうすこし「ポワン」としなくてはいけません。
来年からのテーマの一つかも。

※文章と写真の店は無関係です。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る