So-net無料ブログ作成

カレーラーメン&ギョーザ [食]

DSC01602.JPG

昨日は、父親の付き添いで大学病院に行く日だった。
いつものように私の所にタクシーを呼び、タクシーで実家に行き、父親をピックアップ。そして病院へ。
朝は、そうでもなかったけど、昼間の一番ピークは30度ぐらいになったと思う。
週末は32〜35度!になるそうです。
まだ蒸し暑さを伴っていないからいいけど、湿度がでたらたまらないでしょうね。
高齢者の場合、クーラーのスイッチを入れない可能性がありますからね。
そのあたりはきつく言って置かないといけません。

DSC01618.JPG
↑柳園「カレーラーメン」父親の好物らしい。手が動き出しているでしょ。「待て!」が効かない。

さて、今回の血液検査の結果が注目していた。
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の数字を注目していたのです。
ドクターは、この数字を見ています。
標準範囲が5.5以下なんです。
それが父親の場合10になっていた。
これは、問題なんです。
これ以上数字があがるとインスリン注射の量を増やさないといけない。
増やすのはいいけど、なにかの原因で食欲がなくなり、食事を摂らない状態でインスリン注射をすると低血糖の発作を起こす。これが怖いのです。
父親は、その自覚がない。

DSC01624.JPG
↑焼餃子、これも父親の憧れ。

いろいろ食べるものでアドバイスするのですが、なかなかきいてくれない。
糖質という概念を理解していない。
うすうすわかっているのはわかりますが・・・。
とぼけています。

DSC01608.JPG
↑日替り定食、御飯が小、なんだか父親に負けているような・・・。

検査の結果は、意外な状態だった。
9.0だった!
10が9.0になるのは、結構すごいことです。
原因は・・・私に心当たりがありました。
これ以上書くと話しが不思議すぎるのでやめます。

DSC01610.JPG

数字は数字なので、診察室で「すごいじゃない!!」と父親を誉めました。
ドクターには、理由をそれなりに私が話した。
飲物をちょっと変更した。
父親は、ジュースとか砂糖入りの紅茶飲料を飲んでいた。
酢を飲むと身体にいいとか言って、市販の酢飲料を飲んでいた。
それらに、炭酸水で対抗してみたのです。
最近の炭酸水、かすかにフレーバーがついているのがあります。
人工甘味料も使っていない。でもフレーバーで甘く感じるのです。
紅茶フレーバーの炭酸水とか・・・。

DSC01609.JPG

それを勝手、冷蔵庫に入れて置いたのです。
「これなら飲んでもいい」と言いながら。
父親は、半月ぐらいその手に乗ったようです。
炭酸水って飲むとお腹が炭酸で膨れます。だからモノを食べたくなくなる。
つまりおやつも食べなくなる。
最近の若い女性がダイエットとしてやっている方法なんだそうです。
ドクターは、それで納得してくれた。
本当に父親はそうしたかどうかはわからないけど。
でも数字が全てです。

DSC01619.JPG

ということで病院後のランチは、柳園へ行きカレーラーメンとギョーザを食べさせました。それからデザートも豪華にしました。
がんばったご褒美ね。

こうやって誉めて、餌を与え、訓練するのですよ。(笑)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カラフル&ヘルシー [食]

DSC01469.JPG

最近、本日の写真のようなモノが食べたくなる時がある。
なんだろう?
弱っているのかなぁ・・・。

DSC01450.JPG
↑ハーベストサラダ/フルーツ、ハーブ、穀物を使い、体が喜ぶ自然の恵みたっぷりのHARVEST DAYSオリジナルサラダ

本日の写真は、COCON KARASUMA 古今烏丸にある「HARVEST DAYS」。
最近、お気に入りのOil & Vinegar 京都に行くのがきっかけで、行きました。
写真は、二日分を合体させてあります。

DSC01212.JPG
↑スパイシーチキンカレー/フルーツをふんだんに使ったスパイシーなカレー。それほどスパイシーじゃないかも。

天井が高く、自然光が入ってくるのが好き。
最低は、地下で薄暗いお店かな。
天井が高いのもお気に入りの要素。
食べるものは、こういう女性好みのメニューのカフェになるのかな?

DSC01458.JPG
↑グリルドチキンとグレープフルーツのサラダ

DSC01474.JPG
↑パンがあったらなぁ

最近、食べる範囲が狭くなっている。
昔、よく行った珉珉なんかも、全然身体が受け付けなくなった。
私が変わったというより、最近のお店の料理、塩分が強すぎる。
中には玉子をトッピングして味を誤魔化す店が多くなった。
油も悪いし・・・。
ひょっとして私たけかもしれません。
でも塩気の強いのは、確実だと思う。

DSC01494.JPG

それといい加減な気持ちで作った料理が多い。
私、最近、料理を食べたら、つくった人の状態がわかるのです。
何も「料理に愛情を込めなさい」とはいわない。
プロですから愛情なんかどうでもいい。プロは愛情でなく「いい舌」と「技術」だと思う。プロが「愛情を込めました・・・」なんて言われても困ります。

DSC01483.JPG
↑季節のプレミアムフルーツ

DSC01497.JPG

家庭でもそうかも。
愛情のこもった不味い料理は困ります。
でも気を込めた料理はありうるかも。
それは出来ないことはない。

DSC01501.jpg
↑宇治黒豆かき氷、これは抹茶がだめでした。本当はマンゴーが食べたかったけど、この日は終了していた。残念。

まあ、料理に愛情を絡まさない方がいいと思う。
「愛情」でなく「愛」ぐらいならいいのかな。

DSC01201.jpg

取りあえず最近、こういう果物や野菜系の食べ物を食べるようになった。
このお店、欲をいえば一階のOil & Vinegar 京都から、オリーブオイルやビネガー類が持ち込めたらもっといいだろう。
それと美味しいパンもね。

DSC01231.JPG

このCOCON KARASUMA 古今烏丸は、京都シネマにはよく来ていたけど、最近また買い物や食べ物で行くようになった。私のマンションからだと案外行き易い場所にある。一階のお香の所はちょっと香りがキツすぎて私は長く居られない。香りには最近敏感すぎるのです。どうしても買う時、京女と一緒に行って、包装をする間(これがまたバカ丁寧なので時間がかかる)外で待避しないといけない。私特有なのかもね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

近くにあったらいいのになぁ・・・ [食]

DSC01106.JPG

ひょっとして久しぶりの田中長生療院だったかも。
今回は、私だけで行きました。
朝、急に行きたくなるのです。

DSC01055.JPG
↑松庵「そば定食(御飯・鶏山しょ焼き・しんじょう・そば)」これで1000円がいいですね。最近、腹立つのがメニューで1000円と書いてあり、レジで1,080円だったりするのが一番気分が悪くなる。すごく損をした気持ちになる。このお店はそういうことはないです。

肩と頚椎が固まってきているのがわかるのです。
わかっていても頚椎はなかなか緩んでくれない。
いろいろ雑談をしながら施術していただきました。
いつもありがとうございます。
もう長いつき合いですよね。
30年ぐらいになるのかな?

DSC01047.JPG
↑出汁がいいのです

DSC01049.JPG
↑鶏山しょ焼き

子供をバイクに乗せて来たりしたな。
長女が一番多くバイクに乗せていたかも。
いまでは、彼女もバイクに乗っている。
面白いものですね。

DSC01051.JPG
↑しんじょう

DSC01058.JPG
↑こういう顔の七味がいいのです。香りもいいしね。七味のいいうどんそば屋さんは間違いない。エスビーの瓶のままなんてのはだめ。

次女は、ランチによく連れて行った。
中高生の時、バイクに乗せてランチ。
次女が一番、美味しいものを食べている。
普通、高校生になったら父親についてこないと思うでしょ。
我が家は違うのです。私が母親と同じぐらい接しているから違和感がないのです。
高校の時、神戸に遠足に行った時、南京街の肉屋で焼き豚を1本買って来てと言ったら、買ってきた。勉強はあまりできなかった?かも。でも沢山ぶら下がっている焼き豚を見て、美味しいものを探ってこれた。彼女が握り寿司を選ぶ時の真剣な表情はすごいものがある。(笑)

田中先生、チャンと座れて食べられましたよ。
あの時間で私だけだったのには、笑ったけど。
そこまでしてくれる必要はないのにね。
念いってすごい。
次回は、京女と行きます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

父の爪が壊疽だ!? [食]

一昨日、父親を鍼灸治療に連れて行きました。
今回は、左足が少々浮腫んでいた。
動かしませんからねぇ・・・。
足をみてびっくり!足の指先が壊疽になりかけ?もしくは腐っている。父の生き腐れや!!と思った。

DSC00842.JPG
↑朝から汚い画像ですんません。最初見た時びっくりしました。これが糖尿病で起こる壊疽だ!と思った。本人もちょっとびびっていた。人騒がせですね。

つついいてみても痛くない雰囲気。
原因がわかった。風呂上がりに爪水虫用の薬を塗り、寒いからとすぐに靴下を履いて寝たらしいのです。自分では爪がこんなになっていると気付いていないとは・・・。
脅かしますね。鍼灸の先生と騒いでいるとさすがに、本人も怖くなったらしい。
事実、アルコールで拭いてももらうと染料がとれました。
人騒がせな父です。
今回は、足が浮腫んでいるということで、電気刺激で筋肉状況させる仕組みをやってみた。足がかってにヒクヒクと動く。理屈上は、これで筋肉状況できるとのこと。
父親は、腹筋を鍛えたいらしい・・・テレビのCMの観すぎやね。
でも、歩かない老人に電気で刺激して筋肉が増強できるならいいのかも。
もう少ししたら、父親の足に電極を貼り、スマホで制御できるようになるかも。遠隔ジジイや!
名付けて「らくだシステム」(笑)落語をしらない人にはわからないか。

DSC00847.JPG
↑グリルアンドバー東洋亭近鉄店、これは名物のトマト。トマト嫌いでも食べなければいけないのだ!

治療が終わって、父親がサラッピンになった。
食事をすることになった。
イオンモールのフードコートで昼食を食べようと父親が言った。
機嫌良くなったのに、イオンのフードコートはないよ父上。

DSC00851.JPG
↑切っても「桃太郎」や「バニーガール」はでなかった。

ということでグリルアンドバー東洋亭近鉄店に行く事にした。
連休明けだから、まさか混んでいないだろうと私は読んだ。
確かに読み通り。
席を確保。

DSC00872.JPG
↑ミンチカツカレー

メニューが持ってこられた。
あの日、私はメニューが読めなかった。
読字障害って日によって調子が違う。
なんだろう?
写真をみたら何となくわかるけど・・・
父親は、字は読めるけど、片目が見えず、見にくい。
悲しい父と息子だ。

DSC00855.JPG
↑野菜煮込みソース ハンバーグ

父親は、ミンチカツカレーを食べたいとのこと。
ハンバーグだと思っていたのに・・・。
咄嗟に私は野菜煮込みソース ハンバーグにした。
ハンバーグなんて食べたくなかったのに・・・。
父親にちょっとハンバーグを食べさせようという息子心。

DSC00879.JPG
↑熱かった・・・

父親と食事をするとどうも落ち着いて食べられない。
なんだろう?
溢したりしないか?服を汚さないか?口のまわりをよごしてないか・・・。
ずっときになる。
お陰で熱々の煮込みハンバーグで口の中を火傷した。
口の中の粘膜が一皮剥けました。
そうなったら味もクソもない。
やれやれ。

その後、伊勢丹で食料品を買う二人であった。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポテト〜♪ [食]

DSC00754 2.JPG

昨日の「連休中、父との外食」の続き。
今回は、京女もいるので注文できる範囲が増えるのが嬉しい。
父親と私では、品数に制限がある。
しかも父親が食べられない硬い食材があっても問題ない。

DSC00754.JPG
↑鳳泉「エビカシワソバ」

だからいつもなら注文できない古老肉(スブタ)なんかも注文できる。
今回は、京女にカシワシイタケを食べさせてあげたかった。

DSC00773.JPG
↑カシワシイタケ

二人と三人とでは、かなり違う。
本当は、四人ぐらいならもっと楽しい。
人数が少ないと食べきれませんからね。
本場なら残すことで満足を表現うするらしい。
でも、ここは、日本だし、そんなことはできない。
というかしたくない。床を汚したりもしない。
本場からの観光客は、そういう感謝の気持ちでゴミを散らすんだろうか??
わかりません。

DSC00761.JPG

DSC00764.JPG
↑スブタ、いまは、ライチがアクセントやパイナップルが入っている。私の好きなキュウリも入っている♪

それからデザートに「ポテト」が注文できる。
これは、父親と二人では食べきれない。
もちろん、残ったら持って帰ればいいのだろうけど・・・冷めたら美味しくない。
飴のパリッとした感じが好きなんです。

DSC00776.JPG
↑憧れのポテト

DSC00779.JPG

これぐらいなら三人で綺麗に食べられる。
写真を撮っている時、父親の手が入りそうだった。
今回は、二人でなかったから、精神的に余裕があったのでしょう。
写真が綺麗。
撮影する時の気分が落ち着かないとどうも綺麗に撮れない。

ということでこの日は無事に終わりました。
食べ終わったら、私の次に行く時間が来たので、父親と別れました。
無事、帰ったかどうかは、ロボットでチェックをいたしました。(笑)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感