So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ソロソロ深緑 [風景]

DSC07181.JPG

昨日の夜、窓を開け作業していると青くさい匂いがしてきた。
この匂いがして来たら新緑シーズンが終わり、深緑になる。
いつもならゴールデンウィークが終わった頃に匂うのに・・・。
それだけ今年は自然のテンポが速いのでしょうね。
なんか忙しない気分になります。

DSC07215.JPG

気が付くとゴールデンウィークの真っ最中。
かといって、どこかに遊びに行くという予定はない。
わざわざ人の多い時に出て行くこともない。
普通の日に休めばいいのですからね。
ここがサラリーマンと違う点です。
子供がまだ小さい時もそんなものだと思っていたかも。
京都市内の観光地に生まれ、育った京男や京女の場合は、そうなります。
他府県の観光地に行ってもそれほど感動しない。
というより早く家に帰りたくなる。

DSC07231.JPG

観光地に行き、旅館や食事の場所で「どこからこられました?」と聞かれます。
「清水寺の側から」というと大抵、その後の会話にならない。
きっとそれ以外の土地から来たというと「その観光地自慢をするだろだろうな」。
京都市内の観光地で食事をする時「どこからこられました?」と聞かれるのが一番、気恥ずかしい。それも店員さんが京都人でない場合(発音でわかります)、どう応えたらいいのか迷います。
「東山区からきました」なんて言うと、会話が続かない。
逆に「だれそれさんの家の辺やね。えっ!だれそれさん、知ったはるの!そうか○○ちゃんのお母さんと知ったはる?やぁ・・・」と人が繋がって行く怖さもある。

DSC07224.JPG
↑東福寺愛染堂「愛染明王」

四条河原町あたりでタクシーに乗ろうと立っていたりすると、誰かに見られていたりする。「この間、四条河原町の交差点で立ったはったでしょ!」と言われたりする。
それなら声をかけてくれたらいいのに・・・・。

DSC07235.jpg

DSC07243.JPG

そうそう昨晩、四条河原町の交差点でタクシーに乗った。
この場合、タクシー会社をチェックする。それと私の場合、個人タクシーは嫌いやから個人タクシーは乗らない。
会社をチェックして、その次に運転手さんを見る。
昨晩は、「久しぶり!」と言いながらタクシーになりました。
運転手さんとは、何回も乗っているので知り合いなんです。そんなタクシーが多い。
行き先なんか言わなくても自動的に家に行ってくれます。

DSC07244.JPG

昨晩の会話で「前に止まっていた個人タクシー、客を選んでいるんですわ。京都駅行き以外はことわりよる」なんて言っていた。
そんな個人タクシーもあるんだ。
病院ドクターとタクシーについて話していたら、やっぱり「個人タクシーは嫌い」とのこと。なんか嫌な体験をしたんだ。
全部が全部とはいいませんけど。個人タクシーの場合、なにかあった時、文句を会社に言う作業ができないしね。
私は避けるようにしています。どうしても乗らないと行けない場合、運転手さんをみます。頑固な爺タクシーは避けますね。

DSC07255.JPG

なんか写真と全然違う内容になってしもた。
すんません。
京都市内でタクシーを乗る時の参考にしてください。
まあ、私の独断と偏見ですけど。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

中華を食べる季節? [食]

DSC07163.JPG

これも先週、京女と東福寺に行った時に食べたもの。
和食より中華風なものを食べる確率が高い。
特に東福寺方面というか病院に行った時、ランチは鐘園亭 泉涌寺店が多い。
和食の店もあるのですが、中途半端なおばんざい風が嫌なんでしょうね。

DSC07146.JPG
↑鐘園亭 泉涌寺店、肉団子と野菜の煮込み定食

京女は、このお店に入ったことがないらしい。
あれだけ病院に通ったのにね。
あの時は、大変世話になりました。

DSC07153.JPG
↑四川サラダ

だからランチ接待です。
もちろん、おかずはジェアして食べます。

DSC07155.JPG
↑野菜スープ

ホタテ貝のチリソースは、珍しいとかなんとか言って食べました。
最近、私は、オリジナルのランチセットを組み立てようとしていますね。
こうやってみると父親と随分違うと思う。
父親だとラーメンと焼き餃子や焼き飯となります。
私は、父親と正反対かも。

DSC07161.JPG
↑ホタテ貝のチリソース

京女は私に近いかも。
しかも、長年の付き合いで食べたい時期とモノが一致する場合が多い。
最近、このぐらいのランチを食べると夕食なしになる場合が多くなりましたね。
昔の私からするとビックリする程、食べなくなった。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

どうしよう・・・ [食]

写真は、昨日の続きになります。
鳳泉から古京男・京男・京女で三条通に向かって歩く。
この日は、父親の足取りが軽やかだった。
岡田先生の針灸治療の成果なんでしょう。

DSC07417.JPG
↑スマート珈琲店、ホットコーヒー。

スマート珈琲店の前を通ったら、デザートをほんの少し食べたくなる。
誰も反対しない。
ただあの中華の後なので、ホットケーキはちょっと無理だった。
ちなみにあの日、京男・京女は、夜の御飯は抜きでした。
ある一定以上食べると自動的に身体が食べ物を受け付けなくなるようです。
こういう所が健康的なのかも。
父親は、きっと晩ご飯を食べたと思う。
こういう所が生活習慣病なんでしょう。

DSC07423.jpg
↑昔ながらのプリン。なんの飾りもないのがいいですね。

ここの手作りプリンは、美味しい顔しているでしょ。
ちょっとずつ分けて食べました。
プリンを二つ注文し、三人で食べる感じでした。

DSC07418.jpg
↑トマトジュースを注文。プリンに合う?色彩が暖色同士だし・・・。

以上のようなデザートを食べ、三人は満足でした。
この後、Loftに行き、見学とショッピング。
明治屋で食料品も買いました。
そこで、父親はタクシーで帰りました。

IMG_0876-6bdbf.JPG
↑眼鏡のメンテナンスをどうしよう?

さて、タイトルの話題。
昨日は岡田先生の鍼灸治療の日でした。
いつものように雑談をしながらの治療。
その中で、ショックだったことがありました。
娘さんの情報によると眼鏡研究社が閉店したという情報。
帰宅後、ネットで調べると確かに閉店していた。
眼鏡をどうやってメンテナンスしたらいいのだろう・・・。
眼鏡難民になるかも。
まだ、そのショックは続いているのです。
さてどうするか。(涙)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

平日やけど、休日先取りランチ [食]

昨日は、父親と病院外来と外食の日。
京女が有給休暇だった。
マンションにタクシーを呼び、実家へ父親を迎えに行く。
その後、病院に行く。

DSC07383.JPG
↑芙蓉蝦(芙蓉蟹の蝦版)歯のない古京男に好評でした。

京女がいるから父親はビックリ。
人数が多いほど、ランチが美味しく食べられる。
病院の待合では、本日の父親のエーワンシー数値(HbA1c/ヘモグロビンエーワンシー)当てっこゲームをしていた。
父8.5、京男9.0、京女9.4
結果は診察室に入ってからのお楽しみ!
当たったらランチ代を支払えます!
さて、どうなるか?

DSC07388.JPG
↑焼売(クワイが入った焼売で歯ごたえが独特)、古京男は、焼餃子と言ったけど、鳳泉では、焼餃子はメニューにないのです。この焼売を食べたら満足した筈。

結果は、京男の勝ち!
ワーイ、ランチ代が払える!アンラッキー!
診察室で叫んだろかとおもた。
でもそこは大人。
そんな下品なことはしませんでした。

DSC07389.JPG
↑春巻(ハルマキ)これも古京男のお気に入り。

ドクターは、いささかあきらめ顔。
まあ、積極的に数字をさげようとしないので助かります。
この数字は、決して良くない数字なんです。
インスリンの注射を打ってこうなんですから。
いくら言っても糖質ということを理解しない。
気持ちよく生活できればいいのです。十分に長生きしたのですからね。
これが中高年の働き盛りなら、キツく言えばいい。
でも94歳に食事を厳しく制限して、200歳まで生きるなんて無理。
そこまでして長生きすることない。楽しくないしね。

DSC07391.JPG
↑これを食べたら数ヶ月長生きするだろう。

でも「生きている間に、視力がなくなったり、手足を切断するなんてことにならないように、ある程度の自主規制をしましょう」といいました。

DSC07395.JPG
↑炒飯

最近の父親、孝行息子のストレス蓄積しながらの働きかけの影響で、元気になってきた。足取りも結構確かになってきた。
線香花火の最後・・・と言えばそうかも。(笑)
でも機嫌良く毎日を過ごしているからいいのだと思う。

DSC07399.JPG
↑左下のが時菜湯(玉子スープ)。喉が乾燥している古京男には、スープが必要。

さて、診察が終わり、精算の為の長い行列、院内処方、院外処方を経てランチタイム。
待っている時、何を食べたいか希望を聞く。
「祇園青冥(ちんみん)」とのこと。
京女と話していた通りの解答でした。(笑)
「中華料理がいいのね。なら今日は三人なので鳳泉(ほうせん)にしましょう」と京男。
結局、私が行きたいお店に決定。
一応、相談して父親が決めた形をとるのがいいのですよ。
父親の自己重要感を盛り上げて上げるのが肝要。
でも目的は十分に果たしている。
しかも、待合室でもゲームでHbA1cの数字を見事予想した京男がランチの支払をするという栄誉まで付いてきた。ここまで書いてちょっと涙がでてきた・・・・。

DSC07402.JPG
↑エビカシワソバ(柔らかい麺にからしをからませ上から野菜のあんかけ)

で本日の写真のようなメニューを三人で食べました。
私たち夫婦は、ディナーを食べませんでした。
きっと父親は、夜のお弁当を食べたでしょう。
ここが糖尿病という業病を抱えた父との差です。

DSC07410.JPG
↑トマト牛肉(トマトと牛肉を蒸したもの。フランス料理のような味わい)

食事の後、デザートにスマート珈琲でプリンも食べられたし、父親は大満足の一日だっただろう。
ソフト介護は、まだまだ続く。(終)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

明るい縁切り? [社寺]

DSC07100.jpg

気温が通常にもどったようです。
日が暮れると14度ぐらいの気温になった。
体力を消耗しますね。
気温が上下するとダンダンからだがよれよれになる感じがする。
連休は、文字通り休んだ方がいいかも。
もちろん、外出などしないで家でゆっくり、PCのメンテナンスをしないと。
昨日、外付けハードディスクを復旧させたけど、本体の空き容量を確保しないといけない。一番いいのは初期化してなんだけど・・・。

DSC07105.jpg

さて、本日の記事は、昨日の続き。
ハンバーグを食べ、父親と散歩。
四条河原町の高島屋ぐらいまで歩く。

DSC07108.jpg
↑縁切り縁結び碑

父親に「安井金比羅宮に行ったことがある?」と聞くと「ない」とのこと。
京都人は普通あまりいかない場所なんです。
行くのは、よほど訳ありの人が行ってましたからね。

DSC07111.jpg
↑人に見られても平気で女性がくぐっていきます。順番を待っていたりする。不思議な風景です。

ということで父親を初めて安井金比羅宮を見学することにしました。
ここは、最近劇的に変化しました。
昔、といっても十年ぐらい前は、昼間でも薄暗い感じで、人も少なく、怖い雰囲気がただよっていました。

DSC07119.jpg
↑櫛塚(久志塚)

メインの「縁切り縁結び碑」も昔に比べて奥行きが薄くなり、くぐりやすくなっている。きっと抜けなくなった人がいたんでしょうね。
絵馬も読んだら怖いことがいっぱい書いてありました。
それが最近、妙に明るくなりました。
これはびっくりです。

DSC07120.jpg

カップルの男女がキャーキャー言いながら「縁切り縁結び碑」をくぐる姿は、異様な雰囲気。
縁切り効果は、ひょっとして弱まっているかも。
京女の学校の同級生がこの側に住んでいたらしい。
夜中になるとコーンコーン・・・と丑の刻参りをする音が聞こえていたそうです。
いまは、そんなことはないでしょうね。

DSC07126.jpg

なんてことを父親に話しながら境内散策しておりました。
さすがに「縁切り縁結び碑」をくぐらせたりはしませんでした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感