So-net無料ブログ作成

父と外食 [食]

3月14日は、父親と大学病院&外食だった。
マンションにタクシーを呼び、実家に行き、父親を拾います。
大学病院は、盛況です。
いろいろな病人が集まっている。
我が父親も含めて、どうしても大学病院に来る必要はないのかも。
父親は、病院もブランド志向なんです。
「付き合いが長いしねぇ」とちょっと誇りを持っている感じだ。
私からすると実験室にいるマウスみたいと思っているけどなぁ。
因みに、父の干支は「子(ね、マウス)」。実験動物に最適ねっ!
「戌(いぬ)」「申(さる)」といった人も対象かな?

DSC08570.JPG
↑青冥「オプションの前菜」→父親が食べた

診察室でもドクターとの会話も同じパターンなんです。
「どうですか?」「ご高齢だからしかたないですよ」「お薬をだしておきますね」「次回は5月●●日」
「平成の診察は今日が最後ですねぇ・・・」と京男。なんか普通の会話が面白くなかった。続いて「もし平成で会うような時は、集中治療室ですね。そうならないようように生活しますぅ」なんて会話もする。(これは昨日の私の脳神経外科の時でした)

DSC08575.JPG
↑「白胡麻担々麺」父親とはんぶんこ

無事、診察が終わり、会計、そして院内処方、そして院外薬局へ。
すべて終わり「ランチは何を食べる?」と聞くと、「回る寿司」と父。
「こんな冷えている時に冷たい寿司は食べたくない」と京男。
お寿司もウンザリしている今日この頃。

「なら、なににする?」と父。
「青冥」と京男。
まあ、文句はないと思う。
タクシーに乗り、移動。
で食べたのが本日の写真。

DSC08581.JPG
↑定食の名前を書き留めてない!いいですよね。京男が食べたのは、上段のおかずと御飯少々。

父は、「酸辣湯麺」と言う。
「同じモノを注文するのは芸が無い。いま流行の担々麺を注文。
不味くはないけど、少々味がくどいかも。

DSC08590.jpg
↑小籠包、一個づつ、定食のデザートは父に譲渡。

なんとなく食欲もなかったので、こんな感じのランチでした。
父親は、またまた小籠包が食べたいと言った。
テレビを観ているからこんなモノが食べたくなるのだろう。

よく考えたらデザートの写真を撮り漏らしている。
父といっしょだとどうも写真を撮るのに集中できない。
困ったもんです。

DSC08631.JPG
↑昨日(15日)またまた病院に行く前に通った智積院

ランチの後、高島屋で「大東北展」を見る。
マスクをして行ってよかった。
いろんなお菓子や試食を父に食べさせた。
父親は大満足だったと思う。
その後、父親をタクシーに乗せ終了。

DSC08632.JPG

京男は、散髪に行ったとさ、家に帰ると夕方だった。
なんかぐったり疲れておりました。
なんやかんやと言っても、こうやって害(外)食できるのは幸せなことなのでしょう。
めでたしめでたし。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。