So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

店先の菊、満開 [風景・和菓子]

DSC09977.jpg

昨日の京都は木枯らし1号が吹きました。
気温も15度ぐらいだった。
風があるから体感的にもっと寒く感じたでしょう。
京男的には、うれしい気温となりました。
これで動き回っても汗をかかない。
もう少し寒くなり、薄いダウンジャケットが必要になるのが楽しみ。

DSC09981.jpg

昨日、外出しない予定だったのですが、ちょっと買い物があったのでしかたなく外出。
あの店先の菊がどうなったか観に行きました。

DSC09965.JPG
↑村上重本店

咲いていました。
こういう風になるんだ。
こうやって店先で季節を表現するって素晴らしいですね。
京都市内もこういうお店がいっぱい増えるといいのにね。
昨日もタクシーの運転手さんと話していた。
京都市内を汚くしているモノ。

DSC09966.jpg

1.汚い看板
2.自動販売機
3.電線&電信柱
4.コンビニ
5.ドラックストア
6.パチンコ屋
7.祗園の場外馬券売場

DSC09971.jpg

DSC09552.jpg
↑10月11日の状態

コンビニやドラッグストアが多すぎます。
そういえば、いつも前を通る裏寺のコンビニが禁煙になった。よかった!あの前を通る時、息を止めないといけなかったのです。
コンビニの前で煙草を吸うのは止めてほしいものです。
喫煙スペースをもっと増やしたらいいのにと思います。
病院なんかでも入院患者が病院から出て来てバス亭で煙草を吸うのは、なんかいややね。病院の中に喫煙室を作ればいいと思います。医者や看護師も煙草を吸う人が多いと聞きます。

DSC09618.JPG
↑本家玉壽軒「菊日和」

観光都市を目指しているなら京都市は、たくさんのことをしなければいけないと思います。
市バスもかなりの問題。
観光に来てバス亭で行列なんて、絶対よくない。
市バスもいつも満員で居心地が悪い。
高齢者用のパスを発行しているけど、実際に高齢者が市バスに乗れないと思います。
杖をついているとバスの揺れは辛いですからね。
観光客と市民とうまく棲み分けができるといいと思います。
市長や観光化の人、実際に市バスに乗っているのかな?
これから紅葉のシーズンで、道路は大混雑になるだろうな。
何年同じことを繰り返しているんだろう・・・。

DSC09633.JPG
↑こなし、白こしあん

本日もまた記事と写真がリンクしていませんね。
すんまへんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

綺麗にカットしてもらって [風景・和菓子]

DSC09889.JPG
↑最近、病院への道程を変えている。下に走っているのはJR。この陸橋、なんかいやな雰囲気。なんでかな・・・。飛び降りでもあったのかなぁ・・・。

昨日、朝一番にカットに行く。
京女も行くとのことで、タクシーで下山。
雨が降っていなかったのですよ。
だから、急遽行こうとなった。

DSC09892.JPG
↑今熊野神社

私は雨が降る前に戻れました。
バスから博物館の前を通ってびっくり。
チケットを買うための行列ができていた。
台風の影響があるかもと言っている時に、「国宝」を観に行くとは。
普通は、行かないですよね。
あの状態なら館内に入る前、2時間はかかるだろう。
テレビで「国宝」をやっていたのだそうです。
その影響らしい。
テレビの影響ってすごいものですね。

DSC09893.jpg
↑樟の大木がすごいでしょ。

本日の写真は、金曜日眼科に行く前に歩いて行った時のモノ。
新熊野神社(いまくまのじんじゃ)の樟の大木が綺麗に散髪してもらっていた。
この大木の散髪は大変でしょうね。

DSC09563.JPG
↑二條若狹屋「梢の錦」

DSC09580.JPG
↑きんとん、粒あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

トンポーローが食べたい! [食]

昨日、口中工事が終了。
歯が入りました。
まだ、違和感がある。
慣れるまで数日かかるだろう。

DSC09918.JPG
↑七福家「麻婆豆腐丼(辛口)」京女発註

昨日は、歯科へバスで行った。
博物館の前でチケットを買う行列がすごかった。
S画伯さんも行ったらしい。
話を聞くとテレビでやっていた影響らしい。
日本人は、そういうのに弱い人種やね。
S画伯さんは、4回行くらしい。
快適に観るコツは閉館ちょっと前に入ることらしい。
それなら行列は避けられるそうです。

DSC09929.JPG
↑五目あんかけチャーハン

歯科で歯の調整に結構時間がかかりました。
いい加減にやると歯の突起に舌が当たり、それが原因で舌癌になるらしい。
ちょっとした刺激でも怖いものです。
舌ガンや喉のガンは、嫌ですね。
喋れなくなりますから。
京男にとって致命傷になる。
そうなったらジェスチャーで表現するとか。
キーボードで話さないといけなくなる。
やれなくはないけど・・・ちょっと辛いですね。

DSC09936.JPG
↑実は、天津飯風のあんかけだと思っていた。メレンゲは美味しくない。

歯科が終わりデパ地下で京女と落ち合う。
買い物をして、実家へ。
早く行かないと父親がデイサービスに言ってしまう。
今日は、台風が近づくから雨が強くなるので昨日行く事にしたのです。
台風は、たいしたことはないだろうけど、タクシーとが拾えなくなる可能性があるのです。二人で父親がデイサービスに行くのを見送ってから、食事へ、それが本日の写真。場所は七福家。結構久しぶりかも。
土曜日だったので、単品も注文できるのでトンポーローを注文。
食べたかったのです。
トンポーローは、みなさんご存知ですか?
東坡肉と書きます。
北宋の詩人蘇軾(1036年 - 1101年)が考案したとされ、料理の名前は彼の号である「蘇東坡」に由来するそうです。
蘇軾さんの肉を料理したものということではないです。

DSC09940.JPG
↑東坡肉?

豚の角煮じゃないの?角煮と何か違うの?
そう思いませんか。
トンポーローと角煮の違いは下記の通りです。
トンポーロー(東坡肉)は、「皮付き」の豚の三枚肉を使います。
豚の角煮は、基本的に皮付きじゃない三枚肉を使います。
皮があるか無いかです。
この豚の皮が重要なんです。
巷でゴラーゲンがあるからお肌がプルプルになり、綺麗になるといいますよね。
人間に適合するのは、豚の皮のコラーゲンが一番近いのです。
よく魚とか牛皮・骨由来のコラーゲンとかいいますが、アミノ酸組成でいうと豚、それも皮に含まれるものが一番人間に近いのです。
そりゃ人間のコラーゲンを摂るのが一番でしょうが、問題がありますよね。
我が家では、豚皮由来のゼラチン(PS-21)を常駐させて色々なモノに使用しております。
さてこの写真、東坡肉とメニューに書いてあるけど、どうやら皮がついていないように見える。
ということは豚の角煮ということになる。
三枚肉のネットリとした本当の東坡肉が食べたいなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

京うどんに負ける歯の仮摘物 [風景・和菓子]

DSC09862.JPG

やっと土曜日になった。
歯科に行って歯が入る予定なんです。
口内工事で空いた歯に仮に詰めているのが、何故かうどんを食べている時にとれる。
2回ですよ。それも同じお店で、父親と食事をしている時にね。
どないなっているんやろ?
しかもこしのない京都のうどんに負けるとは情けない。

DSC09604.JPG

この間の時は、うまく取り出せた。
その前のは、結局食べてしまったと思う。
一瞬、肛門に歯が生えたら困ると思ったしね。
あの歯科医さん、歯を抜くのは神の手やけど、おういう詰め物とかの技術はないのあも。(笑)
きっと、またオヤジギャグの応酬の治療時間になるやろな。

DSC09606.JPG

こうやって詰め物を見ていると可愛く感じます。
自分の作った結石に愛着を感じるのと同じかも。
みなさん、結石を作ったことありますか?お腹を痛めて産みました。
だから可愛いのです。
これは、手元に残して置こうかな・・・京男記念館の目玉コレクションになるかも。
メルカリで売ったら買う人がいるかも。その前にこのブログで売ろうかな・・・。
いかがでしょう?
ヤフオクの方がいい値段がつくかも。

DSC09859.jpg
↑こういう状態を見ると自分の口の中の工事を思い出す。ここまでひどくないけど。

今日で完全になるかな?
奥歯を噛みしめられないと力がでませんね。
怖いもんです。

DSC09560.JPG
↑亀屋良長「MOON」

そうそう昨晩、正夢を見ました。
眼科に朝9時に行く夢なんです。家を出て歩いて病院へ行く、診察券を機械に入れ、眼科のコーナーへ。いつもの技師さんが視力検査をしてくれて・・・という夢。
そこで目が覚めた。
よう考えたら、昨日の朝9時に病院へ行って眼科に行く日でした。
思わず「正夢だ!」と騒いだら、京女の冷たい態度。
でも昨日、夢と同じ行動をした。技師さんが視力検査をして・・・目が覚めるかもしれないと病院でドキドキしてました。

DSC09591.JPG
↑外郎、キャラメルあん、くるみ入り

視力検査の結果、視力がよくなっていたんです。ドクターに原因を聞くと原因不明とのこと。まあ、不都合じゃないのでよしとしておきました。
眼圧を下げる目薬の処方するとのこと。ドクターが「何本ぐらい手元にありますか?」と質問。思わず視力だけ家に戻り、袋の中の目薬を数えた。そして「5本余っています」と答える。まさかドクターは、私がリモート・ビューイング(Remote viewing)したと思わなかっただろうな。昨日は調子よくできました。
映画『メッセージ』みたいに、未来の自分が書く本が読めたら便利だろうな。でも読字障害があるんだけど・・・無理か。

眼科、次回は来年の2月中旬。
はやく来年にならないかなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

「いけず」な風景 [風景・和菓子]

DSC05415.JPG

昨日やっとしっかりした晴れの1日でした。
でも・・・父親の付き添いで大学病院。
外はきれいに晴れているのにね。

DSC05422.jpg
↑車にはイケズ電信柱だけど、歩行者を守る仕掛けかも。

そうそう昨日は熊野神社で、おじいさんを助けました。
本殿の前に佇むおじんさんがいた。
写真を撮ろうと思い、拝まれるのを待っていた。
ところが動かないのです。
「ジジイ!早よどかんかい!写真が撮られへんやんけ!」と心の声が叫んでいた。
待て待て、この老人は、早くぽっくり死にたいと願っているんだから、待ってあげない・・・と心の声が言った。
なんてのは、ウソです。
それにしてもジッとしている。
近づいて行くと立ち往生していた。
別に立ったまま死んでおられた訳ではなく、ジッとしていた。
よく見ると段差が降りられなくなっておられた。

DSC05418.jpg
↑擦れた跡がすごい

DSC05420.jpg

私が近づくと横から降りようとされた。
どうやら燈籠を手がかりに降りようとされているみたい。
ぜったい転けるとみたので、走って近づき(杖をもっているけど)手を差し伸べ降りるのを手伝いました。
介入しなかったら絶対、石の所で顔を打つか、倒れた拍子に骨折になったと思う。
ああいう高齢者を一人で歩かしたらだめだと思う。
付き添いの人も居なかったし・・・。
まあ、後は安全な所ばかりと確認し、父親が待つ病院へ行った。
父親もあんな感じになるのかも。

DSC09493.JPG
↑長久堂「Tackioi Lantern」

タイトルの話を書かなくちゃ。
4枚の写真は、実家の近くにある所です。
この狭い通りに「イケズ電信柱」がある。
ちょっと大きな車だと曲がる時、必ず擦ります。
写真をよく見ると刷り跡が無数についている。

DSC09498.JPG
↑どうも和菓子でハロウィンは馴染まないかも

いつものように実家に父親を病院に連れて行くため、タクシーをマンションに呼んだ。来たタクシーが大きな車だった。
思わず運転手さんに、写真の曲がり角の時、絶対立ち往生するから車をなんとかした方がいいと言って、途中で小さなタクシーと乗り換えたことがあります。
この電信柱は、公的なイケズですね。
この他、京都市内の住宅地を走ると曲がり角に「いけず石」が置いてある所が結構当たり前にある。
京都市内に自家用車で観光に来てもいいけど、小さな道にはできるだけ入らない方がいいですよ。
途中から一方通行になっている道もある。
先に行くとダンダン狭くなる道もある。
車が立ち往生すると住人がワサワサ出て来てタイヤを盗む町内なんかもある。(これはウソです)
一時停止の小さな交差点で、警官が隠れて見張っている場所も結構ある。
罠がいっぱい。
しかも、京都市内は日本で一番交通マナーが悪い街なんです。方向指示器なんか点灯させずにいきなり車線変更するなんて、当たり前ですからね。
交通に関して、京都は「雅な街」でなく「アウトローの街」だと思った方がいいですよ。雅そうな皮を被った狼の街・・・京都。

DSC09545.JPG
↑こなし、備中白こしあん

地区によっては霊柩車にでも当たり屋が当たりにくる町内や犬やネコが当たりにくる地区もある。最近はすくなくなりましたけど。
夜になったら白い着物を着た幽霊風の女性が立って交差点とか。
イノシシが走っていると思って見たらお婆さんだったとか。
首のない騎馬武者とか。
色んなモノがでる街、京都。

さてどらがフィクションで、どうれがノンフィクションでしょう?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感