So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

静かな紅葉・・・栄摂院 [社寺]

DSC06978.JPG
↑くろ谷金戒光明寺北門

真如堂の紅葉が予想以上に早く終わっていたので、早々に撤収。
次は金戒光明寺へ移動。
最近、金戒光明寺・・・私的には「黒谷(くろだに)さん」という呼び方が普通・・・でも紅葉の名所になっているらしい。
そういえば、北野天満宮だって紅葉なんて昔は言ってなかった。あそこは梅苑だけだった。どこも観光に力を入れているようです。

DSC07018.JPG
↑金戒光明寺塔頭※、栄摂院、朱が可愛い。

北門を入って左側に栄摂院(えいしょういん)があります。
門の朱色が気になった。

DSC07016.JPG

DSC07014.JPG

覗くと紅葉が綺麗。
観光客らしき人も入っているので、入って行く。

DSC06997.jpg

ちょっと座って上の写真の光景を眺めていました。
静かだし、とてもいい感じでした。
ひょっとして、この日のベストショットかもしれません。

DSC06998.jpg

フト見ると「浄財」というのがありました。
先に行った永観堂と違って、控え目な書き方がいいと思った。
静かなので、効果でなくお札を入れました。
それぐらい満足したんですよ。
めずらしいことです。

DSC06990.JPG

DSC06999.JPG

※塔頭/「〜院」という名前の塔頭は、大名家などが、帰依する僧を開祖として創建したものを表します。
具体的には、安土・桃山時代〜江戸時代の武士・木俣守勝 (きまた もりかつ、1555-1610)。三河生まれ。養子に木俣守安。父の代より徳川家康に仕えた。1582年、本能寺の変で、家康の伊賀越えを警護した。近江彦根藩家老となり、井伊直政、直勝を補佐した。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺