So-net無料ブログ作成

黄葉あと少しやねぇ [風景・和菓子]

DSC05824.jpg

そろそろ西本願寺の銀杏が黄葉しているかな・・・。
ちょうど所用で近所に行く用事を作り、行きました。

DSC05826.JPG

DSC05840.JPG

見てのとおりまだでした。
でもそんなのどうでもいい。
この大きな銀杏を見ると元気がもらえる。

DSC05844.JPG
↑西本願寺御影堂

どっしりと400年ぐらいここにいる。
すごいと思います。
1614年(慶長19年)大坂夏の陣で豊臣家が滅んだ時に植わった銀杏です。
それからの歴史を見てきた。
人間の所業をどう考えているだろう。

DSC05853.JPG
↑水吹き銀杏

御影堂前の銀杏は、天然記念物で「水吹き銀杏」とか「逆さ銀杏」と呼ばれている有名な銀杏です。
「水吹き銀杏」という名は、「天明の大火(1788)」(団栗辻子から出火、鴨川を超えて市中に延焼し京都市中の大半を焼いた)の時に水を吹いて御影堂などを火災から守ったからだそうです。何でも銀杏は保水力に優れ、炎熱干魃に耐える力抜群なのだそうです。

DSC05913.jpg
↑烏丸通から見える銀杏。こちら側は日当たりがいいのか黄葉が進んでいます。

DSC05923.jpg
↑境内から見るとまだ緑の部分が残っています。

いずれにしても黄葉にはもう少し時間がかかりそう。
でも青空がきれいで、この堂々とした巨木を見ていると元気をもらえた感じがして、うれしくなりました。

P1670244.JPG
↑亀屋良長「銀杏」

P1670257.JPG

P1670333.JPG
↑外郎、白こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 2

ソニックマイヅル

おはようございます。良い天気ですね!こちらも少しずつ色づいては来ていますがもう少し先のような感じです。巨木なんですが樹齢は相当なものなんでしょうね。^^;
by ソニックマイヅル (2016-11-09 08:01) 

京男

>ソニックマイヅルさん、おはようございます。
市内なのにこんな巨木があるのが不思議です。
400年ぐらいらしいです。
by 京男 (2016-11-09 08:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0