So-net無料ブログ作成

春の前の静けさ [社寺]

DSC06544.JPG

DSC06543.JPG
↑妙法院のお地蔵さんたち

本日も妙法院の続きです。
続きだからといってさほど珍しい写真はない。

DSC06561.JPG
↑普賢堂

元々ここは、観光客が多くない。
歴史が好きな人にとって面白いかもしれない。
でも全体的に地味なお寺かも。

DSC06566.JPG

普賢堂でも中に入り、ジッと籠もっていたらいいかも。
白龍辨財天も近くにより、じっくり見たらなかなかいいお堂です。
きっと効き目?がいいような予感がします。

DSC06569.JPG

狸谷山不動院にも白龍辨財天があるけど、結構暗い雰囲気だった。
辨財天は、陰湿な場所が多い。

DSC06569.JPG
↑宸殿

でもこれだけお堂の周りが綺麗に整備されていると気持ちいい。
後ろの池も良い状態です。

DSC06574.jpg
↑白龍辨財天

でもこの妙法院、花があまりないから春になっても地味なままかもね。
まあ、たくさん観光客に来てもらうのが目的のお寺でないから、それでいいのかも。
京都は、観光目的のお寺でない所も多い。
小さそうでも、奥で手広くやっている?所も結構ありますからね。

DSC06575.JPG

今日の記事は、ごれぐらいにして置きます。
これ以上、書くと裏話ばかりになりそう・・・。(笑)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

妙法院 [社寺]

DSC06536.JPG

昨日、ちょっとだけ足慣らしをしてきた。
ずっと家に引き籠もりでしたからね。

DSC06539.JPG

DSC06541.JPG

ということで近くの寺院に行ってきた。
妙法院(みょうほういん)は、天台宗の寺院。山号を南叡山と称する。本尊は普賢菩薩、開基は最澄と伝える。皇族・貴族の子弟が歴代住持となる別格の寺院を指して「門跡」と称するが、妙法院は青蓮院、三千院(梶井門跡)とともに「天台三門跡」と並び称されてきた名門寺院である。

DSC06551.JPG

DSC06553.jpg

この妙法院は、中をいつも公開していないから案外知らない人が多いですね。
四季で花が咲くとかもなさそうだし、入っても地味なお寺です。
三十三間堂は、妙法院が管理しているのです。

DSC06554.JPG

DSC06556.JPG

この妙法院の北隣にフォーシーズンズホテル京都があります。
昔は、病院だった。
あの時は、行ったことがあります。
池があってなかなか良かった。
病院の建物は古かったけど。
その病院で入院したこともある。
次女も入院したこともあった。

DSC06572.JPG

でもいまはフォーシーズンズホテル京都。
地場がよくなっているのかな?
機会があれば実際に見てみたい。
でもどうも足が向きません。
まあ、泊まることはないでしょうね。
歩いて5分で家に帰れますから。
打合せに・・・智積院の庭の方が好きかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春告草咲き始める [風景・和菓子]

DSC09259.JPG

もうすぐ1月も終わりますね。
すごいな・・・。
今日ぐらいから作品を制作した。
やっと帳簿の整備も始めた。
帳簿作業、ついこの間にやった感じがする。
こんな作業、誰もやってくれないからやるしかない。
昨年の自分宛の申し送りを読めば分かるはず。

DSC09245.JPG

DSC09248.JPG

気を付けないといけないのがPCの不調です。
いま、そんなことが起こったらどうしようもない。
この時期は、一日の作業が終わったらバックアップを複数の方法で実行。
PC一台に2台の外付けHDをぶらさげてある。
ネットなんか信用していない。一台は、つなげていないPCもあります。
これでだめなら諦める。

DSC09244.JPG

できるだけ外出しないで作業をしなくちゃ。
とはいうものの材料を探しに行ったり、外部の作業をしたりする必要がでるでしょうね。まあ、仕事ですから仕方ない。

DSC09244.JPG

気が付くと春告草である梅がそろそろ咲き出した。
ちょっと早いかもしれません。
でも梅の開花は嬉しいですね。
私は、桜より梅の方が好きかも。
香りが好きなんです。
咲きはじめの白梅の香りが格別です。

DSC07402.JPG
↑京都鶴屋鶴壽庵「捻梅」

DSC07424.JPG
↑こなし、白あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

目覚めると雪景色 [風景]

DSC06511.JPG
↑昨日のベランダからの景色

金曜日から日曜日の朝まで、寝たきり状態でした。
動こうとするとふらつき、転けそうになる。
原因が分からなかった。

DSC06512.JPG
↑この程度の雪なら実害がない

熱がある?
そう思ったのです。
でもしまってある場所がわからない。
京女に聞くとだしてくれた。
でも・・・バッテリーが切れていた。
我が家は、そんなものなんです。
あまり熱を出す習慣がないのです。

DSC06521.JPG
↑この程度でも金閣寺や清水寺に観光客が殺到するんだろうな

取りあえず体温計を買って来てもらい、測ると38.5ぐらいだった。
風邪、ひょっとしてインフルエンザ?
こういう場合、身体がセーフモードに入るようです。
つまり何も食べずひたすら寝る。
後は身体が自動的に治ります。
熱が出るということは、ウイルスが暴れているのかな?

DSC08948.JPG
↑以下の写真は、2017年1月16日

ちゅうど特殊な水の新型が届いた。
これは良いタイミング。
その水でくれした。
身体中が痛くなるのは、自分で作った装置のいい実験になりました。
痛みが一瞬でなくなった。
すばらしい。

DSC08973.JPG

DSC08980.JPG
↑臥雲橋から見た、通天橋。もちろん昨日は外出しませんでした。

この原稿は日曜日の午後に書いています。
だから、月曜日には、普段通りに動けるようになっているでしょう。
目出度し目出度し。

DSC06142.JPG
↑粕汁

目覚める時もありました。
水分だけで暮らす入院生活モードになるのです。
でもこういう粕汁が食べたかった。
ラーメンの丼にいれた粕汁。(笑)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

知恵熱?アホ熱? [いただきもの]

DSC03372.JPG
↑25日限定の二軒茶屋餅

木曜日の夜からやたら寒かった。
これは私としては珍しいことなんです。
次の日、外出した時も寒かった。
ダウンジャケットをきているのにです。

DSC03380.JPG

熱があるのかも・・・と思ったけど我が家に体温計があるけどバッテリーが切れていた。
背中も痛くて辛どい。
私、熱を出したことがないのです。
京女に体温計を買ってきて貰って測ると38.5度ぐらいだった。
だから朝、起きられないんだ。
それにやっと気付く。

DSC03381.JPG

こうなったら寝るしかしかたない。
食事も食べず寝ております。
そんな時、伊勢から二軒茶屋餅をお送りいただいた。
これが二日ぶりの食事です。
これが力餅になり回復するのでしょう。

DSC03384.JPG
↑全部は食べられませんが美味しくいただきました。ありがとうございます。

朝、ブログの記事がアップするのが遅かったのは、そんな事情でした。
本日、法事の予定だけど、私はお休みでゆっくり寝ます。
中途半端な形で行くと風邪を年寄りにうつしそうだしね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感