So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

技のハンバーグ [食]

DSC07060.JPG

これは、先週の父親と外食をした時の記事。
父親と京大病院で待ち合わせ。
今週のための採血をして置かないといけなかった。
天気も上々だったので先に一人で採血に行ってもらっていた。

DSC07051.JPG

私は、終わる頃に病院へ。
父親が何処にいるかすぐにわかる。
匂いの痕跡を辿ればいいのです。(笑)
採血をする人が多く、ビックリした。
これだけ患者さんがいるんだ。

DSC07054.JPG

採血をして支払いまで、結構時間がかかります。
精算が終わり、ランチタイム。
「なにがいい?」と一応要望を聞く。
まあ、私としては行くお店は決めているのですが、一応聞くのです。
採血後だから、洋食系でもいいと考えていた。
洋食系は、結構血糖値が上がりますからね。

DSC07088.JPG
↑グリル富士屋「ハンバーグセット」サラダが隠れてしまった。ビーフシチューのセットと同じサラダ。どうも父親と食事をするとゆっくり撮影できない。

どうせ行くなら父親がいままで行ったことのない店がいい。
一番連れて行きたかったお店は、定休日だったので、第二候補に行く。
高台寺の近くにある「グリル富士屋」。
小さなお店ですが、昔ながらの洋食を出してくれる。

DSC07083.JPG
↑何気ないハンバーグだけど、父親も「いままでに食べたハンバーグの中で一番」と言った。

父親に「ハンバーグ」と行ったら、反対する訳がない。
彼は好きなんです。でもびっくりドンキーはちょっと無理。私も無理。
だから富士屋となった。
病院からタクシーでお店に行く。

DSC07076.JPG
↑手作りのお漬物セット

店に行くとスイカの種がいた。
最近の修学旅行生たちは贅沢ですね。
まあ、若い時にいいものを食べて置くのはいいことかもしれない。
それも学びというものかもしれない。

DSC07093.JPG
↑ビーフシチューセット

父親は、やっぱりハンバーグ。
ただこのハンバーグを食べて、いままで食べた中で一番美味しかったと言った。
上には上があるとわかっただけでもいままで生きてきたかいがある。
そういう小さなショックは、大切なことだと思う。

DSC07097.JPG
↑肉の半分を父親に分けました。

ついでにビーフシチューも別けて食べた。
本当は、洋食弁当を見せてあげたかったけど、私が食べる自信がなかった。
どうも最近、洋食も食べられなくなった。
その点、父親の食欲には感服する。
私が父親の年齢になったら、こういうメニューが食べられるだろうか?
自信がないなぁ・・・。

もし、私の子供が私にショックを与えようとしたら、どんなことで脳を刺激するだろう?極めて難しいかも。モノ?食べ物?
やりにくい相手ですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感