So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

糺の森に神宿る [風景・和菓子]

DSC00309.JPG

昨日、下鴨神社に行ってみた。
糺の森に行きたくなったのです。
なぜなんだろう?
まあ、行きたいと心が思ったら逆らわないようにしています。
ちょうどお天気もよかったしね。

DSC00303.jpg

テレビで寒い寒いと言っていたけど、全然寒くなかった。
きっとマスゴミの心が寒いのだろう。
バスに乗るとムッとするような、居心地の悪い温度と湿度と匂いだった。
マスクを持ってきたらよかった。

DSC00304.JPG

帰りは、タクシーに乗ったけど、暖房がはいっていた。
どうなっているんだろう。
おかげでちょっと汗をかいてしまった。

DSC00312.jpg

でも糺の森は、快適だった。
鳥居とか見えてくると快適な雰囲気がなくなる。
それが昨日はよくわかった。
糺の森には、神と呼ばれるエネルギーがあるけど、鳥居や社殿には、神はいないのだと思う。所詮人間が作り管理している場所ですからね。
だから生臭い雰囲気が漂う。
しかも、観光客がドロドロとして欲望で願っている。
いい縁が授かるように・・・と。
いい縁が授かりたかったら、まず自分がいい縁にならないといけないのだと思う。
もし、社殿に神様がいて、浮浪者のように垢まみれの汚い、悪臭プンプンの人間が社殿に来て、小銭を賽銭箱い入れ、大胆な願いを言う。
神様も嫌になるだろう。

DSC00319.jpg

神様は、糺の森の空間に存在するかも。
みなさん、拝む所を間違っている。

DSC00333.JPG

よく考えたら今日11日は、妹の祥月命日だ。
中学3年の時、病気で亡くなった。
生まれたのが1月1日、亡くなったのが11月11日。
よく勉強ができて、クラスの人気者だったらしい。
その逆が私。
両親に、なにかと比べられた。
中3ぐらいの成績や評判で、その子を評価してはいけない。
知識を記憶することを否定はしませんが、これからの時代あまり役に立たないかも。
AIに負けてしまうような頭の鍛え方は役にたたないかも。
直観や意識力の時代がもう来ている。

なんて考えながら糺の森を歩いていました。

DSC09662.JPG
↑嘯月「山みち」

DSC09685.JPG
↑こなし
この生菓子、面白い形ですね。こういう抽象的な意匠が京都らしいと思います。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感