So-net無料ブログ作成

松風 [和菓子]

DSC04094.JPG
↑亀屋陸奥「松風」

由来をお店のHPより転記させてもらいます。
元亀元年(西暦1570年)に始まり、11年間続いた織田信長と石山本願寺(現在の大阪城の地) の合戦のさなか、当家三代目大塚治右衛門春近が創製した品が兵糧の代わりとなり、 信長と和睦の後に顕如上人が

「わすれては波のおとかとおもうなり まくらにちかき庭の松風」

DSC04092.JPG
↑ここの松風は、切ってあります。これは楽かも。

と、京都六条下間(しもつま)邸にて詠まれた歌から銘を賜り、 これが「松風」のはじまりだと伝わっています。 以来、石山籠城ゆかりの「松風」は、門徒さんにとっては本山へ 詣ったという証のようなものでした。歴史に抱かれるように生まれ、多くの人々に よって育まれた素朴な味と姿は、亀屋陸奥の代表銘菓として幾百年の時代を超えて 今も多くの人々に愛されております。

DSC08693.jpg
↑松屋常盤「紫野味噌松風」、私はこのパッケージが好きです。シンプルだけど品格がある。

DSC08700-05e06.JPG
↑松屋常盤の松風は、切ってない。

もう一種類「松風」がある。
松屋常盤「紫野味噌松風」がある。
こちらの方は、創業が承応年間(1652〜55)だから先の亀屋陸奥に比べると新しい創業になります。このあたりがいかにも京都らしい。

DSC08716-d91fe.JPG
↑厚みもある

松屋常盤「紫野味噌松風」の「松風」という名称は、謡曲の「松風」に由来するそうです。
「浦寂し、鳴るは松風のみ」という一節を、裏に焼き色が付かないので寂しいということをかけた、いわば言葉遊びなのである。
私は、こちらの方が味的に好きかも。

京都でもう一軒古い御菓子の店がある。
川端道喜(かわばたどうき)です。
創業が文亀3年(1503)、亀屋陸奥より67年古い。川端道喜は、粽で有名。現在も手に入ります。
いずれも、現在でも購入することができるのがすごいと思いませんか。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 和菓子
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

にぎわい [和菓子]

DSC01976.JPG
↑祇園祭といえばヒオウギの花ですね。

そういえば、今日は祇園祭の宵山。
人が多いのがつらいので近づかないようにしております。
最近の人間は、自分の行く方向をしっかり見ないで歩いていますね。
どこか気持ちがボーッとしている。
そういう人がキャスター付きのトランクを引っ張っていると怖いですよ。
もちろんスマホを見ながら歩く人も多い。
困ったものです。

DSC01978.jpg

小回りのきく方のカメラが入院した。
入院が二、三週間らしい。
早く戻ってくれるのを待つしかないです。
大きい方のカメラは優秀だけど、大きく重たいのとレンズキャップが邪魔くさいので、持って歩くのがいやなんですよ。
暫くの辛抱です。

DSC04132.JPG
↑亀屋良長「にぎわい」

DSC04118.JPG
↑錦玉羹、餅羊羹

DSC04140.JPG
↑後で食べる時に切ったら、小豆がころんと入っていた。紋は八坂神社の紋。この紋がキュウリの切り口に似ているから、祇園祭の期間、京都の人間はキュウリを食べない・・・なんていわれています。私は、氏子と違うので美味しくキュウリをいただいています。にぎわいの雰囲気が出ていい。実際は、こんな優雅ではないですけど。

そういえば、一昨日蝉が鳴いていましたよ。
彼らからすると梅雨が明けたのかも。
どうも今年の気象はおかしい。
京都市内は、雨があまり降っていないように思います。
京都市内の水は琵琶湖からの水があるから水不足にならないだろうけど、目に見えない色々な所で影響があるのかも。

DSC04144.JPG
↑亀屋良長「葛焼」
急に葛焼が食べとうなりました。食べるなら、前の「にぎわい」より、こちらの方が好きです。

DSC04125.JPG
↑黒糖、黒こしあん
最近、お白湯で食べることが多いかな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 和菓子
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感