So-net無料ブログ作成

神輿とキツネ [食]

なんかやたら京都市内を走り回る数日でした。
本日の写真は、京女と永正亭でディナーを摂った。
そういえば父親と行くことがあるけど、京女と二人でいくのは久しぶりかも。

DSC04208.JPG
↑永正亭「木の葉丼(小)」田舎そば(小)は、天盛りの海苔に焦点があっていて没。

私は何故か衣笠丼ときつねうどん。
お揚げさんが食べたかったのかな・・・。
京女は、田舎そばの冷たいバージョンだった。
これは珍しい。暑かったからかな?
丼は、木の葉丼。

DSC04210.JPG
↑衣笠丼(小)

衣笠丼にしても木の葉丼にしても京都の貧乏臭い丼ね。
地元の人間としては、親子丼や他人丼はあまり食べないのです。
ましてや鱧丼なんてのは食べない。
私の知っている京都人は、鱧が嫌いです。
「ええ?」でしょ。
7月は鱧月で鱧をよく食べる・・・鱧の落としを梅肉で・・・酒飲みならそうかも。
お酒を飲まない家庭はあまり食べない。
私も鱧はあまり好きでない。
母親がよくよく作った蒲焼きの鱧と胡瓜の酢の物が嫌いだった。
形状的に鰻だと思うって食べたら骨っぽい鱧というがっかり感が嫌いになったのかも。でも鱧の箱寿司は好きだった。なんだろう?

DSC04212.JPG
↑きつねうどん(小)

その帰り、祇園祭の御神輿の前を通った。
カメラが違うからどうも撮影し難い。
広角でないのも撮りにくい原因かも。

DSC04222.JPG
↑祇園祭神輿

昨日、一昨日は、カメラを持ってでるのを止めた。
落としそうになるのが怖いのです。
いつ雨が降るかわからなかったしね。

DSC04228.JPG

そういえば、雨が降るといいながら私が出ている間は降らないですね。
ありがたいことです。
梅雨は、京都市内に関して十日ほど前から梅雨明けだったと思う。
蝉が元気にないていますからね。
私は、生命をかけて生きている蝉を信用します。
気象庁の人は予報に生命をかけていない。機械と過去のデータばかりを観ているだけでは当たらない。しかも警報を乱発して不安を煽る。熱中症対策で水分をこまめに摂ってくれとうるさい。そんなこというから街中をコーヒーを飲みながら歩くバカな人が増えている。あれって水分補給なのか?糖分ばかり摂っていたら糖尿病になるよ。スイーツ・・・なんてもの高カロリーだし・・・。肉も食べすぎたら尿酸値が高くなるよ。テレビの健康番組なんかも観たらいけません。病気になる。健康管理なんていい加減で一番。

DSC04230.JPG

長生きしたかったら、面の皮を厚くするのが一番です。
政治家や坊主をみるとよくわかるでしょ。(笑)
何を書いているんや・・・。
すんませんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おとき [食]

DSC03197.JPG
↑ホテル日航プリンセス京都「翡翠苑特製冷菜」

7月や8月は法事が多い月なんです。
本日の写真は、法事の後の「お斎(おさい)」の時のもの。

DSC03204.JPG
↑蟹肉と冬瓜の生姜香るスープ

DSC03217.JPG
↑夏の食材を包んだ春巻

精進料理じゃないと言われそうですね。
でも故人夫妻が好きだった場所で好きな中華料理がいいという説明でした。
それは、それでいいのだと思います。
主役は、故人ですからね。

DSC03231.JPG
↑黒アワビと海老のあっさり塩炒め

私ならどんなお斎がいいかな?
大徳寺一休「大徳寺精進料理本膳」がいいかも。
まあ、そんなことは子供たちはしないだろう。
料理の写真だけとか・・・。

syoujinryouri2.jpg
↑こんな感じね。大徳寺一休「大徳寺精進料理本膳」

精進でなくてもいいのですが、料理のタイトルが「開業十五周年記念黒アワビランチ」とあります。
黒のアワビとか黒酢を使った料理という意味なのかな?
黒が流行なんでしょうね。

DSC03233.JPG
↑黒酢の酢豚

DSC03243.JPG
↑翡翠苑特製焼飯

黒は、だめだと思います。
黒というと不祝儀で、祝儀は朱と思いがちです。
これは逆なんです。もちろん地域によっても違うらしいのですが、本来朱塗りの器は貴族でも高位の方々しか使うことが許されなかったものです。ですから仏様へのお膳は朱塗りを用います。
不祝儀の精進料理を不祝儀の精進料理を一般の人たちに朱塗りの膳でだすのは、仏様のおさがりをいただくという意味で朱塗りの器を使うのを許されているのです。
以上のような意味合いからすると「黒云々」は避けた方がよかったかも。
そこまで考えてくれたらよかったのに。

DSC03253.JPG

DSC03255.JPG
↑デザート二種

料理も伊勢エビの踊り食いとか・・・。
赤ピーマン炒めとか、真っ赤な麻婆豆腐、赤蒟蒻の刺身、近江行の赤身ステーキ・・・なんかがいいのかも。
なんて考えながらお斎をいただいておりました。
時々、クスッと笑っていて気持ち悪い雰囲気だったかも。

なにはともあれ無事に終わってよかった。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガァ〜〜ン! [食]

昨日は、京女の足の治療につれて行く。
指に小さなタコができているのです。
施術後に、岡田先生曰く「これぐらいのが一番痛いらしい」。
自分でお灸をしてメンテナンスをしてもやっぱり解決しないのを見かねて予約しておきました。

DSC03364.JPG
↑小さいけど、硬いので痛いのだそうです。簡単にとれました。

施術は、5分もかからないのです。
これを皮膚科に行くとメスで切り取ったりします。でもそれだと芯が残ったりするのです。麻酔をしての施術となる。岡田先生の所だったら麻酔もいらない。すごいと思いますね。タコでお困りの人は相談したらいいかも。

DSC03355.JPG
↑まだ、無色透明。

DSC03384.jpg
↑最後にこんなになりました。綺麗に?出ました。すっきりね。

続いて京女のデトックスも「ゴッドクリーナー」も体験させた。
たくさん、訳のわからないモノが出て来た。
父親の写真と比べるとかなり出ている。
わかいということかもね。

DSC03129.jpg
↑これは、我が父親の状態。出るのが少ないですね。

この「ゴッドクリーナー」数回すると出てくるモノが少なくなるのだそうです。
面白いですね。

DSC03385.JPG
↑福助「豚生姜焼き定食」

DSC03389.JPG

その後、ランチを食べ、買い物をして家に帰る。
家で、写真の整理をしているとカメラが突然おかしくなった。
買ったお店に電話して、修理に出すことになった。
汚いものを撮影したからかなぁ・・・。
カメラを買った時、十年保証というのに入っているので安心です。
十年も経ったら、新しいカメラに買い換えるでしょう。
でも保証期間は有効だ。
でも、入院している間、カメラが大きいのしかない・・・。
写真がちょっと少なくなるかも・・・。

DSC03394.JPG
↑塩だれ牛たん炒め定食

そうこうしている間、口の中に違和感が・・・でポロッと大きな詰め物が外れた!
連休の初日に限ってこんなことが起こる。
あまり、モノが噛めなくなりました。
カメラもさることながら、ちょっとテンションが下がりました。
早く連休が終わらないかなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっとだけ違うことをする [食]

DSC03265.JPG
↑月曜の私のランチ、ビィヤントのベジタブルカレー。

日曜日に実家に行けなかった。
でも用事があり、実家に月曜日に行きました。
行けばいろいろ用事がある。
細かいところでは、拡大鏡のバッテリーの交換。
ただ、ボタン電池なので買いにいかないといけない。
扇風機のリモコンがないという話なんかもある。
きっとしまい込んでどこかに行ったのでしょう。
私なら、扇風機のシーズンが終わった時、掃除をしてしまうのですが、リモコンはバッテリーを外し、本体にくっつけて保管しておきます。
でないとどこかに行ったりします。リモコンが無くなると困りますよね。
私の所にある扇風機でも一度無くなったことがある。扇風機が新しい時はメーカーに言って買えばいい。実家のものは廃盤になっていて、電気屋さんに問い合わせるとメーカーでないらしい。
まあ、立ってスイッチを入れたりしたらいいのですが・・・邪魔くさいらしい。
運動だと思って動けばいいのに。

DSC03268.JPG
↑月ヶ瀬「黒蜜ミルクかき氷」

人にもよるだろうけど、父親は、習慣を変えようとしませんね。
何曜日は何をすると決めて変えません。
私なら、そういう決めることは最低限にするけどな。
何も決めないということを決めます。(笑)

DSC03273.JPG

お腹が減ってないのに、朝、起きたら朝食を食べる。
「お腹が減っているの?」と質問しても、薬を飲むから・・・という答え。
主治医に「父に処方されている薬は空腹では飲んではいけないのですか?」と質問した。「お父様の場合は、空腹でも大丈夫」と主治医の言。いっしょに聞いていたのに、忘れている。
お昼になったらお昼御飯を食べると決めている。
父に「あまり美味しくないものでも美味しく食べる方法があるのを知っている?」と聞くと「知らない」とのこと。
そこで私が「空腹になること」と言った。
お腹も減ってないのに食事を食べる必要なんてない。ましてや薬を飲むために食事をするのはバカげている。
でも習慣を変えませんね。

DSC03284.JPG
↑「みつ豆」

その性格でよくボケないと思います。
きっと京男の努力の賜でしょう。
刺激し続けることがボケないコツかも。
独りで暮らすのも功を奏しているかも。
人がいると何もしませんからね。

DSC03280.JPG

この日は、またまた買い物に連れ出した。
電池を交換したかったので甘味処に入った。
「何を食べる?」というと「宇治金時」というベタな答え。
無理矢理、黒糖のかき氷を食べさせた。
抹茶の氷って不味い所がありますからね。黒糖はその点大丈夫。
結果は「美味しい」と言っていた。
こうやって食べるモノも替えて行くのは大切だと思う。

DSC03290.jpg
↑そろそろ山鉾が建ちますね。

時々、左手でお箸を持ったりするのもいい訓練になる。
歩き始めるのも、普段右脚からなら、左脚から歩き出すとかもいい。
歩く道も違うところを歩くのも大切なことだと思う。
どんどん変化させ、脳に刺激を与えることがいい。
そのように話しておりました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

父の悦楽 [食]

DSC03159.JPG
↑そうかそろそろ祇園祭なんだ。こういう交通規制が多くなった。たかが祭のためにどれだけの人が迷惑するのだろう?まあ、京都市内に住んでいるから仕方ないのだろうけど。

またまた父との外食だった。
最近、時間の経つのが早い。
父とは、毎日話しているし、三日に一度ぐらいはあっている。
そういえば今週、鍼灸治療に連れて行ったし・・・。
またタコが復活していた。
なぜ、足の裏のタコが四ヶ月もたつと再生するんだろう?

DSC03163.JPG
↑鳳泉「焼売」これは名物なので食べないといけません。

DSC03165.jpg

そのタコは、鍼灸治療でとってもらっています。
皮膚科でとるとなると麻酔やメスで切るということになる。
でも鍼灸では、モグサでお灸して温め、鋏でとっていくのです。
痛くもないし、すぐに歩ける。
かなり優秀だと思う。
でもとったタコが四ヶ月もすると復活する。
驚くべき再生能力だ。

DSC03172.JPG
↑広東麺、これは父は初めて食べたかも。快感だっただろうなぁ・・・。

岡田先生がタコをとると同時に種を植えているのだろうか?
それはないだろう。
ずっと私が見ていて写真を撮っているしね。
その写真は、ブログで出す訳にもいきません。
汚いしね。(笑)

DSC03175.JPG
↑アマズエビ、小さなラッキョウが良い仕事をしています。

そうそうそれと父にもゴッドクリーナーをさせてみた。
やっぱり私より汚いものが出て来た。
父も不思議がっていた。
来週、京女のタコとりに連れて行く予定なんです。その後、ゴッドクリーナーを体験させる予定。「私は、そんなもの出ない」と言っているけど、どうなるだろう?

DSC03186.JPG
↑カシワシイタケ(蒸)

DSC03189.JPG
↑シイタケが美味しい!シイタケ嫌いの次女夫婦にとっては悪夢の料理。

本日の写真は、父とのランチ。
リクエストを聞くと「中華料理とのこと」。
そうなると鳳泉がいいと判断。
ただ、最近、時間によっては席がいっぱいになるリスクもある。
まあ、ぶっつけ本番で行ってみた。
なんとか座れました。
二人で写真のようなモノが食べた。
父は大満足だった。
そりゃそうだろう。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感