So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

お盆休みの最終日 [食]

昨日も外出。
京女と百貨店に行く。
自分達のものではなく父親の依頼品を集中。
本来なら父親と外食をする日なんですが、昨日は、色んなお店に電話して行くべきでないと判断。予約も取れない。来ていただいたら・・・なんていう答えの店が多かった。高齢者といっしょで行列はないですよね。
絶対、私が怒り、エライ事になる予感。

DSC02544.JPG
↑米福「ネギトロとろろの桶盛り丼と野菜天ぷら定食」

最近の予感は的中するので外食を断念し、食料を調達して持って行くことに。
その前に私のお腹が空いた。
しかたなく「米福」で天ぷらを食べることにする。
飛び込み座ると後から後からお客さんが来て、満席になる。
危なかった。
ここは、店員さんの声がとても威勢がいい。
その女性の声が私の耳に突き刺さるのがちょっといややけど・・・。

DSC02545.JPG
↑野菜天ぷら、私は野菜の天ぷらで十分満足かも。

でも本日のセットが両方とも990円なのが魅力。
一応お腹が膨れますからね。
京女は、御飯を拒否していた。
蕎麦が付いているからなんでしょう。

DSC02557.JPG
↑天敵のとろろ丼やね。結石体質には天敵なんです。もっとも最近、結石とは縁がなくなってきた。頻尿の功徳かも。(笑)

私のは、ネギトロとろろの桶盛り丼が付いていた。
天ぷらは、オール野菜。
野菜の天ぷらも悪くないかも。
昨日は、休みの人が多いのか家族連れが多かった。
いつもならサラリーマンが多いのにね。
やはりコストパフォーマンスがいい店は人気がるかも。
ランチで1000円を超えるのは、楽しくないものね。

DSC02548.JPG
↑「岩海苔とろろの出雲そば(冷)定食」御飯は拒否。

食べ終わり大丸の地下へ。
大丸の地下は空いていた。
「パクティ」(タイ料理)の出店があった。
顔見知りのお兄さんがいたので、喋っていた。
最近、やたら色々なところで知り合いに会う。
それだけ出て来ているということか。
スマホで父親に電話をして、買い物を希望を聞きながら買って行く。
父親のお飲みは、確実に把握しているので間違いはない。

DSC02550.JPG
↑こちらの天ぷらは海老が入っている。

荷物を一杯買い、タクシーに乗る。
タクシーの運転手さんがやたらハイテンションだったので楽しく実家まで行く。
聞けば、同じ歳だった。
京女が笑っていた。
実家では、私が兄貴分のカメラを持っていたので、カメラの説明。
次いでヘッドセットの説明。耳にあたる所が腐ってきたのでどうしようかと相談。
ボースに電話をしたら案の定、新しいものと交換するとのこと。
なんてことはない、ちょっと値引きで売りつける商法ね。
まあ、新にならのだからいいと割り切ればいいのですが・・・ちょっと腹立つ。
最近の企業の強欲なのが鼻につく。使い捨ての発送も。
資源は無限でないのに、修理してずっと使える名品を作って欲しい。
賃金の低い国で作って、高く売る。さもしい根性ですね。
保証期間が終わればタイマーを設定いたように壊れ、使い捨てにする。
反自然行為だと思う。

DSC02553.JPG
↑岩海苔とろろの出雲そば、京女の好みからすると出汁は温かくして欲しかっただろうな。

気が付くと夕方になっていた。
タクシーを呼んで、家に帰る。
結局、お盆休みは、こんなことばかり、ゆっくりPCの前に座っていられなかった。

※兄貴分のカメラ(サイバーショット DSC-RX1R)の写真は、やっぱりシットリ撮れている。重たいだけのことはあるかも。当分、このカメラを外に持ち出すことになるな。仕方ない。弟分(サイバーショットDSC-RX100M3)早く戻って来てね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

デジカメ入院 [食]

お盆ですね。
あっちの家、こっとの家とお盆の行事があります。
なぜか、我が家がいつも参加なんです。
今年の京都市内は、観光客が異常に多い。
車も多いのです。
タクシーに乗るにも長蛇の列。
食事をするのも行列。
年々騒々しくなっている。
京都のお盆って静かだったのに、そしてシンミリ五山の送り火を見て、お精霊さんをお送りするのが普通。
特に初盆だった家庭は格別のものがありました。
それが、意味も分からず見物に世界中から観光客が来る。
これでいいのかなぁ・・・。
そう思う今日この頃。
でも本日は雨の予報ですね。

DSC02524.JPG
↑ニューヴェトナム「ベジタリアンフォー」京女発注

小さい方のデジカメがどうやら壊れたようです。
コントロールしようとしても反応しない。
ズームも動かない。
これは、修理しかない。

DSC02522.JPG
↑薬味

カメラの箱を探し出し、中の書類をチェック。
すると10年保証に入っていた!
やっぱりね。メーカーなんか信用していませんからね。
手に入れて3年になる。
新を買ってもいいけど、アクセサリーが使えなくなる。
アクセサリーが結構、高いのです。
購入したお店に電話し、お店に保証書を本体を宅急便で送る。
修理は盆明けからだから、9月になるだろう。

DSC02534.JPG
↑ニューヴェトナム「本日のプレートランチ」

その間、兄貴分で料理を撮ったりしないといけない。
荷物になるのがちょっといやです。
広角でもない。
仕方ない。
我慢我慢。

DSC02535.JPG

きっと次は兄貴分の方が故障するかも。
その前に売るのも方法かも。
デジカメには、あまり愛着がないのかも。
スマホやPCなんかもそうだ。
OSをアップデートもしないで使っている。
アップデートしたら必ず不便になる。
愛用しているソフトがアップデートしていなくて使えなくなることが多い。
スマホなんか新しい機能なんて欲しくない。
ネットだってそうです。最近、広告が入り過ぎて不快な気持ちになることが多い。
また怪しげなメールや偽サイトらしいものが広告を表示する機能を使って表示したりする。
10年ぐらい前は、よかったけど、最近どうも好きになれない。
京都市内の騒々しさもソロソロ嫌になってきたな。
お盆ぐらい静かにして欲しい。社寺も本来の仕事をした方がいい。目先の売上に拘るあまり本来の仕事をしていない。結果、檀家が減ったり、神仏を軽んじたりする輩が増えてしまった。悲しいことですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の自由研究2「人間は、鼻から冷麺を食べられるのか?」 [食]

昨日は、なんだか忙しい日だった。
朝、通常のトレーニング&シャワーまでは、普通だった。
着替えて、机の所に座り、テキスト作成をし出した。

DSC01033.JPG
↑香港私菜 リパルスベイ 淺水灣「冷麺」父親発注

そこへ電話。
名古屋方面からだった。
話していて、明日名古屋方面は、38度の予定だと来た。
京都市内は、37度予定?負けた。
なんか気温が高い方がエライのか??
わけのわからん都市対抗やね。
観光要素が少ない所は、気温ぐらいしか誇るものがないのか??
なんて思いながら話していた。

DSC01039.JPG
↑「酢豚セット」京男発注

電話が終わりテキスト作りに没頭。
最近、夢中というか没頭したら時間の観念がなくなる。
あっという間に2時間ぐらい経つ。
昨日もそうだった。
父親と高島屋で会う予定にんっていた。
時間がギリギリになってしまっていた。
慌ててバス停に行く。
ギリギリセーフ。

DSC01042.JPG

DSC01048.JPG

でも時間観念が薄い父親は先に来ていた。
「まだランチは早いから、先に買い物しよう」と父。
「そんな甘い考えては、7階で食事できない」と京男。
事実は、私の言った通り、お昼前だけど、7階は爺婆餓鬼連れで混んでいた。
何が食べたいというと冷麺と来た。
糖尿の人ってどうして炭水化物を食べるのだろう?
だから生活習慣病なのか。

DSC01051.JPG

父親は「香港私菜 リパルスベイ 淺水灣」で冷麺が食べたいらしい。
私は、暗いからあまり好きじゃない。しかも人の声がワンワンしている。
店のつくりがそうなのね。
父親は、冷麺を注文。あななか高そうでしょ。
私は、酢豚セット。

DSC01053.JPG

食べていて、父親がちょっとクシャミをした。
するとどうでしょう鼻から冷麺が顔を出しているではないか。
すごい!高齢やでもほっしゃんのような芸ができる。
ちょっと感激しました。というか身体中から力が抜けた・・・。
以降、急速に食欲が失せた京男でありました。
私のセットにデザートに杏仁豆腐が付いて来たけど、食べる気が失せていた。
で、父親にプレゼント。
父親は、半分食べて、私に食べさそうという親心を見せた。
「私は、人の食べさしは食べない主義」と拒否。

DSC01057.JPG

食後、買い物。
そして実家へ。
炎天下での庭の水やり。
それから介護の会議。
終わったら日が暮れておりました。
長い一日でした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の自由研究「お好み焼のできるまで」 [食]

DSC00859.JPG
↑京都でお好み焼を注文するとこんな感じで持ってくる。客が鉄板にラードを塗り、これをかき回して鉄板に流す。豚肉の場合は、豚肉を先に焼いたりします。風月 CLASSIC 京都「豚玉」

暑くて食欲がピタッと止まった。
そんな時、京女とランチを食べに行く。
いつもなら食欲がないから、寿司屋でキュウリ巻やカンピョウ巻、ガリをたくさん食べるのです。でもそれも飽きてきた。
で、お好み焼を食べることになった。食欲がない??

DSC00866.JPG
↑ほうれん草とベーコンのサラダ(醤油ドレッシング)

いつもの金沢系の寿司屋の隣の風月 CLASSIC 京都に行く。
このお店は初めてだった。
このクソ暑い時に、鉄板の前で・・・雅満(我慢)大会やね。
ここは、お好み焼を目の前で焼くスタイル。
焼きそばは、調理場で作って運んでくるようです。

DSC00869.JPG
↑かき混ぜたネタをこういう風に鉄板の上に広げる

DSC00882.JPG
↑ここは、鰹節を上に乗せる。他なら粉の鰹節を乗せるけどね。

豚玉と焼きそばでは、寂しいのでほうれん草とベーコンのサラダを注文。
食べながらお好み焼が焼けるのを待つ。

DSC00885.JPG
↑焼けてきたら、ひっくり返す。

DSC00893.JPG
↑この時、焼きそばが到着。「野菜たっぷり焼きそば」

DSC00901.JPG
↑マヨネーズとお好みソースをかけ、出来上がり。なんとなく愛想亡い。テーブルに鰹節が欲しかった。この上に鰹節を乗せて、鰹節が踊るのが好きなんだけど・・・。

こんな感じで食べました。
焼きそばの麺が硬いので、父親は連れてこられないかも。
粉っぽくない青のりと鰹節が欲しかった。

※おまけ画像
お好み焼き顔?.jpg

MacOSに標準で付いていたiPhotoのお茶目な機能がある。頼みもしないのに、人の顔を検知する。上のお好み焼上に人霊を見つけたらしく。ダレ?と聞いてきます。その場合、「四条河原町地縛霊」と登録して起きました。次はどこで出るかな楽しみです。もっとも新しくMacOS付属のモノはそういう親切な機能はないかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

酷暑、だから餃子がうまい! [食]

DSC00824.JPG
↑まず特製きゅうりの丸漬を食べ身体を冷やす!

衝動的に餃子が食べたくなった!
食欲が落ちてきている。
いただいたメロンや桃、ゴールデンキウイ、沖縄産マンゴーなどで暮らしている。
でも突然、餃子!と身体からお告げがあった。
そういう時は、すぐに家を飛び出す。

DSC00835.JPG
↑こういう餃子を焼くシステムが欲しいなぁ

外に出るとフラッとするような暑さ。
思わず笑ってしまった。
笑いと言えば、最近寝る前に昔のお笑いDVDを観て笑ってから寝るようにしている。
これは、有効かも。
昼間は、黙々とキーボードを打ち込んでいる。
次から次へと考えが浮かびまとめるのが大変。
気が付くと数時間経っている。

DSC00843.JPG
↑美しいでしょ!(笑)

その時、「餃子!」とお告げ。
もう行くしかない。
坂を降りてバス停で市バスを待っていた。
その時、すごい直射日光だった。
足の甲に、サンダルの後がクッキリ日焼けしている。

DSC00837.JPG
↑味噌ダレと酢醤油で食べる。これが家ならスイート チリソースなんだけどな。

バスにのって羅城門へ。
羅城門といえば・・・ミスター・ギョウザ♪
実店舗に行くのは久しぶりだったかも。
まず食べたのが「特製ぎゅうりの丸漬」。
注文したのが餃子二人前。
悲しいでしょ。鶏の唐揚もラーメンもビールもなし。
餃子だけ・・・。

DSC00848.JPG
↑焼きたての熱々がいい。ビールなしでよく食べるでしょ。

家に持って帰ろうかと思ったけど、近所に写真を撮りたい所があったから持ち帰りはなし。
まあ、ここの餃子は、大丸か高島屋で売っているしね。
ここの餃子でスープ餃子にするのが最近の定番。
でもお店で焼きたてを食べると格別だ。
焼き上がりがとても美しい!

DSC00792.JPG
↑昔は、バイクで買いに来ていました。

最近、変わった餃子が流行っているらしい。
ここのように若い女性に媚びない、真っ向勝負的な餃子が好きだな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感