So-net無料ブログ作成

外食の反動? [食]

本日の写真は、昨日の父親とランチをした翌日の話。
今週は、病院関係が多かった。明日もまた病院なんすよ。
病院好きというより年に一度の診察が3月の予約になるのです。
まあ、そういう巡り合わせなのでしかたない。

DSC08642.JPG
↑鐘園亭東福寺店「四川サラダ」

この日の病院予約も早かった。
早朝から結構デスクワークをこなしました。
でも、すべて終えないまま、病院へ。
気付くと朝食も食べてない。

DSC08646.JPG
↑「肉団子と野菜の煮込み」

いつも歩いて病院に行くのですが、お腹が減ってきた。
診察が終わり、会計、そして薬局。
薬局は、いつも時間がかかります。
私の薬は調合の粉薬なんです。

DSC08650.JPG
↑さっぱりして美味しいのです

終わったらお昼前だった。
で、ランチタイム。
この日は、サラダも注文。
パッと見たら豪華でしょ。
帰る時、お店のお姉さんに「あなた、本当にようならはったね。最初は悲惨だった。よかったね」と言ってくれた。
確かに最初来た時は、病院の松葉杖で歩くのもおぼつかなくて・・・でしたから。
こうやってずっと見てくれている方がいるのですよ。
いつもありがとうございます。

DSC08653.jpg
↑京屋の店頭

さて、パンを買いに行く。
ゲベッケン泉涌寺店に行く。
昼なら結構パンがある。
ここのパン屋さんは、お値段が安いのです。
嬉しくなってたくさん買っても大丈夫。

DSC08654.jpg

パンを買って、銀行に行き、そしてタクシーを乗るために病院へ戻る。
いつもなら開いてない「京家」が開いていた。
月〜水の筈なのに・・・。
開いているなら、買うしかない。
昔は、もっと安かったのです。
串カツが15円、コロッケ40円ぐらいだったかな。
あの頃は、子供が4人食べ盛りで、お店をするぐらい買っておりました。
まだその時の癖で、結構買ってしまいます。

DSC08664.JPG
↑二人なのに・・・つい買ってしまう

ダイエット中の人には目の毒ですね。
最近、このフライにバルサミコ酢の10〜15年モノを少々かけて食べます。
結構あっさり食べられた。
やっぱりランチは一人で食べるに限ります。
どうも父親と外食は辛い。
嗜好が逆ですからね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。