So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新緑>病院 [社寺・和菓子]

DSC03761.JPG

昨日は、私の病院デーだった。
三ヶ月に一度に行くのです。
いい天気の中、歩いて行った。
昨日は、智積院のお墓を通るコース。

DSC03764.JPG

DSC03767.jpg
↑UFOの着陸跡に見えますが違います。6月15日の青葉まつりの時の護摩跡。

行くコースが違うと風景が違ってくる。
ということは撮影となります。
世間では本日から連休なんだそうです。
だから人の少ない間に東福寺の新緑を撮影したい!

DSC03770.JPG

ちょっと後悔したのは、兄貴分のカメラ(DSC-RX1R)をつれていかなかったこと。まあ、病院に行くのが主だからカメラを首からさげて、外来で待つのもねぇ・・・。
薬局に処方箋を渡し、どうせ待たされるからパン屋さんでパンをしこたま買い。
薬局に戻って座っていたら、薬剤師のお姉さんが袋を見えた「そこのパン美味しいですよね」と声をかけられた。でも一人だけパンをあげる訳にもいかなかった。(笑)

DSC03772.JPG

DSC03774.JPG

昨日は、脳神経外科外来。次回は、祗園祭ぐらいの時期の予約。こんなことをやっていると一年が早く経ちます。
眼科は、6月か・・・。
それまでに父親の病院にも行かないといけない。
病院というのは、「病の気」が充満している場所だとハッキリわかりました。
病院って空調的にもうすこし爽やかな気を充満させた方がいいのかも。あれでは、病気の連鎖みたいなものが生じてくる感じがする。
「病の気」とは、なんだろう?
「元気の気」とどう違うんだろう?
空気の成分だけの問題ではない。
人の負の思い?人の負の思いがエネルギー化して建物というか地場として定着する?
そういうのが蓄積するといわゆる地場が悪いとなるのかな・・・。
地場が悪いとは、病院のようなネットリした生暖かい、まとわりつくような気として感じるのかも。
昨日は、智積院の墓地を歩いていたけど、墓地の方が病院よりサラッとした感じがする。よくはないけど、ネットリした生モノ感はない。
どうしたら、その嫌な気を元気にできるのか?
歩きながら考えておりました。

P1620213.JPG
↑亀屋良長「山つつじ」

P1620250.JPG
↑煉切、白こしあん

DSC03798.JPG
↑この写真は、昨日の東福寺臥雲橋から通天橋を撮影したものです。新緑がいい。この後、病院に行った。病院の中に入るとドロンと生暖かい空気が身体を包んだ。あんな所にいると病気になりますね。その差がよく分かる時期。
東福寺関係は、結構撮影したので、連休中に掲載していきます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感