So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「風呂屋」と「湯屋」 [社寺・和菓子]

DSC01058.JPG
↑紅葉ばかりで、ちょっと飽きたので、本日は違う景色

銭湯のはじまりは、鎌倉時代だったそうです。
しかも、場所がお寺で番台は僧侶だった。
日本人は、お風呂が好きな民族。
現在でも平均30分、多い人は1時間以上湯船に浸かっている人がいるそうです。
そういえば、私の親戚なんか、風呂が好きで風呂で死んでいました。
友人でも2人ほど亡くなった。
お風呂の事故が結構多いので、気を付けましょう。
特に冬場は注意しましょう。

DSC01068.jpg
↑永観堂「浴室」温室

われわれ同様の一般庶民がお風呂に入るようになったのは、江戸時代かららしい。
でも入浴施設の始まりは、仏教伝来と同時ぐらいだった。
僧侶が御仏に仕えるために身を清めるというような意味合いだったそうです。
それが鎌倉時代になり、お寺の浴堂を一般に開放していたらしい。
最初は、慈悲の精神で行われた。でも荘園制度が崩壊し年貢の徴収が難しくなると、現金が必要になり、沐浴料を徴収したらしい。これが銭湯の始まり。

DSC01078.jpg

お風呂の用意が出来たことを知らすのが、なぜか法螺貝を吹いたらしい。するとそれを聞きつけた人々が続々と寺に来たのだそうです。

DSC01069.JPG

DSC01073.JPG

室町時代になると民間の施設ができたらしい。
この入浴施設は、「風呂屋」と「湯屋」の二種類あった。
「風呂」というのが本日の写真のモノです。いまでいうサウナです。
「湯屋」は、いまのお風呂と形式、お湯を湯船にはり、人がそこに浸かるという形式。
この「風呂屋」も「湯屋」も上方が流行の発祥地だった。
それが江戸時代になり、江戸にも広がっていった。

DSC01077.JPG

上方の金持ちは、家に風呂を作った。江戸は金持ちでも風呂屋に行ったそうです。
江戸は、空っ風が吹く空気の乾燥した町だった。だから金持ちと言えども火事を恐れていたのだそうです。
だから、江戸の風呂屋は、貴賤の差が関係なく湯船につかったそうです。これは面白いことですね。
もちろん、男女混浴という状態もあったそうです。
こんな国ってちょっと珍しいかも。

DSC00019.JPG
↑千本玉寿軒「木守り」
木守り(きもり)/来年もよく実りますようにとお願いをするおまじないで、木のてっぺんに残しておくのです。天地自然のすべてのものに感謝。
また、何もかも私たち人間が奪い取って食べてしまうのではなくて、これから食べ物の少なくなる冬に、きっと苦労するに違いない野山の鳥たちに残しておいてやろうという心づかい。日本の社会は、本来このような精神がありました。昨今は、どうでしょう?金の為、自分の為、採り尽くすという卑しい精神の人や組織が多いのではないでしょうか。

DSC00031.JPG
↑上用、白あん、アンポ柿

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 

紅葉の錦 [風景・和菓子]

DSC09883.JPG

昨日は、京都市内のどこの紅葉スポットもすごい人だったでしょうね。
ライトアップもあるから、夜遅くまで交通停滞だったかも。
私は、1日中引き籠もり。
下手に外出すると家に帰れなくなります。

DSC09887.JPG

さて、本日の写真は、永観堂です。
永観堂の紅葉は色が綺麗。
本日の写真、撮影時は曇っていたからこんな感じになりました。
でも、これはこれでいいかも。

DSC09906.JPG

如何にも「SONYのDSC-RX1Rで撮りました」というような色合い。
まあ、それが好きだから使っているのですが。
このカメラは、ズームできないので昔のカメラのような心構えが必要です。
そういうのもいいことかもしれません。

DSC09889.JPG

紅葉がかわいいでしょ。
生菓子に通じるモノがあります。
ライトアップもしていますが、幻想的になるのでしょうね。
私は、夜に社寺に行くのは苦手。
「夜にお寺に行ってはいけない」と言われて育っているからかな。
最近の世代は、そんなことは言われていないので関係ないのかも。

DSC09893.JPG

こうやってファインダーを使って撮影する感じがちょっといいかも。
野外で液晶画面でピントがとても見にくいのです。
今回は、セミオートでピントを確認しながら撮影した。
こういう撮り方って懐かしい。
背面の液晶を指で触れ、シャッターが切れる機能もいいかも・・・。
あれちょっと憧れなんです。
それと一眼タイプのカメラもちょっと憧れ。

DSC09901.JPG

眼鏡を撮影用の遠近レンズに調整したらどうやろ・・・。
背面液晶画面は、見にくいですね。
カメラの重さも気になる。
殆どの観光している人のようにスマホで撮影がいいのな。
でもスマホで全部撮影は、ちょっと厳しい。

DSC09915.JPG

この日は、兄貴分(DSC-RX1R)と弟分(DSC-RX100M3)に2台体制だった。
比べるとやっぱり兄貴分の絵が色っぽい。

DSC00016.JPG
↑本家玉壽軒「高雄の色」
高雄は、嵐山方面の紅葉の名所。特に神護寺が有名。でも私は行ったことがない。

なんの話をしているんだ。
ここ永観堂っていつから有名になったんだろう?
私が高校の時、廊下から永観堂が見えていたのです。
高校2年の時、校舎の2階だった。
だから見ていない訳がない。
南禅寺だって、当時運動場が山科にあって、学校のバスで移動するのです。
その時、必ず南禅寺の境内を通っていた。
全然、紅葉の記憶がないのです。

DSC00035.JPG
↑こなし、黒こしあん

南禅寺の紅葉だって比較的最近有名になったのかも。
永観堂だって、そうでもなかったかも。
真如堂もくろ谷(金戒光明寺)も吉田神社の境内も、幼稚園や小学校の時の遊び場所でした。
でも紅葉の記憶はないのです。
いつから有名になったんだろう?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4) 

紅葉盛り、人盛り [風景・和菓子]

DSC01024.JPG
↑永観堂。ここの紅葉の色は、鮮やかなんです。

京都の紅葉、今年は早いテンポで進んでいる。
急に気温が冷えたからかな?
テレビや新聞でも盛んに「京都の紅葉」と紹介して煽っている。
中高年層は、まだテレビや新聞を情報源にしているので、中高年のおばさんたちがドッと有名紅葉スポットに押しかけている。
きっと紅葉に自分を見出しているんだろうな。

DSC01085.JPG

国立博物館の「国宝」も異様に盛り上がっている。
これもテレビの効果でしょうね。
中高年の方々が多い。
「国宝」なんて国民に無料で見せてくれたらいいのにね。
それにしても、あの行列はすごい。

DSC01082.JPG
↑拝観券を買うところは奥の方にあります。

本日の写真は、永観堂です。
ここは、絶対的に有名スポット。
観光バス用の駐車場もあるから団体が結構来ているようです。
もちろん、外国人観光客も多い。
私にとって不思議なんですが、皆さん自撮りをしている。
綺麗な紅葉と醜い顔・・・そのコントラストがいいのかもね。
それとも遺影用に撮影しているのかも。

DSC01029.JPG
↑価格に感心しました。

こんなたくさんの観光客が現金で拝観料!
すごいなぁ・・・。
一年の稼ぎをこのシーズンで稼ぐんだろうな。

DSC09935.JPG
↑多宝塔を拡大すると人が群がっていました。

この人の多さに入るのをためらった。
まともに撮影できない。
しっかり晴れていなかったしね。
結局、入ったけど。
靴を抜いてあがる所はパスしました。
その写真は、次回のお楽しみ。

P1380058.JPG
↑二條若狭屋「もみじ狩り」

P1380140.JPG
↑羊羹製、栗あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(10) 

京都の紅葉は、大道具・小道具で得してる [風景・和菓子]

DSC01014.jpg
↑蹴上トンネル

今週は、京都市内の紅葉の名所が見事になっている。
昨日は普通の日だったのに、車がどこも混んでいた。
自分の家に帰るのに苦労した。
いつもなら夕方に荷物を受け取りに来てくれる宅急便の人も夜の遅い時間に来た。
このあたりまで来るのが大変らしい。
きっとテレビや新聞が煽っているんだろうな。

DSC00671.JPG

DSC00672.JPG

私の住む所は、清水寺・東福寺・高台寺・博物館「国宝」の影響をうけます。
夜間のライトアップもあるしね。
自分の家に帰るルートを考えないとタクシー代が倍くらいになるのです。
昨日の夕方から夜にかけての交通停滞はなんだったのか?
23日からまた休みが続く・・・。
年々酷くなっていますね。

DSC00681.JPG

本日の紅葉は、南禅寺です。
天気はよかったけど、人が多くてちゃんとした撮影ができません。
紅葉の色合いは、まあまあの色かな。
高校時代、南禅寺や永観堂の紅葉を見ていた筈だけど、憶えてないな・・・。
若い時って紅葉を見ても「綺麗!」なんて思わないのかも。
桜だってそうです。

DSC00685.JPG

最近、紅葉を見たら「来年は、観られるかなぁ・・・」なんて思います。
父親ならもっと思っているだろう。

DSC01016.JPG

いい状態の紅葉をしっかり記憶に留めておきましょう。

P1670687.JPG
↑嘯月「梢の錦」

P1670752.JPG
↑こなし、こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(4) 

近所紅葉 [社寺・和菓子]

DSC00433.jpg
↑智積院境内

今週は、京都市内の紅葉は見頃になっているでしょう。
ただ、天気があまりよくないかも。
紅葉は、晴れていないと映えない。
となると今日の昼ぐらいがベストになるのかな?
そうか24日の午後。
ベストの光の状態なんて考えると難しい。
欲を出すとだめなのかも。
何も考えずにフラット行くといい風景にであえるのかも。

DSC00439.jpg

用事で出掛けようとして、タクシーを呼ぼうとしても「手配できません」とか「何時になるかわかりません」なんて言われます。
市バスに乗ろうとしても、私が乗る東大路通を走るモノは、観光客でいっぱいで乗ろうという気が起こらない。
ちょっとウンザリしていますね。

DSC00450.JPG

DSC00454.JPG

DSC00458.JPG

紅葉の名所なんかに行くと人でいっぱい。
博物館の「国宝」もすごい人です。
芸術・文化の秋、紅葉の秋ですが・・・どうも人ゴミはいややなぁ・・・。

DSC00467.JPG

いつも外出の時に通る智積院は比較的静か。
紅葉の名所じゃないけど、ゆっくりできます。
写真の腕はともかく、そこそこ綺麗でしょ。
こんなもので十分かも。

DSC09696.JPG
↑嘯月「錦繍」

DSC09723.JPG
↑きんとん、粒あん

まあ、先週、有名な所はちょっとだけ写真を撮りました。
明日以降少しづつ記事にしていきます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(8)