So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

秋土用 [食]

DSC05432.JPG
↑うざく

土用って夏だけじゃないです。
年に4回ある。
土用というのは、5種類の元素と自然哲学の思想からなる、中国の「五行説」という暦がもとになっています。
まあ、中国の思想だから日本で適用する必要もないけど、面白いので書いておきます。

DSC05437.JPG
↑白焼き

DSC05444.JPG
↑やっぱり白焼きが好きやね。お酒が飲めたら天国だろうなぁ・・・。

春は「木」、夏は「火」、秋は「金」、冬は「水」といった風に四季に当てはめます。「土用」というのは、立春、立夏、立秋、立冬の前、18日間を指します。秋土用というのは、立冬の前18日間ということになります。

DSC05447.JPG
↑櫃まぶし、量が可愛いでしょ。

2016年の秋土用は、10月20日から11月6日までの18日間です。
土用の始まりを「土用入」、土用の終わりは「土用明」と呼ばれます。
夏土用のように「丑の日」なんてことは、特別にないようです。

DSC05446.JPG

土用には、反対の季節に対応するものを食べるといいと言われています。夏の反対は冬。冬に当てはまるのは、黒色の「丑」。このことから、夏の土用には黒色で「う」のつく「うなぎ」が食べられているというわけです。

DSC05465.JPG
↑こういう食べ方って面倒臭い

秋の場合は、反対になる季節は春ですから「青色、辰」のもの。「た」のつく青色のものを食べると体にいいと言われています。この時期に旬を迎える青魚のサンマは秋土用にはピッタリの食べ物です。
だから、サンマを食べると健康にいいのかも。

DSC05477.JPG
↑次回は、うな重を食べたろかなぁ・・・。

でもサンマでは、インパクトがないので、土用の法則を無視して、うなぎを食べに行きました。
うなぎを食べるのは、父親のリクエストでした。
私は、あまりお腹が空いてなかったので、いつものように白焼きとうざくを少々いただきました。それと櫃まぶしを少々。

DSC05489.JPG
↑デザートのシャーベット

この日は、父親の方が沢山食べたと思う。
食欲だけは旺盛やね。
感心するわ。

※父親が好きな高島屋7階ダイニングガーデン京回廊「うなぎ徳」、たまには「う」とか「わらじや」なんてのもあるんだけどな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 2

ソニックマイヅル

おはようございます。本日はラウンドに兵庫県まで出掛けて参ります。うなぎは大好物ですのでいつでもウェルカムでございます。深い話があるんですね。勉強になりました。^^;
by ソニックマイヅル (2016-10-30 06:18) 

京男

>ソニックマイヅルさん、おはようございます。
今日は、いい天気だからいいでしょうね。鰻もたくさん食べると味がわかりますよ。最低5尾〜。蟹なら10杯〜。若い間にやるといいですね。1〜2杯では、わからないですよ。私はそうでした。
ワインなら一升瓶から練習です。
by 京男 (2016-10-30 08:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0