So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

生マシュマロをゲット! [洋菓子]

P1260105.JPG

これは、リーガロイヤルホテル・メリッサの「生マシュマロ」。
味はパッションフルーツ、グレープ、ストロベリー。
冷蔵庫で冷やして食べます。
以前ぎーこさんのところで知りました。この間、長女に買ってきてもらいました。
そういえば長女は、最近マシュマロとコーンフレークでお菓子を作っている。

P1260167.JPG

食感は、ちょっと固めのババロアか半片(はんぺん)という感じかな。
そういえばよく離乳食の時につかっていたかな半片。
私も小さい時は、よう食べたかも。
かまぼこ/はんぺん→マシュマロ/生マシュマロという構図かな。
なぞが多い存在だ。

P1260111.JPG

たぶん果汁が生という意味かな・・・。
そういえば「生キャラメル」というのもようわからんな・・・。
火の通し方が弱いということかな。
「生チョコ」というのもある。
「生京男」というは、わかりますね。(笑)
nice!(11)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タルト・タタン [洋菓子]

P1250338.JPG

昨日は、京女さんと私の実家に両親のお見舞い。
両親二人ともセキが止まらない。かくいう私もなんですが。
食欲もないらしいので(私もなんやけど・・・)、なにか食べそうなものを差し入れする。
少ししゃべるっていると、もう夕方になっていた。
私もお昼は少なめだったので、ビィヤントの前を通ってしまった時
香りにつられてつい入ってしまった。そのくだりは後日。

P1250290.JPG

P1250335.JPG

デザートを食べようということになりました。
で、ラ・ヴァチュールに行く。実家からすぐなんです。
店内は、とてもいい雰囲気でしょ。

P1250296.JPG

オリベッティの赤いバレンタイン(Olivetti Valentine)だ。
ケースも真っ赤なのがついている。真っ赤なバケツと呼ばれていた。
エットーレ・ソットサスJrのデザイン。
これに憧れていたんだよね。高校の時、欲しかった・・・いまでも欲しい。
いまならブラインドタッチができるのに。
手動のタイプライターっていいな。

P1250301.JPG

さて、ラ・ヴァチュールは、「タルト・タタン(Tarte Tatin)」が名物。
ご存知ですか?タルト・タタン。
発祥は、ラモット=ボーヴロン(現在のロワール=エ=シェール県にある町)にあるホテル『タタン』。ホテルを経営していたのは、ステファニーとカロリーヌのタタン姉妹だった。ステファニーが調理を担当していた。彼女が伝統的なアップルパイをつくろうとして偶然失敗してできてしまったのがタルト・タタン。

P1250305.JPG

P1250309.JPG

このタルト・タタンは洋梨、桃、パイナップル、トマト、タマネギなんかでも作られるそうです。
私は、作ろうと思って作らないのがこのタルト・タタン。リンゴを使ったタルトは好きなのに。他のタルトはつくるのに。マンケ型(台形のちょっと深いバケツのような型)が手にはいらなかったからかな。別になくてもつくれただろうに。深めのソテーパンでも作れるものね。そうか家庭用のオーブンではソテーパンが入らないか。

ラ・ヴァチュール栞.jpg

ラ・ヴァチュールのお持ち帰りの栞には、プレーンヨーグルトをかけてと書いてありますね。これは、わかります。酸味がある方が美味しい。最近のリンゴは酸味がすくないですよね。

P1250319.JPG

さて、このタルトはクルミのタルト(Engadina Nut Tarte)。
スイスのサンモリッツ地方の伝統的なケーキ。ハチミツのキャラメルとクルミでつくったケーキ。これも美味しいですよ。

P1250324.JPG

ナッツ系のケーキは長女が好きなので、タルト・タタンとクルミのタルトをテイクアウトで持って帰りました。
ラ・ヴァチュール地図
nice!(13)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クレープシュゼット [洋菓子]

P1240873-2.JPG

これはもう先週のことですが、芦屋に行きました。
突然、クレープシュゼットを食べたくなったからです。
20代前半に北野町のアンリ・シャルパンティエがあった時、よく食べました。
当時は、にしむら珈琲店の中山手本店もよく行った。
お店でフロインドリーブのゲベックも食べられたな。
まだ新幹線が神戸を通る前の話だ。

P1240885.JPG
紅茶はアールグレイ、ベッジュマン&バートン製なら文句ないのにな・・・。

食べに行ったのは、同じアンリ・シャルパンティエの芦屋本店。
もう北野店はとっくに無くなっているしね。
ここは目の前で作ってくれます。昔は、目の前でやってくれなかった。

P1240868.JPG

バターを溶かし(というかブールクラリフェつまり澄ましバターを使った方がいいだろうな。バターを溶かすと不純物が焦げの原因になる)、砂糖を少々加え、オレンジジュースを入れて混ぜ合わせ、クレープを入れソースとなじませ、最後にグランマルニエとコニャックでフランベ※する。
※フランベとは、調理の最後にブランデーやラム酒などアルコール度の高いお酒をふりかけ、火をつけてアルコール分を燃やす調理法。お酒の風味や香りをつけるために行う。

フランベをする時に、オレンジの皮に沿わしたりしますよね。



最近この種のデザートは、なかなかおめにかかれませんね。
そういえばベークドアラスカンも見かけませんね。
ソール・ムニエル(舌平目のバター焼き)を目の前で骨をきれいにはずしてくれるサービスを受けたことがないな。そういうプロのサービスができる人がいなくなったのでしょうね。寂しいな。

P1240873.JPG

クレープシュゼットは、青春の甘酸っぱさかな・・・。
最近、こういうストレートな食べさせ方が少なくなりました。

P1240883.JPG

どうしてもアイスクリームとか果物をのせてくれますよね。
あれは余計ですね。
鴨のオレンジソース煮も食べたくなってきた。
アンリ・シャルパンティエ芦屋本店地図
nice!(13)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダッチクランツアーモンドパイ [洋菓子]

昨日のフロインドリーブの記事の補足。
フロインドリーブで飲み物を頼むと小さなお猪口にはいったクッキーがついてきます。
日によって替わっているかもしれません。

この日は、チョコレートがコーティングしているのと

こういう状態のものが入っていました。
紅茶やコーヒーに合うからうれしい。
でもゲベックとかを食べるきっかけになる危険性有りかも。

これは「ダッチクランツアーモンドパイ」
家族用にお土産で持って帰りました。

パリッとしたパイ生地と香ばしいアーモンドがいいバランスなんです。
これも好物のひとつね。
我が家では、あっというまになくなります。


nice!(10)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゲベック [洋菓子]


↑ゲベックのワゴン
2、3個頼みたくなるよね。
朝、起き抜けに食べたい。

これは、この間神戸に行った時のこと。
またフロインドリーブに行った。
「好きね」と言われそう。「ハイ、好きです」


↑ケーキのワゴン

今回は、ゲベック(GEebaeck)食べたかったの。
ゲベックって焼菓子の事。さっくりしたパイとかまろやかパウンドケーキ。
デニッシュ生地とパイ生地を合わせたプルンダー。
上質のバター・ナッツやフルーツを使ってあり、とっても美味しい。
こういうのは家で作るのが面倒なんです。
いつもは、ここから取り寄せたりして食べています。

さて、この日はサワーチェリープルンダーをチョイス。

パイ生地の中にチェリーのジャムが入っています。
ほどよい酸味と甘味がとってもいい。

飲み物は、サワーチェリープルンダーと合っていませんが
やっぱり「シャーリー・テンプル」ね。

かき混ぜた時が好き。
これはこれで好きだから仕方ない。


フロンドリーブ地図


nice!(11)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感