So-net無料ブログ作成

ぼんごれ?? [洛外]

DSC00409.JPG
↑河内長野「高野山真言宗遺跡本山 檜尾山観心寺」

DSC00408.jpg

これは4月17日に河内長野にある観心寺に行った。
役小角(えんのおずぬ)が創設し、名前を変え宗派を変え、今にいたったお寺。
ここにある如意輪観音が年に一度御開帳される。
なぜか、4月17日のPCの予定表に書いてあったのです。私が書いたと思うのですが、いつ書いたのか分からないという不思議なご縁。
地元の方に案内をお願いして連れて行ってもらいました。

DSC00400.JPG

DSC00385.jpg

如意輪観音さんもあまり馴染みがなかった仏です。
日本的な役割は、六道の衆生の苦を抜き、世間・出世間の利益を与えることを本意とするそうです。
六道の内、「天道」の住人救済をするという特殊な仏。
※六道/六道とは輪廻転生する6種の世界。天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道のこと。我々は、普通「人間道」と繋がっている。中には修羅道や畜生道なんかと繋がって現世に生きている人間もいるかも。
※天道/天道は天人が住まう世界である。天人は人間よりも優れた存在とされ、寿命は非常に長く、また苦しみも人間道に比べてほとんどないとされる。また、空を飛ぶことができ享楽のうちに生涯を過ごすといわれる。しかしながら煩悩から解き放たれておらず、仏教に出会うこともないため解脱も出来ない。天人が死を迎えるときは5つの変化が現れる。これを五衰(天人五衰)と称し、体が垢に塗れて悪臭を放ち、脇から汗が出て自分の居場所を好まなくなり、頭の上の花が萎む。天道でもだめなんですよ。

如意輪観音.jpg
↑如意輪観音像 大阪・観心寺 平安時代前期「週間古寺をゆく48」小学館刊より

お寺の説明に「なんこうさん」というのが出て来た。
「落語と関係あるのかな?」と思った。
よく考えたら「なんこうさん→南光さん→楠公さん」のことでした。
もっとも南光さんもお母さんが南河内郡千早赤阪村出身なんだそうです。

DSC00389.JPG
↑お寺で線香が寝かせてあるのが私には珍しく感じた。

DSC00382.JPG
↑そういえば我が家は、浄土真宗だから本来は、線香を横に寝かせる。昔は、灰を型にして溝を作り、そこ線香の粉?を流し燃やしたのが線香の始まりらしい。

DSC00386.JPG
↑最近、父親に「どうしても線香をつける場合、我が家は浄土真宗だから線香は寝かしなさいと進言している。いつもは、線香方LEDを使ってももらっている。

このあたりの有名人は、八尾の朝吉ぐらいかな?と思っていたけど、楠公さんもそうなんだ。えらい失礼しました。

ここから先は、表題「ぼんごれ」の内容です。

DSC00414.JPG
↑麺坊 万作「ぼんごれ(あさり)」

「ぼんごれ」→「ボンゴレ」→「ヴォンゴレ(vongole)」と想像して。
でもここは蕎麦屋だ。
そうなると興味をそそられた。
??でしょ。
普通「ぼんごれ・ボンゴレ・ヴォンゴレ」というとナポリのパスタ料理ですよね。
ヨーロッパアサリ(Venerupis decussata)などが使用したパスタ。
トマトソースを使ったヴォンゴレ・ロッソ(ロッソ=赤)と、使わないヴォンゴレ・ビアンコ(ビアンコ=白)、そしてトマトを潰していない中間的な物も良く見られる。最近、ヨーロッパアサリを使わないで、近年では日本から移入されたアサリも多く利用されているそうです。なんでやろ?

DSC00413.JPG

ということで注文してみたら、写真のような状態だった。
確かにアサリだよねぇ・・・。
食べて見ると、出汁は普通だった。
「ワインぐらい使っているのかな?」と味わうと日本酒みたいな・・・。
結局、訳がわからなかった。
「あさり蕎麦」でいいじゃん。なにも「ぼんごれ」と名付ける必要ないじゃん。
なぞです。
もちろん、不味くはなかったですよ。
でも天ぷら蕎麦セットにしたらよかった。(笑)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 社寺 洛外
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

奈良に行く [洛外]

昨年末、京女と実家の父用の買い物をして届けた。買い物でグッタリ疲れていて夕方薄暗くなる中、歩いていて木にブツカッタ。別にながらでもなかった。いまだに不思議なんです。その胸からブツカッタみたいなんです。きっと肋骨にヒビが入っていると思う。いまでも咳をすると痛いからそうだと思う。でもこんなもの整形外科にいってもレントゲンで被曝して「肋骨にヒビが入っていますね」とドクターに言われるだけでしょう。膏薬を少々もらう程度だろう。だから行かない。
それよりショックだったのは、眼鏡が歪んだこと。咄嗟に治したのですが、私のメインの眼鏡は、そんな簡単にはいかない。
肋骨は、ほっておいても治るけど、眼鏡はだめ。

DSC05906.jpg

奈良のDEER GLASSESは、4日から営業していた。
電話をして行くことにする。
午前中、電話で時間を取られたから昼から奈良へ行きました。

正月の奈良なんて始めてだった。
東洋系の外国人観光客がすごく多かった。
駅前の商店街だって、中国語と韓国語が氾濫しているのです。
ここは、どこの国?と思うほど。

DSC05907.JPG

眼鏡屋さんまで歩いて行ったわけです。
本日の写真は、猿沢の池あたりの写真です。
五重塔が見えても全然、写真を撮ろうともしない自分に驚く。
京都人は、奈良に行っても全然興奮しない。
社寺なんて珍しくもなんともない。
鹿を見てもそう。
標準的な京都人は、私のような反応をするのかも。
用事をすませてさっさと帰ろうとするのです。
事実、帰った。

DSC05882.JPG

眼鏡屋さんで、修正にちょっと時間がかかった。
やっぱり思った通り、レンズを外し、分解して修正してくれた。
もって行ってよかった。
無事、治りました。

DSC05887.JPG

奈良から帰ろうとチケット売り場を見て怖かった!
行き先が中国語とハングルだったのです。
日本語が見つけにくいのです。
私が脳出血を起こした時、コンピュータの画面が中国語やハングルに見えたのです。
あれは、怖い経験だった。
その時のことを思い出した。
それだけ外国の観光客が多いのでしょう。
あれ、英語表示だけではだめなのかな?
とても汚いと思った。アナウンスも英語だけではだめのかな?
そこまで親切にする必要があるのだろうか。

DSC05888.jpg

京都も有名な社寺の門前町は同じなんだろうか。
そこまでする必要があるんだろうか。
商店街が汚いのです。表示が。
フト、そんなことを感じました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:風景 洛外
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

奈良へ [洛外]

先月発注していたメガネが出来上がった。
こればかりは、微調整が必要なので本人が行くしかない。
ということで今日を逃がすと今週は行けないので、朝から奈良へ向かう。
近鉄電車で奈良に行く。
特急と思ったけど、発車時間が合わないので急行で行きました。
車両に乗ると外国人の観光客でいっぱいなのには、驚いた。
着物をきた人はいなかったけど、セーラー服を着た人がいた。
男性は、学生服はなかった。ちょっと残念。
乙姫さんのような扮装はいなかった。
社寺で断られるからからかも。
ミニのセーラー服だって問題やね。
明らかに中高生じゃないし・・・。

DSC02998.JPG
↑猿沢池

スマホを操作して静かにしているかというとそうでない。
しかも近鉄の車両って古いから、液晶表示がない。
今どこか、次の駅は・・・全然わからなかった。
アナウンスも聞こえにくいし・・・。
特急にしたらよかったと後悔。

DSC03000.JPG

さて奈良に着いた。
これからメガネ屋さんに徒歩で行く。
大体方向は、わかるので歩きだす。
アーケードの所を通った。
懐かしいな。
お昼前だったけど、ダンダンお腹が空いてきた。
でも食べ物のお店の表示が中国語と韓国語表示ばかり。
そんなお店に入りたくないですよね。
きっと観光客が食べるのでしょう。

DSC03001.JPG

歩いていると何となく思い出してきた。
もう少し行ったら、餅つきの店の筈、それを過ぎたら、猿沢池があって・・・
なるほど、あります。
ちょっと懐かしい。
行きしなは、細い道をジグザクに歩いていった。
奈良の細い道の町家は、京都市より綺麗に保存されている。

DSC03039.jpg
↑京都市内にはない標識かも

かなりのスピードで歩くと20分ぐらいでメガネ屋さん(ディア・グラッシーズ)に到着。その前にお隣でカレーを食べる。
前回、美味しいとディア・グラッシーズのご夫婦が仰っていたので気になっていた。
そのことは、また後の記事にします。
お店で座るとドット汗がでて止まらない。
昨日は、夜中から身体が熱いのです。熱があるという訳ではないのです。
他の方は、寒かったと仰っていたのですが、私にとっては寝苦しかった。
更年期障害?それともエネルギーが活性化してきた?

DSC03053.JPG
↑今回は、鹿の多い場所は通っておりません。

2つのメガネは、快適になりました。
実は、単焦点にしたのです。
遠近両用をためたのです。
文字が読めないのに、老眼対応もないですから。
小さな丸いレンズに、遠近にすると足下が変に見えるというストレスがあるのです。
デスクワークでも近・近や中・近なんて使っていますが、単焦点でいいのかも。
そういう些細なことが疲れに繋がるのです。
まあ、人によって違うでしょうが。
それを店主さんに勧めてもらった。
確かに外出先で手元の文字を読むことはない。
丸めがね同好会の皆さん、奈良へ行きましょう!

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:風景 洛外
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ササッと [洛外]

最近、どうも時間管理がおかしい。
原因は、MacBook Airでスケジュール管理し、iPhone3GS(すごく古い、OSバージョンが9.3.5で運用している。なぜならアプリが新しくすると未対応になるからである)に転送する。
これが転送されずに消えてしまうのです。
原因は、AppleIDが複数あるのが原因。
初期の頃、操作を間違って複数できていた。

DSC02641.JPG
↑昨日のランチ、カレーライス

だから、スケジュールをMacBook Airで書き込むと消える時があるのです。
消えない時もある。
しかもiPhone3GSのスケジュールが書き込めない。
それを修正ないまま運用しているから、時々、ダブルブッキングや抜けが生じる。
一昨日もそうだった。書き込んだ筈の時間になってない。
最近、妙に忙しいからチェックが甘かった。
待ち時間が1〜2時間できてしまった。
メインのPCの前に殆ど座れないので、MacBook Airを持ち歩き、仕事をしておりました。やっぱり重たいですね。
もっとPC軽くなってくれないかなぁ・・・。

DSC02642.JPG
↑高級風でしょ。

手書きができない私はどうしようもない。
困ったものです。
方法は、iPhoneとMacBook Air、Apple Watch、Wi-Fiをすべて新しいものにして一から構築するのがいい。
それをする時間がもったいないのと、新しいOSを設定するのは、正直言って怖い。
テキストでないカタカナを読まないといけないのです。
私が一番苦手とする作業。しかも字が細かい。

DSC02643.JPG
↑らっきょと福新漬、あまり高級そうに見えないのはなんでやろ?

それともiPhoneなんかやめて携帯電話に戻すかですね。
いまのiPhone3GSは、そのままアプリを使い続けるためにそのままにする。
スケジュールだけ携帯電話でする。
Bluetoothに対応していたらら問題ないだろうし。
別に写真を撮ってネットにアップすることもないし、LINEなんかも止めればいい。
メールもそれほど関係ない。Twitterなんてのもやらないし・・・。

DSC02653.JPG
↑結局、ライスカレー状態にして食べてしまう。チョコチョコかけて食べるなんて出来ない京男であります。よく考えたらここ二日間ガレーばっかり食べている・・・。

昔、思っていたことがだんだんそうなってきている。
用事のある人は、私を念じてくれれば反応できるようになるかも。(笑)
そういえば、最近、どうでもいい食べ物の写真が多いでしょ。
風景を撮る時間が殆どないのです。
昔は、バイクで移動していたから、風景も撮りにいけた。
いまは、タクシーですよ。
行ける場所に限りがある。
しかも昔撮った場所が最近汚くなっている。外国人もウヨウヨしてるしね。
どうも最近の京都はよろしくない。
自分の感性が鈍っているだけかもしれませんが・・・。

DSC02658.JPG
↑ディナーはこんな感じになる。天ぷらと御飯無しにした方がよかった。

なんかぼやいてしまった。
すんまへんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

神木と駅の融合 [洛外]

DSC06903.JPG

ここは、京都市内ではないです。
大阪府寝屋川市萱島町にあります。
簡単に言えば京阪本線沿線「萱島」駅の話。

DSC06900.JPG

DSC06881.JPG

ここは、食事に来るだけで他に用事はありません。
でもいつもホームに木が生えているから不思議だった。
テレビで時々登場するようです。

DSC06883.JPG

歴史を書き写します。
一帯は「萱島流作新田」と呼ばれる開拓新田であったが、その鎮守として天明7年(1787)に萱島開拓の祖神を祀ることとなり、宗源の宣旨により豊受大神・菅原道真が勧請・合祀された。明治時代には村社に列格し、「神名社」という社名であったことが明治12年(1879)の記録にあるが、明治40年(1907)に一旦廃社となった。

DSC06884.JPG

DSC06890.JPG

萱島には樹齢700年と推定される楠があるが、京阪本線の高架・複々線化の予定地内にかかり、伐採されることになった。しかし、市民に親しまれていることから保存を望む声が上がって保存することとなり、ホームと屋根を楠が突き抜ける形で駅が作られた。楠の隣の駅の下の敷地に京阪電鉄が社殿を造営・寄進し、昭和55年(1980)7月、「萱島神社」として再興された。

DSC06893.jpg

700歳の楠を愛する近隣の人たちのパワーですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:大阪 社寺
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感