So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

疲れました・・・言うたらあかんけど [食]

今日の写真は、父親とランチで食べに行った時のもの。
揚げたてで美味しかった。
父親もとても喜んで食べていた。
でもここは、若向きなので後で胃がもたれたと言っていた。
胆嚢をとったことを忘れていたようです。
「天ぷら定食」の天ぷらで「カニかま」と「棒餃子」が面白かった。
それと大根おろしがいっぱいなのも珍しい。

DSC07639.JPG
↑米福「特撰米福定食」1,390円(特撰刺身盛り合せ・海老・鶏天・かぼちゃ・棒餃子・ご飯・豚汁)

そうそう父親とランチの件で意見が違うのです。
父親は、食べたいモノが食べたい。
味覚よりもブランドを優先する。
だから時々、「ホテルでランチ」などと言う。

DSC07635.JPG

この件に関して私と意見が違う。
私はコストパフォーマンスを重視する。
父親のようにホテルや有名ブランドの店に行くのは、面白くないと京男は考える。
私のランチのルールは、1,000円でお釣りがくるか?お店の店員の立ち振る舞いがいいか?味はどうか?というのがルールなんです。
もちろんいつもそうとは限りません。
でも基本は、1,000円で釣りが来ることです。

DSC07636.JPG
↑海老・鶏天・かぼちゃ・棒餃子

関東から京都に進出した店は、1,000円以上のところが多い。
内容が貧弱なんです。
関東では、そんな商売でいいんだろうな。
関西・・・特に京都では問題になる。
しかも、「当店は予約が取れない」「予約が半年先?」というのが店の自慢のように言う。行列も当たり前。隣近所の店の前に自分の店の客を平気で並ばせる。私はそんあ店、嫌いですね。商売の方法が間違っている。長続きしないだろう。
長続きとは50〜100年ぐらいのことを言っている。
昨今どこも行列ができている。レジ回りなんかもそう。レジの人間の頭の回転が鈍いのだろう。ラッピングで待たすのは、単純に手が遅いだけ。
なぜ、経営者は改善しないのか!店が滅びますよ。

DSC07637.JPG
↑大根おろしがいっぱい!

でもそれを考えるとのは頭が古いからなのか?
トロイものはトロイと言ったらいいと思う。
しかも最近、ゴミ箱料理が多くなった。
なんでもかんでもプラスしてどんどん盛りつける。
味もくそもない。
丼方式にした方が食器洗いが簡単でいいのかもしれない。
しかもプロの調理人は人件費がかかるので、セントラルキッチンで作り、店に運んで店では、盛りつけるだけ方式の店も多い。

あっ!話しがどんどん逸れてきた。
このあたりでタイトルの内容にもどります。

DSC07638.JPG
↑豚汁

疲れた・・・

さて昨日疲れた内容。
昨日は、京女と実家へ行く。
金曜日に設置したストーブとホットカーペットの状態をチョックするのが目的。
台所用の漂白剤を買って父親に渡したけど、もし間違って使ったら危ないので、チェンと説明しないといけなかった。漂白剤というのを理解していないのです。

冷蔵庫もチェックしなくてはいけない。
古い食品が入っていたりしますからね。
乾物・インスタント食品・お茶その他の食品の賞味期限等もチェックし、捨てるものは捨てます。

DSC07651.JPG
↑米福「天ぷら定食」990円(海老・イカ・カニかま・棒餃子・玉ねぎ・かぼちゃ・なす・ご飯・豚汁)

茶の間にお菓子を入れる缶がたくさんあります。
これは、母親が存命中からそうなっていた。
全部、あけるとおびただしい量のアラレやビスケット、キャラメルが入っていた。
いつから入っているのか?古くは数年前、新しいのは最近のものもある。
どうやら通販で買ったようです。
ほとんど賞味期限は年単位で切れていた。
父親は、賞味期限なんて関係ないと言う。
大体、糖尿病の人がお菓子を食べるのは、ちょっと問題。
人工甘味料を使うとドンドンお腹が減ってくる現象もあるのかも。

とりあえず大幅に処分した。
父親は、いやがったけどしかたない。
父親も後で言ったのだが、自分で処分できないらしい。
もったいないと。
私は食べ物を捨てるのは平気なんです。
調理師学校で猛烈に自主トレした食品、例えば毎日365日卵2パックを使ってプレーンオムレツの練習をしていた。タマネギを60センチぐらいのフライパン一杯、アッシェの練習をした。すべて終わったらゴミ箱に直行。そんなもの勿体ないと食べていたら、病気になります。だから食品が食品に感じられなくなっております。

DSC07652.JPG
↑海老・イカ・カニかま・棒餃子・玉ねぎ・かぼちゃ・なす。「カニかま」と「棒餃子」というのが面白い。

でも父親にだめだから捨てると伝えないといけない。
父親に食べ物の摂り方や管理のことで小言は言いたくないですよ。
疲れる作業でした。
お茶でも一度作ったお茶を二、三日かけて飲む。信じられない。
「あなたのお母さんは、宵越しのお茶を飲むなといわなかったか?」と言いました。
どんな躾をされてきたのか?母親の躾なのか?
よくわからない。

すべて捨て、三人で買い物に行き、ちょっとだけ捨てたお菓子のかわりを買ってあげました。いきなりゼロにするの悲しいだろうしね。
叱るというのは、疲れる作業でした。
家に帰って横になると意識がちょっとなくなった。
ちょっとは、休ませてほしい。

なんか内容が中途半端なものになりました。
すんませんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感