So-net無料ブログ作成
検索選択

暑なってきた・・・ [カレー]

DSC05405.JPG
↑ポンカラカレー「2種カレー」

昨日、急に気温が上がった。
京都市内は34度だったそうです。
まだ、湿度がないからマシだけど。
今日は、先週洛外で食べたカレーの画像です。
こんな時は、辛いカレーが一番。

DSC05407.JPG
↑チキンカレー(左)&マイルドフィッシュカレー(右)

まずは、大阪梅田のポンガラカレー。
最近、ここのカレーが気に入っている。
きっとインデアンカレーやピッコロのルーがキツくなってきたのかも。
ここは、場所もあるのか行列が出来て・・・という状態ではない。
最近の行列現象がどうも好きになれない。
たかがカレーやラーメン、洋食を食べるために並ぶのは嫌なんです。
人を並ばして平気でいるお店側の姿勢も好きにならない。
もっともこれは私だけかもしれません。
私でもここで並んで買えば絶対前後賞が当たる宝くじ売場なら並ぶでしょう。
嫌らしいでしょ。(笑)

DSC05416.JPG
↑ここの美味しさは「混沌」にある。色んな味が渾然一体の美味しさ。

最近、エスカレーターに乗る為に行列というのも気持ち悪い。
あれって片方を開けなければ、行列ができないのに・・・。
関東と関西は、開ける側が違う!なんて都市伝説的なことまである。
しかも、駆け上がる人がいる。急いでいるなら階段を駆け上がったらいいと思う。
並ぶ時も場所にもよるだろうけど、二列に並べばいい。一列でしかも人の間が開いているから長々と行列ができてしまう。もっとコンパクトに並ぶように小学校ぐらいから訓練した方がいいかも。
ついでに、歩きながら飲み食いはそろそろ止めませんか。
熱中症云々というなら山歩き用の「ハイドレーション」で水分補給をすればいい。
でも、都会の真ん中で歩いていて熱中症にはならんと思うけど・・・。
おむすびとかパンを食べながら歩いているお姉さんを見かけるけど、親の顔が見たいと思いますね。もう少し早く起きて朝食を食べればいい。公衆の面前で恥ずかしい行為を曝さない方がいいと思うな。

DSC05485.jpg
↑シャミアナ元町店「キーマカレー」

話しが完全に逸れてしまった。すんません。
二件目のお店は、神戸です。
先日、京女と行こうとして閉まっていた「シャミアナ北野店」がありましたね。
先週、神戸に行った時、「シャミアナ元町店」があることを思い出した。
ただ、場所を確認していなかった。普通ならスマホで探すでしょ。でも私、野外でスマホを操作するのが嫌なんです。液晶が見難いしね。しかも読めない。
大体の場所はわかる。一人でなかったのであまりブラブラもできなかった。
その場合は、シャミアナのカレーの匂いを辿るのです。犬みたいでしょ。
香辛料の香りに特徴があるから可能なんです。
それほど迷うことなく行けたんです。
執念やね。この執念をもっと前向きのことに使ったらいいのにね。(笑)

DSC05486.JPG
↑ピクルス

初めて元町店に行きました。
カレーは、キーマとチキンだけ。
もともと、このお店はそうなんです。

DSC05487.jpg
↑チキンカレー

カレーの雰囲気がちょっと違った。
ご飯の盛り方の問題でした。
味は、ちょっと違う。
同じ名前の店で味が違う場合があるのです。
こちらは、尖っている感じかな。
スパイスが融合というか熟れていない感じがした。

DSC05493.jpg
↑チャイ、ここのチャイは、砂糖が強制的に入っている。

お店のマスターにこの間、北野店に行って閉まっていたことを言いました。
「事情があって閉められたのだそうです」
そこからは、聞かなかった。
再びオープンすることはないでしょう。残念。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:カレー 洛外
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おさすりOK、御利益バッチリかな? [社寺]

DSC05078.JPG
↑新熊野神社樟龍弁財天、入り口左側

DSC05080.jpg

新今熊野神社の大樟(おおくすのき)の写真が残っているので紹介。
この大樟は、樹齢900年だそうです。
すごいですね。

DSC05082.jpg
↑これが「さすり木」

神社の説明を引用させていただきます。
社頭の「大樟」は当社創建の折、紀州熊野より運ばれた「上皇手植えの樟」と伝えら
れており、樹齢は900年と推定されています。影向とは神仏が現われるという意味
で、現在では「樟大権現」「樟龍弁財天」として多くの人々に信仰されています。大
権現とは熊野の神の化身(仮の姿)、樟龍弁財天とは弁財天(仏)の化身という意味
です。樹齢900年の老木でありながら現在でも成長し続けている姿を見て、「健康
長寿」「病魔退散」、特に「お腹の神様」として御利益を求める人が後をたちません。(京都市指定 天然記念物)

DSC05098.jpg

DSC05099.jpg

木も長く生きると権現、化身になり神様に近くなるのです。
みなさん、この「さすり木」をさすって、900歳を目指しましょう!
ひょっとして権現ぐらいにはなれるかも。

DSC05101.jpg

日本中の人が900歳になったら、恐ろしいことになるかもね。
150歳ぐらいでも年金システムは破綻だろうな。
医療制度だって無理。
まあ、ほどほどにおさらばした方がいいようですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る