So-net無料ブログ作成

上にも下にもご注意? [社寺]

DSC09927.jpg

昨日(4月8日)は、お釈迦さんの誕生日。
仏教では、「灌仏会(かんぶつえ)」といいお祝いをします。
その時期が花がいっぱいなので花祭りと言っている。
でも、通る観光客、日本の若い世代はあまり反応しないようです。

DSC09913.jpg

DSC09931.jpg

やっぱりキリストさんの誕生日にはかなわないか。
様々な草花で飾った花御堂の中で、甘茶を満たした灌仏桶の中央へ安置した誕生仏像に柄杓で甘茶を掛けて祝うが、釈迦生誕時に産湯を使わせるために9つの竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来する。釈迦を本仏としない日蓮正宗等を除く大多数の寺院で執り行われて参拝者にも甘茶がふるまわれ、甘茶で習字すれば上達するとの願掛けや害虫除けのまじないを作るなどする。

DSC09933.jpg

DSC09937.jpg
↑蛸薬師堂(浄瑠璃山 永福寺)

でも、日本の若い世代で仏教系の学校に行ったことのない人は、釈迦の名前は知っているだろうけど、具体的に何をしたかわからない子がいる。
仏教のことも「お葬式の時に来る僧侶」ぐらいに思っているだろうな。
神道でもそうだ。
素晴しいことを言うたはるのに・・・・。受験の問題に出るから名前や年代を憶えるけど、深い内容はわからない。だから「頭はいいけど、知恵足らず」となる。

DSC09885.JPG
↑矢田寺(矢田地蔵尊)

この像を見て有名な言葉を答えないというと
「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」と答えた人がいる。
うーん。
ついでに、上記の言葉、意味わかりますか?
「神様は、人間を平等に作っている。生まれながらにして上も下も無い。でも頭のいい人とバカがいる。バカは死んでも治らないのか?違う学問をしたらカシコになる。
だからしっかり勉強して慶応大学に入りなさい」という意味。

DSC09887.jpg

なんか話しが逸れてしもた。
最近、こういうのが多い。
もんまは
お釈迦さん、生まれた時に「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ・ゆいがどくそん)」と言わはった。

DSC09892.jpg

天上——この天上に人間を支配するような神はいません
天下——この地上においても人間を堕落したり人間を誘惑したりする悪魔はいません
唯我——ただ私一人(いちにん)がここに存在しております
独尊——尊というのは、他のものに頼るのではなくて、私が私の心に向かって解決して行かなければいけない私一人がおります

DSC09908.JPG

この言葉、私は好きです。
でもお釈迦さんに質問したい。
「そういうたはるけど、仏教でいっぱい仏さんが居てはるのはなんでですか?」と。

DSC09902.jpg
↑左上が賓頭盧(びんずる)さん

あんまり変なことをいうたら賓頭盧(びんずる)さんみたいに、ずっとお堂の外で座っていないといけなくなるかもね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 2

ゴーパ1号

こんにちは。
私も昨日、甘茶をいただいて参りました。
桃の節句に続き、灌仏会も冬のように寒かった関東地方です。
by ゴーパ1号 (2019-04-09 16:46) 

京男

>ゴーパ1号さん、こんにちは。
甘茶不思議な甘さですね。
ちょっと寒くなりました。桜が持つかな?
by 京男 (2019-04-09 17:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。